1:2014/07/07(月) 11:38:52.31 ID:K2mAKfes0.net
川口「先輩、お電話入ってますよ」

ひろし「俺にか?はい、お電話代わりました双葉商事の野原です」

みさえ「あ、あああ・・・!あなた・・・!!」

ひろし「どうしたみさえ!?落ち着け!」

みさえ「ひまが・・・ひまがぁぁぁぁぁ!!」

ひろし「ひまわりがどうかしたのか!?」

医者「奥さん、お電話代わります。野原ひろしさんですね。非常にお辛い事実をご報告しなければなりません。実は・・・」

-医者から伝えられた事、それは道路を横断している時にひまわりがバイクに跳ねられたという報告だった。
信号は歩行者側が青、ひまわりのベビーカーが18歳の若者の乗ったバイクに衝突されたのだ

-警察署-

警察「加害者の若者たちは未成年故に軽い罰ですむそうです・・・」

ひろし「なんでだよ!?ひまが何かしたのか!?なんでそいつらは軽い罰で・・・
ウッ・・・オェェェェェ・・・っ!!」

警察「野原さん落ち着いて下さい!!・・・加害者は◯年後に釈放されます。
その時までに心の整理をしておいて下さい・・・」

ひろし「う・・・ううう・・・・・うぁぁぁぁぁ・・・・・」
4:2014/07/07(月) 11:41:43.82 ID:ygI5Q/vY0.net
こういう事故マジであるんでしょ
9:2014/07/07(月) 11:46:05.34 ID:K2mAKfes0.net
-◯年後-

ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・

ひろし「みさえ・・・飯出来たぞ、たまにはなにか喰わねえと・・・」

みさえ「・・・」

ひろし「ひまわりもなんとか一命は取り留めたけど・・・いつ目が覚めるかわからない植物状態・・・
今日は彼らが釈放される日だ。会ってくるよ・・・しんのすけ、母ちゃんのこと頼んだぞ」

しんのすけ「・・・・」

ひろし(あれから◯年立っても・・・俺達の心の傷は治らない。みさえはずっとひまに付きっきり・・・
しんのすけも幼稚園には行かず、ずっと家の中で落ち込んでいる・・・。)

ひろし「こんな時だからこそ、一家の大黒柱の俺がしっかりしねえとな・・・!」
180:2014/07/07(月) 14:04:21.02 ID:DFVhc7uXO.net
>>9の時点で既に皆…
182:2014/07/07(月) 14:07:07.50 ID:v7GoCIoD0.net
>>9
うわああああああ
10:2014/07/07(月) 11:47:26.77 ID:w1HJLuvK0.net
現実でよくあるから困る
15:2014/07/07(月) 11:52:24.93 ID:K2mAKfes0.net
-警察署-

警察官「では・・・面会室までご案内します」

ひろし「・・・はい」

ガチャ・・・

若者「・・・!」

ひろし「君が・・・A君か・・・」

若者「う・・・ううう・・・ああああああああ!!ごめんなさい!!俺・・・俺は取り返しの付かないことを・・・!!
うあああああああああああああああああああああああああ・・・・・・・・・」

-ひろしが若者に名前を問いかけた時、若者は泣き崩れた。ひろしもその若者を許したわけではない。
だがその若者が泣き崩れる所・・・あの事故の事をここまで深く思っていた事実が、ひろしの怒りを和らげた・・・

ひろし「もういい・・・もういいんだ。ひまは今、俺の家で治療を続けてる。君も・・・ひまが1日でも早く治るように祈ってくれ・・・」

若者「お、俺・・・俺にできることならなんでもしま・・・・うあぁぁ・・・・
一生働いてでも・・・治療費・・・俺が・・・」

ひろし「いいんだ、その金は・・・お前を産んでくれた父ちゃんと母ちゃんに使え」

若者「あ・・・・ああああああああ・・・・・」

ひろし(みさえ・・・しんのすけ・・・後はひまわりが治るのを祈ろう・・・
こいつも・・・泣いてくれるんだ・・・ひまの為に・・・)
17:2014/07/07(月) 11:53:03.69 ID:oCzV2+p30.net
復讐しないのかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
18:2014/07/07(月) 11:53:42.76 ID:Qsl1rZJgi.net
本心かな?
22:2014/07/07(月) 11:56:18.89 ID:K2mAKfes0.net
トゥルルルルルル・・・

