1: 2010/05/03(月) 17:21:41.62 ID:ACYcllRm0
上条「そうなのか?」

美琴「あ、あたりまえでしょ!常盤台のエースにかか彼氏の一人や二人くらい居て当然でしょっ!!」

上条「二人居てもそれはそれで問題だけどな…」

美琴「こっ言葉のアヤよ!」

2: 2010/05/03(月) 17:23:25.22 ID:ACYcllRm0
上条「でもまぁ、とんだ勘違いだったわけだ」

美琴「?」

上条「いや、インデックスのやつがな、御坂は俺のこと好きだ~とか言い出してな」

美琴「え?」

上条「上条さんも、実は御坂のことが前から少し気になってて」

美琴「!!」

上条「もしそうだったら嬉しいな~と思ったわけですが」

上条「でも結局は単なる勘違いだったってわけでしたよ」

美琴「えっ…あ……」

7: 2010/05/03(月) 17:26:35.13 ID:ACYcllRm0
上条「でもこれで上条さんは吹っ切れましたよ!」

美琴「え?」

上条「実は、今度の日曜日に柵川中の娘からデートのお誘いを受けてまして」

美琴「え?え?」

上条「浮ついた気持ちのまま会うのは失礼かなと思ってたけど、これですっきりした気持ちでデートができるってもんですよ」

美琴「……」

11: 2010/05/03(月) 17:29:19.49 ID:ACYcllRm0
上条「御坂も今度の日曜は当然デートなんだろ?」

美琴「も…もちろんデートに決まってるわ!!」

上条「ちなみになんだが、彼氏ってどんな人なんだ?」

美琴「…え?」

上条「いや、御坂の心を掴んだのはどんな人かなーって思ってな」

美琴「…」

13: 2010/05/03(月) 17:31:28.00 ID:ACYcllRm0
上条「…御坂さん?」

美琴「……カッコ良くて優しくて頭が良くて…」

美琴「アンタなんかよりずーっといい男なんだから!!!」

上条「ははは…カッコよくも優しくも頭よくも無い上条さんと比べてもしょうがないだろ」

美琴「…」

上条「あぁ!タイムセールの時間だ!じゃあな御坂~お互い良い日曜日を!」タッタッタ

美琴「あ…」

美琴「何よ…あいつ…」

美琴「あれ?なんで涙が…」ポロ

美琴「ふぇ~ん…」ポロポロポロポロ

23: 2010/05/03(月) 17:47:54.50 ID:ACYcllRm0
~日曜日~

美琴「あいつのデート相手って誰なのかしら…」

美琴「気になって一睡もできなかった…」

美琴「おまけにあいつの学生寮まで来ちゃったけど…」

美琴「これじゃあまるでストーカーじゃないの!」


上条「じゃあな~、しっかり留守番してろよ~」ガチャ

美琴「!!」

禁書「お土産いっぱい買ってきて欲しいんだよ!!」

上条「~♪」

美琴「…なんだか楽しそうね……」

27: 2010/05/03(月) 17:52:11.63 ID:ACYcllRm0
美琴「公園で待ち合わせか…」

美琴「しかもよりにもよってこの公園なんて…」

美琴「…あとで自販機蹴飛ばして帰ろう……」

??「こんにちわ~お待たせしちゃってすいません~」

美琴「!!」

上条「いや、俺も今来たところですよ」

初春「ほんとですか?良かったぁ~」

美琴「う、初春さん!?」


47: 2010/05/03(月) 21:02:20.26 ID:DcByhzudP
上条「で……?そのスカートの膨らみは……」

初春「え?」

???「あちゃー気付かれたかー」

ばさ!

佐天「佐天涙子と申します!初春の親友やってまーす」

初春「さ、佐天さん!なにやってるんですかっ!」

佐天「いやー親友のデート相手は気になるって言うかさ……娘を送り出す父の心境っていうか……」

初春「い、意味がわかりません!」

佐天「と!言うわけでさっそくどこ行きましょうか?」

初春「付いてくるんですか!」

上条「ははは……(帰んないかなこの子)」

54: 2010/05/03(月) 21:39:50.21 ID:DcByhzudP
美琴(さ、佐天さん!?いったいこれどうなっちゃうのかしら……)



