1: 2013/05/13(月) 10:58:28 ID:IpodL3Jg
アルミン『100万回生きた猫』

アルミン『100万年も氏なない猫がいました』

アルミン『100万回も氏んで、100万回も生きた立派なトラ猫でした』

アルミン『100万人の人がその猫を可愛がり、100万人の人がその猫が氏んだ時泣きました』

アルミン『でも、猫は1回も泣きませんでした…』

2: 2013/05/13(月) 11:04:52 ID:IpodL3Jg
アルミン『あるとき猫は王様の猫でした』

------------------------------------------------------------------
パッ
王様「さぁさぁ!あがめまつりなさい!」

王様「エレ....じゃなくて猫さん、遠征に行きますよ、遠征に!」

トラ猫「くっそぉ…俺戦争なんかついてきたくなかったんだけど…」

トラ猫「...ていうか何で俺が鈴の付いた首輪と猫耳なんて付けなきゃなんだよ?!」

アルミン「エレン、シーッ!」

------------------------------------------------------------------

アルミン『王様は食べる事と戦争が上手で、いつも芋をムシャムシャしながら戦争をしていました』

アルミン『そして猫を立派なカゴに入れて戦争に連れて行きました』
進撃の巨人 悔いなき選択(1) (ARIAコミックス)
3: 2013/05/13(月) 11:12:38 ID:IpodL3Jg

------------------------------------------------------------------

王様「ふふふ…ハフハフ、戦局は順調ですね!エレ....猫さーん、ほらほら」

トラ猫「わわっ、サ…じゃなくて王様、下ろして欲しい....に、にゃー!」

王様「ほらほら~戦場がよく見えますねーモグモグ…きゃっ」ドスッ

トラ猫「ぐあああぁぁ!!!ほ、ほんとに痛ぇー?!」バタバタ

王様「ね、猫さーん!!」

トラ猫「な、なんじゃこりゃぁーー?!」

------------------------------------------------------------------

アルミン『ある日、猫は飛んできた矢に当たって氏んでしまいました…』

教官(うむ…偽矢だが急所に正確に当たってはさぞ痛かろう…)

4: 2013/05/13(月) 11:21:39 ID:IpodL3Jg
アルミン『王様は戦いの真っ最中に猫を抱いて泣きました』

アルミン『王様は戦争をやめてお城に帰り、大きな庭に猫を埋めました…』

------------------------------------------------------------------



パッ
王様「あぁ...ごめんなさい猫さん…衛士さん、穴を掘ってもらえますか?」

衛士「いつ掘るか?今がそうだ!」 ザックザック

王様「お、終わったら蒸かした芋半分あげますから~...」


------------------------------------------------------------------

アルミン(ライナー身体が大きいしガタイが良いから衛士っていうより騎士団長だよね...)

5: 2013/05/13(月) 11:32:43 ID:IpodL3Jg
~一週間前~

エレン「演劇…ですか?」

教官「それ程大層なものではない。普段の訓練からの息抜き程度に考えてもらって構わない」

アルミン「トロスト区の劇場での出し物、ですか....えっと、キース教官殿?お言葉ですが...これは...僕たち兵士の任務なんでしょうか?」

教官「いいや、一種のボランティアだ。兵団のアピールと、壁の外の巨人に怯え、日々の生活に苦悩する市民に笑いを作ろうと、ウォール・マリア崩壊以降から定期的に行ってる行事だ。今回、貴様ら104期訓練兵団上位10名と...アルミン、貴様が選ばれたのだ」

クリスタ「あのー...その行事の発案者って...?」

教官「...駐屯兵団のピクシス司令官だ」

「「あぁ~.....」」

6: 2013/05/13(月) 11:35:01 ID:IpodL3Jg
アルミン「わ、わかりました…そういえば演目は決まっているんですか?」

教官「うむ、司令官から希望があってな」

エレン「え、司令官の希望なの?」

教官「『百万回生きた猫』をやってもらいたいそうだ」

8: 2013/05/13(月) 12:03:06 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------
王様「あ、あのーライナー...じゃなくて衛士さん?床に穴があいてますけど....?」

衛士「ほぁぁ?!」

トラ猫(サシャの腕枕案外気持ちいいな...)

