4: 2013/08/21(水) 05:06:55.48 ID:JxMbqUC+0
アリス「シノ、あーん。えへへ、おいしい?シノのために早起きして作ったんだよ!」

アリス「えっ?いいよお礼なんて!私はシノの笑顔が見れればそれでいいから」

アリス「あっ、そういえばもうすぐテスト期間だね!」

アリス「うん!また私が英語教えてあげるね!」

アリス「もうっ!だからお礼なんていいよ。シノのためなら私、なんだってしてあげるから」

8: 2013/08/21(水) 05:08:50.91 ID:JxMbqUC+0
陽子「アリスがああなってもう一ヶ月、か」

綾「そうね。勇さんは何か言ってた?」

陽子「いや、三人に任せるとしか聞いてないよ」

綾「任せる、か。確かに何とかしてあげたいけれど……」

陽子「正直手詰まりだよな……」

陽子「忍が氏んだって受け入れさせる方法」

9: 2013/08/21(水) 05:10:25.24 ID:JxMbqUC+0
綾「私たちが言っても聞く耳持たないものね」

陽子「一応アリスの両親も説得に来たけど駄目だったってさ」

綾「カレンも、しののお葬式の日以来顔見ないし……」

陽子「カレンならもしかしたらって、思うんだけどなあ……」

綾「はあ……」


カレン「たのもー!」ガラッ

11: 2013/08/21(水) 05:12:11.88 ID:JxMbqUC+0
綾「カ、カレンっ!」

陽子「たのもーってなんだよ!じゃなくて今まで何を……」

カレン「ちょっと、色々忙しかったデース!」

綾「忙しかったって、こっちは心配して……」

カレン「それよりも、今日はアリスに言いたいことがあって来ました」

12: 2013/08/21(水) 05:15:12.75 ID:JxMbqUC+0
アリス「ごめんねカレン。聞いてあげたいけど、今はシノにお弁当食べさせてあげないと」

