1: 2010/03/06(土) 00:24:55.97 ID:fQgkffBzO
長かった白ひげとの戦争が終わりセンゴクは五老星に呼ばれていた・・・

4: 2010/03/06(土) 00:29:36.04 ID:fQgkffBzO
センゴク「このたびは我が海軍の評判を落としてしまい誠に申し訳ありませんでした・・・」

五老星1「フム、センゴクよ・・・お前を呼び出したのはほかでもない今後のお前の処分についてだ」

五老星2「今回の戦争は確かに我々の勝ちだが我が海軍に受けたダメージが大きすぎる・・・」



5: 2010/03/06(土) 00:36:03.77 ID:fQgkffBzO
五老星3「エースを処刑台で処刑できなかった事で一般人に対する信頼度の低下、大将赤犬の戦氏、マリンフォード崩壊、インペルダウンにて囚人の脱走・・・」

五老星4「全てが全て君のせいとは言えないが、仮にも君は元帥だそこで我々も君にしかるべき処分をとる・・・」

五老星5「君の処分は降格処分だ・・・」

6: 2010/03/06(土) 00:40:40.81 ID:fQgkffBzO
センゴク「・・・一体どの辺りまで降格ですか?」

五老星5「小佐までだ・・・」

センゴク「え?」

五老星1「君の変わりの元帥は黄猿に任せる事になっている、話は以上だ・・・下がってよろしい」

センゴク「・・・」

7: 2010/03/06(土) 00:43:53.62 ID:fQgkffBzO
マリンフォード

海兵1「白ひげに崩壊させられたマリンフォードもちゃくちゃくと治っているな」

海兵2「ああ、もう明日からでも仕事に戻れそうだ」

センゴク「・・・」

9: 2010/03/06(土) 00:47:06.32 ID:fQgkffBzO
海兵1、2「セ、センゴク元帥、お早うございます!!」

センゴク「ああ、おはよう・・・」

海兵2「何かセンゴク元帥元気なかったような気がしたな・・・」

14: 2010/03/06(土) 00:51:54.95 ID:fQgkffBzO
海兵3「何だお前ら、知らなかったのか?センゴク元帥降格処分を受けたらしいぞ」

海兵1「え?そうだったのか・・・どうりで元気がない訳だ」

放送 明日全員マリンフォードに集合するように!

海兵3「明日本格的にセンゴク元帥の降格処分の話しするみたいだな・・・」

15: 2010/03/06(土) 00:56:04.26 ID:fQgkffBzO
翌日 マリンフォード
センゴク「えー、皆に集まってもらったのはほかでもない実は、私は白ひげとの戦争の責任をとって降格処分になった」

ざわ・・・ ざわ・・・

センゴク「ついてはここにいる黄猿君に元帥を任せる事になっている」

16: 2010/03/06(土) 01:02:02.56 ID:fQgkffBzO
黄猿「んまあ頑張るのでよろしく」

海軍一同「パチパチパチ」

センゴク「それで話しを戻すが私は小佐に降格となってしまった・・・また一からの志で頑張るのでよろしくな」

黄猿「・・・ププッ、小佐だってよぉ」

センゴク「黄猿!!何がおかしい!!」

20: 2010/03/06(土) 01:06:49.40 ID:fQgkffBzO
黄猿「口を慎んで下さいよぉセンゴク小佐、小佐ごときがこの元帥黄猿にタメ口聞かないで下さいよぉ」
センゴク「・・・きさま!!」

黄猿「池沼のセンゴクはほっといて皆あらためてよろしく」

海軍一同「パチパチパチパチ」

24: 2010/03/06(土) 01:11:46.16 ID:fQgkffBzO
それからセンゴクはオニグモ中将の下で働く事になった・・・

中佐1「おい、センゴク!!ここの窓も掃除しとけよ!!」

センゴク「はい・・・分かりました・・・」
中佐1 スタスタ・・・

センゴク「くそ・・・どうしてこの私がこんな事を・・・」

???「あのー」

25: 2010/03/06(土) 01:16:11.14 ID:fQgkffBzO
センゴク「ん?」

???「センゴク小佐ですよね・・・?」

センゴク「ああ、そうだが・・・君は誰だ?」

コビー「あ、はい!自分昨日からこちらの部署に移動しましたコビーと言います!」

27: 2010/03/06(土) 01:19:57.98 ID:fQgkffBzO
センゴク「そうか・・・コビーと言うのかよろしく・・・」

コビー「あ、はいよろしくお願いいたします!」

中佐2「おい!お前ら!何喋ってやがる!仕事しろ、仕事!」

センゴク「・・・」

コビー「は、はい!もうしわけありません!」

29: 2010/03/06(土) 01:24:20.25 ID:fQgkffBzO
センゴク「コビーよもしよかったらこれから俺の喋り相手になってくれんか?」

コビー「は、はいもちろんです!こちらこそよろしくおねがいします!」

俺よりも下の地位にいるから俺も彼に心を許すようになってきた、そんなある日・・・

32: 2010/03/06(土) 01:29:59.04 ID:fQgkffBzO
マリンフォード

海兵1「黄猿元帥大変です!」

黄猿「ん何だいわっちは今忙しいんだけどね」

海兵1「それが4皇のカイドウとかいう海賊団がシャボンティ諸島で暴れいるみたいです!」

青キジ「はぁ・・・めんどくせーけど4皇のカイドウが暴れてるってんなら俺達が行かないと駄目か」

40: 2010/03/06(土) 01:34:24.68 ID:fQgkffBzO
モモンガ「それでは移動用の軍艦を手配して参ります!」

黄猿「んカイドウの件はオニグモ隊に任せるといいよぉ」

ガープ「何じゃと!いくら何でもオニグモ隊だけではムリがあるぞ!!」

47: 2010/03/06(土) 01:39:51.07 ID:fQgkffBzO
黄猿「あそこの隊には元元帥のセンゴクさんがいるじゃないか」
青キジ「おいおい、マジかよ・・・現少佐とはいえ元元帥のセンゴクさんをそこまでコキ使っていいのか?」