------------------------------------------------------------------

アルミン「だ、大丈夫かなコレ....」

教官「ふむ...ぶっつけ本番だからな、致し方あるまい。それよりもアルミン。中々のナレーションだったな」

アルミン「あ、ありがとうございます教官....それにしても皆、結構リラックスしてますね。初めての劇で緊張してると思いましたが....」

教官「普段の過酷な訓練から開放されているからだろうな。それに、劇とは自然と落ち着き、自然体で演じられるものだ」

アルミン「成る程...」

9: 2013/05/13(月) 12:03:39 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

衛士「ね、猫耳エレン.....!!」

トラ猫「え、ちょ、ライナー...?」

衛士「うおおおぉぉ!!エレンーー!!」

トラ猫「ぎゃああぁぁぁ?!」

王様「キャーーー?ふ、二人とも私に押し掛からないで下さいよーー!」
フッ
------------------------------------------------------------------
アルミン「.....自然体ってなんでしたっけ?」

教官「.....ウケているからこれでいいのだ」

10: 2013/05/13(月) 12:22:08 ID:IpodL3Jg
ドカバキボコグシャッイ"エ"ア"ァァァ....
ミカサヤリスギダッテ...
教官「.....うぉっほん」

アルミン『んっ…コホン。あるとき猫は船乗りの猫でした』

------------------------------------------------------------------
パッ
船乗り「俺は世界一の船乗り!さぁ、そこの猫も一緒に世界を股にかけた航海に出よう!海賊王に、俺はなる!」

トラ猫「何か水の張った水槽みたいなのが見えるんだけど…嫌な予感しかしないぞ…」

------------------------------------------------------------------

アルミン『猫は海なんか嫌いでしたが、船乗りは世界中の海と港に猫を連れていきました』

11: 2013/05/13(月) 12:26:03 ID:IpodL3Jg
サシャ「わー、ジャンの海賊姿似合ってますね!」

教官「ご苦労だったサシャ・ブラウス」

サシャ「あ、ありがとうございます教官!....芋半分いります?」

教官「また走らされて夕食抜きにされたいか.....?」

サシャ「ごめんなさい」

教官「ところで...ライナー・ブラウンはどうした?」

サシャ「えっと...ミカサとアニが建物の裏まで引きずって行きましたが?」

教官「..........」

12: 2013/05/13(月) 12:47:29 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

船乗り「ほら見てごらん猫野郎、あんなに綺麗に水平線が… 氏ねフンッ!」ポーン

トラ猫「ほんとd…って、ええええぇぇぇぇ...」バシャーン

トラ猫「アチチチチチ?!なんだこれ熱湯じゃねぇか!!上島竜平か俺は?!」
------------------------------------------------------------------

教官「...…」

アルミン『....あ、ある日船から落ちた猫は溺れて氏んでしまいました…』

サシャ「落ちたっていうよりも放り投げられてたような…」

13: 2013/05/13(月) 12:56:00 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

船乗り「ね、猫ーーーー(棒)」(ゲス顔)