ひろし「誰も出ねえな・・・まぁいい、家に帰って直接話そう。」

ひろし「っと・・・そうだ、さっきの警察官に言いたいことがあったんだ・・・
今までお世話になったこと、伝えねえとな」

-面会室前-

ひろし「面会室にまだ居るか・・・?居なかったら誰かに伝えといてもらうか・・・」

若者「・・・・」

警官「・・・」

ひろし「ん?なんだ・・・・?」
26:2014/07/07(月) 12:01:20.80 ID:K2mAKfes0.net
若者「アッハハハハ!聞いたかよ親父!『お前の父ちゃんと母ちゃんに使え』だってよ!!」

警官「笑い事じゃ無え、ったく・・・てめえのせいで俺の警察官としての地位も全部水の泡になりかけたんだぞ?
てめえにはあのお人好しの言うように一生働いて尽くしてもらわねえと気がすまねえぜ」

若者「そーいうなよ親父、後で泡盛でも奢ってやっからさ、水の泡だけによ!」

警官「洒落ばかり達者になってんじゃねえ、しっかしあの赤ん坊が生きてるたぁ驚きだぜ」

若者「だよなー!?ガキの生命力には驚かされるぜ、ゴキブリみてえwwwwwwwwww」

警官「だっははははは!ゴキブリか!確かにあいつもショボくれたゴキブリみてえな顔だったしな!!」


ひろし「・・・・。」

ひろし(ぐ・・・・あああ・・・・あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)
36:2014/07/07(月) 12:07:12.10 ID:K2mAKfes0.net
ひろし(ゆるさねえ………!!あいつら・・・・!!!あいつらだけは・・・)ギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリギリ

-ひろしはそのままドアを蹴り破りその2人を頃そうとした。だがここで頃せば自分は殺人犯。
みさえとしんのすけをこれ以上絶望させる訳にはいかない。今まで味わったことのない身を裂くような怒り、
そして残された家族への想い、その2つの矛盾した感情がひろしを襲っていた

ひろし「あ………あああああ………あああああああ………!!」

-声にならない、まるで悲鳴のような怒号をひろしは歯を食いしばり必死で押さえつける。
ゴリィッと口の中で音が鳴る、おそらくは歯が何本か折れたのだろう。その痛みすら今のひろしには怒りを押さえこむ薬に過ぎなかった
ひろしはなんとかその場を後にし、警察署を立ち去った・・・

ひろし(・・・ひま・・・待ってろ・・・カタキは父ちゃんが討ってやるからな・・・)
40:2014/07/07(月) 12:14:07.83 ID:K2mAKfes0.net
-かすかべ書店-

中村「いらっしゃいませー、げっ!?」

中村(店長!昔よく来てたあの子供の父親です!)サッサッ

店長(見張っていて下さい!さすがに父親ならば常識のある人だとは想います!)サッサッ

中村(ラジャー!!)

ひろし「あの・・・すいません」

中村「は、はい!」

ひろし「心理学の本と・・・法律の本を・・・買いたいのですが・・・」

中村「あ、はい!こちらになります!(さすがにまともな本を買うのね・・・)」

ひろし「結構あるんですねえ」

中村「ええ、心理学や法律ともなればお買い求めになるお客様も多いですからね」

ひろし「じゃあ・・・この本全部ください」

中村「え・・・ええ!?」

ひろし「覚えなきゃいけないことが在るんですよ・・・色々と・・・一生使ってでも・・・」

中村「・・・!?」ぞくっ
47:2014/07/07(月) 12:20:23.27 ID:K2mAKfes0.net
中村「あ、あの・・・配達しましょうか・・・?」