黄猿「大丈夫だよセンゴクはきっと今昇格したいと焦っているしセンゴクにはいいチャンスじゃないか」

48: 2010/03/06(土) 01:41:52.95 ID:fQgkffBzO
青キジ「・・・・・」
おつる「じゃ、オニグモには私から連絡しておくわ・・・」

50: 2010/03/06(土) 01:46:50.83 ID:fQgkffBzO
シャボンティ諸島

カイドウ「はっはっはっは!!お前ら!!回りの金目の物全て回収してとっととズラかるぞ!」

海賊団一同「オオー!」

オニグモ「そこまでだ!」

カイドウ「チッ!海軍の奴等来るのが早すぎるぜ、・・・ん?」

センゴク「・・・」

カイドウ「ニャリ・・・」

52: 2010/03/06(土) 01:51:09.64 ID:fQgkffBzO
カイドウ「これは、これは、元センゴク元帥さん、どうです?無能な中将の下につく気分は?」

センゴク「・・・何が言いたい?」

カイドウ「単刀直入に言う、お前俺様の仲間になれ」

センゴク「何だと!?」

53: 2010/03/06(土) 01:54:35.21 ID:fQgkffBzO
カイドウ「正直になっちまえよ・・・お前も悪になって思いっきり暴れたいだろ?」

センゴク「分かった・・・」

オニグモ「センゴク貴様!何を血迷ったことをぬかすさっさとカイドウを始末せんか!」
センゴク「・・・黙れオニグモ」

54: 2010/03/06(土) 01:59:09.83 ID:fQgkffBzO
オニグモ「センゴクめ!オXXーのしすぎで頭がイカれおったな!構わんセンゴクもろとも地獄に叩き落とせ!」

コビー「はい!」

センゴク「コビーよ・・・どうしても俺の邪魔をするというのだな?」

55: 2010/03/06(土) 02:01:51.69 ID:fQgkffBzO
コビー「くらえ!剃!!」

センゴク「ぐっ、早い!」

コビー「ハァー!」

センゴク「ぐああああ!」

58: 2010/03/06(土) 02:05:09.07 ID:fQgkffBzO
センゴク「ククク・・・いいだろう・・・俺の本気を見せてやる・・・」

コビー「な、何だとセンゴクが大仏の姿に・・・」

センゴク「くらえ!」
コビー「ぐああああ!」

コビー氏亡

60: 2010/03/06(土) 02:08:51.32 ID:fQgkffBzO
オニグモ「はっはっはっは!こいつやりおった!元の部下を頃しおった!黄猿大将に通報だ!」

センゴク「そんなこと俺がさせると思うか?オニグモよ・・・」

オニグモ「しまっ・・・」

オニグモ氏亡

63: 2010/03/06(土) 02:11:05.56 ID:fQgkffBzO
カイドウ「さすがセンゴクだ!これからもよろ・・・」

センゴク「黙れ・・・」

カイドウ氏亡

センゴク「次は黄猿・・・貴様だ・・・」

70: 2010/03/06(土) 02:15:23.72 ID:fQgkffBzO
マリンフォード

おつる「おかしいねえ・・・オニグモとの連絡が取れんのだけど・・・」

モモンガ「まさかオニグモがやられる訳ありませんからね・・・センゴクさんもいますし」

ガープ「フムまあその内帰ってくるじゃろう」


73: 2010/03/06(土) 02:19:14.45 ID:fQgkffBzO
センゴク「そこにいるのは誰だ・・・」

青キジ「あらららら――ーばれちゃった?」
センゴク「まさかお前も俺の邪魔をするのか?」

青キジ「・・・」

75: 2010/03/06(土) 02:22:14.42 ID:fQgkffBzO
青キジ「いや、俺は海軍がどうなろうが知ったこっちゃないし・・・」

センゴク「そうか、邪魔をしたな・・・」

センゴク スタスタ・・・

77: 2010/03/06(土) 02:26:12.47 ID:fQgkffBzO
青キジ「なんてね、お前みたいな悪党を野放しにしておくわけにはいかないな」

センゴク「それが元海軍元帥の俺にい言うことか?」

青キジ「くらえ、パルチザン!」

キン! キン!

青キジ「あらららら―?」

81: 2010/03/06(土) 02:30:02.34 ID:fQgkffBzO
センゴク「無駄だ・・・俺の体は鋼鉄でできているそんな貧相な術きかんよ・・・」

センゴク「氏ね・・・」

青キジ「氏ぬのはお前だセンゴク!氷河時代!!」

84: 2010/03/06(土) 02:33:02.94 ID:fQgkffBzO
センゴク「無駄だ喰らえ!奈良の大仏の怒り!」

奈良の大仏「青キジコロス・・・」

青キジ「あらららら―・・・・・・グフッ」



88: 2010/03/06(土) 02:35:46.01 ID:fQgkffBzO
青キジ 氏亡

センゴク「さてと・・・いよいよマリンフォードへ乗り込むぞ・・・」

五老星「フム・・・」

90: 2010/03/06(土) 02:39:25.62 ID:fQgkffBzO
マリンフォード

中佐1「おいモモンガ中将たちが帰ってきたぞ」

中佐2「ホントだ!」
軍艦の扉が開くとそこにはセンゴクが降りてきた

92: 2010/03/06(土) 02:40:22.68 ID:fQgkffBzO
>>90すいませんモモンガではなくオニグモです

95: 2010/03/06(土) 02:43:32.97 ID:fQgkffBzO
中佐1「オイコラ!センゴク!!てめぇ、何オニグモ中将が降る前にテメエが降りんだ!」

中佐2「そうだぞ!センゴク貴様社交辞令というのを知らんのか!」

中佐3「これだから新人は・・・」

97: 2010/03/06(土) 02:47:20.77 ID:fQgkffBzO
センゴク「ダマレ・・・ゴミドモ!」

中佐1「かああ・・・」

中佐2「ぐお・・・」
中佐3「ママァーー」
センゴクの回りの海兵氏亡

99: 2010/03/06(土) 02:50:40.59 ID:fQgkffBzO
ガープ「ぬう!!」

バキッ!!

