532: 2013/04/09(火) 21:34:51.83 ID:Od/zu8Ve0


前回の犠牲者はコチラ


ちひろ「さあPさん、次は頼子ちゃんです!」

P「頼子に問題何かないような気がするんですが?」

ちひろ「Pさん気づいてないんですか?」ハア

P「え、なんですかそのため息?」

ちひろ「最近の頼子ちゃん、工口くありません?」

P「工口い・・・?」

ちひろ「なんか妙に艶かしいって評判ですよ?・・・男の臭いがします」

P「そうですか気づかなかったな・・・まあそこまでいうなら見てみましょう」
アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場(1) (電撃コミックスEX)
535: 2013/04/09(火) 21:37:43.36 ID:Od/zu8Ve0
ガチャ

頼子「Pさん、いきなり呼び出してどうしたんですか・・・?」

P「・・・」ジー

頼子「Pさん・・・そんな見つめないで・・・」ポッ

P(うーん確かに魅力的になった・・・のか?)

P「カクカクシカジカで、私生活を見せてほしい」

頼子「そんな、男だなんて・・・私はPさんだけです・・・」フフ

ちひろ(なんと妖艶な笑み・・・!!)

P「お、おう・・・とりあえず見ていいのか?」

頼子「はい、とても恥ずかしいけど・・・Pさんになら・・・」スッ

P(なんで隣に座るんだ?)

ちひろ「それではスタート」

536: 2013/04/09(火) 21:41:33.39 ID:Od/zu8Ve0
頼子『ただいま・・・』

頼子『ふふ・・・今日は光ちゃんが貸してくれたクウガっていうのでも見てみようかな・・・』

P「頼子が・・・ライダー見てる!!」

ちひろ「新鮮すぎる!!」

頼子「どんな仕事が入るか分からないし、特撮も勉強しておこうかと・・・」

P「でも本来の内容が・・・ん?」

頼子『ん・・・!・・・ん・・・!』グイグイ

ちひろ「これって・・・バストアップ体操?」

-クウガ終了-

頼子『特撮って子どもの内容ってわけじゃないのね・・・次は・・・』

P「本を取り出しましたね」

ちひろ「タイトル拡大します」

P「大人の魅力で彼を落とすテクニック5」

537: 2013/04/09(火) 21:44:45.51 ID:Od/zu8Ve0
頼子『礼子さんや志乃さんが勧めるこの本も5巻目・・・』

頼子『ちょっとは色気出てきたかな・・・』

頼子『Pさんなにもいわないから・・・少し不安・・・』ペラペラ

P「・・・う、うん・・・すまない」

頼子「い、いえ・・・///」

頼子『髪を掻き上げるときはあえて逆方向の手で・・・』

頼子『こ、こうかな・・・』サッ

ちひろ(こ、これは恥ずかしい・・・)

P「なるほどなー」

頼子「Pさん・・・どうですか?」

P「うん・・・言われてみれば確かに大人っぽくなったな綺麗だ」

頼子「・・・よかった」

ちひろ(なんかくすぐったい・・・)

終わり

538: 2013/04/09(火) 21:48:11.82 ID:1jTk03m00
画像はよ

引用: モバP「アイドルの自宅にカメラを設置してプライベートを観察?」