ひろし「いえ・・・車で来たので・・・積んで帰ります。一刻も早く読みたいんです」

中村「は、はぁ・・・・」

-ひろしはその脚で一旦家に帰り車でかすかべ書店へと足を運んでいた。
心理学と法律の知識、それはひろしが復習するための第一歩だった・・・

-野原家-

ひろし「ただいま・・・帰ったぞ。」

ひろし「・・・返事は無しか・・・もう・・・あの景色は見れないんだな・・・ひま・・・」

ひろし「みさえ、しんのすけ・・・俺はしばらく部屋に篭もる・・・。食べ物はいろいろ買ってきたからちゃんと食べるんだぞ」

-そしてひろしは部屋にこもり24時間全てを知識を得るために使い込んだ。
水や食べ物は空腹で集中力がどうしても途切れた頃に摂取していた。
ひろしの執念はすさまじかった。全てを読破し覚え・・・自分の知識にするのに1年はかからなかった
49:2014/07/07(月) 12:21:00.77 ID:+LbYy5r10.net
加害者が屑オブ屑だと漂い始める金田一臭
51:2014/07/07(月) 12:23:19.24 ID:0aJA32g20.net
金田一「おっさん、春日部に遊び行こうぜ~?」
53:2014/07/07(月) 12:29:17.95 ID:K2mAKfes0.net
-1年後-

ひろし「整った・・・。これでいい。これで行こう・・・これであいつらを・・・」

ひろし「・・・その前に1年ぶりに風呂でも入るか・・・こんな見た目じゃ外に出た瞬間注目の的だ・・・」

-1年を全て知識の吸収に使ったひろしは風呂にすら入っていなかった。
それどころか本の内容以外の言葉を喋ったのも1年ぶりかもしれない。

ひろし「・・・?水でねえな・・・。」

ひろし「ああ・・・今日は節水の日か・・・。仕方ねえ・・・確か1年前に買ったミネラルウォーターが・・・
ってもうとっくにみさえとしんのすけが使っちまってるよな」

-しかしそこには1年前と同じ状態でミネラルウォーターが置かれていた。
もうとっくの昔になくなってしまっているはずのミネラルウォーター。
みさえが新しく買い足してくれたのだとひろしは思った。そして妻の心遣いに涙を流した

ひろし「へへ・・・こんなの前は当然のことだと思ってたのによ・・・、ありがとうなみさえ・・・」

-ひろしはその水を使って顔、体、髪の毛を洗いヒゲを剃る。久しぶりの水浴びは心まで洗ってくれるようだった

ひろし「・・・行ってくるぜ、皆・・・」
58:2014/07/07(月) 12:32:37.63 ID:rv0QB9JF0.net
ひろしの部屋すごいことなってるんだろうな
63:2014/07/07(月) 12:37:31.84 ID:K2mAKfes0.net
-警察署-

美女「で・・・ストーカーが・・・」

警官「心配しないで下さい、私達は民間人の味方です、絶対に守ってみせますよ」

美女「あ、ありがとうございます・・・!」

警官(へへへ、こんな美女じゃあストーカーの1人もつくわな・・・、せっかくの美女だ、アプローチしといて損はねえぜ)

後輩「先輩、先輩に会いたいって人が・・・」

警官「ん?俺にか?(ほぉ~らきたきた・・・好みの被害者に仕切りにアプローチしといて正解だったぜ)」

ひろし「お久しぶりですね・・・」

警官「・・・っ!?」

-警官はひろしを見て恐怖を抱いた。何を恐れたのかではない・・・
ひろしの目つき、いや体全体から漂ってくる『殺意』を悪徳とは言え一端の警官である彼は感じとったのだ
67:2014/07/07(月) 12:39:45.17 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「どうしたんですか・・・?せっかくあの日の恩返しに会いに来たのに・・・」

警官「あ、あの・・・日・・・?」

ひろし「ほら、あの若者との面会の日ですよ・・・いやぁ・・・お子さんは本当にいい子でしたね・・・」

警官(子・・・!?なんでこいつ・・・あいつが俺のバカ息子だってこと・・・!?)

ひろし「ふぅ、お礼が言えてスッキリしました・・・じゃあ私はこれで・・・お子さんにもよろしく・・・」

警官「は、はい・・・」

警官(聞いていやがった・・・!あの時・・・!クソが・・・!てっきり帰ったのかと思ってた・・・!
としたらあいつは俺達に復讐心を・・・!!ゴキブリが・・・やられる前にやってやるよ・・・!)
68:2014/07/07(月) 12:41:03.55 ID:Rp6aGZo+0.net
ひぐらしみたいになってきた
70:2014/07/07(月) 12:43:38.58 ID:K2mAKfes0.net
若者「ハァ!?あのジジィが俺らに復讐を!?」