センゴク「ッ・・・・」

センゴク「ギロッ・・・」

ガープ「ここを通りたければこのわしを頃してからにしろ!」

103: 2010/03/06(土) 02:56:04.11 ID:fQgkffBzO
センゴク「こいつがどうなってもいいのか!」

ガープ「!!」

ルフィ「じいちゃん・・・たすけれ・・・」
ガープ「貴様ァ!なぜルフィをどこでみつけた!」

104: 2010/03/06(土) 03:00:12.71 ID:fQgkffBzO
センゴク「ククク・・・ちょっと色々あってな・・・こいつをお前に返すからガープここを通せ・・・」

ガープ「・・・・・・」

センゴク「俺は黄猿に用があるんだ・・・」
ガープ「・・・分かったワイ」

105: 2010/03/06(土) 03:03:16.45 ID:fQgkffBzO
センゴク「取り引き成立だほらよ・・・」

ガープ「ルフィ大丈夫か!?」

ルフィ「うぁぉぁぁぁー!」


ガープ「止めんか!ルフィ!」

106: 2010/03/06(土) 03:05:46.88 ID:fQgkffBzO
センゴク「どこまでも馬鹿な奴等だ・・・フン!」

ルフィ「ウッ!!」

ガープ「うっ!!」

ルフィ、ガープ氏亡

107: 2010/03/06(土) 03:09:26.83 ID:fQgkffBzO
マリンフォード海軍本部

センゴク「誰もいないのか?」

ヒュッ! キン!

おつる「チッ!流石にセンゴク体が鋼鉄で私の仕込み手裏剣が効かない・・・」

センゴク「おつる・・・」

109: 2010/03/06(土) 03:12:18.38 ID:fQgkffBzO
センゴク「氏ね・・・」

おつる「ウッ!」
おつる氏亡 近くにいたモモンガ、中将全員氏亡

センゴク「さてと・・・いよいよか・・・」

112: 2010/03/06(土) 03:17:25.90 ID:fQgkffBzO
海軍本部元帥の部屋

黄猿「うんやっぱりレOモノのAVは最高だねさて抜こうかね」

コンコン・・・・・・
黄猿「全く!なんだよ人が気持ちよく抜こうとしているときに」

黄猿「はい」

ガチャ・・・

センゴク「どうも・・・」

115: 2010/03/06(土) 03:22:17.63 ID:fQgkffBzO
黄猿「おまぇぇ何してるんだよォオニグモと一緒にカイドウ捕まえにいったんじゃないのか?」

センゴク「もう、終わった、何もかも」

黄猿「ハァ?まあいいや、わっちは今忙しいし帰れよぉ」

センゴク「・・・分かった」

116: 2010/03/06(土) 03:29:31.00 ID:fQgkffBzO
ヒュッ! ドコーン!
黄猿「おお危ないねぇいきなり殴るなよぉ」

センゴク「チッ!俺の攻撃が透かされてしまう!」

黄猿「センゴクぅ今わっちはもの凄く機嫌が悪いんだよぉ」

117: 2010/03/06(土) 03:33:19.41 ID:fQgkffBzO
センゴク「そりゃそうだろうな・・・お前の人生の楽しみでもある賢者タイムを邪魔したからな・・・」

黄猿「センゴクぅ・・・貴様知ってたのかぁ」

センゴク「ああ、確か俺がまだ元帥でいた頃の話しだったな・・・」

119: 2010/03/06(土) 03:40:38.42 ID:fQgkffBzO
回想・・・

赤犬「なあ、青キジ最近黄猿の様子が変じゃあらへんかのう・・・」

青キジ「そうか?アイツはいつも何考えてるか解らんしいつものことじゃないか」

赤犬「そうかのう・・・」

センゴク「おーい黄猿居ないのか?仕方ないな人の部屋に無断で入るのは駄目だろうけど書類を貰わないといけないしな・・・失礼するぞ」

122: 2010/03/06(土) 03:47:05.55 ID:fQgkffBzO
回想

センゴク「黄猿の奴どこに書類をしまっているんだ?」

ガシャン!

センゴク「ん?これは・・・レOモノのAVじゃないか!しかも小学生の、んんん?良く見ると引き出しのなか一面AVだらけじゃないか!」

センゴク「これだけあったら一つ位盗んでもバレはしないな・・・」

センゴク スタスタ・・・バタン

123: 2010/03/06(土) 03:54:14.45 ID:fQgkffBzO
回想

黄猿「ふぅ全く書類を会議室に置き忘れるなんてあっしらしくないねぇ」

黄猿「さてと・・・部屋に戻ったことだしお気に入りのAVで抜くよぉ」

黄猿「・・・・あれ?何でここに入れておいたお気に入りのAVがないのぉ!」

黄猿「・・・仕方ない今日はこれで我慢しよぉ」

127: 2010/03/06(土) 04:02:46.43 ID:fQgkffBzO
現在

黄猿「センゴクぅ・・・お前だったんだねわっちのお気に入りのAV盗んだの」

センゴク「ああ、そうだ!」
ドン!

黄猿「返しやがれよぉわっちのお気に入りのAV!」

センゴク「無理だ!あのAVはワシが賢者タイムの間にオナ禁を意識したから壊してしまった!」

128: 2010/03/06(土) 04:07:54.36 ID:fQgkffBzO
黄猿「何ということを許さん!許さんぞ!センゴクぅ」

センゴク「くらえ!奈良の大仏の怒り!」

黄猿「そんなもん効くかよぉ」

センゴク「チッ!流石黄猿やりおる!」

129: 2010/03/06(土) 04:11:33.02 ID:fQgkffBzO
黄猿「喰らえよぉヤタノ鏡!」

センゴク「いかん!」ダッ!

