1: 2014/04/10(木)17:42:24 ID:PuOLQOB5E
コナン「無理だろwww落ちるはwww」

6: 2014/04/10(木)17:48:37 ID:PuOLQOB5E
阿笠「とりあえず光彦くんのお姉さんが送ったことにしよう。」

コナン「受かったらどうするんだよ?あいつこうゆうの嫌いかもしれないだろ。」

阿笠「大丈夫じゃよ。この前のカラオケで嵐好きをみんなの前で公言してたからの。」

コナン「俺、そのカラオケのこと知らないんだけど・・・」

阿笠「あー・・・細かいことはいいじゃろ。とにかく送っとくぞ。」

7: 2014/04/10(木)17:54:32 ID:PuOLQOB5E
光彦「あれ?なんだこの封筒。僕宛ですね。まさか嵐のコンサートチケット!?」

カサッ

光彦「なんだ・・・ジャニーズ事務所から一次審査合格のお知らせか・・・」

ガクッ。

光彦「・・・ってええ!!!」

9: 2014/04/10(木)18:01:17 ID:PuOLQOB5E
光彦「でもおかしいな。僕こんなの送った、記憶ないですよ。」

朝美「どうしたの?光彦?」

光彦「あっ!お姉ちゃん!」

朝美「ご飯だってさ。んっ?何それ?」

光彦「何故か、知らないけど。ジャニーズ事務所から一次審査合格の通知がきたんです!」

14: 2014/04/10(木)18:08:32 ID:PuOLQOB5E
朝美「そーなんだ。よかったじゃん!」

光彦「ん~・・・」

朝美「どうしたの?嵐好きなんだから。ちょーよかったじゃん!もっと喜びなよ!」

光彦「いや~すごく嬉しいですよ!喜んでます。けどちょっとびっくりしすぎて・・・実感がないだけです!!」

朝美「本当におめでとう!とりあえずご飯食べちゃおう!」

光彦「はーい!」













光彦(本当はそこまで、でもないんだけどな・・・嵐好きだって言えばモテるかなって思って言ってただけだし。)

21: 2014/04/10(木)18:20:35 ID:PuOLQOB5E
朝美「光彦!早くしないと、学校遅れるわよ!」

光彦「はーい!今いきます!」

小学校にて・・・・・

コナン「おい、光彦!お前ジャニーズ事務所の一次審査合格したんだってな?」

光彦「えっなんで知ってるんですか?」

22: 2014/04/10(木)18:29:43 ID:az5XiQcIO
コナン「俺は探偵だせ!なんでもお見通しだ。」

光彦「はぁ・・・すごい。ですね・・・」

コナン「とりあえず、二次面接がんばれよ!」

光彦「・・・」

28: 2014/04/10(木)21:26:08 ID:0W3P0pQz1
光彦(僕がジャニーズになんてなれるんでしょうかね。)

歩美「あっ!光彦くんだ!」

灰原「聞いたはよ、ジャニーズの一次審査合格したんだって?」

元太「それってうなぎの完全養殖と、どっちがすごいんだ?」

歩美「もーう元太くん。うなぎの話ばっかり。」

光彦「はは。」

灰原「もし受かってジュニアになったら。いろんな芸能人と知り合えるかもね。」

歩美「すごーい!SMAPにも会えるの?」

灰原「多分ね。」

元太「すげーTOKIOにもか?」

灰原「多分ね!(TOKIOってジャニーズだったかしら?)」

歩美「もし、会えたら歩美キムタクにギター弾いてもらいたい♪」

元太「俺はもちろんDASH村でうなぎの捌き方を教わる!」

歩美「じゃあ光彦くんお願いね!」

光彦「えっ?」

31: 2014/04/10(木)21:35:45 ID:0W3P0pQz1
歩美「光彦くんがジャニーズになって会わせてくれるんでしょ?」

光彦(もう決定事項なんですか!!?)

元太「頼むぞ!俺は絶対TOKIOと新種のうなぎをDASH村で作りたいんだ!」

灰原「もうそれ農業じゃなくて科学の世界よ。。。」

光彦「とりあえず。来週の審査はやれるだけやってみます。」

コナン「おう!がんばれよ!」

灰原「落ちてもいいから、楽しんでらっしゃい。」

歩美「キムタク。」

元太「リーダー。」

32: 2014/04/10(木)21:54:35 ID:0W3P0pQz1
光彦「ここが二次審査会場か・・・」

ガチャ

光彦「失礼します。」

ズラッ

光彦「うわっ。すごい人数・・・ざっと100人くらいはいるかもしれません。」

>>34「君もオーディション初めて?」



34: 2014/04/10(木)21:55:32 ID:2GtvpQdK3
高木

39: 2014/04/10(木)22:13:43 ID:sOodzvFWb
高木「君もオーディション初めて?」

光彦「高木刑事なんで!?!?!??!!?」

高木「実は警察辞めたんだ・・・」

光彦「なんで、ですか?メチャクチャ安定してるのに・・・」

高木「そうとも言えないよ。」

光彦「?」

高木「殺人事件とかの後処理って本当に大変なんだよ。まず被害者だけで無くて加害者の家族に知らせたり、毎回氏体をみたり。」

光彦「・・・」

高木「上司との関係でも、いろいろあるしさ、しかもこんなにがんばっても一般人には税金泥棒みたいなこと言われるし・・・」

光彦「それならがんばって出世して変えればいいじゃないですか!

高木「無理無理。僕はノンキャリと言って高学歴じゃないから先が見えてる。」

光彦「」

43: 2014/04/10(木)22:21:14 ID:sOodzvFWb
高木「だから夢を与える仕事をしたいなと思って」

光彦「佐藤刑事はなんて?」

高木「V6の岡田くんのサインもらってきてだっていってたよ。」


44: 2014/04/10(木)22:38:56 ID:sOodzvFWb
光彦「いいんでしょうかそれで?」

高木「まあ、とりあえず頑張ろ!」

光彦「はぁ。。。」

高木「目指すは2人同時合格だ!」

ガチャ

おじさん「審査を受けるひとは隣の部屋に集まって下さい。」

高木「ほら!読んでるよ!行こう光彦くん!」

光彦「ちょっと、、待って下さいよ。」

高木「よーし頑張るぞーーーーー!!!」

光彦(よくよく考えればよく書類審査通りましたね。高木刑事)

47: 2014/04/10(木)22:50:15 ID:fQxsaMBBq
スタッフ「はーい!みなさんこんにちわ!!」

「「「「「「こんにちわ!!!!!」」」」」」

光彦「こん・・に・・ちわぁ」

高木「こぉぉぉぉんにちーーーーーーーわーーーーーーーー!!!!!」

スタッフ「おっ!一人元気な子がいるね!!いい返事だ!(うるせっ!!!)」

光彦「高木刑事浮いてますよ」

高木「何言ってんだ。光彦くん目立つ為には基本元気よくいかなきゃ!!」

48: 2014/04/10(木)23:03:06 ID:Fpmvuxyus
スタッフ「じゃあ番号札みんなに渡すから。名前呼ばれたらとりにきて。」

「「「「「「はーーい!」」」」」

光彦「はぁ・・・い。」

高木「はぁーーーーーーーーーーいぃ!!!」

スタッフ(うるさいな・・・あの保護者。)

50: 2014/04/10(木)23:14:26 ID:Fpmvuxyus
・・・・・・・・・

スタッフ「じゃあ円谷光彦くんは58番ね。」

光彦「どうも。」

スタッフ「次は・・・高木渉くん!!」

高木「はっ、はい!」

スタッフ「!!!!!」

スタスタ

スタッフ「5・・9・・・五十九番ね。。?」

高木「頑張ります。」

スタッフ「じゃあちょっと待っててね。」

高木「了解であります!」

スタスタ

ストン。

スタッフ(受験者だった・・・)



53: 2014/04/10(木)23:35:54 ID:RsENu7FiK
スタッフ「じゃあこれより審査を行います。」

「「「「「「はーい!」」」」

高木「はい!!!!!!」

光彦「はぁい。」

スタッフ「まずはこの歌に合わせて踊って下さい。」

カチ

恋は thrill,shock,suspense~♪
見えない力~♪ 頼りに~♪

高木「この曲は・・・イケル・・・イケるぞ!!」

56: 2014/04/10(木)23:49:18 ID:RsENu7FiK
バッ!! スッ タンタタン! ビッ

高木(ここは大きく手を広げて、)

スタッフ(保護者みたいな、人すげー!)

高木(最後のキメポーズっと。)

ゆら~

スッ!

ビシッ!!

高木「なんとか様になったかな。」

「「「「「「おぉーーお!」」」」」」

パチパチパチパチパチパチパチ♪

高木「何?何?どうしたの?」

光彦「高木刑事すごいですね!どんだけ練習したんですか?」

高木「いやー警察辞めてからずっと踊りと歌やってたから。期間は・・・2ヶ月くらいかな?」

光彦「完璧でしたよ!」

高木「僕もびっくりだよ。あとコナン君に教えてもらって本当に助かったよ。」

60: 2014/04/10(木)23:58:06 ID:RsENu7FiK
光彦「僕には教えてくれません。でしたよ・・・おかげで後ろでクネクネ揺れてる。だけでした。」

高木「僕は人生かけてるし、まだきみは若いから焦らなくてもいいんじゃないかな?」

光彦「・・・」

高木「とりあえず今は歌の審査を頑張ろ!」

61: 2014/04/11(金)00:08:05 ID:H4pZEpXyN
スタッフ「じゃあ次、歌の審査入ります。名前呼ばれたら指定された部屋に入って下さい。」

「「「「「「はーーーい!」」」」」」

光彦「はい。」

高木「はぁぁぁぁぁい!!」

スタッフ「じゃあ番号5番の方からこちらどうぞ。」

5番「はい!」

高木「ドキドキするね。光彦くん」

光彦「はぁ・・・まぁ。」









・・・・・・・・・・

スタッフ「59の方こちらどうぞ。」

高木「はいぃぃ!」

ガチャ

バタン!

高木「失礼します!!」

審査員A「じゃあ自己紹介からお願いします。」

高木「はい!!高木渉26歳独身です!!!よろしくお願いします!」


69: 2014/04/11(金)00:29:52 ID:H4pZEpXyN
審査員A「わかりました。」

ギャギャギューンドゥードューンデュギュワーン♪

高木「だいたいどんな雑誌をめくったってダメ !!ため息でちゃうワ♪」

審査員A、B、C「「「!!!!!!」」」

高木「僕に似合う服なんかはありゃしないのよ 世紀末の流行色~♪」

スタッフ「」

高木「全部はおまえにゃあわせられないよ
がっかりさせてごめんねなんてネ~♪」

???(youいいな?)