カレン「いえ、そのままで大丈夫デス」

アリス「そう?あ、シノこぼしちゃ駄目だよ、拭いてあげるね」フキフキ

カレン「アリス、シノは天国に行きました」

アリス「……」

カレン「今アリスの目の前にあるのは、ただのこけしです」

アリス「……カレン。世の中には言っていいことと悪いことがあるんだよ?シノに謝って」

14: 2013/08/21(水) 05:18:27.24 ID:JxMbqUC+0
カレン「謝りません。だってシノはここにはいませんから」

カレン「一ヶ月前、交通事故で亡くなったのをアリスは見たはずです」

カレン「シノは、他ならぬアリスを庇って亡くなったのですから」

アリス「カレン、謝って」

カレン「アリス、逃げないでください」

アリス「カレン、謝って!」

カレン「アリス、現実を見てください!」

15: 2013/08/21(水) 05:21:12.00 ID:JxMbqUC+0
綾「カ、カレン落ち着いて」

アリス「……ない」

陽子「ア、アリス?」

アリス「氏んでない!シノは氏んでなんかない!!」ダッ

カレン「アリス?!」ダッ

陽子「二人を追いかけないと!」

綾「う、うん!」

16: 2013/08/21(水) 05:23:34.00 ID:JxMbqUC+0
カレン「アリス!聞いてください!」タッタッ

アリス「……」タッタッ

カレン「私も、シノが好きでした!」タッタッ

アリス「……っ!」タッタッ

カレン「だから、シノが氏んだときはとても悲しかったです!とても苦しかったです!」タッタッ

カレン「一人でずっと泣いていました!いっそ私も、とも思いました!」タッタッ

カレン「でもそれじゃあ、シノが悲しみます!」タッタッ

カレン「だから、私は前を見ることにしました!次は、アリスの番デス!」ニコッ

18: 2013/08/21(水) 05:27:06.63 ID:JxMbqUC+0
そう言ってカレンは私に、笑顔で手を差し伸べる。

けれど、臆病な私は手を伸ばすことが出来なくて。

後ずさりした先には、下りの階段があった。

スローモーションで自分が落ちていく。

カレン「アリスッ!!」

伸ばした手は、もう何もかも遅くて。

それでも、恐怖は無かった。これで、シノの所にいけるのだから。


アリス……。


アリス「シノ……」

そしてーーーーー。

19: 2013/08/21(水) 05:29:45.74 ID:JxMbqUC+0
忍「アリス、アリス!」

アリス「……あれ、シノ?」

忍「もう、早く用意しないと遅刻してしまいますよ?」

アリス「シノ、氏んだはずじゃあ……」

忍「もう、何寝ぼけているんです。早く朝ごはん食べないと本当に遅刻してしまいますよ?」

アリス「そっか……、そうだよね。うん!ごめんなさいシノ、すぐ準備するから!」

20: 2013/08/21(水) 05:31:28.32 ID:JxMbqUC+0
忍「なるほど、そんな夢を見てたんですね」テクテク

アリス「うん、でも夢で良かったよー。もうシノがいないと私……」テクテク

忍「ところでアリス、大事なお話があるのですが」

アリス「なあに、シノ?」

忍「これから私は、少し遠い所に行かなくてはいけません」

アリス「……え?」

忍「だから、ここでお別れです」ニコッ

21: 2013/08/21(水) 05:33:21.31 ID:JxMbqUC+0
アリス「待って、待ってよシノ!そんな急にどうして!」

忍「アリス、本当は分かってますよね?」

アリス「……こっちが夢なの?」

忍「……はい」

アリス「嫌だよ!私も、そうだよ私も一緒に」

忍「アリス、それは出来ません。アリスはあちらでみんなと一緒に頑張ってください」

アリス「無理だよ……シノがいない世界じゃ私……」

忍「アリス……」

22: 2013/08/21(水) 05:35:40.22 ID:JxMbqUC+0
忍「わかりました!ではアリスに私のとっておきの夢を託します!」

アリス「え?シノの夢ってたしか……」

忍「はい、通訳者になることです。でも、私はもうなることが出来ませんから……」

忍「アリス、私の代わりに叶えて貰えませんか?」

アリス「でも……」

忍「もちろん無理になんて言いません。でも、私の夢がアリスの力になってくれたらとても嬉しいです」

アリス「シノ……。わかった、私頑張るよ!シノの分も一杯頑張る!」

忍「ふふ、よかった。アリスが元気になってくれて……」

23: 2013/08/21(水) 05:37:10.54 ID:JxMbqUC+0
忍「それではアリス、お別れですね。みんなにもよろしくお伝えください」

忍「もう、泣き虫さんですねアリスは」

忍「アリス、ずっと見守っていますから」

忍「アリス、元気でいてくださいね」

忍「アリス、愛しています」

忍「アリス、ハロー」

24: 2013/08/21(水) 05:40:00.76 ID:JxMbqUC+0
カレン「あっ!先生、アリス目を覚ましましたー!」

カレン「アリス大丈夫ですか?どこか痛みませんか?」

カレン「怪我は奇跡的に無いみたいですけど、一応病院に行かないと」

カレン「へ?シノがお別れを?」

カレン「そうですか……。やっぱり、シノには敵わないデース!」

25: 2013/08/21(水) 05:42:30.28 ID:JxMbqUC+0
それから私は、みんなにたくさん謝った。

みんなは笑って許してくれて、とても暖かかった。

あらためて自分はとても恵まれていることを知った。

いつかみんなにはちゃんとお礼を言わないと。

そして、今私はーーーーーーーー

26: 2013/08/21(水) 05:44:26.53 ID:JxMbqUC+0
女「あなた、日本には詳しいのかしら?」

アリス「はい、一時期は日本にホームステイしていたので」

女「あら、じゃあオススメの場所を後で教えてくれるかしら?」

アリス「はい、喜んで!」

女「楽しみだわ、私日本初めてだから。でもその前に」

女「記者会見の通訳、よろしく頼むわね」

27: 2013/08/21(水) 05:46:05.79 ID:JxMbqUC+0
シノ、今私は通訳者の仕事をしているよ。

シノの夢、頑張って叶えたんだ。

たまに背が低くて笑われたりするけれど、元気にやれてる。

シノは元気?きっと元気だよね!

シノ、私これからも前を向いて頑張るから。

見守っててね、シノ!

29: 2013/08/21(水) 05:48:05.20 ID:JxMbqUC+0
アリス「よしっ!手紙はこれでいいかな。それじゃ今日もお仕事頑張るぞー!」

?「ハロー」

アリス「へ?」クルッ

アリス「今後ろに……。ふふ、そっか」

アリス「こんにちは、シノ」


おわり

31: 2013/08/21(水) 05:49:40.58 ID:aEg1LgLS0

32: 2013/08/21(水) 05:49:41.31 ID:JxMbqUC+0
ぶっちゃけクオリティ低くて申し訳ない

以降忍の可愛さを語るスレで

33: 2013/08/21(水) 05:54:14.21 ID:FJk+UXaPO
乙。良かった

引用元: アリス「こんにちは、シノ」