ドゴーン

海兵1「一体何が起こっているんだ」

130: 2010/03/06(土) 04:17:16.26 ID:fQgkffBzO
黄猿「氏ね氏ね氏ね!」

センゴク「ぐわぁ!右足に黄猿のレーザーが!」

黄猿「鋼鉄の体を持ったお前でもわっちのレーザーは防ぎくれまぃ」

センゴク「くっ!」

黄猿「終わだぁ!センゴク今氏ぬよぉ」

132: 2010/03/06(土) 04:20:52.31 ID:fQgkffBzO
???「大噴火ァ!!」

黄猿「んん?何だぁ?」

センゴク「この技は!まさか!」

133: 2010/03/06(土) 04:25:51.97 ID:fQgkffBzO
黄猿、センゴク「赤犬!」

赤犬「黄猿、おんどれぇ・・・まさかここまで外道になってたとはな・・・」

黄猿「違うよォこれは全部センゴクが」
赤犬「嘘をつけぇ!俺は昔からお前はどこかおかしいおもうちょつたんじゃ!」

135: 2010/03/06(土) 04:29:45.83 ID:fQgkffBzO
赤犬「その証拠に見てみい!おつるやモモンガ、ガープまで殺されとるやないか!」

黄猿「わっちはずっと部屋にいたし知らないよぉ」

赤犬「挙げ句の果てにはクザンまで・・・許さんぞ!黄猿ぅ!」



136: 2010/03/06(土) 04:33:59.75 ID:fQgkffBzO
センゴク「(本当は俺が頃したんだか黙ったほうが良さそうだな・・・)」

赤犬「センゴクさんここはワシに任せて休んでいてくだせえ・・・」

センゴク「あ、ああ分かった」

赤犬「いくぞお黄猿ぅ!」

137: 2010/03/06(土) 04:38:12.98 ID:fQgkffBzO
黄猿「チィ!馬鹿には何を言っても一緒だねぇセンゴクもろとも地獄に叩きおとしてやるよぉ」

赤犬「喰らえ!大噴火ァ!」

黄猿「ヤタノ鏡!」

ドゴーン!

138: 2010/03/06(土) 04:44:40.20 ID:fQgkffBzO
海兵1「な、何だよこれ・・・マリンフォードが・・・」

海兵2「崩壊するぞー皆逃げるんだ!!」

海兵3「早くしろ!」

140: 2010/03/06(土) 04:52:28.88 ID:fQgkffBzO
赤犬「グフ・・・!」
黄猿「どうやってあの地割れから生き残ったのかは知らないが・・・白びげにやられたダメージはまだあるみたいだねぇ」

赤犬「ゲホッ!おんどれぇ!」

黄猿「赤犬今氏ぬよぉ!」

141: 2010/03/06(土) 04:56:41.96 ID:fQgkffBzO
ヒュッ!

黄猿「ん?」

センゴク「くらえ!海廊石パンチ!」

黄猿「うううう畜生!よくもこのわっちに傷をぉ!」

142: 2010/03/06(土) 05:04:25.94 ID:fQgkffBzO
センゴク「流石に一発程度のパンチじゃダメージを与えられんか・・・」

黄猿「・・・もう、わっちもセンゴクお前もおしまいだょ・・・」

センゴク「どういう意味だ?」

143: 2010/03/06(土) 05:12:53.58 ID:fQgkffBzO
黄猿「気が付かないのか?マリンフォードを崩壊させたのは俺達だょ」

黄猿「しかも、崩壊させた理由がAVを壊された腹いせや元帥から少佐に降格されたのが知られたらどうなるだろうねぇ」

センゴク「しかし、理由は俺達が黙っていればばれないハズじゃないのか?」

赤犬「?」

145: 2010/03/06(土) 05:20:52.75 ID:fQgkffBzO
黄猿「解ってないねぇマスコミと言うのは例えデマカセであっても国民にインパクトを与えられればいいんだょ」

黄猿「つまり、わっしとセンゴクが戦ってマリンフォードが崩壊したのは海軍の人間が見てる、その時点でマスコミが海軍の人間に誰がマリンフォードを崩壊させたかわかる訳だ」

黄猿「後は理由は適度にインパクトのあることをテレビに流す訳だょ」

146: 2010/03/06(土) 05:26:36.61 ID:fQgkffBzO
黄猿「そうするとどうだい?例えデマ情報であっても国民はテレビの情報を信じてしまう」

黄猿「国民がテレビの情報を信じてしまうと我が海軍が白い目で見られてしまい我々は五老星に始末されてしまう訳だよ」

センゴク「・・・・・・」

153: 2010/03/06(土) 05:38:20.89 ID:fQgkffBzO
センゴク「五老星を倒すことは出来ないのか?」

黄猿「無理だよぉわっしらの力じゃ五老星を倒すなんてとてもぉ」

赤犬「お前ら五老星を倒すなど、マスコミがデマカセなどなにをいうとるんじゃ?」

154: 2010/03/06(土) 05:43:50.09 ID:fQgkffBzO
センゴク「(マズイ!赤犬は俺がAVを盗んだことや降格処分を喰らった事を知らないんだった・・・)」

赤犬「そもそも黄猿・・・お前何でセンゴク元帥とここまでして戦っておるんじゃ?」

黄猿「ん?」

158: 2010/03/06(土) 05:53:20.03 ID:fQgkffBzO
黄猿「ああ、そういえばさっき言おうとしてたけどお前怒ってて話しできる状態じゃなかったしねぇ」

赤犬「今は怒っちょらんから話すんじゃ」

黄猿は赤犬にセンゴクが降格したことによる腹いせに仲間を頃したことやAVを盗んだことを話した

160: 2010/03/06(土) 05:55:45.76 ID:fQgkffBzO
>>155単にふいんきを出すためにつけています、不快でありましたら外します

164: 2010/03/06(土) 06:05:21.39 ID:fQgkffBzO
赤犬「センゴク元帥、いやセンゴクお前という奴はどこまで見損なったぞ!」

センゴク「ま、待て話せば解る落ち着け!」
赤犬「黙るんじゃい!大噴火!」

センゴク「くっ!マズイ!」
サッ!

