1: 2013/08/13(火) 01:16:42.85 ID:anTXvN5PO
エレン「流石アルミンだな!早速使ってくるぜ!」

アルミン「くれぐれも悪用しちゃダメだよー!」



2: 2013/08/13(火) 01:19:54.29 ID:anTXvN5PO
エレン「えーっと、ジャンは何処に…いたwwwwwwwwww」

コニー「…で、あの教官と生徒がデキてるらしーぜwwwwwwwwww」

ミカサ「私はエレン以外には興味ないから」

ライナー「マジかよあの教官口リコンじゃねーかwwwwwwww」

ジャン「そうか?俺はできてないと思うけd」

マルコ「いや、ジャンには聞いてないから」

コニー「お前って本当空気読めないよな」

クリスタ「…最低」

ジャン「」

エレン「おーいみんなーwwwwwwwwwwwwwwww」ポチッ

3: 2013/08/13(火) 01:25:38.66 ID:anTXvN5PO
ジャン「おあああがああ!ああいあ!!?!!!?!!?!」メキメキ

ユミル「なんだこいつぅ!?」

クリスタ「」バタッ

エレン(なんだこれwwwwwwwwww顔だけ巨人化しやがったwwwwwwwwww)

マルコ「まるで青鬼だなwwwwwwwwww」

ライナー「ブレードもってこい!!」

ミカサ「…駆逐する」

4: 2013/08/13(火) 01:27:44.18 ID:anTXvN5PO
エレン(一旦元に戻すかwwwwwwww)ポチッ

シュウウウウウ…

ジャン「な、なんだったんだ…!?」ゼェーゼェー

モブ1「なんだなんだ!?」

モブ2「今の、きょ、巨人!?」

モブ3「け、警報を鳴らせ!!」

ジャン「お、おい」

ライナー「説明しろ」

マルコ「君は巨人か!?人間なのか!?」

ミカサ「どちらでも…即肉を削ぐ」

ジャン「えっ」

5: 2013/08/13(火) 01:31:10.26 ID:anTXvN5PO
エレン(助け舟をだしてやるかwwwwww)

エレン「すげーなジャンwwwwww新しい一発芸かよwwwwww」

ジャン「はぁ?」

コニー「なんだ一発芸かよwwwwビビらせやがってwwww」

アニ「紛らわしいな…好い加減にしろよ」

ミカサ「…削ぐ」

ジャン「」

モブ共「まああのキモいジャンならやりかねないよなーwwwwww」

エレン「じゃー次座学だから早くいこーぜ!」

ジャン「…」

6: 2013/08/13(火) 01:34:00.88 ID:anTXvN5PO
座学

教官「…であり、この状況で有効な戦術は…」

アルミン「うまくやってるみたいだねwwww」

エレン「体の各部を巨人化できるなんて流石アルミンだぜwwww」

アルミン「で、もちろんまだやるんでしょ?」

エレン「ああ、まあ見とけってwwww」

ジャン(さっきのは何だったんだ…ワケがわからねぇ…)

7: 2013/08/13(火) 01:37:27.87 ID:anTXvN5PO
教官「…質問がある者は挙手しなさい」

ジャン「あ、はい」ノ

エレン(今だっ!!)ポチッ

8: 2013/08/13(火) 01:39:30.45 ID:anTXvN5PO
ドゴオオンン!!!!

ジャン「」

挙手する為に上げたジャンの腕は巨人化し天井を突き破った。

「嘘だろ…!?」「人間が巨人に!?」「ちゅ、駐屯兵団を呼べ!!」

教官「そのまま動くな!動くと命は保証しない!!」

マルコ「…ジャン、やっぱり巨人だったのか」

ベ????「…残念だよ」

ジャン「そ、そんな!これは誤解だ!!」

エレン(面白い事になってきたwwwwww)