高木「ギリギリ崖の上を行くように
フラフラしたっていいじゃないかよ!!
それでも前に行くしかないんだから♪
大丈夫 僕の場合は~♪」

審査員A、B、C(((これは逸材だ!!)))

高木「(Oh! Yeah)!!」

77: 2014/04/11(金)09:17:01 ID:pcONZzeNc
高木「終わりです!ありがとうございました。」

審査員A、B「「ふうー!!最高だったよ君!」」

高木「あっありがとうございます!!」

審査員C「合格だよ。」

高木「へっ?」

審査員A、B、C「「「合格だっていったんだよ。」」」

高木「本当ですか!?!?!?」

審査員B「本当だよ。今度、君に電話するときは多分仕事の電話だ。」

高木「やったー!!」

審査員B「最後にひとつだけ質問があります。」

高木「はい!なんでしょう?」

審査員C「以前のご職業は?」

高木「はい!刑事やってました!」

審査員「ええっー!?なんで辞めてうちに?」

高木「いやー、僕いろいろあって氏にかけたんすよ!」

78: 2014/04/11(金)09:27:17 ID:pcONZzeNc
審査員A、B、C「「「」」」

高木「犯人に監禁され、火事の建物脱出したり、犯人に公開処刑されそうになり・・・」

スタッフ(あんな保護者みたいな人にそんな壮絶な過去が・・・)

高木「しかも毎日のようにグロテスクな氏体を見る毎日・・・」

80: 2014/04/11(金)10:23:08 ID:SphZhQn9M
審査員C「わかった。わかった!話しはまた今度聞くから。とりあえずお疲れ様。」

高木「はい!お疲れ様であります!また後日伺います!そのときは何とぞよろしくお願い申し上げます!」

ガチャ

高木「お先に失礼します!」

89: 2014/04/12(土)15:30:39 ID:LGy6hlBhH
審査員A「すごいのが来ましたね!」

審査員B「そうですね。けど欲をいえば、もう少し若い方がよかったですね。」

審査員C「いや。あの年で今だ、あどけなさが残ってるそれが逆にいい味をだして、弱点が逆に強味になってる!」

審査員B「いいますね。Cさん!」

審査員A「いやー本当に楽しみな。人材がはいったな!」

???(すごいな!彼、審査員からも大絶賛だYO!)



















ーーーーーーーーーーーーーー

光彦「つ、円谷、みっみ、光彦です!」

審査員D「じゃあ音楽かけるけど、何か歌いたい曲ある?」

91: 2014/04/12(土)15:42:29 ID:LGy6hlBhH
光彦「じゃあ・・・めざせポケモンマスターで・・・」

審査員D「うん。わかった。じゃあちょっと待ってね。」

審査員E「はい。OKです。」

審査員D「じゃあ始まるから、準備して。」

光彦「はい!」










光彦(緊張します・・・心臓がバクバクです。)

92: 2014/04/12(土)17:50:10 ID:kTyFaGomc
「ポケモンゲットだぜ!」

テゥ~ル♪ テテーン♪ チャ、チャチャーン♪

光彦「たとえ 火の中 水の中 草の中 森の中~♪ 土の中 雲の中~♪ あのコのスカートの中 ~♪」

審査員D(・・・??)

光彦「キャー~♪」


ビクッ!
審査員E(!)

光彦「なかなか なかなか なかなか なかなか 大変だけど~♪ かならずGETだぜ! ポケモ~ンGETだぜイェイイェイイェイイェイイェイエェイ!!!!!~♪」

審査員D(う~ん・・・なんというか・・・下手ではないんだが・・・)

審査員E(違和感があるな。)

94: 2014/04/12(土)18:01:04 ID:6hhbDoF3N
審査員E(なぜか・・・ポケモンマスターになる!!ってよりポケモンの顔が浮かんでくる。)

審査員D(サトシの顔よりピカチュウの顔が頭をよぎるな。)

光彦「あー憧れの!!~♪」

95: 2014/04/12(土)18:34:09 ID:yBsXHPCzZ
光彦「ポケモンマスターに!!~♪」

審査員D、E「・・・」

光彦「なりたいな!!~♪」

審査員D、E「「」」

光彦「ならなくちゃ!!~♪絶対!!なっ・・・」

審査員D「もういいよ。」

カチ

光彦「あっはい。そうですか・・・」


96: 2014/04/12(土)19:07:16 ID:kaozYTqEx
審査員D「君さ・・・」

光彦「はっ・・はい!」

審査員D「声いいよね。結構、好感持てるわ。」

光彦(えっまさかこれって褒めてもらってる?)

光彦「あっありがとうございます!」

98: 2014/04/12(土)19:36:36 ID:KLTGuAeec
審査員E「そうだね。声を聞くだけでいろんな世界が見えてくるよ。」

光彦(すごい。これはもしかしたら・・・もしかするかもしれません!!)

審査員D「ただね。」

光彦「?」

審査員E「なんかジャニーズとはちょっと違うかな・・・」

光彦「」

101: 2014/04/12(土)19:46:35 ID:KLTGuAeec
審査員D「ポケモンマスター歌ってとき、普通あの時だいたいサトシの旅立ちの場面が浮かぶはずなんだけど
君の場合ピカチュウが出てくるんだよねー。」

審査員E「俺もすげー思った!君ピカチュウの親戚か何か?」

光彦「とくには・・・関係ありません・・・」

103: 2014/04/12(土)20:01:17 ID:KLTGuAeec
審査員D「残念だけど・・・」

審査員E「今回は・・・見送りということで・・・」

光彦「わかりまし・・た」

審査員D「じゃあ、お疲れ様君は大丈夫!やれば絶対出来るよ!道はひとつじゃないから!」

審査員E「そうだよ。君はもっといろんな経験するべきだ。そしてそれを今後の君の人生の糧にするんだ!我々は君の活躍を期待し、見守っているよ!」

105: 2014/04/12(土)20:23:06 ID:Dda917M3K
ガチャ

光彦「失礼します。」

ーーーーーーーーーーーーーー







「あれ!?おーい光彦くーーーーーん!!」


トボトボ
光彦「・・・・・・・」

「光彦くん!」






光彦「!!!!うわっ!」

高木「ぼっーとしてたら、危ないよ。」

光彦「すいません。」

107: 2014/04/12(土)20:41:18 ID:xz8apKMkt
光彦「・・・高木刑事はどうだったんですか?」

高木「ははっ僕かい?なんとね・・・」

光彦「はい。」

高木「やっぱ教えない!」

光彦「・・・」

高木「あー!嘘だよ。教えるよ!!」

光彦「。。。」

高木「合格だったよ。」

光彦「やっぱり。すごいですね!高木刑事は。」

高木「・・・」

108: 2014/04/12(土)21:13:52 ID:ZkX2jjYm1
光彦「僕は落ちてしまいました。」

高木「僕はたまたま運がよかっただけだよ。」

光彦「違います!高木刑事は努力してました。僕よりずっと・・・人生をかけて」

高木「光彦くん・・・」

光彦「あっ気にしないでください。そうだ。お祝いに何処かいきましょ!もちろん高木刑事のおごりですよ!」

高木「光彦くん・・・うん。わかった!どっかパッーと!美味しいものでも食べに行こうか?」

光彦「わーい!!やった!!やった!!あっ!!ちょっと待ってください!」

高木「なんだい?」

110: 2014/04/13(日)08:19:50 ID:7ErCWFK4G
高木「どうしたんだい?」

光彦「番号札を返すの忘れました。ちょっと返してきます。」

高木「わかったよ。じゃあ入り口の前で待ってるから終わったらきてね。」



112: 2014/04/13(日)08:44:53 ID:LXm9xQ4LN
光彦「最初にあったおじさんだ。多分スタッフだし。あの人に頼もう。あの~すいません!」

おじさん「何かな?」

光彦「大変申し訳ないんですが、この番号札を返していただけないでしょうか?」

おじさん「君は受かったのかい?」

光彦「いえ・・・」

おじさん「そうかい。」

115: 2014/04/13(日)21:41:56 ID:jJ6USRts9
光彦「こんなこと頼んでしまってすいません・・・」

おじさん「YOU!」

光彦「はい。(YOU?)」

おじさん「うちに来ちゃいなよYO!!」

光彦「へっ?」

118: 2014/04/13(日)22:15:20 ID:TlCU56C35
スタッフ「ジャニーさん勝手にいなくならないでくださいよ!」

ジャニー「悪いねー!けどこの子とちょっと話しててね。」

光彦「えっまさかこの人がジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんですか!?!?」

136: 2014/04/17(木)23:37:02 ID:oA9c3l4zo
光彦「来ちゃいないよとはどうゆう意味ですか?」

ジャニー「YOUのその礼儀正しく、潔い態度が気に入ったんだ。だから・・・」

光彦「だから?」

ジャニー「YOUうちのアイドルになっちゃいなYO!」

140: 2014/04/17(木)23:48:01 ID:8PkrGCl2C
光彦「本当ですか!?」

ジャニー「どうだい?」

光彦「ぜひ、お願いします!!」

ジャニー「よろしく!ビッグになれるように頑張ってくれYO!」

高木「良かったね。光彦くん!」

光彦「ありがとうございます!高木刑事!一緒にスターになれるよう頑張りましょう!」

141: 2014/04/17(木)23:53:02 ID:8PkrGCl2C
ーーーーーーーーーーーー。












光彦「高木刑事、あれから3週間はたちましたけど全然仕事来ませんね・・・」

高木「そうだね・・・はぁ・・・また今日も、毛利探偵事務所とポアロのバイトが始まるよ・・・」

145: 2014/04/18(金)00:05:02 ID:D3DRKilMy
光彦「はぁ・・・僕もまた学校で偽ジャニーズっていじめらる日が始まります。。。」

高木「・・・・・お互い辛いけど頑張ろ。」

光彦「そうですね。レッスンは楽しいですしね。」

高木「しかも無料だから、とても助かるよ。」


148: 2014/04/18(金)00:06:30 ID:D3DRKilMy
光彦「そういえば高木刑事はジャニーズで誰が一番好きなんですか?」

高木「>>151だよ!」

159: 2014/04/18(金)00:25:02 ID:D3DRKilMy
高木「城島リーダーだよ!」

光彦「リーダーですか・・・」

高木「今リーダーって言われて、嵐の大野くんが頭に浮かんだでしょ?まぁ普通頭に浮かぶとしたらそっちだよね・・・まぁ今のジャニーズでリーダーといえば嵐の大野くんがよく言われるのは当たり前・・・。でも僕の中のリーダー!といえば城島くんで決まりなのさ!」