ドゴーン

165: 2010/03/06(土) 06:10:29.86 ID:fQgkffBzO
黄猿「へぇやるねぇあの大噴火をよけるなんてぇ」

赤犬「余所見している暇がかるんかいの!」
黄猿「ハァ」

ドゴーン

黄猿「どうゅうことだょ赤犬なんでわっしにまで攻撃を」

166: 2010/03/06(土) 06:16:18.59 ID:fQgkffBzO
赤犬「センゴク、黄猿!どっちにしろ貴様ら外道は正義の名にかけてこのワシが始末する!」


黄猿「仕方ないねぇセンゴク一時的でいいから協力してくれよ」

センゴク「そうだな、とりあえずアイツを倒さないことには話しが進まんからな」

168: 2010/03/06(土) 06:24:46.89 ID:fQgkffBzO
赤犬「くらえ!大噴火ァ!!」

センゴク「何の!奈良の大仏の怒り!!」

ドン!!

赤犬「ぬう、相討ちか」

センゴク「今だ!黄猿!」

169: 2010/03/06(土) 06:28:17.50 ID:fQgkffBzO
黄猿「わかってるよぉくらえ!ヤタノ鏡!」

赤犬「ぐおっ!!」

センゴク「まただくらえ!海廊石パンチ!」
赤犬「グフッ!」
バタ・・・
赤犬はその場に倒れこんでしまった

170: 2010/03/06(土) 06:34:12.79 ID:fQgkffBzO
赤犬「ま、待てお前らこんなことして五老星が黙っているはずが!」

黄猿「うるさいよぉ負け犬は大人しく氏んでろよ」
黄猿のビームが赤犬の頭を貫いた

赤犬「グフッ!」
赤犬氏亡

171: 2010/03/06(土) 06:40:10.44 ID:fQgkffBzO
センゴク「ん、お前は」

黄猿「これはこれはこのまえ大将になったばかりのスモーカさんじゃないですか」

スモーカ「てめえら赤犬大将に何してんだ」
センゴク「ん?あそこにも誰がいるぞ!」

174: 2010/03/06(土) 06:45:32.37 ID:fQgkffBzO
黄猿「あれは、世界最強の犯罪者ドラゴンじゃないか」

センゴク「何だって?どうしてそんな奴がこんな所に!」

ドラゴン「ハリケーン」

スモーカ「ぐああああ」スモーカ氏亡

176: 2010/03/06(土) 06:53:09.48 ID:fQgkffBzO
黄猿「マズイよぉアイツは五老星の内の一人きっとわっしらを始末しに来たんだょ」
センゴク「何!俺達じゃ奴には勝てないのか!?」

黄猿「無理だよレベルが違いすぎるよ」
センゴク「とにかく逃げるしかない!」

ドラゴン「逃がさん」

178: 2010/03/06(土) 06:57:06.33 ID:fQgkffBzO
ドラゴン「むっ!」

センゴク「何だか知らんがドラゴンがひるんだぞ!」

黄猿「とにかく今の内ににげるよぉ」

ドラゴン「逃げられたか」

180: 2010/03/06(土) 07:03:18.21 ID:fQgkffBzO
センゴク「どうするんだこれから五老星に狙われるなんか冗談じゃないぞ!」

黄猿「ふざけるなよぉそもそもお前が白ひげとの戦争中しっかり働いてたらこんなことにはならなかったんだょ」

???「お話中失礼」

184: 2010/03/06(土) 07:09:42.78 ID:fQgkffBzO
センゴク、黄猿「お前は!黒ひげ」

黒ひげ「ゼハハハ!久しぶりだなぁ!」

黒ひげ「噂で聞けばお前らも犯罪起こして五老星から追われてるみたいじゃねえか!」

センゴク「ということはお前えも追われているんだな」

187: 2010/03/06(土) 07:17:06.22 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「ゼハハハ!まあな!だから俺も仲間に入れてくれよ!」

センゴク「それは構わないがお前は何をやらかして五老星に狙われるハメになったんだ?」

黄猿「そうだょ気になるじゃないかおしえてくれよ」

黒ひげ「ゼハハハ!いいぜ、教えてやるよ」

189: 2010/03/06(土) 07:23:22.84 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「あれは確か、白ひげとの戦争の前7武海が集った時の話しだ」

回想

黒ひげ「ん?ミホークお前こんなとこで何をしてるんだ?」

ミホーク「!サッ、いや何もしてはいない」

192: 2010/03/06(土) 07:27:18.26 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「何だよ怪しいな何を隠した?見せろよー」

ミホーク「や、やめろ触るな!何も隠してはいない!」

ポト

黒ひげ「ん?何だコレは?」

ミホーク「・・・ッ」

194: 2010/03/06(土) 07:39:08.69 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「ん?これは2次元の口リコン好きにはたまらない2次口リDVDじゃねねーか」

黒ひげ「どうしてこんな物をお前が持ってる?」

ミホーク「実は俺は口リコンなんだ、一回3次元の幼女に告白したら近くにいた海兵に捕まってしまってな」

ミホーク「もうそれ以降3次には手を出せなくなってしまってな仕方なく2次元に走ったのだ」

196: 2010/03/06(土) 07:46:04.69 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「はぁ、そうかでそのDVDどこで買ったんだ?」

ミホーク「いや、買ったのではないそこの部屋に置いたので盗んだ」

黒ひげ「ん?この部屋は、マズイぞミホーク!急いでそのDVDを元のあった場所に返せ!」

ミホーク「いやだ!絶対にこのDVDは渡さないぞ!」

197: 2010/03/06(土) 07:52:34.88 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「バカ野郎!この部屋は五老星の部屋だぞ!もしこれが見つかったらお前殺されるぞ!」

ミホーク「フン、この俺がやられるわけがなかろう、俺は近くの部屋を借りてこのDVDを拝見するまた後で会おう」

黒ひげ「知らねーぞどうなっても」

201: 2010/03/06(土) 07:59:01.59 ID:fQgkffBzO
1時間後・・・

ミホーク「おい黒ひげ」

黒ひげ「ん、おおミホークじゃないかどうだった口リDVDは」

ミホーク「違った、パッケージは2次だったのに中身は3次じゃないか!」

黒ひげ「でも結局見てたんだな?」

202: 2010/03/06(土) 08:03:01.82 ID:fQgkffBzO
ミホーク「確かに、確かに見ていたが3次は駄目!俺は2次元派なんだ!」

ダッ!