警官「ああ、違いねえ!!あいつ・・・絶対に俺たちを頃しに来るぜ!」

若者「じょ、冗談だろ親父・・・!?」

警官「冗談でこんなこと言うかよ・・・あいつの住所は警官の俺にはすぐに分かる!!
いいか・・・やられる前にやらなねえと・・・俺達は頃されるぞ!!」

若者「わ、わかった・・・上等じゃねえか・・・今日行ってやろうぜ親父・・・!」

警官「ああ・・・準備しとけ・・・俺も今日は早退してすぐに帰る!!」
71:2014/07/07(月) 12:44:45.98 ID:Qsl1rZJgi.net
さあどうなる
77:2014/07/07(月) 12:48:17.57 ID:K2mAKfes0.net
-深夜-

若者「ここがあいつの家か・・・けっ、ショボくれた面のくせに良いところすんでやがる」

警官「俺達は安いアパート暮らしだってのにな・・・余計にムカついてきやがったぜ」

若者「行くぞ・・・」

警官「ああ・・・」

ガシャアアン!!

-親子は窓を割り家に侵入した。食卓のある場所だろうか、深夜故にシロも眠っているのか、吠えることはなかった
そして親子は家中を探し始めた。キッチン、トイレ、2階・・・そして最後に残った部屋が
ひまわりの治療を続けている部屋だった

警官「親子全員でここにいやがるのか・・・。ったく、ガキの子守、ご苦労な凝ったぜ」

若者「やっちまおうぜ親父・・・」

警官「ああ・・・行くぞ!!」
83:2014/07/07(月) 12:53:34.41 ID:NIP1C6phO.net
ボー「・・・ボー(その家族に触れるな)」
84:2014/07/07(月) 12:53:58.36 ID:K2mAKfes0.net
-バァンッ!!-

-2人は治療部屋の扉を蹴り破り部屋に押し入る。そこには想像通り
ひろし、みさえ、しんのすけ、そして呼吸器に繋がれているひまわりの姿があった
何の音もなく、深夜の静寂がその場を包み込む。そしてひろしがゆっくりと振り返った

ひろし「こんな晩にどうかしたんですか・・・?近所迷惑ですよ」

警官「うるせえ!!お前は俺たちを頃すつもりだったんだろ・・・!?
ならやられる前にやってやるよ………!」

ひろし「なるほど・・・俺達一家を頃すために・・・じゃあここで俺があんたらを頃しても・・・
正当防衛ですよね・・・・?」

若者「は、ハッ!てめえみてえなショボくれたジジィが現役警官の俺の親父と
若い俺に勝てるわけねえだろ!!」
91:2014/07/07(月) 12:59:58.00 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「・・・」

-ひろしはリンゴを剥くための果物ナイフを手に取り、2人と向かい合う。
そしてゆっくりと、2人に向かって歩いて行く。畳が軋む音が静寂の中に響いていく・・・

若者「う・・・・うう・・・・」ガタガタ

警官「……………!」ガタガタ

-自分たちに向けた明確な殺意。普通に過ごしている人間は一生味わうことのないだろう戦慄。
そんな恐怖を、一般人である2人が耐えられる訳がなかった。2人はひろしに向かってバットを振り上げ襲いかかった

ゴォンッ……………

バットはひろしの肩を打ち砕いた。骨の軋む音、感触は2人に一生忘れることのない感覚を植えつけた

ひろし「痛えな・・・」

若者「…………!?」

警官「お、おい・・・!?バットで殴ったんだぞ・・・!?」
93:2014/07/07(月) 13:01:47.06 ID:Z6DGsoQ30.net
ひろしかっけぇえええええええええええええ
96:2014/07/07(月) 13:05:29.00 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「俺はこの1年・・・ずっと本を読んでた・・・それで得た知識の一つに『思い込み』ってのがあった・・・」