光彦「はぁまぁそうですね。でも城島くんのどんなところが好きなんですか?」

高木「好きなところは音楽に対する向上心とかかな・・・あとはやっぱり・・・」

光彦、高木「「城島タモリ!!!」」

163: 2014/04/18(金)00:37:41 ID:D3DRKilMy
光彦「あれは何度みても笑ってしまいますよw」

高木「だろ!けどリーダーは演奏のときはめっちゃ熱いんだよ!!そのギャップが好きなんだ!」

光彦「以外な一面があるんですね。」

高木「そういえば、君の一番好きなジャニーズは誰なんだい?」

光彦「>>168(城島リーダー以外)です。」

171: 2014/04/18(金)00:50:11 ID:D3DRKilMy
光彦「じつは、僕はやっぱり嵐のリーダーの大野くんが好きですね!」

高木「やっぱり今の子は嵐か・・・」

光彦「そうですね。やっぱり人気ありますよ嵐は。」

高木「けどなんでその中でリーダーの大野くんなんだい?」

光彦「歌が上手いのとあの独特な雰囲気が好きなんですよ♪」

高木「たしかによく歌上手いって話しは聞くな・・・」

光彦「あとはバラエティ系の話だと、うたばん。での中居くんとの絡みが最高ですね!」

177: 2014/04/18(金)00:57:34 ID:D3DRKilMy
高木「あれはwwwたしかに最高だねwww大野くんが今度中居にもwwwラーメン奢ってやるってやつwwwすごい好きwww」

光彦「ですよね!僕達も僕が大野くん役、コナン君が中居くん役、残りが石橋貴明、嵐のメンバーって配役でうたばん。ごっこやったことありますもん!」

高木「で結果は?」

183: 2014/04/18(金)01:12:00 ID:D3DRKilMy
光彦「今度wwwコナンにメガネwww買ってきてやるよwwwどうせwww事件のないときは安い伊達メガネなんだろwwwそれならすぐ買えるわって言ってみましたwwwそしたらwww」

高木「そしたら?」

光彦「他のみんながwww全然タカさんや嵐の役wwwやってくれないからwwwただただボコボコに殴られwwww最後はキック力増強シューズで腹蹴られましたwww」

186: 2014/04/18(金)01:33:40 ID:7hyTEFwYb
阿笠「それは災難じゃったのう。」

光彦「あっ阿笠博士!」

高木「いつの間にここに・・・」

阿笠「散歩がてらポアロにコーヒーを飲みにの。二人はさっきからちょっと盗み聞きしてけとさっぱりわからんわい。」

光彦「うたばん。の嵐知らないんですか?博士。」

阿笠「知らんの。。。」

高木「城島タモリも?」

阿笠「わからんの。」

光彦「まぁ発明しか知識のない博士ならしょうがないですね。」

阿笠(なんか光彦くんが言うとイラッとくるの・・・)

197: 2014/04/19(土)19:05:07 ID:XFvVw5v2n
光彦「あっもう学校の時間ですね。」

高木「おっと僕もポアロのバイトが始まる。」

阿笠「じゃあ高木刑事いつものコーヒーを頼む。」

高木「博士!いつまでも刑事はやめてくださいよ!たまに客に変な目で見られるんですから!」

阿笠「すまん、すまん今度から気をつけるよ。」

光彦「じゃあ僕はこれで。」

阿笠「車に気を付けるんじゃぞ!」

光彦「はーい。じゃあ行ってきます!」

202: 2014/04/19(土)19:45:08 ID:XFvVw5v2n
阿笠(ちらっと光彦くんの様子を見に来てみたが・・・なんかイキイキして腹が立つの…)

光彦(はぁ~本当にいつになったら仕事がくるんでしょうか・・・またみんなに偽ジャニーズと言われる日が今日も始まります。。。憂鬱です。)

阿笠(ムカつくから学校におたくの生徒さんが喫茶店ポアロの前でサボろうとしてるのを見ました。と通報してみようかの。)

203: 2014/04/19(土)20:09:19 ID:zJ4iVix7r
ーーーーーーーーーーーー。

帝丹小学校

元太「よぉ!光彦!ジャニーズの仕事まだ入らないのかよ?」

歩美「ジャニーズJrになったって言ってもう一ヶ月近く経つのに・・・全然仕事とかないよね。」

灰原「まぁまぁ。そう簡単に仕事なんてくるもんじゃないんだし。」

歩美「そうだけど。」

元太「とにかく、早くデビューしてくれよ。」

光彦「・・・頑張ります。」

206: 2014/04/19(土)21:21:25 ID:8GTaTd1d9
歩美「あっコナン君!」

元太「今、光彦がにいつになったらSMAP??SMAPでうなぎ料理食べれるか聞いてたところだぜ!」

歩美「私はいつになったらVS嵐に出れるか聞いてたよ。」

光彦「ちょっと!!さっきと言ってること違うじゃないですか!!」

コナン「お前らまだ偽ジャニーズとそんな話してたのか?」

212: 2014/04/20(日)19:58:14 ID:i1E1czVeL
光彦「・・・」

コナン「なんだよ。文句あんのかよ。」

光彦「いえ・・・別に・・・」

214: 2014/04/20(日)20:06:23 ID:3FSR6AemS
コナン「おい、みんな!こんなやつほっといてさっさと教室行こうぜ。」

歩美「亀梨」

元太「香取」

灰原「二宮」

216: 2014/04/20(日)20:08:09 ID:3FSR6AemS
スタスタ

光彦(くそー!ウソなんか言ってないのに!まだジャニーズJrですけど、僕はちゃんとしたジャニーズの一員です!なのに・・・あっーーーもう!!早く仕事が欲しいです!!)

217: 2014/04/20(日)20:31:35 ID:3FSR6AemS
ーーーーーーーーーーーー放課後。

光彦「はぁ~今日もやっと学校が終わりました。」

トボトボ

光彦「体育の時間はずっとバク転させらるし、給食の時間はコナン君が放送部に裏から手を回して、ずっとジャニーズの曲をかけてたから・・・」

ぐぅ。

光彦「その間ずっと歌わせられ続け何も食べれませんでした。。。しかも、もうすぐレッスン場の前ですか。はぁ~。仕方ありません。今日はこのままレッスンを受けますか。」

219: 2014/04/20(日)20:50:41 ID:ALyCcoXiR
スタスタ

高木「あっ!光彦くん!」

光彦「こんにちは。高木刑事・・・」

高木「どうしたんだい?元気ないじゃないか?」

光彦「ちょっとお腹が空いてて・・・」

222: 2014/04/20(日)21:13:53 ID:spv2KY6s8
高木「ダメじゃないか!!もうすぐレッスン始まるんだよ。ほらこれ!あげるから。」

光彦「これは?」

高木「ポアロの店長がくれた。サンドイッチだよ。」

光彦「食べていいんですか?」

223: 2014/04/20(日)21:20:18 ID:i1E1czVeL
高木「もちろんだよ。だからレッスン頑張ろう、そして一緒に芸能界のトップスターになろう!!」

光彦「はい!」

224: 2014/04/20(日)21:21:22 ID:i1E1czVeL
ーーーーーーーーーダンスレッスン場。
レッスンダンサー「ほら!ワンツー!ワンツー!」

光彦「ハァハァ。」

キュキュ!

高木「ふっ!はぁ!」

スッ、サッ!バッ!

レッスンダンサー「はい。OK!今日は終わりでーす。今度は二日後になります。」

光彦「ありがとうございました!」

高木「ありがとうございました!」

226: 2014/04/20(日)21:30:11 ID:ALyCcoXiR
ーーーーーーーーーーーーレッスン終了後。

光彦「疲れましたね。」

高木「そうだね。」

光彦「今日はダンスレッスンだけなんですけどね。」

高木「けど練習厳しかったからね。」

光彦「高木刑事。」

高木「なんだい?」

229: 2014/04/20(日)21:40:22 ID:jcrP7Lytp
光彦「僕たちデビュー出来るんでしょうか?たまにふと思うんです。もうやめ・・・」

高木「光彦くん!」

光彦「はいっ!?」

高木「気持ちはすごくわかる!けどここで腐っちゃダメだ!もう少し辛抱強く待とう!」

光彦「高木刑事・・・。」

231: 2014/04/20(日)21:53:54 ID:jcrP7Lytp
高木「まだ仕事もしてないんだ。それからでも遅くはないよ。」

光彦「・・・そうですね。わかりました!もうちょっとだけ頑張ってみます!!!よーし!トップスターになって!コナン君を見返してやるぞー!!」

高木「そうだ!その意気だ!」

光彦「それにしても、僕たち全然仕事きませんよね。」

233: 2014/04/20(日)21:58:15 ID:jcrP7Lytp
高木「本当だね。けどとりあえず今は自分の技術を磨くことを考えよう!」

光彦「はいっ!」

プルルプルル♪

高木「あっ電話だ。ちょっとごめん!」

光彦「はい。」

235: 2014/04/20(日)22:05:25 ID:jcrP7Lytp
高木「はい。高木です。はい。はい。ええぇ!?!?本当ですか?はい!わかりました。えぇこちらこそお願いします。では失礼します!!」

光彦「誰からですか?」

高木「ス、スタッフのひとからで・・・てっテレビの」

光彦「テレビ?」

237: 2014/04/20(日)22:07:48 ID:jcrP7Lytp
高木「テレビの歌番組でバックダンサーを頼むって!連絡がきたんだよ!」

光彦「えぇ!?本当ですか!?!!?」

高木「本当だよ!!やったぁぁ!!」

239: 2014/04/20(日)22:10:11 ID:jcrP7Lytp
光彦「で誰のバックで踊るんですか?」

高木「>>245のバックだよ!!」

245: 2014/04/20(日)22:12:48 ID:5dIAPKoKz
山p

247: 2014/04/20(日)22:23:41 ID:jcrP7Lytp
高木「山Pのバックだよ!」

光彦「よかったですね。おめでとうございます。」

高木「ありがとう。ありがとう。」

光彦「テレビ必ずみますから。」

高木「あっそれで、伝言なんだけど光彦くんもとりあえず局にくるように伝えてくれだそうだ。」

光彦「僕もテレビ局に!?なんで?」

高木「実は光彦くんさっきの電話はぼくの初仕事の連絡だけではなく君の初仕事の
電話でもあったんだよ!」

249: 2014/04/20(日)22:29:47 ID:jcrP7Lytp
高木「本当だよ。まだ誰のバックで踊るかは決まってないけど。舞台なれするためにとりあえず。見学しろとスタッフから伝言が来た。」

光彦「ウヒョヒョーイ!!」

高木(うれしいのはわかるがちょっとキモいな・・・)

251: 2014/04/20(日)22:38:18 ID:Rw78hcyIM
光彦「でwww山Pはwww何歌うんwwwですかね?www」

高木「たしか・・・」

高木(いやにテンション高いな。)

高木「抱いてセニョリータだったはず。」

光彦「うはwwwテラwww名曲www!w」

253: 2014/04/20(日)22:47:07 ID:OCT8SDT0g
高木「で、5日後にリハーサルやるから。来てくれだって。」

光彦「わかりました。ぜひいきます!じゃあ僕さきに帰ります。じゃあまた!!」

ダッ!