トラ猫「うう…折角の主役なのになんでこんな…」ポタポタ

------------------------------------------------------------------

アルミン『船乗りは濡れた雑巾のようになった猫を抱いて大きな声で泣きました』

アルミン『そして、遠い港町の公園の木の下に猫を埋めました…』

教官「さすがにお客は支離滅裂でも動きが面白かったら笑ってくれてるな…」

サシャ「ですね...」

ミカサ(濡れた服がエレンの体にピッチリ張り付いて透けて....これは...)ゴクリ

ミーナ「ミカサ?照明落とさないとエレン達戻ってこれないよ?」

ミカサ「!! え、えぇ...」パチッ

フッ

15: 2013/05/13(月) 13:08:14 ID:IpodL3Jg
~舞台裏~

エレン「ひっでぇなジャン....熱湯に投げられるなんてびっくりしたぞ...」ヌギヌギ

ジャン「いやー悪い悪い緊張しちゃってあっはっはー(棒)」

サシャ「わかりますよ。私も緊張しちゃいましたから!」

エレン「お前はいつも通りだったろうが」

ジャン「まぁでも....あんな大勢に見られてると思うと緊張するよな」

クリスタ「エレン大丈夫?はいタオル」

エレン「お、サンキュー。いやぁ...まさかこんな事になるなんて思ってなかったから猫の服はともかく替えの下着なんて...」

ミカサ「それなら心配ない。ここにエレンのパンツが....」

エレン「マジか!サンキューミカサ!.........あれ?何でミカサが俺のパンツ持ってんだ?」

ミカサ「.......あっちで着替えるの手伝う?」

エレン「手伝いいらないし答えてないし...まいっか」

16: 2013/05/13(月) 13:16:14 ID:IpodL3Jg
エレン「お待たせー」

アルミン「あ、お帰りエレン。今ミーナが即興のコンサートでお客さんの間を持たせてるよ」

エレン「へぇ、ミーナも助っ人に来てくれたのか」

アルミン「うん...ただ張り切り過ぎてて....」

------------------------------------------------------------------
ミーナ「皆さんありがとうございましたー!」

ミーナ!ミーナ!!ミーナ!!!

ミーナ「うふっ*」投げキッス

うおおぉぉぉぉぉ!!!

-----------------------------------------------------------
エレン「すげぇな」

アルミン「明日にはファンクラブが出来そうだよ」

エレン「てかなんでバニーガール姿なんだ?」

18: 2013/05/13(月) 13:18:32 ID:IpodL3Jg
教官「ナレーション、再開」

アルミン『あるとき猫はサーカスの手品師の猫でした』

アルミン『手品師は毎日色んな物を帽子から出したり立体機動ワイヤーアクションで観客を楽しませていました』

アルミン『でもある日、手品師は猫を箱に入れてのこぎりで2つに切る手品に失敗してしまいました。』

20: 2013/05/13(月) 13:25:19 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

手品師「今日はこの猫の入った箱をのこぎりでまっぷたつにしてやるぜヒャッハー!」

アルミン(コニーその言い方だとスプラッターな事が起こる予感しかしないよ)

トラ猫「…なぁ、この箱ただの木箱に見えるんだけど、仕掛けってちゃんとあるんだよな?」

手品師「え?」

トラ猫「え?」

手品師「....HAHAっ」

トラ猫「助けてくれぇぇぇ!!!誰かぁぁぁぁ!!!キラー・クラウンに殺されるーーー!!!」

-----------------------------------------------------------

アルミン「.....準備不足ってレベルじゃないですよね?」

教官「....小道具や演出は全て各場面担当の兵士が用意するものだからな...」

21: 2013/05/13(月) 13:29:42 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------
手品師「心配すんなって大丈夫だから」ボソボソ

トラ猫「助けてくれぇぇぇぇぇ!!助けてくれぇぇぇぇぇ!!」


手品師「じゃあ、真っ二つにするぜ!それー」ブンッ

トラ猫「」

手品師「あ、あれ…?」

------------------------------------------------------------------

アルミン「.....あれ?ホントにまっぷたつに?!!!」

ミカサ「!!!」ガタッ

23: 2013/05/13(月) 13:40:16 ID:IpodL3Jg
---------------------------------------------------------

手品師「だー!失敗しちまったーーー!」

トラ猫「」

トラ猫(あれ?)
-----------------------------------------------------------
アルミン『手品師は間違えて猫を二つに裂いてしまいました…』

サシャ「教官、あれってどうなってるんですか?」

教官「あれはだな....」

24: 2013/05/13(月) 13:44:38 ID:IpodL3Jg
【エレン(上半身だけ晒し)】【リヴァイ(下半身だけ晒し)】

教官「.....というわけだ」

サシャ「なにそれすごーーーい?!」

ミカサ「.....っほ」

アルミン「ていうかエレンも気付こうよ....」

-------------------------------------------------------

リヴァイ(.....ケッ.....)

