4: 2013/05/17(金) 00:13:45 ID:TGGxlMrE
ミカサ「はぁッ...ぐすっ...はあぁ....」

ミカサ「...いいえ、悲しくて泣いてるんじゃないの...」

ミカサ「エレンが...私の事をちゃんと1人の女の子として見てくれたのが嬉しくて...」

ミカサ「...うん...うん、ありがとうエレン...」

ミカサ「...私、ホントは怖かった...エレンの為だったら痛いのだって我慢できた...でも...やっぱり怖かった...」

ミカサ「...でも...エレンの温もりですごく落ち着いた...」

ミカサ「...大好き...エレン...」

ミカサ「...ふふ...でももう少ししたら...「貴方」って呼んじゃおうかな...」

ミカサ「だって...家族が増えるんだから...ね?」

5: 2013/05/17(金) 00:23:15 ID:TGGxlMrE
サシャ「はぁ...はぁ...すごいですぅ...私知りませんでした...男の人が...こんなに....」

サシャ「え?何がって?」

サシャ「もぉ...言わせないで下さいよ...」

サシャ「夢中になってたエレンも可愛いかったですよ?」

サシャ「ふふん、お返しですよ!」

サシャ「.....あの...せ、責任...とってくださいね....え?も、勿論って....」

サシャ「....えへへ...こ、これからよろしくなんだ!あんがとー!」

サシャ「ささ、美味しい朝食作っておきましたから一緒に食べましょ!」

サシャ「...あーんってさせて下さいね?」

6: 2013/05/17(金) 00:33:51 ID:TGGxlMrE
アニ「こっち見ないで」

アニ「...あんた、いい加減ニヤけるのやめないと玉潰すよ」

アニ「...はぁ...なんでこんな事になっちゃったんだろ...」

アニ「...「何が?」じゃないよバカ...こんな事になっちゃうなんて...」

アニ「....あんた、この事他の奴らにバラさないでよ」

アニ「...は?いや、私はこうなったのが嫌だと言ってるんじゃなくて…他の女たちが…」

アニ「…そ、それは、私ももともと下心があったからこうなったわけだし…」

アニ「嬉しくないといったら嘘になるけど…でも…」

アニ「ちょ、まって、今そんな事言うのずるい…やっ...け、蹴るよ…んっ…」

アニ「あ……お願い…カーテン…閉めて...」

7: 2013/05/17(金) 00:37:03 ID:UbcApVNE
Nice boat.

8: 2013/05/17(金) 00:41:27 ID:xDVjiQh2
これは刺される

9: 2013/05/17(金) 00:43:54 ID:TGGxlMrE
クリスタ「ふふ...エレンの寝顔、とっても可愛い♪ほっぺすごいぷにぷに...♪」

クリスタ「...今のうちにお風呂入っておこうかな...」

クリスタ「起こさないようにそっと.....いっ!」

クリスタ「うぅ...あ、アソコが....あ、エレ...よかった、起きてない...」

クリスタ「んっ...は....あ、歩きにくい...まだにエレンの感覚が残ってて変な感じ...」


10: 2013/05/17(金) 00:49:48 ID:TGGxlMrE
ユミル「あーあやっちまったよ...ゴメンねクリスタ.......おい、いい加減起きろ氏に急ぎ野郎」

ユミル「ったく...いつまでも寝てんじゃねぇよ...あ?当たり前だろ!し、下着姿のままなんてクソ恥ずかしいだろ!」

ユミル「...バカにすんじゃないよ。私の下着姿なんか見たって面白いのかよ」

ユミル「か、可愛いって...エレン、それはクリスタかミカサにでも言えよ...それにこれ、クリスタが私に選んでくれたから可愛いに決まってんだろ...

ユミル「....ありがと...」

11: 2013/05/17(金) 00:56:25 ID:TGGxlMrE
ハンジ「...あ、起きちゃった?」

ハンジ「んふふ、折角お姉さんのキスで起こしてあげようと思ったのに...残念♪」

ハンジ「...私歳上なのに、昨日はずっと歳下にリードされっぱなしだったからね」

ハンジ「なんだか...情けないなぁ...」

ハンジ「だって、この歳までずーっとした事なかったんだよ?」

ハンジ「それがつい昨日...歳下のエレンに女にされちゃうなんて...」

ハンジ「...え?そ、そっか...コラ、歳上をからかうんじゃないよ?ふふん...」

ハンジ「...えへへ、何だか照れるけど...悪い気分じゃないね...」

12: 2013/05/17(金) 01:10:58 ID:TGGxlMrE
ペトラ「あ、起きたの?おはようエレン」

ペトラ「何って...朝食作ってあげたんだよ?厨房でわざわざ」

ペトラ「ほらほら、ペトラ特製愛情タップリ朝スープ!」

ペトラ「あっ...あはは、今更だけど...こうして間近で見つめあうと恥ずかしいね......えっと.....その...」

ペトラ「昨日は...その、ありがとう....ね」

ペトラ「…って、私何言ってるんだろうね!あは、あはは…」

ペトラ「さ、ほら!冷めないうちに食べよ!」

13: 2013/05/17(金) 01:11:03 ID:UYcpPmQQ
ペトラさんはまだですか!