高木(普通のテンションに戻ったな。)

高木「気を付けるんだよ!!」



255: 2014/04/20(日)23:01:30 ID:OHvoPUKIH
ーーーーーーーーーーーーテレビ局。

リハーサル当日

高木「高木渉です。今日はよろしくお願いします。」

プロデューサー「よろしく。今日が初めてらしいけど軽いノリでやってくれれば、いいから。」

高木「がんばります!」

光彦「ここがテレビ局・・・不思議な空間ですね。」

プロデューサー「その子は?」

高木「この子も同じJrで名前は・・・」

光彦「円谷光彦です。」

高木「今度この子もバックで踊るのでその見学ということできました。」

光彦「今日はよろしくお願いします!」

266: 2014/04/22(火)20:20:51 ID:TJdvb3TOF
プロデューサー「じゃあ早速リハーサル始めるよ。集まってください!」

高木「わかりました。よろしくお願いします!」

ジャニーズJr一同「よろしくお願いします!」

268: 2014/04/22(火)20:31:32 ID:JdsoSxWuY
光彦「うわっ!いつの間にか他のジュニアも集まってきましたね。」

高木「じゃあ、ちょっと僕も行ってくるね。」

光彦「はい。ここで見てるので頑張ってきて下さい!」

高木「バックで踊るだけとはいえ・・・初のテレビ出演!しかもいきなりの生放送だ。失敗は許されないぞ・・・」

270: 2014/04/22(火)20:37:32 ID:JdsoSxWuY
光彦「高木刑事・・・」

高木「よおーし!!やるぞ!!」

光彦「高木刑事今日はすごい気合はいってます!」

271: 2014/04/22(火)21:04:06 ID:6HnbGGISJ
ーーーーーーーーーーーーリハーサル後。

プロデューサー「みなさんお疲れ様でーーーす!当日もこの調子でお願いします。」

「「「「「はーーーーーい。」」」」」

プロデューサー「じゃあ今日は解散です。」

「「「「「お疲れ様です!!」」」」」

光彦「お疲れ様です。はいっ!これ飲んで下さい!さっきのサンドイッチのお礼です。」
サッ

高木「ありがとう!貰うよ。」

光彦「けどテレビってこんな風に作ってたんですね。まるで縁の無い世界でしたので驚きの連続でした!」

高木「オイオイ、光彦くん他人事みたいに言うけど、これからは僕たちもその作る側なんだよ。」

光彦「そうですね。そういえば今日は山Pも来るかと思ったら来ませんでしたね?」

274: 2014/04/22(火)21:14:43 ID:6HnbGGISJ
高木「多分この番組ではナマ歌を披露するんじゃなく録音をしたやつを流すだけなんだろう。」

光彦「なるほど。」

高木「だから山Pは当日だけ早めにきて。軽くリハーサルだけやって本番を迎えようって感じじゃないのかな?」

275: 2014/04/22(火)21:31:52 ID:QvsnGcWGG
光彦「まぁ山Pも忙しいでしょうし、仕方ありませんね。」

高木「本番は一週間後だそうだ。とりあえず、光彦くん今日で見学は終わりだそうだ。」

光彦「わかりました。じゃあ帰ります。テレビ、楽しみにして待ってます。」

高木「さよなら。気を付けて帰るんだよ。」

光彦「はーい。」

277: 2014/04/22(火)21:36:29 ID:QvsnGcWGG
ーーーーーーーーーーーー本番当日。

帝丹小学校

コナン「そういえば、偽ジャニーズが言ってた、高木刑事が歌番組に出るって日は、今日だよな?」

灰原「覚えてないわね。」

歩美「テレビ欄見たけど。名前はないよ。」

元太「そんなことより俺は新番組の『ご注文はうなぎですか?』ってやつ見たいぞ。」

278: 2014/04/22(火)21:52:21 ID:S4oQF2Kbo
コナン「やっぱりまた嘘か。大体高木刑事がジャニーズになんて入れるわけねーだろうが。」

ポチッ。

司会「続いての入場は・・・山Pこと山下智久さんです。」

山下智久「どうも。」

歩美「あっ山Pだ!!」

灰原「そうか今日は特番の日なのね。で今回は歌番組をやるわけか・・・」

280: 2014/04/22(火)21:57:08 ID:S4oQF2Kbo
コナン「どうせ暇だし見るか。高木元刑事も出るかもしれないしw」

歩美「賛成!!」

元太「はぁ・・・まぁ仕方ねーな。ひつまぶしに見るか。」

灰原(さっきから何言ってるのかしら?)

283: 2014/04/22(火)22:12:09 ID:JdsoSxWuY
ーーーーーーーーーーーー。

司会「さぁいよいよ番組も最後になって来ました!」

コナン「もう終わりだけどやっぱりでねーじゃねかよ。」

灰原「まだ分からないわよ。最後はジャニーズの山下智久よ。」

歩美「何歌うんだろう?」

元太「海から来た友達が川にきてからうなぎが大好物です。しかしもうすぐ海に帰るので・・・」カタカタ

286: 2014/04/22(火)22:30:30 ID:sc3gswEO9
高木(大丈夫・・・リハ通りにやれば必ず成功する!)

ふう・・・

光彦「いよいよ高木刑事の出番ですね。」



287: 2014/04/22(火)22:35:55 ID:sc3gswEO9
チャラ~♪ チャチャ~♪

山P「アッー!~♪」

チャチャ~♪

山下智久「喧嘩の傷跡を 眺めあなたは言うあいつとツルむのは もうやめなと~♪」

歩美「キャーキャー!!山P超カッコいい/////」

289: 2014/04/22(火)22:42:13 ID:sc3gswEO9
コナン「やっぱりでるわけねーよな。」

灰原「あれ?」

コナン「どうしたんだ?灰原?」

292: 2014/04/22(火)22:57:10 ID:QvsnGcWGG
灰原「今高木刑事らしい人が・・・」

コナン「マジかよ・・・どこにいるんだよ!?」

灰原「あっそこ!あー後ろに行っちゃた。今度は右!」

コナン「全然わかんねーよ!」

灰原「無理もないわね。Jrはあくまで引き立て役ですものね。みんな同んなじ格好だし。」

コナン「本当に高木刑事だったのか?」

灰原「多分・・・間違いない・・・」

コナン「まさか偽ジャニーズの言ってたことは本当だったのか!?」

歩美「智久!!!!!!」

295: 2014/04/22(火)23:18:41 ID:n4MjQ8dbE
灰原「でもこんなチラッとしか映らないならまだまだ新人レベルってことね。」

コナン「だな。高木刑事もあの年新人なんて大変だな。早く有名ならないとあっとゆう間におっさんになっちまうぞ。」

灰原「まぁ彼が選んだ道だし、しょうがないじゃない?」

歩美「ねぇ?ちょっとなんか今日の山Pの歌おかしくない?」

灰原「そう?私はなんも感じないけど。」

歩美「なんか歩美は違和感があるなって。」

コナン「多分、録音したやつ流してるからじゃねーか?」

歩美「えっ?じゃあ今山P歌ってないの?」

コナン「多分口パクだな。こりゃ。」

歩美「」

306: 2014/04/23(水)21:40:50 ID:XHCNiWzuD
灰原「まぁ仕方ないわね。山Pも忙しいだろうし。」

コナン「でも生放送だからもしマイクスタンドとかが倒れたら大変だな。」

歩美「もしそうなったらwwwマイクを抱いてwwwないのにwww音楽流れるwwwシュールな光景になるねwww」

灰原「そうなったらそれはちょっとした放送事故ね。」

307: 2014/04/23(水)22:11:33 ID:2y1Q45rGX
ーーーーーーーーーーーー
高木(ここまでは順調だな…)

山下「わかってるって~♪ 女なんて
大人ぶって~♪ガキあつかい~♪」

高木(もうそろそろサビだな…)

山下「もうやめにしてくれないか~♪」

山下(よ~しサビだ!!ここは気合いを入れて…)

ガッ。

グラッ

309: 2014/04/23(水)22:36:25 ID:nMGaT08Gd
山下(ハッ!まずい…)

高木(マイクスタンドが山Pの足に当たってこのままじゃ倒れる!!)

315: 2014/04/24(木)23:17:07 ID:4Jjn5ZRoB
高木(ウオーー!)

ガシッ!!

山下(バックで踊ってたJrダンサー!?)

シュ!

パシ!

山下「ぅぉ。」

山下(・・・)

316: 2014/04/24(木)23:26:00 ID:4Jjn5ZRoB
高木(山P歌流れるよ!!)
パクパク

山下(ハッ!)

山下「抱いて! 抱いて! 抱いて! セニョリータ~♪」

318: 2014/04/24(木)23:35:52 ID:4Jjn5ZRoB
ーーーーーーーーーーーー。

コナン「なん・・やて・・・!?」

灰原「口調変わってるわよ。」

歩美「高木刑事すごーい!」

灰原「倒れそうになったマイクを見事にキャッチして、そっから山Pへのナイスパス。突然のアクシデントなのに見事に解決したわね。」

319: 2014/04/24(木)23:52:34 ID:tTm5hRYuU
歩美「しかも、最後山Pにウィンクして気遣いまでしてたみたいだよ。」

コナン(くそー!もしかしたら・・・このまま売れっ子ジャニーズの仲間入りをしちまうじゃねーか!!)

ーーーーーーーーーーーー。

山下「強く! 強く! 強く! 離さないで~♪
飾って格好つけずに~♪ そばにおいでよ~!!」

高木(ふぅー。とっさに体が反応してよかった。)

山下(危なかった!!!!高木渉くん?だったかな?)

322: 2014/04/24(木)23:59:44 ID:tTm5hRYuU
高木(山Pもあんなミスするんだな。初めて見たよ。)

山下「抱いて! 抱いて! 抱いて! セニョリータ~♪
強く! 強く! 強く! 離さないで~♪」

高木(もうすぐ終わりだ。)

山下(あとでお礼いわなきゃ。)

323: 2014/04/25(金)00:02:52 ID:56KaUWM65
山下「あなたのその唇が~♪ じれったいのよ~♪」

パチパチパチパチパチパチ!

アナウンサー「山下智久さんで抱いてセニョリータでした!」

325: 2014/04/25(金)00:17:28 ID:56KaUWM65

司会「凄い演出だったね。あんなの初めて見たよ。」(あんな演出の打ち合わせ聞いたっけ?)