--------------------------------------------------------

25: 2013/05/13(月) 13:46:48 ID:IpodL3Jg
アルミン『手品師は半分になった猫を抱いて大きな声で泣きました。観客は誰も拍手をしませんでした…』

アルミン『手品師はサーカス小屋の裏に猫を埋めました』

26: 2013/05/13(月) 13:55:42 ID:IpodL3Jg
アルミン『あるとき猫は泥棒の猫でした』

------------------------------------------------------------------
パッ
泥棒A「そ、それじゃぁ、犬の注意ひきつけといてね。いこう、マ...弟子よ!」

泥棒B「りょ、了解でやん...す!ベルト...し、師匠!」

トラ猫(二人ともガチガチじゃねぇか)

トラ猫「えーと犬は.....」

犬「エレン....」ハッハッハ

トラ猫「犬コス似合ってるけどなんで発情してんだよお前は」

犬「猫耳エレェェェェェン!!」ガバッペロペロペロペロカプッペロペロペロペロ

トラ猫「あがぁ?!な、舐めるなー!!甘噛みするなーっあ///」


-------------------------------------------------------------

アルミン『ある日トラ猫は犬に噛み殺されてしまいました…』

27: 2013/05/13(月) 14:11:14 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

泥棒A「くっくっく、大漁大漁!」

泥棒B「笑いが止まりませんなぁ!…あれ?」

犬「エレン....エレン....♪」ペロペロペロ

トラ猫「うぅ…も、もう婿に行けない…」

------------------------------------------------------------------
アルミン『泥棒はボロボロになった猫を抱いて泣きながら歩きました』

アルミン『泥棒はお金持ちの家から盗んだダイヤと一緒に、家の裏の小さな庭に猫を埋めました』

教官「ミカサ・アッカーマン。一週間エレン・イェーガーに近づく事を禁ずる」

ミカサ「」

28: 2013/05/13(月) 14:13:31 ID:IpodL3Jg
~舞台袖~

エレン「アルミン....」グッタリ

アルミン「えっと...お、お疲れ様エレン...」

エレン「....なぁ。終了までずっとこの調子なのか...?」

アルミン「あ、あははは~ど、どうかな~?ほ、ほら!次はクリスタだから、早く、早く!」

エレン「うぃ~...」

29: 2013/05/13(月) 14:15:44 ID:IpodL3Jg
アルミン『あるとき猫はひとりぼっちのおばあs』

------------------------------------------------------------------
パッ
おばあさん「ムー…」ホッペプクー

トラ猫「??」

------------------------------------------------------------------

アルミン「.....天使の猫でした」

教官「おい」

ジャン「まぁまぁ」

30: 2013/05/13(月) 14:20:10 ID:IpodL3Jg
アルミン『天使は毎日猫を抱いて小さな窓から外を見ていました』

------------------------------------------------------------------

天使「いいお天気ねー…ね?猫さん」

トラ猫「にゃー!(はじめてのまともな場面かもしれないなー…)」

天使「フフッ...可愛い猫さん....♪」ナデナデ

トラ猫「にゃ~♪(お、気持ちいいかも....)」
------------------------------------------------------------------
アルミン『でも猫は天使と過ごす日々が退屈で退屈で仕方ありませんでした』