警官「・・・!?」

ひろし「ある科学者が目隠しをした人間に何の変哲もない棒を押し付けた・・・
その被験者には前もってその棒がとてつもなく熱い棒だってことを伝えてたんだとよ」

若者「な、何言ってやがる・・・!?」

ひろし「するとどうだ。何の変哲もない棒っ切れなのにその被験者はやけどを負った・・・
思い込みが細胞に変化を与えたんだよ・・・」

ひろし「それを真逆に考えれば・・・同じようなことも出来るんじゃねえかと思った・・・
よくしんのすけが遊んでたビニールのバット・・・俺はお前らが持ってるものをそう思ったんだ。」
97:2014/07/07(月) 13:06:24.73 ID:95/A/dSc0.net
能力バトルみたいになってきたなww
98:2014/07/07(月) 13:06:35.35 ID:D4ZrY7sP0.net
俺も心理学勉強するわ
101:2014/07/07(月) 13:07:30.88 ID:wl2aFEUm0.net
心理学SUGEEEEEEEEE!!!!
105:2014/07/07(月) 13:11:29.68 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「だがまぁ俺がそう思ってるだけで実際俺の方はグシャグシャ・・・
お前らが先に手を出した・・・。『正当防衛』成立だよなぁ・・・・?」にやぁ

警官「ひ・・・・ひいいいいいいいいい!!!」

-ドスッ・・・という音が鳴り響く。警官の胸にナイフが突き刺さった。
即死だった・・・警官はそのまま息をしなくなったのだ

若者「お、おい・・・親父!?」

ひろし「次は・・・お前だ」

若者「ひ・・・た、助けてくれええええええ!!!」

-若者は何を思ったのか階段を駆け上がっていった。
自分の割った窓から逃げても追いかけてくる。それなら籠城しようと若者は思ったのだ
鍵を掛け、ずっとそこに籠城する、それは恐怖に支配された若者が導き出した愚策だった

ひろし「そういやぁ・・・しんのすけも良くそうやって駆け上がってたなぁ・・・
その度に俺はこう注意したよ・・・」

若者「ひいいいいいいいいい!!!」

ひろし「滑って落ちたらあぶねえぞ・・・」

-ズルッ・・・

若者「あ・・・・・・・・・」
106:2014/07/07(月) 13:12:56.19 ID:4R1aYF2h0.net
なんという智将
110:2014/07/07(月) 13:14:30.68 ID:yMPfPhbq0.net
正当防衛が認められるのは、危機が迫っているとき、生命や身体を守るためにやむをえず応戦したときだけ。
また自分の攻撃が相手の攻撃と同程度であることも重要で、攻撃しすぎれば過剰防衛に。
基本的に素手には素手で、ナイフにはナイフで応じれば正当防衛になりますが、ナイフに対して銃を持ち出せば過剰防衛になります。
113:2014/07/07(月) 13:15:49.47 ID:Qsl1rZJgi.net
>>110
バットで一撃食らってみろよ
111:2014/07/07(月) 13:15:19.07 ID:K2mAKfes0.net
-ドサァッ・・・ドサッドサッ・・・

若者「か・・・け・・・・」

-若者は階段から落ち、衝撃とともに首の骨を折った。これもまた即死だった。
警官1人と若者1人。ひろしの復讐はこうして幕を閉じた・・・。

ひろし「やったぜみんな・・・これで・・・・」

ドンドン!!

ひろし「ん・・・・?」

お隣さん「野原さん!?大丈夫!?なんだかすごい音が聞こえたけど・・・!!」

ひろし「ああ・・・お隣さんか、やっぱり良い人だな、大丈夫だって伝えないと・・」
125:2014/07/07(月) 13:20:13.87 ID:K2mAKfes0.net
ガチャ・・・

ひろし「大丈夫です・・・、説明するのは難しいですが・・・」

お隣さん「そう・・・良かっ・・・うぇぇぇっ!?」

ひろし「・・・・?どうかしましたか?お隣さん」

お隣さん「な、何・・・・?この臭い・・・!?うぇ・・・ぇ・・・」

ひろし(臭い・・・?ああさすがに1年風呂サボってちょっと水浴びただけじゃ臭い取れねえか・・・
さっきの奴らはマスクで素顔隠してたしな・・・臭いなんか嗅げなかったのか)

お隣さん「の、野原さん・・・・い、一応・・・警察呼んどいた・・・から・・・・」

ひろし「そこまで心配してくれてありがとうございます」

-警察。その響きにひろしはもはや何の感情も抱かなかった。
さっさと俺の正当防衛を認めてくれればそれでいい。
そして俺たち家族は、もう一度やり直すんだ・・・と思っていた
129:2014/07/07(月) 13:25:01.69 ID:K2mAKfes0.net
警官A「ひ、酷い臭いだ・・・!?なんだこれは・・・!?皆マスクをつけろ・・・!」