上条「え、えーと予定ではブラブラ買い物でもと思ってたわけですが……」

佐天「お買い物ですか~いいですね~お財布中身あったかな♪」

初春「ごめんなさい上条さん、こうなったら佐天さん聞きません。せっかくのデートだったのに……」

上条「いやいや、上条さんは全然構いませんよあはは……」

佐天「じゃあさっそくセブンスミストに出ぱーつ!いくよ初春!」タタタ

初春「佐天さーん待って下さい!」タタタ

上条「トホホ」

58: 2010/05/03(月) 22:22:59.80 ID:DcByhzudP
セブンスミスト

佐天「ほらー初春!どの下着試着しようかー!あ、これなんてどう?」

初春「そんなスケスケの下着着ませんって!」

上条(……女の子二人と下着売り場ってものすごく恥ずかしいわけですが……)

初春「もー佐天さんはー!」

上条「あはは……」

初春「……そ、それにしてもこのお店すっかり綺麗になりましたね」

上条「え?」

初春「ほら虚空爆破事件ですよ!あと一歩のところで私このビルの瓦礫のもくずだったんですから」

   「あの時……私を助けてくれたの上条さんだったんですよね、私ずっと勘違いしてて……」

上条「あ、えーと(そんなことあったのか)」

初春「お礼が遅れてしまってすいません、あの時は本当にありがとうございました」ペコリ

上条「いえいえ、当然のことをしたまでで(とりあえず話しを合わせときませう)」

59: 2010/05/03(月) 22:25:09.70 ID:DcByhzudP
上条「それより……上条さんは心配なわけですよ」

初春「え?」

上条「初春さんみたいな……その華奢で可愛い子がそんなテロ事件の現場の第一線だなんて……いくら風紀委員とはいえ、限度があると思います」

初春「い、いえ!あの時はたまたまで!」

上条「でも命の危険があったわけでしょ?あんまり無茶して大けがでもしたら大変です」

初春「お気遣いありがとうございます……でも私はこの仕事に誇りを持ってます」

初春「確かに少し物騒な街かも知れないけど……だからこそ少しでも住んでいる人達の笑顔や安心を増やせたらなあって!」

初春「で、でも失敗ばかりですけどね…エヘヘ」

上条「(まっすぐでいい子だ)困ったら年上のお兄さんになんでも相談してくれていいんですよ?」

初春「は、はい!上条さんみたいなヒーローがそういってくれれば百人力です!」

60: 2010/05/03(月) 22:27:19.11 ID:DcByhzudP
上条「ヒーローだなんてそんな」

初春「いえ!上条さんは正義を志す者にとって憧れです……!」

・・・

美琴「……なによあれ お互い見つめ合っちゃって……なんだかいい雰囲気じゃない」

美琴「なんでこんな心がもやもやするのよ……」

美琴「な、なんなのよーこれ!なんか知らないけどすごくムカつく!!」ヒュイ

自販機「ボゴッ!!」

美琴「むかつく!!むかつく!!むかつく!!」

自販機「ボゴッ!!ボゴッ!!ボゴッ!!」

「お、お客様おやめください!」

・・・

上条「なんだかあっちがうるさいな」

62: 2010/05/03(月) 22:37:10.07 ID:SkairdAH0
自販機が喋った!?  

63: 2010/05/03(月) 22:40:04.14 ID:IQuMwjNy0
>>62
やめろwwwww

66: 2010/05/03(月) 22:45:39.39 ID:xwHGRDt30
お客様・・・だ・・・と・・!?

67: 2010/05/03(月) 22:47:49.58 ID:QlgJOFdl0
中の人が喋っただけだろ…

71: 2010/05/03(月) 23:12:52.95 ID:DcByhzudP
初春「……」

上条「……」

上条(なんかいい雰囲気なわけですよ……)ゴクリ

上条(初春さんの手小さいっ……い、いきなり握ったら変でしょうか)

上条(拒絶されるでしょうか……あー女の子わかんねー!!)

初春「……///」

初春の指が微かに震え軽く握っていた拳を解いたきがした

上条(こ、これはOKサインなのか!?)

上条(ええい!いったれ!)

ギュッ!

72: 2010/05/03(月) 23:15:08.59 ID:DcByhzudP
上条(あ、初春さんの手あったかい///)

ギュー

上条(は、恥ずかしくて顔見れない…!)