ミカサ「........」ゴゴゴゴゴ

ジャン「クッソ...なんでエレンばっかり...」ヌメメェ

コニー「おいジャン!また俺の背中で何か拭いただろ?!」

31: 2013/05/13(月) 14:26:11 ID:IpodL3Jg
アルミン『そして、やがて猫は歳をとって氏んでしまいました。』

------------------------------------------------------------------

天使「猫さん…今までありがとう。あなたは退屈だったかもしれないけど、私は毎日が幸せだったわ…」ポロポロ

トラ猫「クリスタ…」

天使「さようなら猫さん...あなたの事、私はずっと愛してるわ....」

トラ猫「(ドキッ)」

------------------------------------------------------------------
アルミン『グスッ...て、天使はすっかり軽くなった猫を抱いて静かに泣きました…』

アルミン『そして、天使は庭の木の下に猫を埋めました』

教官(本気の演技だな....子供達も神妙な顔で見入っている...対したものだ)

ジャン(天使.....)

32: 2013/05/13(月) 14:30:05 ID:IpodL3Jg
~舞台袖~

クリスタ「お疲れ様、エレン」

エレン「おぅお疲れ様。クリスタ、すげぇ演技だったな。最後の所とか本当にドキッってしたよ」

クリスタ「えへへ、ありがとう!」

クリスタ「.....一部は本心だったんだよ?」ボソッ

エレン「ん?何かいった?」

クリスタ「ううん?なーんにも」ニコッ

ミカサ「」ギロッ

クリスタ「フフッ...」ニッコリ

エレン「じゃぁ俺次の場面行ってくるな」

アルミン「行ってらっしゃーい(胃がイタタタ....)」

33: 2013/05/13(月) 14:31:44 ID:IpodL3Jg
アルミン「さて、ここからようやく劇は佳境ってところですね!」

教官「子供たちの反応も良い。残りも頑張ってくれるといいが...」

アルミン「あんまり頑張られると困りますけどね…」

34: 2013/05/13(月) 14:36:31 ID:IpodL3Jg
アルミン『あるとき猫は誰の猫でもありませんでした』

アルミン『猫ははじめて自分の猫になりました』

------------------------------------------------------------------

トラ猫「自由だああああああああああああああああああ!!!!!」

アルミン(ちょっ...)

トラ猫「俺はとうとう!自由に生きる野良猫になったんだー!理不尽な目に合わないって最高だぜー!!」

------------------------------------------------------------------

アルミン『ね、猫は立派なトラ猫だったので立派な野良猫になりました…』プルプル

アルミン『どんなメ、メス猫も猫のお嫁さんになりたがりました…』ククッ…

教官「....どうした」

ミカサ「エレンきゅんまじきゃわわ」

35: 2013/05/13(月) 14:42:10 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

メス猫1「ねぇトラ猫さぁん?このスーパー美猫の私と結婚してくださらなぁ~い?」

トラ猫「何やってんすかハン...ゲフンゲフン。ふふん?俺は百万回も氏んだんだぞ!いまさら結婚なんて興味ないぜ!」

メス猫2「なっ!こ、このスーパー美猫のわ、私達が可愛くないっていうの?!///」

トラ猫「顔真っ赤ですよペトラさん」
------------------------------------------------------------------

アルミン『ね、猫はだ、だれよr…』アハハハハハ....

教官『猫は誰よりも自分が好きだったのでどんなメス猫も相手にしませんでした』

36: 2013/05/13(月) 14:46:30 ID:IpodL3Jg
教官『でも、たった一匹猫に見向きもしない、白い美しい猫がいました』
------------------------------------------------------------------