ひろし(大げさな・・・人一人でそこまで臭えわけねえだろ・・・
ま、俺の足から考えれば当たり前か・・・?なんてな)

警官B「一体何があったのですか・・・!?」

ひろし「ええ、実は・・・・」

-ひろしは全てを語った。自分の、娘をあんな状態にした加害者が深夜に侵入、襲いかかってきたこと
そして肩に大怪我を負い、仕方なく正当防衛に出たことを・・・

警官B「そうですか、それは・・・」

ひろし「家内と息子も怖がっているのか俯いたまま動かないんです。病院に運んでやりたいんですが・・・」

警官B「わかりました、任せておいて下さい」

ひろそ(終わった・・・これで全部・・・)
131:2014/07/07(月) 13:25:57.33 ID:cbzoOxLJ0.net
あっ・・・
139:2014/07/07(月) 13:28:27.61 ID:K2mAKfes0.net
警官A「居たぞ!野原みさえさん、野原しんのすけ君、そして野原ひまわりちゃんだ!」

警官B「もう大丈夫ですよ!」

ひろし「みさえ、しんのすけ!もう大丈夫だぞ!!」

-警官がみさえの肩に手をかけた時だった。

ドサッ・・・

-みさえはそのまま転んでしまった。

ひろし「ったく・・・お前はこういう時に限って怖がりなんだよな。ほら肩かしてやるよ」

警官A「本当に仲摘むまじい夫婦で・・・・・うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
141:2014/07/07(月) 13:32:50.98 ID:K2mAKfes0.net
-それは見るに耐えない状態だった。一体いつからこうだったのか。
警官は腰を抜かし、只ガタガタと震えていた

ひろし「ちょっとぉ!酷くないですか!?確かにコイツは鬼嫁ですけどそんな怖がること・・・」

警官B「先輩!?どうかし……………………!!!?うえええええええええッ!!!!」

ひろし「なんだよ、皆して・・・ほらしんのすけ、父ちゃんがおぶってやるからな
救急車だぞー?子供のあこがれの救急車に乗れるなんて羨ましいぜ。」

-復習を終え、心の縛りから開放されたひろしはいつものようにみさえとしんのすけに話しかけていた。
いや、みさえとしんのすけだった存在に・・・
143:2014/07/07(月) 13:33:59.97 ID:K2mAKfes0.net
-それは見るに耐えない状態だった。一体いつからこうだったのか。
警官は腰を抜かし、只ガタガタと震えていた

ひろし「ちょっとぉ!酷くないですか!?確かにコイツは鬼嫁ですけどそんな怖がること・・・」

警官B「先輩!?どうかし……………………!!!?うえええええええええッ!!!!」

ひろし「なんだよ、皆して・・・ほらしんのすけ、父ちゃんがおぶってやるからな
救急車だぞー?子供のあこがれの救急車に乗れるなんて羨ましいぜ。」

-復讐を終え、心の縛りから開放されたひろしはいつものようにみさえとしんのすけに話しかけていた。
いや、みさえとしんのすけだった存在に・・・
145:2014/07/07(月) 13:37:11.76 ID:K2mAKfes0.net
警官A「野原さん!!何をしているんですか!?」

ひろし「えっ?も、もしかして素人が勝手に動かしたらまずかったですか!?」

警官A「そんな事じゃない・・・!目を覚まして下さい!!」

ひろし「目を覚ます?ひまはまだ治療中ですよ、ちゃんとその内目が覚めますって。な?ひま」

警官B「野原・・・さん・・・貴方・・・」

-ひろしは話しかける。ひまわりだった存在に。ひろしは話しかける。みさえだった存在に。ひろしは話しかける。しんのすけだった存在に。
ひろしは話しかける。『家族の死体』に
148:2014/07/07(月) 13:40:05.34 ID:K2mAKfes0.net
警官A「違う!目を覚まして下さい!!貴方の家族は皆・・・死んでるんです!!」