山下「ありがとうございます。」

330: 2014/04/26(土)02:42:06 ID:GULptBkfX
ーーーーーーーーーーーー。

灰原「どうやら、司会者たちは演出だと思ってるようね。」

歩美「ねぇ高木刑事すごく目立てたけど大丈夫?」

331: 2014/04/26(土)02:53:25 ID:GULptBkfX
コナン「普通だったら勝手な行動だって怒られるがピンチを救うファインプレー・・・むしろ褒めらるだろ」

灰原「もしかしたら高木刑事売れっ子になるかもね。」

歩美「そうかもね!高木刑事なんだかいってカッコイイからね。凄い人気でるかも!」

灰原と歩美の予想は的中した。

高木刑事はJrながら当分の間テレビに出まくりになった。

332: 2014/04/26(土)03:04:44 ID:GULptBkfX
ーーーーーーーーーーーー。

光彦「お疲れ様です!高木刑事、凄かったですね!」

高木「我ながらよく体が反応したと思うよ。」

光彦「僕も来週の踊り高木刑事のようになる。頑張ります。」

一方、光彦の初仕事は、ステージ上で派手にすっ転んだので二度とバックダンサーの仕事は来ることはなかった。

333: 2014/04/26(土)03:21:42 ID:GULptBkfX
光彦「あーもうせっかくのチャンスだったのに失敗してしまいました・・・」

光彦「偽ジャニーズとは、言われなくなりましが、毎日コナンくんが僕の転んだ時の真似をされます。」

テレビの音「今日のゲストはまだジャニーズJrながら人気急上昇中の高木渉さんをトークゲストに迎えて番組をお送りしたいと思います。」

高木「よろしくお願いします。」

光彦「高木刑事・・・いいですね。今度ついにデビューの噂もでてますし・・・僕はこのまま取り残されてしまうのでしょうか。。。」

335: 2014/04/26(土)03:53:51 ID:siOamIDt9
プルル

光彦「電話ですね。」

ガチャ

光彦「もしもし。円谷ですけど。はいはいはい。えっ!?はい。。。わかりました。じゃあ伝えておきます。」

光彦(えーと。高木刑事の番号っと。)

プルル

高木「はい。もしもし。」

341: 2014/04/26(土)23:38:00 ID:u9mF9lvNg
光彦「もしもし?高木刑事ですか?」

高木「そうだよ。どうしたの?」

光彦「今スタッフの人から電話があって、今度ジャニーズJrのメンバーで特番をやるそうです!そのメンバーになんと高木刑事と僕が選ばれました!」

高木「それは本当かい!?」

342: 2014/04/26(土)23:48:44 ID:u9mF9lvNg
光彦「はい!なので!来週の午前11時に米花駅に集合だそうです。」

高木「わかった!いつもありがとう!午前11時だね!忘れずに行くよ!じゃあまた!」

光彦「えぇ。じゃあお疲れ様でーす。」
ガチャ

光彦(高木刑事今だに携帯持ってないから・・・不便ですね。まぁ警察やめる時にお金ないから
解約したらしいですけど。)

350: 2014/04/27(日)21:12:58 ID:cgoCKXJDW
ーーーーーーーーーーーー。

スタッフ「おはようございます。」

光彦「おはようございます。」

高木「あれ?僕らだけかい?」

スタッフ「残りの人は現地集合になりました。」

光彦「高木刑事に連絡しようとしたら探偵事務所にコナンくんがずっといて連絡できなかったんですよ。」

352: 2014/04/27(日)21:21:11 ID:2W7W2yCWu
高木「ここんところ探偵事務所のバイトが続いてたからな・・・すまなかったね。来月から給料あがるからそしたら携帯買うよ。」

光彦「ところで、どこに行くんでしょう?」

高木「あれ?それは聞いてないんだ、なんかパスポートを持ってこいって話だったよね?」

354: 2014/04/27(日)21:33:07 ID:gybjCSwIw
光彦「はい。多分海外だとはおもうんですけど・・・」

スタッフ「場所はあとで教えるんで、とにかく、車に乗って下さい。」

光彦「はい!」

高木「はい!」

光彦(初めての海外・・・!!ワクワクします。一体何が待ってるんでしょうか・・・)

357: 2014/04/27(日)21:43:09 ID:gybjCSwIw
ーーーーーーーーーーーー成田空港。

光彦「成田空港!僕初めて来ましたよ!」

高木「僕も、久々だな・・・建物とかも結構変わってるな・・・っと。あっ!?あれは!!>>360!!」

360: 2014/04/27(日)21:46:57 ID:BIUPIycM1
SMAP

362: 2014/04/27(日)21:58:49 ID:IVEz3nx4D
高木「あっ!?あれは!!SMAP!!」

光彦「えっ!?何処ですか?」

高木「ほら!あそこだよ!」

光彦「あっ!本当だ!しかもジャニーさんもいます。」

タタッ

高木「ジャニーさんがこっちに向かってくる!?」

ジャニー「you達よくきたNE!!」

365: 2014/04/27(日)22:18:27 ID:2W7W2yCWu
ジャニーさん「じゃあ!you達PVの撮影頑張ってNE!」

SMAP「「「「「わかりました。いってきまーーす。」」」」」

中居(あの子すごいソバカスだったな。)

香取(あのソバカスにマヨネーズかけてーーーーーーー!)

草彅(みんなと席離れてるし、飛行機ついたら1人で飲もう。)

木村(ちょっ・・・待てよ!!)

稲垣(ジャッキタイサン)

369: 2014/04/27(日)22:31:03 ID:T2hPqVGg1
光彦「あっ。SMAP行っちゃいました・・・」

高木「まぁ大スターだから。しょうがないよ。それより中居くんと慎吾くん、なんか光彦くんのこと見てなかった?」

光彦「?そうですか?気のせいじゃないですか?」

ジャニーさん「you達、一回お喋りはやめなYO!」

高木「はぁ。わかりました。」

光彦(てっきり。SMAPの撮影に同行するのかと思いましたが。違いましたね。)

377: 2014/04/27(日)23:03:16 ID:T2hPqVGg1
ジャニーさん「いきなりだけど。君達にはジンバブエに行ってもらうYO!」

高木「ジンバブエってどこ?」

光彦「ジンバブエとはアフリカ南部にある国ですね。」

高木「そうなんだ。僕は全然知らなかったよ。」

光彦「けど僕達だけで大丈夫でしょうか?」

ジャニーさん「大丈夫だYO!ちゃんと案内人を呼んであるからねNE!」

高木「案内人?」

ジャニーさん「君達もよく知ってる人物だよ。」

光彦「僕達の知り合いですか?」

ジャニーさん「そうだYO。おっ。噂をすれば・・・」

スタスタ
服部「よっ!久しぶりやな!坊主!工藤は元気にしとるか?」

高木「はっ服部くん!?」

光彦「なんで!?服部さんが案内役に!?」

服部「そりゃお前決まっとるやろ。」

381: 2014/04/27(日)23:13:36 ID:T2hPqVGg1
高木「そうだね。服部くんの、そのじっちゃん譲りの色黒さを生かす時が・・・遂に来たんだね!」

光彦「」

服部「さすが高木元刑事!話が早いな!ジンバブエでもよろしゅうたのむわ!」
(初めて行く場所だけどなんとかなるやろ。)

光彦「大丈夫でしょうか。不安です。」

402: 2014/05/01(木)04:40:42 ID:KzzUrmc9K
ーーーーーーーーーーー。

光彦「とうとう着きましたよジンバブエ!!!」

高木「光彦くんなんでそんなテンション高いんだい?」

光彦「生まれてから初の海外ですよ!!そりゃテンション上がりますよ!!」

服部「それじゃあ。とりあえずホテル行くで」

高木「そうだね。」

光彦「よっしゃー!!!超楽しみです!!!早くいきましょ!!」
ダダッ!!!

高木「光彦くん危ないよ!」












現地人「なんだあの?ソバカス東洋人は?」

403: 2014/05/01(木)04:52:48 ID:KzzUrmc9K
ーーーーーーーーーーー。

光彦「ここが・・・僕達が・・・泊まる・・・ホテル??」

服部「そやな。」

高木「本当なのかい?ダダの廃墟にしか見ないんだけど!」

服部「なにゆうとるんや。これでもジンバブエ内でも2番目の高級ホテルやで。」

高木「」

光彦「」

417: 2014/05/03(土)21:09:26 ID:kwFFXshr2
服部「おっ!従業員やな。」
タタッ

光彦(服部さん全く違和感なく現地にとけこんでますね。)

高木(あれ?どっちが服部くんだ?遠くに離れるとちょっとわからないな・・・)

418: 2014/05/03(土)21:40:06 ID:ANEpqoB1w
服部「かくかくしかじか。おおきに!」タタッ

服部「すまん!すまん!待たせたのう。」

高木「何を話してたんだい?」

服部「部屋のことを聞いてきたんや。ほんだらこのカギつこうてくれゆわれた。」ジャラ。

高木「部屋割は?」

服部「あと二人来るらしいから3対2やな。」

419: 2014/05/03(土)21:53:33 ID:ANEpqoB1w
光彦「いつ来るんですか?」

服部「もうそろそろくるはず・・・」

元太「ふぅ。ウナギの世話してたら遅くなっち待ったぜ!」

420: 2014/05/03(土)21:56:32 ID:ANEpqoB1w
光彦、高木「げ、元太くん!?」

元太「よぉ!光彦!高木刑事久しぶりだな!」

高木「どうして君がここに?」

元太「うな重の食べ歩きしてたら、知らないおっさんに声かけられてよ!美味しいうな重あげるからホテルにおいでって!おっさんについてたら俺すぐに寝ちまってよ。うな重食い損ねたんだよ。そしたらそのおっさんがよ・・・」

光彦「まさか・・・」

421: 2014/05/03(土)22:06:59 ID:8FTpV4lZp
元太「ジャニーさんって人で、なんとこの人がジャニーズ事務所の社長だったんだよ。」

光彦「・・・」

元太「そしたらジャニーさんが・・・」

422: 2014/05/03(土)22:13:55 ID:ClkW8SS5U
ーーーーーーーー。
ジャニーさん「YOU昨日は楽しいよr・・・じゃなかった・・・すぐ寝ちゃうんだもん!!せっかくいいうな重食べさせてあげようと思ったのに・・・」

元太「悪りぃ。ジャニーさん。なんか昨日の記憶が曖昧なんだよ。いつの間にかパンツしか履いてねーしよ!」

ジャニーさん「そうなのかい?そんなことより突然だがジンバブエに行ってみないか?」

元太「そこには美味いうな重あるのか?」

425: 2014/05/03(土)22:28:42 ID:FKi0kTF1r
ジャニーさん「もちろんさ!うな重だけでなく他にも楽しいところがたくさんあるYO!」

元太「マジか!!嘘じゃねーよな!?」

ジャニーさん「1億ジンバブエドル賭けてもいいよYO!」

430: 2014/05/06(火)09:08:20 ID:PAsDYx9vu
元太「で、ジャニーさんにチケットもらってここに来たんだぜ!」

光彦「そうだったんですか・・・」

高木「あと1人は誰だか元太くんはジャニーさんから聞いてないかい?」

元太「>>431(現役ジャニーズのメンバー)が来るって聞いたぜ!」

431: 2014/05/06(火)09:48:12 ID:HZkvOZtjI
タッキー

444: 2014/05/08(木)23:56:18 ID:bAf1hSZ9p
元太「タッキーがくるって聞いたぜ!」

光彦「本当ですか!!??」

高木(そういえば僕もタッキーって昔呼ばれてたな・・・)

服部(タッキーってだれや?)

