84: 2017/12/15(金) 19:45:14.29 ID:I8vnK0VCo

85: 2017/12/15(金) 19:47:34.86 ID:I8vnK0VCo
未央「うん、練習相手に困っててさー」

卯月「お願いします、プロデューサーさん!」

凛「それ位良いでしょ?」

武内P「あの……大人のフェロモンとは、練習するものなのでしょうか?」

未央「えっ? そうだよ?」

卯月「はい、ちゃんと練習しないと出ませんから」

凛「何言ってるの。ちゃんとしてよね」

武内P「……」

86: 2017/12/15(金) 19:50:42.83 ID:I8vnK0VCo
武内P「すみません……よく、わかりません」

未央「えっ? 今の説明でわからない?」

卯月「ええと……フェロモンは知ってますよね?」

武内P「それは……はい」

凛「やっぱり、プロデューサーもおじさんって事かな」

卯月「ちょ、ちょっと凛ちゃん!」

武内P「その、それは常識なのでしょうか?」

未央・卯月・凛「勿論」

武内P「……」

87: 2017/12/15(金) 19:53:09.14 ID:I8vnK0VCo
未央「私達もさ、花の女子高生なわけじゃん?」

武内P「はい……そうですね」

卯月「女子は、高校に上がると授業で大人のフェロモンの出し方を勉強するんです」

武内P「!? 待ってください! それは日本の話ですか!?」

凛「当たり前でしょ。日本じゃないなら、私達はどこの女子高生なの」

武内P「……」

88: 2017/12/15(金) 19:55:31.32 ID:I8vnK0VCo
武内P「驚きました……まさか、今の学校教育がそうなっているとは」

未央「へっ? 昔からやってるみたいだよ?」

武内P「!?」

卯月「そのう……あはは」

武内P「!?」

凛「もしかして……本当に知らなかった?」

武内P「……恥ずかしながら」

89: 2017/12/15(金) 19:58:10.31 ID:I8vnK0VCo
未央「とにかく! 私達に必要なのは、大人のフェロモン!」

卯月「だから、練習相手をお願いしたいんです!」

凛「プロデューサーなら、まあ、安心だしね」

武内P「その、具体的に何を?」

未央「私達が、順番に大人のフェロモンを出して、」

卯月「プロデューサーさんを……その、誘惑しちゃいます///」

凛「他の二人も見張ってるから、万が一の事も無いだろうし」

武内P「……」

90: 2017/12/15(金) 20:02:02.08 ID:I8vnK0VCo
武内P「私で……よろしいのでしょうか?」

未央「プロデューサーだから頼んでるの!」

卯月「他の男の人相手だと……ちょっと怖いですから」

凛「逃げないでよね」

武内P「……わかりました。私で良ければ、練習相手を務めさせて頂きます」

未央「やったね! ありがとっ、プロデューサー!」

卯月「うぅ……初めて男の人に使うので、緊張します」

凛「プロデューサー、変な気は起こさないでよね」

武内P「はい、勿論」

91: 2017/12/15(金) 20:05:09.29 ID:I8vnK0VCo
卯月「それじゃあ、まずは私から行きますね」

未央「よっ! ニュージェネのお姉さん枠!」

凛「卯月が自分で言ってるだけだと思う」

卯月「もー、凛ちゃん!」

凛「ごめんごめん」

卯月「ゴホン! それじゃあ……」


卯月「島村卯月、頑張ります♪」


卯月「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」


武内P「馬鹿にしてるんですか?」

武内P(あの……その呪文は一体?)

92: 2017/12/15(金) 20:09:29.19 ID:I8vnK0VCo
未央「しっ、静かに!」

武内P「本田さん?」

凛「見て、始まった」


卯月「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」ムワッ…


武内P「!? 島村さんから、何と言うか……色気を感じます……!?」

未央「さっすがしまむー!」

凛「やっぱり卯月は凄いね」


卯月「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」ムワッ…


武内P「しかし、あの……やっぱり馬鹿にしていませんか?」

93: 2017/12/15(金) 20:12:32.67 ID:I8vnK0VCo
卯月「フェロフェロモンモン……っく!」

ガクッ

未央「しまむー! 大丈夫!?」

凛「卯月! はい、お水!」

卯月「ありがとうございます……ぷはっ!」

武内P「あの……何故、そこまで疲労しているのでしょうか」

未央「大人のフェロモンは、本来大人が出すものだからね」

凛「十代の私達が出そうとすると、極端に疲れるんだよ」

武内P「あ、はい……そうですか」

94: 2017/12/15(金) 20:16:19.95 ID:I8vnK0VCo
卯月「はぁ……はぁ……どうでしたか、プロデューサーさん?」

武内P「その……悔しいですが、色っぽい、と感じました」

卯月「本当ですか!? やった、成功です!」

未央「おめでとう、しまむー!」

凛「これは、こっちも負けてられないね」

武内P「あの、まだ続けるのでしょうか?」

未央・凛「当然!」

武内P「……」

95: 2017/12/15(金) 20:18:41.10 ID:I8vnK0VCo
未央「それじゃ、次はリーダーの私が!」

卯月「未央ちゃん、頑張ってください!」

凛「未央、セクシー担当の力、見せてよね」

未央「まっかせなさい!」


未央「本田未央、いっきまーす!」


未央「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」


武内P「あの……本当に学校で教えているんですか?」

96: 2017/12/15(金) 20:22:40.52 ID:I8vnK0VCo
未央「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」ムッ…