ひろし「・・・・・は?」

警官A「あなたはずっと・・・家族がひまわりちゃんを看病していると『思い込んで』いたんです!!」

ひろし「・・・・・・はは・・・・そんな・・・」

ひろし「嘘だ・・・・嘘だろ・・・・?なぁ・・・みさえ・・・しんのすけ・・・ひま・・・」

警官A「・・・・・」

ひろし「あ・・・・あ・・・・・・あ・・・・・・・ああああああああ!!」
152:2014/07/07(月) 13:43:32.21 ID:K2mAKfes0.net
-◯年前-

ひろし「ただいまー・・・」

みさえ「おかえりなさい貴方・・・。」

ひろし「へっへへぇ、遅くなったからな、お詫びにしんのすけにアクション仮面大図鑑を・・・
ひまに作り物だけど綺麗なガラス球を買ってきたんだ」

みさえ「貴方・・・・」

ひろし「しんのすけはもう寝ちまったのか?じゃあしんのすけには明日渡すか。」

みさえ「貴方………………!!」

ひろし「ひま、早く治れよ、治ったら家族皆でパーッと海外旅行にでも行こうぜ
親父やお袋、みさえの両親も呼んでな、ほら綺麗なガラス球だぞー?此処に置いとくからな」

みさえ「貴方!!!!!!!!!」

ひろし「なんだよみさえ?しんのすけが起きちまうだろ」

みさえ「目を覚まして・・・・ひまは・・・昨日・・・・!!」
156:2014/07/07(月) 13:47:23.46 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「え・・・・?」

みさえ「昨日・・・息を引き取ったでしょ!!目を覚まして!!!」

ひろし「な、何言ってんだよ・・・?ひまは生きてる!!ほら手を当てたら心臓の音が・・・!!」

みさえ「もうやめて!!貴方!!」グイッ

ひろし「うるせえええええ!!!!離せみさえ!!!」ドンッ

みさえ「・・・・!?」ゴキィッ

-みさえはひろしに全力で押し返された。その時に頭を強く打ってしまった・・・

みさえ「あな・・・た・・・・」ドサッ

ひろし「お、おいみさえ・・・?みさえ!?」
157:2014/07/07(月) 13:48:06.86 ID:HLa4VfFm0.net
ひろしがやったのかよ
161:2014/07/07(月) 13:50:52.55 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「みさえ!!みさえ!!!みさえ!!!!」

しんのすけ「うー・・・とーちゃんうるさいゾ・・・」

ひろし「しんのすけ!!!!来るな!!!!」

しんのすけ「かーちゃん・・・?かーちゃん!!???」

ひろし「違う!!みさえは死んでない!!」

しんのすけ「と、とーちゃんがかーちゃんを・・・・うわぁぁぁ!!!」ダダダ

ひろし「降りてこいしんのすけ!滑って落ちたらあぶねえ!!」

ズルッ

しんのすけ「あ・・・・」

ドサッドサッ・・・ドサッ・・・

ひろし「しんのすけ・・・?しんのすけ!!!!」
166:2014/07/07(月) 13:52:36.91 ID:F4vzDCgT0.net
階段滑りやすすぎワロタ
169:2014/07/07(月) 13:55:15.64 ID:K2mAKfes0.net
ひろし「おい・・・冗談きついぜ、みさえ・・・しんのすけ・・・悪戯にしても限度が・・・」

しんのすけ「・・・・・・」

みさえ「・・・・・・・」

ひろし「はは・・・は・・・はっはははは!!・・・ったく、みさえもしんのすけも仕方がねえなぁ・・・こんな所で『寝ちまい』やがって・・・」

ひろし「よっしゃ!たまには家族全員で寝るか!ひまの部屋にいくぞ!」
172:2014/07/07(月) 13:57:40.62 ID:u0SU0QU0I.net
『滑って落ちたら危ねえ』は何かの呪文なんじゃないかな
174:2014/07/07(月) 13:59:19.76 ID:K2mAKfes0.net
ちゅん・・・ちゅん・・・