448: 2014/05/09(金)00:10:12 ID:NeRaXOpop
光彦「すごいですね!」

高木「どんな番組になるか楽しみだね!」

元太「そんなことよりうなぎだ!」

452: 2014/05/09(金)00:16:08 ID:6Z2Z0PzgC
ーーーーーーーーー。

タッキー「あれここかな?」
ギィ。

タッキー(ジャニーさんが南米横断の前にここに来とけって言ってたけど・・・あとこの箱の中身はなんだろう?)

ガヤガヤ

タッキー(誰かいるのかな?)

ガチャ

454: 2014/05/09(金)00:39:06 ID:FYrN19XyX
光彦「えっ?」

高木「あっ!」

服部「んっ?」

光彦「あっあっあなたは本物の」

高木「タ、タッタ!!」

元太「うな重!!!!!」
バッ!

457: 2014/05/09(金)00:41:46 ID:FYrN19XyX
タッキー「あっこの箱の中身うな重なんだ・・」

光彦「なんでタッキーさんがここに?」

高木「そうですよ!」

タッキー「理由か・・・」

458: 2014/05/09(金)00:50:05 ID:CVzKKnfBH
服部「じゅ、銃声!?」

高木「外から聞こえたね?」

光彦「なんでしょう?とにかく行ってみましょう!?」

ダダッ

「「「「「あっー!!なんだこれは!?」」」」

高木「すごい数の報道陣だ・・・」

459: 2014/05/09(金)00:51:12 ID:CVzKKnfBH
パァンパァン!

服部「じゅ、銃声!?」

高木「外から聞こえたね?」

光彦「なんでしょう?とにかく行ってみましょう!?」

ダダッ

「「「「「あっー!!なんだこれは!?」」」」

高木「すごい数の報道陣だ・・・」

461: 2014/05/09(金)01:01:54 ID:0uqjEhTF6
光彦「これは一体?」

ジャニーさん「おっ!YOU達やっと全員揃ったのかい?」

「「「「「ジャニーさん!?」」」」

462: 2014/05/09(金)01:05:41 ID:0uqjEhTF6
服部「よぉ!おっさん久しぶりやな?」

ジャニーさん「そうだね!実は君と元太くんに頼みたいことがあるんだが・・・」

服部「なんや?」

元太「うめぇぇぇぇぇぇぇえ!!」
バクバク。

タッキー(さっきからすごい食べ方だな・・・このデブ。)

477: 2014/05/14(水)21:10:15 ID:Zco4WjvD3
光彦「それより先に聞きたいことが・・・」

高木「さっきの銃声・・・」

ジャニーさん「ただの花火だyo!みんなを驚かそうと思ってやってみたんだ!あっもしかして銃声かと思った?」

478: 2014/05/14(水)21:17:45 ID:zf0gxzzZN
光彦(普段から銃声聞いてるから)

高木(銃撃ってた側からするとあんまりびっくりしないな。)

ジャニー「やだなーもーそんなことある訳ないじゃん!栃木じゃあるまいし!けどびっくりしたでしょ!?」

481: 2014/05/14(水)21:22:02 ID:zf0gxzzZN
光彦(栃木ぇ・・・)

服部「で頼みってなんや?」

ジャニー「ウチでこの子達といっしょにアイドルやらないか?」

服部「な・・・んや・・・て!?」

486: 2014/05/14(水)21:49:42 ID:NGjR7DR9O
光彦「この達って・・・」

高木「まさか僕達がデビューってことですか?」

ジャニー「そうだよ。まぁ2人の返事次第だけどね。」

488: 2014/05/14(水)22:02:52 ID:NGjR7DR9O
光彦、高木「いっ・・・・」

服部「?」

光彦、高木「やたーーーーーーーー!!!!!」

服部「うぉ。」

光彦「やりました!」

高木「本当だね!やったよ!!」

服部「じゃかしいわ!いきなり耳元で大声だすやな!ボケ!!」

489: 2014/05/14(水)22:03:14 ID:NGjR7DR9O
光彦「すいません。」

高木「あっでも服部くんが承諾しないとダメなんじゃ・・・」

ジーーーー。

服部「なんや?」

491: 2014/05/14(水)22:10:46 ID:Zco4WjvD3
服部「なんや?」

ジャニー「で服部くん?YOUはどうするんだい?」

服部「そういうても・・・アイドルって急に言うても・・・」

ジャニー「芸能界にも事件はたくさんあるよ!」

服部「!」

494: 2014/05/14(水)22:16:28 ID:Zco4WjvD3
ジャニー「例えば・・・佐村河内ゴースライター事件とか。」

服部「ふっ・・・なんやなんか楽しそうやな芸能界も・・・」

ジャニー「どうだい?」

服部「決めた!!!その話しのったるで!!!」

497: 2014/05/14(水)22:26:11 ID:Zco4WjvD3
高木「うぉーーー。」

光彦「やりました!あとは元太くんだけです。」

高木「元太くんは大丈夫だよ!TOKIOに会いたがってたし。」

元太「うめ・・・うめ・・・」
バクバク。

499: 2014/05/14(水)22:36:59 ID:dry3miTln
ジャニー「元太くんもOKでいいかな?君にも是非うちにきてこのグループの伝説の一人になってもらいたい。」

元太「悪りぃけどあんま興味ないな。もうこんだけうまいうな重食えたし!もう満足だぜ!」

ジャニー「そのうな重中国産だYO。」

元太「」

501: 2014/05/14(水)22:42:16 ID:dry3miTln
光彦「元太くん?」

高木「?」

元太「親中派、チベット、東トルキスタン・・・・・」
ギギッ

光彦「元太くん!!!」

503: 2014/05/14(水)23:00:08 ID:dry3miTln
服部「おい!おっさん!なんてもん食わせてんや!」

高木「そうですよ!元太くんは生まれつき国産のうな重しか食えない身体なんですよ!」

光彦「元太くん!山椒です!とりあえず息をゆっくり吸って下さい!」
バッ!

元太「スーハースースーハー」
ガバ!

元太「ウイグル!!!!」

530: 2014/06/01(日)18:34:38 ID:ABu1hK7ms
光彦「なんとか意識は取り戻しました。」

元太「氏ぬかと思ったぜ・・・」

高木「よかった。」

滝沢(俺はなんのためにここにいるんだ・・・?いきなりジンバブエとかわけわからん!!もうやださっきから状況が読めない・・・・疲れたよ。さっきのことも思い出せないよし、そもそも俺は関係ないし帰っても・・・)

ジャニーさん「YOU!帰っちゃダメだろYO!」

533: 2014/06/01(日)18:58:40 ID:IU4jTrjBy
タッキー「実際なんで僕ここにいるんですか?まさかのタッキー&翼解散すか?最近活動してないからすか?どうなんですか?」

ジャニーさん「いや、それもあr、違うよ!!君にはこのグループのプロデューサーをお願いしたいんだYO!」

534: 2014/06/01(日)22:12:11 ID:ABu1hK7ms
タッキー「えっ僕がですか?」

ジャニーさん「忙しいのはわかってるけど頼むYO!」

タッキー「・・・でもやったことないし。」

535: 2014/06/01(日)22:16:39 ID:ABu1hK7ms
ジャニーさん「三ヶ月でいいんだ!」

タッキー「う~ん。どうしよっかな?」

536: 2014/06/01(日)22:22:10 ID:ABu1hK7ms
ジャニーさん「残念だな・・・やってくれたら。引退後は事務所の幹部にしようと思ってたんだけどな・・・」

タッキー「!!!」

537: 2014/06/01(日)22:25:44 ID:ABu1hK7ms
ジャニーさん「仕方ない。翼に頼むかな。」

タッキー「喜んでやらせていただきます!」

539: 2014/06/01(日)22:33:52 ID:ABu1hK7ms
ーーーーーーーーー。

タッキー「ということで君達のプロデューサーになった。滝沢秀明ことタッキーです。よろしくお願いします!」

光彦「やった!デビューできる!って浮かれてたんですけどこのメンバーでいいんですかね・・・?」

540: 2014/06/01(日)22:44:27 ID:azoSheCLw
高木「僕も嬉しさと、不安が大き過ぎて複雑なんだけど。」

光彦「メンバーも高木刑事と僕はいいですけど。元太君と服部さんで大丈夫なんですかね?」

541: 2014/06/01(日)22:51:23 ID:vnq4v6iB6
服部「何言ってるんや。うちのオトンは大阪府警の本部長やで。」

光彦(何いってるんだこいつ?)