武内P「……はい、普段よりも少し色っぽく見えます」

未央「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」ムッ…

卯月「未央ちゃん、頑張って!」

凛「ふーん。まあ、悪くないかな」

未央「フェロフェロ……っぶはー! もう駄目だー!」

卯月「ナイスファイトです、未央ちゃん!」

凛「ちょっと持続に問題あり、って感じかな」

武内P「……」

97: 2017/12/15(金) 20:25:26.98 ID:I8vnK0VCo
未央「どうだった!?」

武内P「そうですね……一割増し、と言った所でしょうか」

未央「あー、やっぱりまだそんなもんかー!」

卯月「でも、まだ15歳なのに凄いです!」

未央「さんきゅー、しまむー!」

凛「それじゃあ、次は私の番だね」

武内P「……はい」

98: 2017/12/15(金) 20:28:28.60 ID:I8vnK0VCo
凛「――行くよ、蒼い風が、駆け抜けるように」


武内P「……イメージ的には、ピンク色の気がしますが」

未央・卯月「しっ!」

武内P「……」


凛「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」


武内P「……その呪文は、やはり共通なのですね」


凛「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」プピッ…プ…プスッ


武内P「……ん?」

99: 2017/12/15(金) 20:33:15.92 ID:I8vnK0VCo
凛「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……」プッ…プッ…プスッ


武内P「色っぽ……いや、そうでもな……ああ、いや」


凛「フェロフェロモンモン、悶々ムラムラ……!」プシュ…プス…プッ


武内P「色……っぽくもないような……そうでもないような」


凛「フェロフェロ――……」プスンッ!

……ドサッ!


武内P「!? し、渋谷さん!?」

未央「しぶりん!?」

卯月「凛ちゃん!? しっかりしてください、凛ちゃーん!」

100: 2017/12/15(金) 20:38:04.01 ID:I8vnK0VCo
凛「……ねぇ、どうだった……? 私の、大人のフェロモンは……?」

未央「しぶりん! ほら、ゆっくりお水飲んで!」

卯月「頑張ってました! 凛ちゃん、すっごく頑張ってました!」

凛「ねえ、ちゃんと見ててくれた……?」

武内P「……はい、この目で、しっかりと」

凛「私、色っぽかったかな……?」

武内P「その……色っぽいようで色っぽくない、ちょっと色っぽい渋谷さんでした」

凛「……ふーん……まあ、悪くない……かな」

…ガクッ

未央「しぶりいいいいん!」

卯月「凛ちゃああああん!」

武内P「……」

101: 2017/12/15(金) 20:44:58.50 ID:I8vnK0VCo
  ・  ・  ・

武内P「皆さんの、焦る気持ちは理解出来ました」

未央・卯月・凛「……」

武内P「しかし、倒れてしまうような行為を見過ごすわけにはいきません」

未央・卯月・凛「……はい」

武内P「これからは、適切な指導員の元で……居るかはわかりませんが……」

未央・卯月・凛「……居ます」

武内P「居るんですか……そうですか……」

武内P「……適切な指導員の元で、安全に考慮して練習してください」


ガチャッ


楓「……あら? お取り込み中ですか?」


武内P「なんでこのタイミングで来るんですか!?」

武内P(高垣さん? 何故、ここへ?)

102: 2017/12/15(金) 20:49:59.32 ID:I8vnK0VCo
  ・  ・  ・

楓「……お話はわかりました」

武内P「あの、何故ここへ?」

楓「ここは……大人のフェロモンが薄すぎるわね」

未央・卯月・凛「楓さん?」

武内P「申し訳ありません、意味がわかりません」

楓「だったら……私がフェロモンを出さなくちゃね」

未央・卯月・凛「!」

武内P「!?」

未央「楓さんの――」

卯月「大人のフェロモンが――」

凛「――この目で、見られる!」

武内P「誰も頼んでいませんから!」

103: 2017/12/15(金) 20:55:41.39 ID:I8vnK0VCo
楓「……」


未央「……凄い、無詠唱だよ!」

武内P「ここに来て新しい要素を出さないでください!」


楓「……」ムワーン!


卯月「なんだか……楓さんを見てると顔が熱くなります///」

武内P「? いや、色っぽいとは何か、違うような……?」


楓「……」ムワーン!


凛「頭がクラクラして……なんだか目が回る……///」

武内P「それに、この匂い……!?」


楓「……」ムワーン!


武内P「高垣さん、アルコールが! フェロモンじゃなく、アルコールが出ています!」

104: 2017/12/15(金) 21:00:58.32 ID:I8vnK0VCo
  ・  ・  ・

武内P「……三人には、医務室で休んでもらっています」

楓「……そう、ですか」

武内P「……」

楓「私……フェロモンを出すの、得意だと思ってたんです」

武内P「……」

楓「だから、後輩の子達に見せてあげよう、って思って……」

武内P「……」

楓「でも、あの子達は……お酒は、避けなきゃいけないですもんね」

武内P「あの、反省していますか?」

105: 2017/12/15(金) 21:09:17.93 ID:I8vnK0VCo
楓「……まさか、大人のフェロモンが出せないだなんて」

武内P「その……高垣さんは、十分魅力的です」

楓「そう……でしょうか?」

武内P「はい。私は、そう思います」

楓「具体的には?」

武内P「!?……その……何と言いますか……」

楓「……」


武内P「……すみません、先程のアルコールが、今回ってきたようです」


楓「!?」

バシバシ!



おわり

引用元: 武内P「便秘、ですか」