1: 2012/05/27(日) 00:18:49.38 ID:6UyiMHTFO
カタカタカタカタカタカタッ……ショルイセイリチュウ……

律子「ふぅ……」カタン

P「ん……律子終わったのか?」

律子「あぁ、いや区切りの良いとこまでいったんで、休憩しようかなぁと」

P「そうか、じゃあゆっくり休んどけ。書類はまだ沢山あるんだし……」トオイメ…

律子「あぁ……、そうですね……」オナジクトオイメ…

律子「……あの、こんなときに聞く事ではないんですが、プロデューサー殿に尋ねたい事があるんですけど、いいですか?」

P「ん、なんだ?言ってみてくれ」

律子「大変失礼な事なんですけど、……プロデューサーって――――ですか?」

P「……すまない、聞き取れなかったんだが、もう一回言ってくれるか」

律子「あっ……、はっはい……」
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 4 09 秋月律子
4: 2012/05/27(日) 00:20:57.97 ID:Rtn3+4ze0
律子「あの……、プロデューサーってもしかして枯れてるんですか?」

P「枯れてる?それってどういう意味だ?」

律子「えーっと、その……。つまりですね、ストレートに言いますと、……よくがない……すか?」

P「えっ?ごめん、よく聞こえなかったんだが」

律子「だから、性欲がないんですかって聞いたんですよ!!!」

P「……はぁっ!?」

6: 2012/05/27(日) 00:25:14.90 ID:Rtn3+4ze0
P「どうしたんだよ、いきなり変なこと言い出して……」

律子「いきなりじゃないです!ずっと前から考えてました!」

P「そうだとしても……いくら事務所に俺と律子の二人きりだからって、なんてことを口走ってんだ?女の子なら恥じらいを持ちなさい」

律子「う~~っ、だっ、だっておかしいですよ!プロデューサーってば、事務所にこんなにかわいい子がたくさんいるのに」
律子「誰ともなんにも関係がないとか、おかしいですよ!!」

7: 2012/05/27(日) 00:29:07.28 ID:Rtn3+4ze0
P「……はぁ、なぁ律子 一回落ち着こう」

律子「私は常に冷静ですけど!」

P「いやいや、どこが冷静なんだよ……俺、少し外出て来るから、その間に頭冷やしてろ」

律子「あっ、ちょっと待って下さい!話はまだ終わってませんよー!」

P「それじゃあな」ガチャッ バタン

律子「プロデューサー!!」

10: 2012/05/27(日) 00:33:04.51 ID:Rtn3+4ze0


律子「逃げられちゃった……まぁでも、しょうがないか」

カッチッコッチッカッチッコッチ……

律子「一人になって冷静に考えたら、相当恥ずかしい」

律子「プロデューサーに合わす顔がないわ……」ハァ



11: 2012/05/27(日) 00:37:13.84 ID:Rtn3+4ze0


P「律子、どうしたんだろう?いつもは絶対こんな事聞かないのに」

P「やっぱり仕事が忙しくて疲れが溜まっているんだろうな」

P「言ってもまだ19歳の女の子だ」

P「俺も出来る限りフォローはしているつもりだけど、それでも律子に負担かけちゃってるからな」

P「さっきの事もきっとそれからきてるんだろう……律子に何か労いの一つでも出来たらいいんだけどな」

P「……」



13: 2012/05/27(日) 00:42:46.69 ID:Rtn3+4ze0

律子「はぁ、顔洗ってきたけど、全然頭がスッキリしないな……」

P「よぅ、少しは落ち着いたか?」

律子「へっ?うわぁ!いきなり現れないで下さいよ!!」

P「悪い悪い。そういやウィダーinゼリーマルチビタミンとカ口リーメイトポテト味買って来たけどいるか?」

律子「なぜその二つを買ってきたんですか……。まぁ貰いますけど」

P「お口に合うかわからないけど、どうぞ」

律子「ありがとうございます……」


19: 2012/05/27(日) 00:46:29.79 ID:Rtn3+4ze0

カッチコッチカッチッコッチ……


律子「あの、プロデューサー。先程は大変失礼しました……」

P「ああ、いや別に気にしてないよ」

律子「そうですか?それなら良かったですが……」

P「あんまり気にしないでくれよ。律子最近忙しかった訳だし、近いうちに休み取れるよう社長に掛け合ってみるから」


20: 2012/05/27(日) 00:49:37.19 ID:Rtn3+4ze0

律子「えっ?そんなことしたら、プロデューサーに負担が……」

P「いいって、いいって。そんなこと気にするな」

P「律子、お前は少し頑張りすぎだ。時には人に頼ってもいいんだぞ?」

律子「……はい。ありがとうございます。でも、本当に休みはいりませんよ」

P「えっ?それはどうしてだ?」


23: 2012/05/27(日) 00:54:20.52 ID:Rtn3+4ze0

律子「私は、この仕事が大好きです」

律子「亜美と伊織とあずささんをプロデュース出来て、毎日嬉しいし、楽しいです」

律子「それに、いつもいつもプロデューサー殿が手助けしてくれますしね」

律子「……ですから、この仕事に疲れているとかはないです。断じて」

P「……」

24: 2012/05/27(日) 00:57:59.73 ID:Rtn3+4ze0

P「(律子……19歳とはいえ仕事に対する姿勢は十分立派だ。俺も見習わないとな……)」

P「そうか。でも、だからこそ、知らないうちに疲労が溜まっている事もあ―――――」

律子「プロデューサー!くどいです!」

律子「それに、休んじゃったらあなたの顔、見られないじゃないですか……」ボソッ

P「えっ?」ドキッ


25: 2012/05/27(日) 01:01:54.25 ID:Rtn3+4ze0

律子「聞こえていたんですか……。でも、二度は言いませんからね?」

P「おっ、おう」

律子「それじゃあ、書類整理の続きやりますか!」



小鳥「(私って、結局空気なんですね。別に気にしてませんけど……)」グスッ




終わり

引用元: 律子「プロデューサー……」P「どうした、律子?」