高木「?」

543: 2014/06/01(日)22:59:13 ID:0KcmriO0F
服部「それにこのボーズは く、コナン君の所属する。少年探偵団のリーダーなんやろ?」

元太「そうだぜ!コナンは俺の優秀な子分たぜ!」

服部「こんな優秀なのが二人も入ってくるんや!心配なんてないはずやろ!」

547: 2014/06/04(水)12:42:31 ID:c2RaWkxW2
服部「こんな優秀なのが二人も入ってくるんや!心配なんてないはずやろ!」

光彦「?とりあえずデビューはできるんですよね?」

ジャニーさん「そうだね、あとは>>549はいれようと思うんだけど、どうかな?」

549: 2014/06/04(水)12:53:39 ID:Jec0rHXNb
江戸川コナン

558: 2014/06/06(金)18:47:00 ID:yLs4p73Dn
ジャニーさん「そうだね、あとは江戸川コナンくんはいれようと思うんだけど、どうかな?」

元太「マジすっか?ジャニーさん?」

光彦「未来少年の話しですか??」

高木「えっ?なんだって?」

服部「くっくくd・・・カカロットはあかんで!!ジャニーさん!あいつだけはホンマにあかん!」

タッキー「カカロット?」

559: 2014/06/06(金)18:55:58 ID:A9IAVFU4d
ジャニーさん「もしかしてみんなコナンきゅんを知ってるのかい?」

光彦「知ってるも何もクラスメイトです・・・ジャニーさんはなんで知ってるんですか?」

ジャニーさん「彼とは大??君??麻吸引冤罪事件を解決して知り合ったんだよ。」

582: 2014/06/14(土)21:54:43 ID:ST0iqQLio
高木「あの事件ですか!結局大??君の容疑はシロでホッとしたのをよく覚えてます。」

ジャニーさん「もしかしてyouはその時現場にいた刑事か!?」

585: 2014/06/14(土)21:58:54 ID:ST0iqQLio
ジャニーさん「もしかしてyouはその時現場にいた刑事か!?」

高木「そうです!!いや~あの時は大変でしたね!しかもまさか犯人が山村刑事だとは思いませんでした。」

587: 2014/06/14(土)22:06:22 ID:X9VAgGil5
ジャニーさん「それ以来彼とよく会って話すようになってね。そしたら彼はどうやらジャニーズに入りたいらしいんだyo!」

光彦「で、でもコナン君の歌唱力は・・・・」

服部「悪夢やでホンマ!」

589: 2014/06/14(土)22:09:57 ID:X9VAgGil5
高木(そういえば事件解決のお詫びに大野君が曇りのち、快晴を歌ってくれたあと、コナン君の歌聞いたけどすごかったな・・・悪い意味で。)

元太「歌酷くてマイク離さねーからいつもコナンはカラオケ誘わないよな!」

591: 2014/06/14(土)22:25:02 ID:mSYuCCs4Q
光彦「それに僕はコナン君をいれるのには反対ですよ!歌唱力だけじゃなく性格の問題が酷過ぎます!!僕が何回偽ジャニーズと言われイジメめられ続けてきたか!!」

ジャニーさん「その話しは知ってるyo、でもそれはyouのためにわざとやったことなんだよ。」

593: 2014/06/14(土)22:28:33 ID:mSYuCCs4Q
光彦「えっ?それはどうゆう意味ですか?」

ジャニーさん「芸能人は楽しいことだけじゃない・・・辛いこともたくさんあるんだ・・・何よりも大勢のプレッシャーがすごいんだ。」

594: 2014/06/14(土)22:36:46 ID:X9VAgGil5
高木「・・・」

服部「せやな。」

元太「三瓶明雄様のご冥福をお祈りします。どうか安らかにお眠りください。」

596: 2014/06/14(土)22:53:29 ID:2uY5QdTt9
光彦「それと僕が偽ジャニーズとか言われ虐められ続けてきたのとどんな関係があるんですか?」

ジャニーさん「君はいきなり大勢の観客の前で歌ったり、踊ったりすることができるかい?」

598: 2014/06/14(土)23:01:11 ID:2uY5QdTt9
ジャニーさん「煽り耐性などをつける為にわざとコナン君は悪役になり影から君のことを応援していたんだyo!!」

599: 2014/06/14(土)23:04:57 ID:2uY5QdTt9
高木(嘘だな。)

服部(嘘やな。)

元太(そんなことより!!うな重だ!!!!)

601: 2014/06/14(土)23:11:38 ID:2uY5QdTt9
高木「そんなはずあるわけないじゃないですか・・・ねぇ光彦く・・・」

光彦「ヒグッ、グスンヒクヒク・・・そうだったんですか・・・コナン君が僕の為にそんなことを・・・それなのに僕は・・・ぼくは・・・・」

高木(えぇ~!?今の話し信じちゃってるの?)

608: 2014/06/14(土)23:42:43 ID:VX5UprUtn
ーーーーーーーーー毛利探偵事務所。

コナン「はぁーーーくしょん!!」

コナン「また誰か噂してるのか?まさか偽ジャニーズか?たくっ!まぁもしそうだったらまた昼休みと放課後使って擬似2daysライブツアーMI・TSU・HI・KOを無理矢理開催させてやっか!ククッ・・・考えただけで笑いが止まんねーぜ。」

629: 2014/06/21(土)21:56:36 ID:2yExPMxRf
コナン「そういえば、博士からあともう少したったら探偵事務所を出ろって電話があったけど何があるってんだ?」

プルル!プルル!

コナン「はい、毛利探偵事務所です。あっ博士か。もう出たほうがいいのか?うん、うん。うん。わーたよ。」

プッ

631: 2014/06/21(土)22:01:08 ID:2yExPMxRf
コナン「ドア開ければ分かるって本当かよ・・・」

ガチャ、ガチャ!

ーーーーーーー。

あれ?

632: 2014/06/21(土)22:02:28 ID:2yExPMxRf
コナン「・・・部屋か?ここどこだ??」

コナン「なんか外が騒がしいな。ちょっとでてみるか!」

ガヤガヤガヤ。

633: 2014/06/21(土)22:07:58 ID:2yExPMxRf
コナン「なっ!?」

高木「えっ?」

タッキー「??」

元太「ファ!?」

服部「コナンきゅん!」

ジャニーさん「これで全員揃ったね!!」

コナン「ここはいったい?」

634: 2014/06/21(土)22:18:53 ID:2yExPMxRf
光彦「コナン君・・・コナン君・・・なんですよ?」
ぐすん、ヒグッ。

コナン「あぁ・・・」(なんでこいつ泣いてるんだ?)

光彦「僕はずっと誤解してました。」

コナン「なんの話しだ?」

光彦「僕のためにワザと悪役になってくれたんですよね!?」

コナン「はぁ!?なんだそれ!?!?」

637: 2014/06/21(土)22:36:15 ID:2yExPMxRf
コナン「てかここどこだよ!」

高木「ジンバブエだよ。」

コナン「」

マスコミ1「誰だあれは?」

マスコミ2「もしかしてあの子が新メンバーなのか?」

ジャニーさん「そうです!!彼がジャニーズ新ユニットの最後のメンバーで名前は江戸川コナン君。彼の本業は難事件を解決するいわば『探偵』です。彼はジャニーズを副業にしている農家のTOKIOと一緒であくまで副業としてメンバーに参加してもらうつもりです。」


654: 2014/06/29(日)21:06:18 ID:WhuUHZSgN
マスコミ「「なんだって!!!???」」

ジャニーさん「ってことで頼んだよ。コナンきゅん。」

655: 2014/06/29(日)21:06:52 ID:WhuUHZSgN
タッキー(このメンバーを自分一人でまとめなきゃならないの?)

高木「いよいよデビューか!!・・・」

服部「ほな、キバっていこか!」

元太「腹がなるぜ!」

659: 2014/06/29(日)22:37:20 ID:WhuUHZSgN
マスコミ2「グループ名は決まってるんですか?」

ジャニーさん「決まってます。」

マスコミ1「今、グループ名言えますか?」

ジャニーさん「はい。」

マスコミ1「教えて下さい!!」

660: 2014/06/29(日)22:40:06 ID:WhuUHZSgN
ジャニーさん「・・・分かりました・・・・彼らは・・・漆黒のソラを・・・勇大な翼を使い飛び回り・・・」









光彦(んっ?)

661: 2014/06/29(日)22:40:43 ID:WhuUHZSgN
ジャニーさん「・・・その鋭い眼光で・・・獲物を・・・見定め。」



光彦(あれ?どっかで?)

662: 2014/06/29(日)22:42:37 ID:WhuUHZSgN
ジャニーさん「そして、
鉤爪は・・・一度掴んだ・・・モノは・・・二度と離さない!!そう・・・我がグループの名は!!」

光彦「まさか!?」

664: 2014/06/29(日)22:45:51 ID:WhuUHZSgN
ジャニーさん「そう彼らこそ芸能界の闇を生きるグループ!!ジャニーズ初の厨二病風アイドルここに誕生。われわれは人呼んで『†
ダークコンドル†』


光彦「うわーーー!ー!ーー!ー!ちょっと!!その名前をどこで!!??!?」

665: 2014/06/29(日)22:50:41 ID:WhuUHZSgN
コナン「ダークwwwコンドルwww!!!www」

高木「うわぁ。。。うわぁ。」

服部「しょもな。」

元太「これ光彦の書いてた妄想のやつじゃねーか・・・」











タッキー(やっべー!!!!ちょーー!カッケー!!!!マジテンション上がる!!)

682: 2014/07/06(日)00:13:36 ID:zhF0qKadw
光彦「ちょっと!!本当にやめて下さい!!なんで僕の黒歴史を全国ネットで晒されなきゃならないんですか!!!」

タッキー「何いってるんだ!!光彦くん!!」

光彦「なんですか?滝沢プロデューサー?」

タッキー「こんなかっこいい、ユニット名。他にないじゃないか!!君は天才だ!!」

ジャニーさん「その通りだ。光彦くん、君は天才だよ!!!」

光彦「プロデューサー、ジャニーさん・・・・・」

685: 2014/07/06(日)00:35:16 ID:zhF0qKadw
タッキー「くくっ・・・私はプロデューサーではない!我が名はダークコンドル・幹部†ヘル・コンドル†そして君の本当の名前は円谷光彦ではなく、スズメだ!」

光彦「ぐわあぁ!!・・・すまない。†ヘルコンドル†光彦くんがまた邪魔したいみたいだな。」

高木「光彦くん!!」

元太「大丈夫だよ。いつもの光彦の発作みたいなもんだよ。」

コナン「たくっ。こいつの痛い言動には本当に参るぜ。」

服部「そういえば。このボーズ関西にいたときも、関西出身でもないのに関西弁を無理使こうてて。ものごっつ痛かったの。」

689: 2014/07/06(日)01:02:34 ID:zhF0qKadw
元太「相変わらず痛い。」

コナン「なんてたって、こいつ俺のキック力増強シューズに憧れて、自分の蹴りのことを毒針って呼んでたからな。」

服部「ドwwwクwwwバwwwリwww」

高木「僕たちも、変なニックネームつけられちゃうのかな?」

703: 2014/07/15(火)22:23:58 ID:6kv2uNj2k
元太「いや、別にいいよ。普通に本名で」

ジャニーさん(一瞬かっこいいかなとか思ったけどやっぱりないな。)

高木「よかった・・・プロデューサーが乗り気だからもしかしたらやんなきゃいけないこと思って心配したよ。」

705: 2014/07/15(火)22:26:10 ID:6kv2uNj2k
服部「もしそんなん芸名だったらワイは抜けさしてもらうで。」

コナン「全くだよな。光彦のやつ学校でのライブの時も自作の歌詞カードに作詞:ACE 作曲JACKとか痛々しく載せてたしな。マジそうゆうの勘弁してくれって感じだよ。」