黒ひげ「おい、どこに行くんだよ!?」

気になった黒ひげはミホークを追いかけた

203: 2010/03/06(土) 08:08:10.69 ID:fQgkffBzO
五老星の部屋

ミホーク「チクショウ!どこだ、どこにある!2次口リDVD!」
ミホークはあたり一面漁りまくった

黒ひげ「おい、やめろ!ミホークこんなのが五老星に見つかったら俺達殺されるぞ!

ミホーク「うるさい!うわあああああ!!」

205: 2010/03/06(土) 08:13:56.46 ID:fQgkffBzO
五老星1「君たち私の部屋でなにをしているんだね?」

黒ひげ「ヤバい!ミホーク逃げるぞ!」

ミホーク「おい、お前!2次元の口リDVDどこだあああああ!!」ミホークは自慢の黒刀で五老星に切りかかった!!

208: 2010/03/06(土) 08:19:09.15 ID:fQgkffBzO
ミホーク「ぐっ!」

五老星1「君は人様の部屋に不法侵入して、何様のつもりだ?」

黒ひげ「すまねえ!ミホーク俺は逃げるぜ!」黒ひげは逃げ出した

五老星1「逃げられたか」

ミホーク「は、放せ・・・」

五老星1「フン!」
ミホークは氏亡した

219: 2010/03/06(土) 08:46:03.69 ID:fQgkffBzO
現在

黒ひげ「・・・という訳でよ俺は悪くないのにミホークせいで俺まで追われいるんだ」

黄猿「へぇミホーク君真面目そうでしっかりしてそうなのに口リコンなんだねぇ」

センゴク「まあ、味方は一人でも多い方が安全だしな」

黒ひげ「ガハハハ、これからよろしくな!」

222: 2010/03/06(土) 08:50:52.73 ID:fQgkffBzO
???「楽しそうな所悪いがちょっといいかな?」

黒ひげ「あ?何だよ今忙しいんだあっちいってろ」

???「・・・悪いがそうはいかないんだねこれが」

センゴク「黒ひげ!危ない!」

黒ひげ「あ?」
???の刀が黒ひげを切りつけた!

223: 2010/03/06(土) 08:57:26.45 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「ギャャアアア!!痛え!」

センゴク「お前は!シャンクス!」

シャンクス「黒ひげよお前とミホークが俺の部屋を漁ったせいで上の五老星に自慢のDVDが取り上げられたじゃねぇか!どうしてくれんだコラ!!」

黄猿「君のDVDわっしにも分けてくれよぉ」黄猿のレーザがシャンクスの腕を貫いた!

225: 2010/03/06(土) 08:59:43.33 ID:fQgkffBzO
シャンクス「チッ!糞が!」

センゴク「油断大敵という言葉をしっているか小僧?」

センゴク「奈良の大仏の怒り!」

シャンクス「ぐわぁぁぁー!」

227: 2010/03/06(土) 09:04:24.01 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「ゼハハハ氏ね」黒ひげの拳銃がシャンクスの頭を貫いた!
五老星シャンクス氏亡
センゴク「こいつも五老星の内の一人だったんだな」

黒ひげ「ゼハハハ!ここは危ないみたいだし移動するぜ!」

228: 2010/03/06(土) 09:08:53.48 ID:fQgkffBzO
そういって3人はアラバスタに移動した

黄猿「なんでアラバスタに移動するんだよ?何からあるのかぃ」

黒ひげ「まあな、いったら解るさ」

センゴク「まあ、他に行くあてもないしな」

229: 2010/03/06(土) 09:13:07.09 ID:fQgkffBzO
アラバスタに到着すると3人はとある所へと向かった

黒ひげ「よお、久しぶり!元気にしてたか?」

???「何の用だ・・・」

センゴク「こ、こいつは!」

黄猿「へぇ生きていたんだねぇ」

231: 2010/03/06(土) 09:19:29.62 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「ゼハハハ!そういうなクロコダイル!」

クロコダイル「・・・」

黒ひげ「お前も五老星から狙われているんだから良いじゃぁねえか」

クロコダイル「フン、いいだろう少しだけ協力してやる」

232: 2010/03/06(土) 09:24:38.05 ID:fQgkffBzO
黄猿「ん五老星に狙われてるって事は君も何かやらかしたんだろぉ」

クロコダイル「フン、貴様には関係ない話だ」

センゴク「んーそう言われると気になるな」
黒ひげ「ゼハハハ!俺から説明してやろう!」

クロコダイル「や、やめろ!」

233: 2010/03/06(土) 09:32:11.39 ID:fQgkffBzO
回想

クロコダイル「糞が!いったいどこに行ったら2次口リ百合DVDがあるんだ!」

ロビン「落ち着いて・・・今は園児ポルノ禁止の時代だからそうそう無いのよ・・・」

クロコダイル「うるせえ!絶対に見つけてきてやる!」

ロビン「頑固な人」

235: 2010/03/06(土) 09:37:49.26 ID:fQgkffBzO
クロコダイル「とはいえあいつのいう通り今の時代では厳しいな・・・」

クロコダイル「・・・そうだ!いい考えがある!」

ドフラミンゴ「何だ?ワニ野郎俺に何か用か?」

クロコダイルは今までの経緯を話した

236: 2010/03/06(土) 09:42:42.07 ID:fQgkffBzO
ドフラミンゴ「・・・成る程な、つまりおれの裏ルートで2次元口リ百合DVDを仕入れて欲しいわけだな?」

クロコダイル「そういう事だ、頼めるか?