上条(意外にしなやかなんですね……とっても柔らかいです)

初春「あ、あのー」

上条「は、はい!」


佐天「ちょっと、ちょっとお兄さん」

上条「え?」

佐天「いきなり手握らないでくださいよ!セクハラですか!」

上条「え、えええ!」

佐天「もう!放してください!」バッ

上条(ま、間違えてた……というかいつの間に……)

佐天「まったく!失礼しちゃうなー!」プンスカ

76: 2010/05/03(月) 23:25:21.06 ID:DcByhzudP
上条(不幸だ……)

佐天「もう!初春も気を付けなよー!」

初春「い、いえ私は別に……」

上条「ごめんなさい……あ、あのお詫びに飯でも御馳走しましょうか!(上条さんは諦めませんよ!ここは大人の男を見せて挽回です)」

初春「そ、そんな悪いです!」

佐天「え、本当やったー♪ご飯代浮いたー♪」

上条「(イラッ)あははーいいんですよ、女の子二人分くらいなら出す分ありますから」

佐天「そうだよ初春!、こういう時は逆に遠慮するほうが失礼だって!」

初春「そ、そうでしょうか……じゃあお言葉に甘えて」

佐天「いざレストランにGO-!」

79: 2010/05/03(月) 23:33:21.36 ID:DcByhzudP
上条(まあ……一万円あれば足りますよね)

佐天「あ!あそこにいるのは!」

佐天「アケミ!むーちゃん!マコちん!」

アケミ「あー涙子と初春んじゃん!お久ー!」

初春「お久しぶりです、お三方」

アケミ「あ、そちらの方は……もしかして……」

むーちゃん「涙子か初春んの彼氏さん?(笑)」

初春「あ、いや……」

佐天「違う、違う、違う、全然違うっ!!!とっても優しーーーい近所のお兄さんだよ♪」

上条「あ、あはは……どうも」

佐天「ところでアケミ達ご飯食べた?」

86: 2010/05/03(月) 23:41:58.25 ID:DcByhzudP
アケミ「まだだよーこれから3人でどっか食べにいこうと思っててさ」

佐天「グッドタイミング!じゃあ一緒に食べようよー!」

アケミ「あ、うん!いいねー賛成!」

むーちゃん・マコちん「賛成ー」

上条(ま、まさか)

佐天「この先輩が奢ってくれるって言うからさ♪みんなも御馳走になろう!」

初春「ちょ、ちょっと!佐天さん流石に五人分もなんて!!」

佐天「えー?大丈夫ですよね?優しいせ・ん・ぱ・い♪」

上条「あはははははは(断れる雰囲気じゃないです……)」

むーちゃん「本当にいいんですか……?」

上条「あ、うん 大丈夫ですよ…あはは……(インデックスごめん……今日は夕食抜きだ……)

92: 2010/05/03(月) 23:52:24.89 ID:DcByhzudP
「お会計、9980円になりまーす」

上条(よかった……足りた)

佐天「あー美味しかった!」

むー・マコ・ア「ごちそうさまでしたー」

上条「いえいえ」

佐天「上条さんってお水好きなんですねー♪それ飲んでばっかり♪お料理も頼めばよかったのに♪」

上条「……あはは……」ワナワナ

初春「あ、あの私の分これ」チャリン

上条「いやいや大丈夫ですってここは年上に甘えてくださいな」

佐天「そうだよー初春、先輩の顔に泥を塗っちゃいけないよー」

初春「で、でも……」

上条(耐えろ……耐えるんだ上条)

99: 2010/05/04(火) 00:05:39.51 ID:+nTNkOYGP
美琴(みっちり怒られてしまったわ……)

美琴(あいつらどこいったのかしら)キョロキョロ


佐天「でさー私が言ってやったんですよ!『私の友達に手を出すなああああああ』ってね!そして痛恨の一撃ですよ!」

初春「佐天さん、その話何回目ですか」

佐天「いいじゃん!いい話なんだからさ!いやーいくらレベル5を含んだ超能力集団が集まろうと最後に巨悪を討つのはやっぱ想いを込めた弱者の一撃なわけですな!」

上条「……(何言ってんだこいつ)」

初春「はいはい、佐天さんはすごいですねー」



美琴「あいつあんま楽しそうな顔じゃないわね……」

美琴「やっぱ佐天さんが間で邪魔してるからかしら……」フフ

美琴「佐天さん……あの自らを省みない自由奔放さはどこから来るのかしら……」

美琴「とは言えなんだか今は胸がすーっとする気分ね」

100: 2010/05/04(火) 00:11:39.84 ID:+nTNkOYGP
上条「ちょっと……俺トイレに行ってきますね」

初春「あ、はい」

佐天「行ってらっしゃい♪」

タタタ

上条「ふぅ……なんだかどっと疲れた……って」

「こそこそ」

上条「ビリビリ?そんなところで何やってんだ」

美琴「あ!」

上条「お前今日デートじゃなかったんですか?」

美琴「あ……」


おしまい

94: 2010/05/03(月) 23:54:55.58 ID:I0gS2lR60
まず佐天さんが良い人のSSを見た事が無い

96: 2010/05/03(月) 23:55:55.36 ID:qgzSySCC0
黒子はまだか

引用: 美琴「か、彼氏!?ももももちろん居るわよっ!」