ひろし「ん・・・っ!!いい朝だな・・・!ほらみさえ、しんのすけ朝だぞ!!」

みさえ「・・・・」

しんのすけ「・・・・」

ひろし「仕方ねえな、ほら、俺は会社行くからひまわりのこと頼んだぞ、」

-ひろしはみさえとしんのすけをひまわりのベッドの近くに見守らせるように座らせる。

ひろし「しんのすけ、お前も幼稚園は・・・しばらくは好きにしていいぞ、行くか?」

しんのすけ「・・・・・」

ひろし「嫌か・・・まぁ心の整理がついてからで良いな、じゃあ父ちゃんは会社行ってくるから、かーちゃんとひまを頼んだぜ」

-そしてひろしは・・・会社で家族のために・・・働き続けた・・・次の日もまた次の日も・・・
175:2014/07/07(月) 14:00:06.72 ID:SVVzQn+vi.net
壊れたのかひろし
176:2014/07/07(月) 14:01:35.38 ID:nid/N+hp0.net
そりゃあ壊れるよな……
179:2014/07/07(月) 14:03:48.05 ID:K2mAKfes0.net
医者「・・・ひろしさんは重度の精神の病にかかっています。回復の目処は今の所・・・」

銀の助「そうですか・・・わかりました。しばらく息子と家内の3人にして下さい」

医者「はい・・・」


銀の助「ひろしぃ・・・辛かったろうなぁ・・・でももう心配いらねえ・・・ここにはオラとかーちゃんが居っからな・・・」

ひろし「ひま・・・・・・しんのすけ・・・・みさえ・・・・・」
183:2014/07/07(月) 14:07:13.22 ID:K2mAKfes0.net
-コンコン

ひろし「はい」

しんのすけ「とーちゃーん!!」

ひろし「おお、しんのすけ!!とーちゃんが心配で来たのか!?」

しんのすけ「感謝するんだゾ、それよりとーちゃん・・・」

ひろし「ん?」

しんのすけ「ここの病院のナースのオネエさん・・・いいですなぁ~」にへら

ひろし「だよなぁ~?」にへら

みさえ「何を考えてんのよオラァオラァオラァ!!」ぐりぐり

しんのすけ&ひろし「う、うぉぉぉぉぉぉ・・・・」

みさえ「全く・・・今日は重大なニュースがあって来たのよ」

ひろし「ニュース?」
187:2014/07/07(月) 14:11:08.39 ID:K2mAKfes0.net
みさえ「ふふ・・・ひまが目を覚ましたのよ」

ひろし「・・・・本当か!?」

しんのすけ「とーちゃんのガラス球見ていつもみたいに笑ってたゾ!!」

ひろし「そうか!そうか・・・っ!!うっ・・・うううううう・・・・」

みさえ「ほら貴方、行きましょ?今度こそ家族皆一緒よ」

しんのすけ「シロも顔を長くして待ってるゾ!!」

ひろし「それを言うなら・・・」

みさえ「首を長くよ」

しんのすけ「そうともゆ~」

ひろし・みさえ「はははははは!!!」

ひろし「さ、行くか!」

みさえ「ええ」

しんのすけ「うん!」
188:2014/07/07(月) 14:12:41.79 ID:uxS3duVti.net
あっ
190:2014/07/07(月) 14:14:31.35 ID:K2mAKfes0.net
ピッ・・・ピッ・・・ピー・・・・・

医者「◯月☓日△時□分・・・ご臨終です」

銀の助「・・・ひろし、ゆっくり休むんだぞ・・・」

ばーちゃん「ひろし・・・笑ってるだな・・・」

銀の助「良い夢見れて逝けたんだな・・・ひろし・・・オラとかーちゃんももうすぐ行くと思うから・・・
その時はみさえさんとしんのすけ、ひまちゃんと一緒に出迎えてくれ・・・」




ひろし「ひま!!」

ひまわり「たーい!!」

END
192:2014/07/07(月) 14:15:46.63 ID:c2DlaDBA0.net
196:2014/07/07(月) 14:16:24.58 ID:LYLIQ3ZR0.net
くれしん系は大体こんな感じになっちゃうんだよな 好きだけど
201:2014/07/07(月) 14:17:46.09 ID:PMxR666O0.net
うわあぁぁ!!!!!乙
206:2014/07/07(月) 14:29:04.01 ID:oReRbZ+a0.net
死んだら家族が出迎えてくれるって幸せなのか複雑だ
210:2014/07/07(月) 14:37:24.03 ID:oxh0xoI40.net
野原家の階段が恐ろしいという話だった
ひろし「ひま、カタキは父ちゃんが討ってやるからな」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1404700732