ドフラミンゴ「任せとけ仕入れてきてやるから明日また来いよ」

クロコダイル「ああ、頼んだぞ」
そういってクロコダイルは店を後にした

237: 2010/03/06(土) 09:47:38.88 ID:fQgkffBzO
翌日クロコダイルは非常に楽しみな状態でドフラミンゴの店に伺った

クロコダイル「おーいドフラミンゴ俺だクロコダイルだDVDを取りに来たぞ」
シーン・・・
しかし返事かない

クロコダイル「仕方ないな上がらせてもらおう」
そういうとクロコダイルはドフラミンゴの店に上がった

238: 2010/03/06(土) 09:50:30.13 ID:fQgkffBzO
店の中を歩いて行くとドフラミンゴがいた

クロコダイル「何だよドフラミンゴいるなら返事ぐらいしろよな」
しかしクロコダイルがドフラミンゴに近ずくととんでもないことになっていた!

239: 2010/03/06(土) 10:02:55.27 ID:fQgkffBzO
クロコダイル「・・・お前何をしているんだ?」

ドフラミンゴ「んー何ってオXXーだよみてわかんないの?」

240: 2010/03/06(土) 10:04:49.39 ID:fQgkffBzO
クロコダイル「・・・まあお前が何をしようが勝手だか昨日頼んだ商品は貰うぞ」

ドフラミンゴ「イヤだよ」

クロコダイル「は?」

241: 2010/03/06(土) 10:07:27.16 ID:fQgkffBzO
ドフラミンゴ「だってこれ最高じゃん!こんないいオカズそうそう無いよ!」

クロコダイル「テメェ・・・」

ドフラミンゴ「ああーイクうー!!」

242: 2010/03/06(土) 10:10:23.02 ID:fQgkffBzO
気が付くと俺はドフラミンゴを頃していた

クロコダイル「ふざけんじゃねえよ!よこせ!」

そうそうとクロコダイルは店を後にした

245: 2010/03/06(土) 10:13:04.04 ID:fQgkffBzO
クロコダイルがドフラミンゴを頃したという噂はあっというまに広がった

さらに殺されたドフラミンゴは五老星の一員だという


246: 2010/03/06(土) 10:22:52.49 ID:fQgkffBzO
現在
黒ひげ「ガハハハ!そういう訳だこいつは五老星を頃したから追われてんのさ!」

クロコダイル「・・・」

黄猿「へぇ成る程ねェ」

センゴク「ミホークといいクロコダイル、黄猿と口リコンが多いんだな・・・」

247: 2010/03/06(土) 10:26:00.23 ID:fQgkffBzO
???「見つけたよいよい」

センゴク「ム!何か来るぞ!」

クロコダイル「貴様は・・・」

黄猿「お怖いねぇ」

258: 2010/03/06(土) 11:04:20.18 ID:fQgkffBzO
11時になりましたので完結まで書きますもしよければ支援の方も宜しくお願いいたします

259: 2010/03/06(土) 11:11:52.77 ID:fQgkffBzO
センゴク「マルコか!!なんでお前がここにいる!?」

マルコ「いや、実は俺も五老星の一員なんだよい」

黄猿「くらえよぉ」
黒ひげ「まて!こいつは不氏鳥だ大抵の攻撃は無効化にされるぞ!」

黄猿「そんなの関係ないよぉ」
黄猿はレーザを発射した!

260: 2010/03/06(土) 11:15:12.61 ID:fQgkffBzO
マルコ「無駄だよい」黒ひげのいったとうり黄猿のレーザが無効化されてしまった

センゴク「これならどうだ!海廊石パンチ!」

マルコ「・・・ぐっ・・・」

マルコに少しダメージを与えたようだ

261: 2010/03/06(土) 11:18:39.40 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「黒水!」

マルコ「な、なんだよい体か引き寄せられるよい」

黒ひげ「今だ俺に構わず最強技をマルコにぶつけろ!」


262: 2010/03/06(土) 11:21:38.32 ID:fQgkffBzO
センゴク「奈良の大仏の怒り!」

黄猿「ヤタノ鏡!」

クロコダイル「バルサン!」

266: 2010/03/06(土) 11:25:06.96 ID:fQgkffBzO
マルコ「ククク・・・」

黒ひげ「何が可笑しい」

マルコ「確かにあの技を喰らうと俺もしぬがお前も確実にしぬよい!黒ひげぇ!」

黒ひげ「フッ、最初からそんなことは分かってたぜ!」

269: 2010/03/06(土) 11:30:08.28 ID:fQgkffBzO
黒ひげ「でここうでもしないとお前ら五老星は倒せねえんだよ!!」

マルコ「・・・俺の負けよい見事よい」

黒ひげ「じゃあなセンゴク、黄猿、クロコダイルあとの五老星は任せたぜ!」
センゴク、黄猿、クロコダイルの大技は黒ひげ、マルコに当たった黒ひげ マルコ氏亡

270: 2010/03/06(土) 11:33:56.19 ID:fQgkffBzO
センゴク「黒ひげ・・・」

黄猿「悔んでも仕方ないねぇさ、早く次の五老星をさがすよぉ・・・」

クロコダイル「残る五老星は2人か」

271: 2010/03/06(土) 11:39:02.56 ID:fQgkffBzO
次の五老星を探すとは言ったものの手掛かりがない

センゴク「取り敢えずマリージョアに戻るか」

黄猿「そうだねぇひよっとしたら何かあるかもしれないしねぇ」

クロコダイル「よし、マリージョアーに急ぐぞ!」

277: 2010/03/06(土) 12:00:58.92 ID:fQgkffBzO
ドラゴン「いよいよか」
???「ああ、この戦いで我々が勝てば野望が完成する!」

278: 2010/03/06(土) 12:04:14.48 ID:fQgkffBzO
すでにドラゴンとあと一人の五老星がマリンフォードに到着している
センゴク達もマリンフォードに向かっている
海軍始まりの場所でいよいよ最後の戦いが始まる

280: 2010/03/06(土) 12:08:26.37 ID:fQgkffBzO
ドラゴン「よく来たな私たち意外の五老星を倒すとはさすがだ」

五老星「見事だなまさに感心するよ・・・」
センゴク「お前達の目的はなんだ!なぜ五老星という組織を作って!」

281: 2010/03/06(土) 12:13:08.02 ID:fQgkffBzO
五老星「君の質問にも答えないといけないだろうが、ますば私の正体をあかすのが先だ」
センゴク「ま、まさかアンタが最後の五老星か!」