706: 2014/07/15(火)22:29:22 ID:6kv2uNj2k
光彦「・・・・・・」

コナン「せめて。SOwwwBAKAwwwSUwwwだよな。」

元太「だwwwよwwwなwww
www」

708: 2014/07/15(火)22:34:19 ID:6kv2uNj2k
光彦「・・・・・音痴がうるせぇな・・・・・」ボソ。

コナン「なんか言ったか?KING?」

光彦「別に。」

ジャニーさん「じゃあみんな打ち解けたところでカメラに向かってデビューの意気込みを語ろう!!!」

711: 2014/07/15(火)22:43:16 ID:6kv2uNj2k
ジャニーさん「じゃあタッキーから!!」

タッキー「僕からすか?」

ジャニーさん「準備できたら呼んで!!」

タッキー「わかりました。」


713: 2014/07/15(火)22:59:15 ID:6kv2uNj2k
ーーーーーーーーーーーー。
ジャニーさん「できた?うんじゃあカメラ回すYO!!」
3・2・1





タッキー「どうもプロデューサーの滝沢秀明です!!!みなさん今度の新しいジャニーズグループはすごいですよ!!なんていったらいいかな・・・う~んまぁあれだよね。何って言ったらいいかな?うん。う~ん?まぁとにかくすごいよね!!!とりあえず頑張るんで応援よろしく!!じゃあみんな自己紹介頼いこうか!!」

714: 2014/07/15(火)23:03:40 ID:6kv2uNj2k
高木「高木渉です!!前は刑事やってました!!夢を与える仕事がしたくてジャニーズになりました!!どうぞよろしくお願いします!!」

コナン(なんか会社の面接みたいだな。)

718: 2014/07/15(火)23:16:37 ID:6kv2uNj2k
服部平次「服部平次や。ちょっとやめろや!!ちゃんとた関係者や!!誰が現地人やねん!!ふう。まったく!!おっとすまん。すまん。ホンマは関ジャニ∞
に入いろ思うたところジャニーさんに誘われたちゅう感じやな。んっ?そういえば。なんで関ジャニ∞はエイトって名前がついとるのに七に・・・」

タッキー「次小嶋くん!!!!」

719: 2014/07/15(火)23:22:45 ID:6kv2uNj2k
元太「小嶋元太だ!!よろしくな!!ジャニーズになればうな重食べ放題だからジャニーズに入りました!!美味しいうな重食べれるよう頑張ります!!」

タッキー「はい!ありがとう!!じゃあ次コナン君ね!!」( ヘぇ~そうなんだ。今度俺も食べよう。)

720: 2014/07/15(火)23:50:46 ID:6kv2uNj2k
コナン「江戸川コナンです☆推理小説が大好きな小学生一年生です普段は探偵もやってます☆みんなに笑顔を届けられるように頑張ります☆よろしくお願いします!!!」ペコリ

















『速報』ジャニーズに奇跡の大物新人がデビュー(765)

以下ネットの反応

これは逸材ですわ。

かわいい過ぎワロタwww

こりゃ将来キムタク超える。

ゎたし女だからコナンきゅんのファンになる?

カッケーな、昔の山P思い出す。

こいつ毛利探偵の弟子じゃね?

ググったらマジだった・・・しかもキッドの天敵というハイスペック頭脳の持ち主ww

722: 2014/07/16(水)00:04:07 ID:48vKFwV1D
コナン「終わった。ふう。緊張した!!あっ!光彦君!」

光彦「えっ?」

コナン「ほら早く!!こっちにおいで☆自己紹介最後光彦君だよ☆」

光彦(どうしたんだろ?急に?)

733: 2014/07/20(日)00:02:39 ID:mn7xOBkiH
コナン「光彦君とは学校が同じだから☆とっても仲良しなんだよ!」

光彦「はっ?・・・グフっ!」ドスッ!

734: 2014/07/20(日)00:04:32 ID:mn7xOBkiH
コナン(光彦・・・お前空気読めや。)

光彦(はぁ・・・・・い。)

コナン(よし。これで仲良いい、アピールは完璧だな。)

736: 2014/07/20(日)00:14:10 ID:mn7xOBkiH
コナン「じゃあ!!光彦君!自己紹介お願い☆」

光彦「円谷光彦でし、あっ噛んじゃった。えと円谷光彦です!コナン君とは仲良しでいつも地元じゃ負け知らずでした!!嵐に憧れてジャニーズに入りました。好きなジャニーズは嵐の大野くんです!どうぞよろしくお願いしまふっ!!あの・・・もう一回じこしょ・・・」

737: 2014/07/20(日)00:17:00 ID:mn7xOBkiH
ジャニーさん「以上がグループ。ダークコンドルメンバーです!!」

マスコミ「これはすごいメンバーだ!!曲の方とかはできてるんですか?」

740: 2014/07/20(日)00:22:52 ID:mn7xOBkiH
ジャニーさん「作詞>>744作曲>>748編曲>>749でいこうと考えています。」

ダークコンドル「「「!!!!?????」」」

744: 2014/07/20(日)00:40:22 ID:5J0KAM88V

748: 2014/07/20(日)00:45:51 ID:5J0KAM88V
毛利小五郎

749: 2014/07/20(日)00:47:39 ID:N0UOYT1sy
菅野ようこ

756: 2014/07/27(日)19:04:18 ID:C8CS6nVBw
ジャニーさん「作詞蘭。作曲毛利小五郎。編曲菅野陽子。でいこうと考えています。」

ダークコンドル「!!!!???」

光彦「菅野陽子さんは有名な方ですが・・・」

757: 2014/07/27(日)19:06:37 ID:C8CS6nVBw
服部「あの角の姉ちゃんと毛利のおっさんにそんなことできるのか?」

元太「無理だろ。」

高木「そうでもないかもよ。あの二人ニコニコ動画に歌ってみたとか投稿して有名だから。」

758: 2014/07/27(日)19:08:25 ID:C8CS6nVBw
光彦「マジですか?」

高木「あぁ。確か沖野ヨーコの曲も作ってたな。」

コナン「マジか・・・通りでヨーコちゃんと、おっちゃんの仲がいいと思ったぜ。なんて曲作ったの?」

759: 2014/07/27(日)19:13:31 ID:C8CS6nVBw
高木「角角角/S」

タッキー「あの曲か・・・Mステで聴いたな。」

光彦「ものすごく売れましたよね。あれ蘭さん達が作ったんですか。」

服部「でも、あれ以来沖野ヨーコ病んでしもうたらしいやん。」

760: 2014/07/27(日)19:17:16 ID:C8CS6nVBw
コナン「あぁ。今薬物使用の疑いで警察にマークされてる。」

光彦「そんな情報いりませんよ!!実際任せて大丈夫なんですか?」

ジャニーさん「大丈夫なんとかなるよ!!とりあえず日本に帰ろう!!」

761: 2014/07/27(日)19:27:16 ID:FBlP40t14
高木「あれ?テレビ番組の撮影はどうするんですか?このままロケまさかこのまま『ダークコンドル』の初仕事ですか?」

ジャニーさん「いや、君たちには日本に帰ってレコーディングしてもらう。」

762: 2014/07/27(日)19:28:40 ID:FBlP40t14
服部「番組はどないするんねん?」

ジャニーさん「大丈夫。」

ババババババババババババ!!!!!!!

元太「うわ!?」

コナン「 あれは!?」指ペロ。

コナン「ヘリコプター!!!」

高木「見れば分かるよ。」

764: 2014/07/27(日)19:33:56 ID:FBlP40t14
ガラッ!

なかいさん「じゃあアイマスク外して。」

舞祭組「え?どこ?ここ?」

766: 2014/07/27(日)20:15:05 ID:FBlP40t14
光彦「あれは舞祭組!!なんでここに?」

ジャニーさん「彼らが、穴埋めするから心配いらないよ。」

なかいさん「じゃあ頑張ってね。」

舞祭組「なかいさん!!ちょっと!!」

767: 2014/07/27(日)20:24:09 ID:FBlP40t14
なかいさん「伝説のうなぎ捕獲するだけだから。簡単だよ。終わったらすぐに帰れるよ。じゃあ!」

光彦「僕たちの穴埋めの為に舞祭組さん達が・・・」

高木「いいんですか?ジャニーさん?」

768: 2014/07/27(日)20:44:48 ID:FBlP40t14
ジャニーさん「彼らなら大丈夫さ。君たちと同じスーパースターなんだから。」

コナン「だそうだ。早く博士の発明品で帰ろうぜ。」

光彦「そういえば、僕たちなんでジンバブエにいるんでしたっけ?」

769: 2014/07/27(日)20:49:24 ID:FBlP40t14
服部「>>373のせいやな。」

高木「はぁ~。嵐みたいにハワイでデビュー会見やりたかったな。」

タッキー「じゃあ帰ろか!」

770: 2014/07/27(日)20:52:32 ID:FBlP40t14
ジャニーさん「日本に帰ったら君たちはスターだ!!その自覚を持って帰るように!!」

ダークコンドル「はい!!」

771: 2014/07/27(日)20:55:42 ID:FBlP40t14
タッキー(プロデューサー業か・・・初めての仕事だけど頑張ろ!!とりあえず帰ったら
アイドルマスターやって勉強だ!!)

772: 2014/07/27(日)21:03:21 ID:FBlP40t14
服部(やったるで!!スターになって金貯めて絶対大阪城建てたるんや!!)

773: 2014/07/27(日)21:05:13 ID:FBlP40t14
元太(もうすぐ丑の日!!)

774: 2014/07/27(日)21:05:54 ID:FBlP40t14
高木(滞納分の家賃払わなきゃ!!)

775: 2014/07/27(日)21:08:06 ID:FBlP40t14
コナン(ぜってー!!光彦より有名になる!!)

777: 2014/07/27(日)21:12:36 ID:FBlP40t14
光彦(有名女優やアイドルと付き合いまくりたい!!)

826: 2014/09/02(火)02:08:44 ID:CcjeUkP7E
ーーーーーーーーーーその頃の日本。

阿笠「本当にデビューしwwwてwwwおwwwるwwww」

歩美「ちょーーー!!!かっこいい!!!!」

灰原「?そう?普段の彼らと変わらないじゃない?」

阿笠「しかし、本当に芸能界で、やっていけるのかのう?」

灰原「一応、曲作りメンバーは凄いという、噂よ。」

阿笠「ほっほほ。それは楽しみじゃのう。」

灰原(まぁうまく行けばいいのだけれど・・・ただ芸能界はそんなに甘くないし。どうなるかわからないわね・・・)

827: 2014/09/02(火)02:09:54 ID:CcjeUkP7E
ーーーーーーーーーー。
毛利「いい曲になりそうですな!菅野さん!!」

菅野よう子「そうですね毛利さん。」

毛利「ただ一つ心配なことが・・・」

菅野よう子「私も同じです。」



























蘭「うわーーーーー!!!!詩が出来なーーーーい!!!助けて!!!新一!!!!!!」

第二部に続く。

834: 2014/11/20(木)12:25:47 ID:CjZcUB5CO
再来週の金曜日に再開します。

引用元: 阿笠「できたぞ。光彦くんのジャニーズ事務所に送る履歴書だ。」