白猫「…」

トラ猫「さっすが俺...モテモテ過ぎて参っちまうぜ…?」

白猫「…」

トラ猫「よぅ、俺百万回も氏んだんだぞ!」


白猫「…あっそ」

トラ猫「むっ…すごいだろー?百万回も氏んだんだぞ!?」


白猫「…あっそ」

トラ猫「む.....」

------------------------------------------------------------------

教官『トラ猫は自分が大好きだったので、白い猫の態度に腹を立てました』

教官『それから毎日、トラ猫は白猫のところへ通いました』

アルミン「ヒューヒュー…ゲホッ 」

教官「しっかりしろ」

37: 2013/05/13(月) 14:48:50 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

トラ猫「一回も氏んでないんだろ?俺は百万回も氏んだんだぞ?」


白猫「…あっそ」

トラ猫「ぐぬぬ…ほ、ほら!サーカスの猫だったこともあるからこんなこともできるぞー」クルクル タッ


白猫「興味ない」

トラ猫「だーっ畜生!!」

------------------------------------------------------------------

アルミン『…ゴホン。トラ猫は毎日毎日白猫のところにかよいました』

38: 2013/05/13(月) 14:51:19 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

トラ猫「俺は百万回も…」

白猫「…」

トラ猫「…なぁ、その....そばにいてもいいか?」


白猫「!....勝手にすれば?」

------------------------------------------------------------------

アルミン『ある日、白猫をたずねた猫は「百万回氏んだ」とは言いませんでした』

アルミン『そのかわり、猫はいつまでも白猫のそばにいました』

39: 2013/05/13(月) 14:56:53 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

トラ猫「美味そうなパンとってきたぞ。そうそう、さっきそこで変な人間が馬に乗りながら喋ってたら舌噛んで...」


白猫「…あんた」

トラ猫「!?」

トラ猫「な、なんだ!?」


白猫「…」クイッ

白猫「月、綺麗だね…」

トラ猫「え…お、おう、そうだな....綺麗だ。.....まるで....お前みたいに、な....」

白猫「.....バッカみたい」クスッ


------------------------------------------------------------------

アルミン(アニ...中々はまり役だなぁ....)

ミカサ「」ギリギリギリギリギリギリ

アルミン「ミカサ、歯ぎしりやめよっか....って、次は僕も出るんだった...」イソイソ

40: 2013/05/13(月) 15:02:08 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------

白猫「ねぇ、あんた」

トラ猫「ん?」

白猫「子供が欲しいかなって思ったりはしないの?」グイッ

トラ猫「へ?!おま、それって....」

白猫「初めてのなんだから、優しくして...手、繋いでよね?」

トラ猫(あれ?こんな場面あったっけ?!)

41: 2013/05/13(月) 15:04:03 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

子猫「お父さんお母さーん!」

トラ猫「おー、お前も大きくなってきたな!」

白猫「…」クスッ

トラ猫「へへ、なんだか幸せなのも悪くないな」

トラ猫「いつまでも、こんな風に生きていきたいな…」

42: 2013/05/13(月) 15:06:04 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

教官『やがて、白猫は沢山の子猫を産みました』

教官『猫は白猫とたくさんの子猫を、自分よりもずっと好きになっていました』

43: 2013/05/13(月) 15:08:36 ID:IpodL3Jg
-----------------------------------------------------------------

子猫「お父さんお母さん、それじゃあ、今までお世話になりました」

トラ猫「ああ、元気に頑張っていくんだぞ!」

トラ猫「....あ、王様と船乗りと手品師と泥棒には近づくんじゃないぞー」


白猫「…?」

------------------------------------------------------------------
教官『やがて子供たちは大きくなり、一番小さかった子猫も立派な野良猫に成長してどこかへ行きました....お。』

アルミン『よっと...猫と白猫はまた、出逢った頃のように二匹だけになりました』

44: 2013/05/13(月) 15:13:09 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

トラ猫「....あいつらも立派な野良猫になったなー」

白猫「ええ…本当に」

トラ猫「…お前と二人きりになるのも久しぶりだな?」

白猫「そうだね」スリスリ

トラ猫「わっ...お、おい、恥ずかしいだろ...」ナデナデ

白猫「フフッ...」

トラ猫「.....へへっ、お前と一緒に
いると幸せだな...いつまでも....」
------------------------------------------------------------------