14: 2013/05/17(金) 01:11:34 ID:UYcpPmQQ
あった

15: 2013/05/17(金) 01:11:59 ID:3tAQ9U0Q
ほんの5秒差www

17: 2013/05/17(金) 01:20:34 ID:TGGxlMrE
ミーナ「ん...やっと起きたの変態エレン...」

ミーナ「何言ってんだ?じゃないよ...変態」

ミーナ「...エレン、優しくするって言ったのに...なのに...なのに...!あんな...!!恥ずかしい思いさせて!」

ミーナ「う、うるさいうるさい!あ、あれは言葉の誤だもん!「大好きエレン」とか「もっと激しく」なんて本心じゃないし!」

ミーナ「あ、あげくには...な、中に出してなんて...い、言ってないし!!」

ミーナ「...もっとロマンチックなモノだと思ってたのに...い、今更謝ったって遅いよ...」

ミーナ「...へ?へぇ?!や、ヤリ直すって...そそそ、それって?!」

ミーナ「ちょ、ちょっと待って!ダメ!い、今されたら...へ、変態!変態エレーーン!!っあん//」

21: 2013/05/17(金) 01:31:20 ID:TGGxlMrE
アルミン「お風呂ありがとね、エレン...」

アルミン「...うん。まだちょっと痛いかな。でも大丈夫だと思うよ」

アルミン「...隣座るねエレン...」

アルミン「んっ...ちょっと、僕男の子だよ?そ、そんな抱き寄せなくても...」

アルミン「もう...謝らなくてもいいよ」

アルミン「...ねぇエレン...僕なんかでよかったの...?」

アルミン「...そっか、ありがと...」

アルミン「えへへ...これから僕達...友達以上ってことかな?」

アルミン「あ...ね、ねぇ...今日の事は皆には...特にミカサには内緒にしてね...だって...ミカサはエレンの事....」

アルミン「...と、とにかく...お、男同士でこんな事してるってバレたら、僕もエレンも大変なんだからね?」

アルミン「だから....皆が見てないところで、こっそり...おねだりとかしちゃうからね?」

22: 2013/05/17(金) 01:46:40 ID:AL7YMvao
アルミン…

23: 2013/05/17(金) 01:47:31 ID:TGGxlMrE
「「ねぇエレン...?どういう事か説明してもらえる....??」」

エレン「....あぁ、ゆっくり説明してやるよ...」ニヤリ

24: 2013/05/17(金) 01:49:29 ID:TGGxlMrE
それからどうしたか??

25: 2013/05/17(金) 01:57:33 ID:TGGxlMrE
クリスタ「エレン...エレン...もっと、もっと指でイカせてぇ...」

ユミル「おいアニ、次キス交代しろよ」

アニ「んっ...もう少しだけ...」

サシャ「あはっ...エレンのぽんちおおいふぃれふぅ...」

ミーナ「んんっ...私まだ玉握りしかさせてもらってないよぉ...」

ハンジ「ふふ、エレンの顔私の胸で埋めちゃぉ~♪」

ミカサ「ふふ...エレンの赤ちゃん...」さすさす

ペトラ「あ、私の方今お腹蹴った」

クリスタ「ミカサとペトラさん、最初に着床していいなぁ...」

アルミン「皆はいいよ、僕は男の子だから赤ちゃん産めないし...」

エレン「いやぁ、皆で仲良く気持ち良くなれてよかったぜ」

26: 2013/05/17(金) 02:01:50 ID:TGGxlMrE
エレンは皆で共用化され、皆幸せになりましたとさ

29: 2013/05/17(金) 02:14:20 ID:oXL/IGds
リコさんはまだですか!?

30: 2013/05/17(金) 02:37:23 ID:3tAQ9U0Q
アリだな

31: 2013/05/17(金) 02:55:45 ID:TGGxlMrE
くぅ~疲れ...てはない

投げ槍なのは反省している
だが私は謝らなゴメンなさい


進撃の巨人1巻~10巻まで好評発売中!
アニメ版も絶賛バリバリ放送中!

歯磨けよ!風呂はいれよ!宿題やれよ!彼女にメールしろよ!

32: 2013/05/17(金) 06:24:42 ID:j/xrakDo

リコさんが見たかった。

引用: エレン「事後?」