黄猿「以外だねぇビックリだょわしっも一度戦ったことがあったしねぇ」

クロコダイル「まさか貴様が・・・」

283: 2010/03/06(土) 12:17:29.95 ID:fQgkffBzO
レイリー「まさかと思ったろ?そうだこのレイリーが五老星最強の男だ!」

センゴク「・・・」

黄猿「なんてコメントしたらいいか分からないねぇ」

286: 2010/03/06(土) 12:23:08.71 ID:fQgkffBzO
レイリー「じゃあ質問を答えさせてもらおうなぜ五老星を作ってかって話だよね」

レイリー「そもそも海軍という組織ができたじてんで五老星も出来たんだよつまり海軍と五老星は一緒に出来ってわけだ」

288: 2010/03/06(土) 12:27:00.90 ID:fQgkffBzO
センゴク「どうして海軍と五老星を一緒に創る必要がある!?海軍だけに任せればいいじゃないか!」


レイリー「・・・今日のような日の為だよ」
センゴク「どういう事だ?」

289: 2010/03/06(土) 12:34:55.55 ID:fQgkffBzO
レイリー「思い出して見たまえあの日の事をあの日我々五老星はセンゴク君に降格処分を命じたよね?」

センゴク「ああ、そうだ確かにあの日私はお前達五老星に降格を命じられた」

レイリー「降格にしてはえらく地位が下がりすぎだと思わないか?ましてや元帥から少佐だぞおまけに君は今日まで我々五老星の顔をしらなかった訳だ」

293: 2010/03/06(土) 12:41:32.69 ID:fQgkffBzO
レイリー「おかしいと思わないかい?まして海軍トップの男でさえ我々五老星の顔をみるのは禁止されてるなんて」

レイリー「・・・そう我々五老星は顔を見せてしまっては駄目なんだ、顔を見せたら正体がバレてしまうからな」

レイリー「そして我々はあの日君にわざと大幅に地位を下げた」

294: 2010/03/06(土) 12:48:49.52 ID:fQgkffBzO
レイリー「少佐にまで降格した君はどうした?さぞプライドが傷ついただろそれが我々の狙いだった」

レイリー「予想通り君は元帥の黄猿に嫉妬し色々な海兵を頃しまくった」

レイリー「いや、非情に助かったよ私たちが世界を征服するのにあいつら邪魔だったからね感謝してるよセンゴク君」


297: 2010/03/06(土) 13:01:47.83 ID:fQgkffBzO
レイリー「さて我々の計画を邪魔するのは君達だけだ」

ドラゴン「本気でかかってこいさもないと氏ぬぞ」

センゴク「来るぞお!」

298: 2010/03/06(土) 13:05:45.54 ID:fQgkffBzO
ドラゴン「こいつら相手にアンタが行くまでもない」

レイリー「そうかいじゃあ任せたよ」

黄猿「余所見している暇があるのかぃ」
黄猿はレーザを発射した
センゴク「奈良の大仏の怒!」

クロコダイル「サーブルス」

300: 2010/03/06(土) 13:09:52.92 ID:fQgkffBzO
ドラゴン「ぐおおお!!」

クロコダイル「とどめた!」

レイリー「氏ねよお前ら」レイリーは目にも見えない速さでドラゴン、クロコダイルを切った

ドラゴン「レ、レイリーなぜ裏切った・・・」

クロコダイル「ぐおおお!!」
ドラゴン クロコダイル氏亡

301: 2010/03/06(土) 13:14:14.38 ID:fQgkffBzO
レイリー「やれやれ、結局頼りになるのは自分だけか・・・」

センゴク「レイリー!」

レイリー「ん、何だい?センゴク君」

センゴク「お前は仲間を何だと思っているんだ!」

レイリー「仲間?はぁ?使い捨てのコマと呼んでくれよ」

センゴク「レイリー!貴様は絶対許さん!」

303: 2010/03/06(土) 13:17:55.74 ID:fQgkffBzO
黄猿「氏ねぇヤタノ鏡!」

レイリー「フン・・・」
ブン、レイリーは刀を大きく振りかぶって黄猿を一刀両断した

黄猿氏亡

304: 2010/03/06(土) 13:25:08.86 ID:fQgkffBzO
レイリー「さあ、これで邪魔ものはいなくなった決着を着けようセンゴク君」

センゴク「ウォォォォ!」

レイリー「正面から馬鹿正直に突っ込むとは氏ね」
キン!

レイリー「何故だ?何故切れない!?」

センゴク「くらえ!奈落の落とし穴!」

レイリー「そ、そうか!いつの身体は鋼鉄で・・・うわぁぁぁぁー」レイリーは奈落の底に落ちた

306: 2010/03/06(土) 13:30:35.36 ID:fQgkffBzO
あれから2年がたちマリンフォードが建て直れたしかし英雄のはずのセンゴクはインペルダウンにいた

307: 2010/03/06(土) 13:34:11.81 ID:fQgkffBzO
普通なら世界の平和を救った英雄として人々に永遠と称えられるばすなのだがセンゴクは大量の海兵を頃した殺人鬼として扱われたのだ

309: 2010/03/06(土) 13:36:57.25 ID:fQgkffBzO
そして処刑当日センゴクは自分の勝手な都合で人を頃したすまない・・・と呟いて処刑されたのであった

終わり

310: 2010/03/06(土) 13:42:19.78 ID:fQgkffBzO
SSスレを作ったのはこれで2作品目なんですが実は今回はじめて作品を完結まで持っていけました完結まで持っていけたのは支援してくれた皆さまのお陰です!本当にありがとうございました!!またいつか会いましょう!

312: 2010/03/06(土) 13:44:08.91 ID:o7ultG7cO
いろいろ言いたいことはあるがまあ乙

引用: センゴク「そんな・・・俺は元帥だぞ?」