アルミン『二匹になった猫たちは、穏やかに毎日を過ごしていました』

アルミン『白猫はすこしおばあさんになっていましたが、二匹はとても幸せそうな顔をしていました』

アルミン『しかし、何度か季節をめぐった春のある日…』

ミカサ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アルミン「ミ・カ・サ?」

45: 2013/05/13(月) 15:19:57 ID:IpodL3Jg
------------------------------------------------------------------

トラ猫「ん~…おはよう。今日は何しようか?あ、そういえば昨日綺麗な花が……?」

白猫「」

トラ猫「…どうしたんだ?お腹いたいのか?なぁ…どうしたんだ?」 ユサユサ

白猫「」

トラ猫「....なぁ....どうしたんだよ...なぁ....なぁ!」ユサユサユサユサ

白猫「」

トラ猫「お、おい....冗談キツイって....なぁ起きろよ....起きてくれよ....」

白猫「」

トラ猫「....あ、あはは....あ、あれか...?王子様のキスで目が覚めるってやつか....なぁ...?」

白猫「(?!)」

「「?!」」

アルミン(え、エレン?!)

教官(何ということだ....感情移入の度が入り過ぎてしまっている?!)

ミカサ・クリスタ()

46: 2013/05/13(月) 15:23:43 ID:IpodL3Jg
白猫「(それはヤバイ....!止むを得ない、今すぐ起き...)

チュッ.....

白猫(あ)

「あ」

ミカサ「」

トラ猫「......」

白猫(キ...ス....?エレンが....私に......)

白猫(耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ耐えろ顔赤くなるの耐えろ耐えろ耐えろ...)

白猫「」

トラ猫「あ...あれ....起きないや...なんでだろ...俺、こいつの王子じゃなかったからかな...?あはは...」

47: 2013/05/13(月) 15:27:29 ID:IpodL3Jg
トラ猫「起きろよ…………うわぁぁぁぁ」

トラ猫「アニィィィィ.....」
------------------------------------------------------------------

アルミン『ある日、白猫は猫のとなりでしずかにうごかなくなってしまいました』

アルミン『猫ははじめてなきました。夜になっても、朝になっても…』

アルミン『また夜になって、朝になって…猫は百万回も泣きました』

アルミン『朝になって、夜になって…ある日のお昼に猫は泣き止みました』


アルミン『猫は白い猫の隣で静かにうごかなくなりました…』

48: 2013/05/13(月) 15:28:27 ID:IpodL3Jg


アルミン『猫はもう…決して生き返りませんでした…』

49: 2013/05/13(月) 15:37:06 ID:IpodL3Jg
「「ありがとうございました!!!」」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ......

教官「ご苦労だった貴様ら!突然だが、ピクシス司令官がお出でだ!」

ピクシス「いやぁ君達中々よかったよぉ?お客さんも、特に子供達や君達も楽しんでくれたみたいで何よりだよぉ」

クリスタ「ふふ、とっても楽しかったです!」

コニー「でもさー...なんかいつもより倍に疲れちまったよ...」

サシャ「私も...お腹が空いてクタクタですー...」

ベルトルト「すっごく緊張しちゃったよ....」

マルコ「僕も....ずっと手に汗が止まらなかったよ、はは...」

ライナー「俺はボコボコにされるとは思わなかったな」

ジャン「み、ミカサ!俺の海賊姿、どうだった?!」

ミカサ「よかった。えぇよかった」

エレン「ミカサ、俺の演技どうだった?」

ミカサ「凄くよかった。俳優になれば人気絶好調間違いなし」b

ジャン「ちきしょう!!!」

50: 2013/05/13(月) 15:41:04 ID:IpodL3Jg
アルミン「あははは」

コニー「あ、そういやエレンとアニ凄かったな」

アルミン(コニーぃぃぃぃぃ)