9: 2013/08/13(火) 01:41:13.79 ID:anTXvN5PO
エレン「とりあえずジャンを憲兵団に引き渡す為に俺達が護送する事になった」

ジャン「待ってくれェ!俺は巨人なんかじゃないんだぁ!」

アルミン「じゃあ、さっきのあれ…どうやって説明するんだよ」

ジャン「うっ…」

ライナー「皆見てるんだ、今更言い逃れなんて見苦しいな」

アニ「クズね」

ミカサ「…極刑」ボソッ

ジャン「」

10: 2013/08/13(火) 01:44:59.26 ID:anTXvN5PO
クリスタ「…じゃあ」

ジャン「?」

クリスタ「ずっと、私達を騙してたの?」

ジャン「」

コニー「そうだ、こいつは俺達を、人類を殺る為に…」

ベ????「スパイ…か」

ジャン「殺せ…もういっそ頃してくれぇッ!」

エレン・アルミン「wwwwwwwwww」

11: 2013/08/13(火) 01:46:22.42 ID:anTXvN5PO
ジャン「エ、エレン!!頼む、助けてくれ!!お前ならわかってくれるだろ!?」

マルコ「もう騙されない!!黙ってろ巨人!!」

エレン(そろそろスイッチを全部押してみるかwwwwwwww)

アルミン「あ、言い忘れてたけど全身のスイッチを押すとジャンの体が肥大化に耐えきれずに爆発ーーー」

エレン「ばっ、先に言えよ!!」ポチポチポチポチポチ

12: 2013/08/13(火) 01:48:19.67 ID:anTXvN5PO
ドクンッーーーー

ジャン「おあっがぁっッ!?あはやいつがきあぎゃあああああ!!?!?!?!」メキメキメキ

サシャ「また巨人化ですか!?」

ライナー「クソッ、檻が破壊されるぞ!!」

ジャン「たすけtぐああがあああぁあ!!!」ゴキャメキャバキ

巨人化したジャンの体は檻を破壊した!!

13: 2013/08/13(火) 01:49:47.48 ID:anTXvN5PO
エレン「ヤべッ!皆、少しでもジャンから離れるんだ!!」

ミカサ「わかった」ダッ

ジャン「あ゛あ゛あ゛あ゛」ガシッ

ベ????「なっ!?離せッ、はなーーーーー」

ドゴガァァァンン!!!!!!!

巨大化に耐えきれなくなったジャンの肉体は何か仲間の様な気がする誰かを巻き込んで爆砕した!!!!!!!!!

14: 2013/08/13(火) 01:50:50.51 ID:anTXvN5PO
エレン(それからの事はあまりにも悲惨で思い出したくない)

エレン(遅れて駆けつける憲兵団、返り血を浴び絶句する仲間、飛び散ったジャンの臓物…)

エレン(調査の結果、ジャンは何者かによって巨人になる細工を施された可能性がある事まではわかったが、結局犯人は割り出せず仕舞いだった…)

エレン(何よりも、俺達にとってかけがえのない仲間を失ったのはあまりにもでかいショックだったのは言うまでもない)

エレン(そして翌日、ジャンの葬式が行われた)

15: 2013/08/13(火) 01:58:49.91 ID:anTXvN5PO
コニー「いやーwwwwクッソつまらねぇ葬式だったなwwwwww」

アニ「全くだね!」

ミカサ「私はエレンと一緒なら他の何もいらない」

ライナー「ま、あいつのおかげで今日は休みになったし、良しとしようぜ」

マルコ「だね!」

ユミル「それは流石に不謹慎…でもないかwwwwww」

サシャ「それよりお腹空きました!!」

エレン「お前はいつもメシのことばっかだなwwwwww」

一同「wwwwwwwwww」

アルミン「ジャンの香典もある事だし、皆でご飯食べに行きましょう!」

クリスタ「さんせーい!」

エレン「あれ?なんか忘れてる気が…ベ…まあいいか!じゃあ行くぞー!」

そして賑やかな街に彼らは消えて行った…


糸冬
制作・著作 NHK

16: 2013/08/13(火) 02:10:08.67 ID:anTXvN5PO
この前のスレに触発されてやった、ジャンなら誰でもよかった、反省はしているが後悔はしていない。
それでは。

18: 2013/08/13(火) 03:37:09.74 ID:anTXvN5PO
ありがとう、そのうちジャンにはまた犠牲になってもらうよ

19: 2013/08/13(火) 03:53:33.40 ID:uQaXmJN9o
正直後書きが一番面白かった

引用: アルミン「できたよエレン!ジャンを巨人化させるスイッチだ!」