ミカサ「...........」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

エレン「あははは....あれ?そういえばアニ何処いった?」

51: 2013/05/13(月) 15:56:29 ID:IpodL3Jg
~舞台裏~

アニ「.....」

エレン「お、ここにいた」

アニ「!」

エレン「なにやってんだよこんな所で」

アニ「別に....ただ風に当たってただけ」

エレン「ふーん...げ、もう夜か、はえーなー...」

アニ「.....」

エレン「....」

アニ「....月が....」

エレン「ん?」

アニ「月が....綺麗だね....」

エレン「あ?あぁ、そうだな」

アニ「.....」

エレン「......」

53: 2013/05/13(月) 16:01:32 ID:IpodL3Jg
アニ「.....ねぇ」

エレン「ん?」

アニ「あのさ....なんであの時....キスなんかしたの...?」

エレン「アドリブ?」

アニ「は?」

エレン「いや、あの時頭の中が真っ白になっちゃってさ、セリフが浮かばなかったんだよ。でアタフタしてたら「感情移入しろ」って言われてたの思い出して....」

アニ「ッシ!!」ドゴォッ

エレン「がっ?!」

アニ「....ホント馬鹿だよ、あんた...」

エレン「い.....ってぇ~~!!!んだよ!そりゃキスしたのは悪かったけど...」

アニ「そうじゃない」

エレン「あ?じゃぁなんだよ?」

アニ「....別に。もういい。それにしてもあんた、アドリブにしても随分躊躇いもなかったね」

エレン「そりぁ...相手がアニだったからだよ」

アニ「...!」

54: 2013/05/13(月) 16:10:23 ID:IpodL3Jg
アニ「....そっか」

エレン「? どした?」

アニ「別に。さっさと帰ろう」

エレン「あ、待てって。ピクシス司令官がお礼に皆に飯奢ってくれるらしいんだ。行こうぜ」

アニ「...めんどくさ」

エレン「いいから、ほら」グイッ

アニ「あっ...」

アニ「.....フフッ...」

アニ(....人間なんて、いつかは氏ぬ。ずっと好きな人ともいれるわけではない。生まれ変わっても、その人はもう目の前にはいない....それがわかったから、あの猫は生き返ることがなかった)

アニ(そんな悲しくて、残酷なことがかならず訪れる。別れは何に対しても等しく訪れる。だから...)

アニ(一回の人生で悔いのないように生きる。愛するものを愛して、美味しいものを食べる....それがきっと、一番なんだろう)

アニ(なぜなら...)

55: 2013/05/13(月) 16:16:30 ID:IpodL3Jg
サシャ「あ、エレン!アニ!早く行きましょうよ!ご飯ですよ!ご飯!」

コニー「しかも肉が食えるんだってよ!肉だぜ!信じられるか?!」

ライナー「いつつ...歩くとイテェなこりゃ...」

ベルトルト「ほら、肩貸してあげるよライナー」

ジャン「畜生!こうなりゃやけ食いだ!」

マルコ「はは、そうそう、それが一番だよジャン。たらふく食べて嫌なこと忘れちゃおう!」

クリスタ「ユミルとミーナも誘いたかったなぁ...」

ユミル・ミーナ「読んだ?」

クリスタ「ひゃぁ?!」

アルミン「二人とも、早く早くー!」

ミカサ「エレン...エレンの隣には私が座るから...」

教官「早くせんか貴様ら!司令官がお待ちだぞ!」

ピクシス「まぁまぁ、時間はたっぷりあるんだから」

エレン「へへ、今行きまーす!」

56: 2013/05/13(月) 16:18:35 ID:IpodL3Jg
アニ「今の私には、こんなに馬鹿で愛おしい仲間がいるんだから」

アニ「私は...それだけで満足...」

エレン「行こうぜ、アニ!」

アニ「えぇ」


End

57: 2013/05/13(月) 16:20:50 ID:IpodL3Jg
ほぼ即興だったのでグダグダ感ハンパないです申し訳ない

進撃の巨人1巻~10巻まで好評発売中!
アニメ版も絶賛公開中!

歯磨けよ!風呂はいれよ!

60: 2013/05/13(月) 16:32:54 ID:tECCcut.

引用: エレン「100万回生きた猫?」