1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 12:57:48 ID:mKIhMkFw

男「あー寒っ。なんでこんな日に入試があるんだよ。もっと暖かい時期にやってくれ」

男「手がかじかんでマークしにくいったらありゃしない」

男「しかし今日は全くと言っていいほどできなかったな。明日に切り替えよう」

男「...おっ、あそこに雪だるまが作られてる。中々クオリティ高いな」

雪だるま「...」

男「懐かしいなあ。俺も昔はよく作ったもんだ」

男「寒い中元気にはしゃいでたあの頃に戻りてぇ...」

男「ん?こいつ目にまつげらしきものが生えてる。ってことは女の子なのかな」

雪だるま「...」

男「まあどっちでもいいんだけどさ。女の子だとしたら頭むき出しってのは可哀想だろ。バケツぐらい被せとけよな」

男「んー、しゃあねえ。俺のニット帽でも被せとくか。明日取りに来れば大丈夫だろ」

雪だるま「...!」

男「これで良しっと。それじゃ、またな」

雪だるま「...」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 12:59:46 ID:mKIhMkFw

翌日

男「あー、今日も出来た気がしねぇ...私立すら受からなかったらマジで浪人じゃん...洒落にならん」

男「心も身体も寒い。さっさと家に帰って寝よう」

男「あれ?なんか忘れてるような」

男「あ、そうだニット帽取りに行かんと。すっかり忘れてた」

男「確かこの先右に曲がったところだったよな。雪だるまの場所」

男「取られてないといいんだけど。あれ結構高かったし」

男「...あれ...ない...?というか雪だるまもないじゃん...」

男「もしかして帽子盗って証拠隠滅のために消された...?」

男「うわ...最悪じゃん...」

男「はぁ、帰ろ...」トボトボ

少女「...」テクテク

男(あれ...?今すれ違った子の帽子って...)

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:02:26 ID:mKIhMkFw

男「ねぇ」

少女「なに?」

男「その帽子と同じような帽子見なかったかな?」

男(というかあれ俺のだよな。明らかサイズでかいし)

少女「...貰った」

男「貰った?」

少女「この帽子」

男「誰から?」

少女「...」ジー

男「?」

少女「貰った」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:03:14 ID:mKIhMkFw

男「そ、そうか。まあいいや。僕これと同じような帽子なくしちゃってね。見つけたら教えてくれないかな?」

少女「分かった」

男「それじゃ」

少女「また明日」

男「おう」

男(明日...?)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:04:35 ID:mKIhMkFw

翌日

男「今日でこの大学の入試は終わり。後は国公立一本勝負だ」

男「正直私立の勝ち目は五分もないだろうな。国公立にかけるしかないか...」

男「あー浪人したくないなー。この際何処でもいいから大学生になりてー」

少女「ねえ」ツンツン

男「うわっ!びっくりした!」

男「あぁ、昨日の君か。そういや昨日もこの辺で会ったね。どうかしたの?」

少女「遊ぼ」

男「遊ぶ...?...俺と...?」

少女「...」コクリ

男「うーん...確かに後は帰るだけだけど...何かしたいの?」

少女「雪だるま」

男「雪だるま作りたいの?まあそれぐらいなら...」

少女「...!」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:05:53 ID:mKIhMkFw

男「じゃあ僕は下半身を作るから君は上半身を作ってくれないかな」

少女「分かった」

男「よし、胴体はこれで完成。後は木の枝で手を作ってっと」

男「完成!中々上手く作れたね」

少女「...弟」

男「弟?この雪だるまが」

少女「...」コクリ

男(姉弟が欲しいのかな...?)

少女「ありがとう」

男「いやいや、どうい致しまして。それじゃ僕はこれで帰るね」

少女「また明日」

男「明日はここに来れないかなー。また暫く家にこもって勉強漬けさ」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:06:37 ID:mKIhMkFw

少女「勉強?」

男「そう、僕は受験生だからね。君もいずれ経験するだろうけど辛いぞー」

少女「そう...」

男「だからね、すまないがここには当分来れないんだ」

少女「待ってる」

男「...え?」

少女「弟と、ここで」

男「...そうか。分かった。また必ずここに戻って来るよ」

少女「ありがとう」

男「それじゃまた今度」

少女「ばいばい」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:07:41 ID:mKIhMkFw

数週間後

男「終わった...いろんな意味で...」

男「センターコケてるのにこれじゃ厳しい...気がする...」

男「私立は全落ち...詰んだな...」

男「あぁー、浪人か。まあ仕方ないか。やれることはやったさ」

男「宅浪にしよう...予備校に行く金もないし」

男「あー、悔しい!やりきれない...」

男「...」グスッ

男「そうだ...あの子に会わないと...」

男「多分いないだろうけど...」

男「行こう!」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:08:35 ID:mKIhMkFw

男(確かこの辺りだったはず...)

男「いた!」

少女「待ってた」

男「久しぶりだね。待っててくれてありがとう」

少女「弟が」

男「もう二月も終わりだからね。仕方ないさ」

少女「そう」

男「君大丈夫?明らかに体調悪そうだけど」

少女「平気、問題ない」

男「そう、それならいいんだけど」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:09:26 ID:mKIhMkFw

少女「ねえ」

男「なんだい?」

少女「手、握って」

男「手を?べつにいいけど...って冷たっ!本当に大丈夫?」

少女「平気、これでもう大丈夫」

男「そうか、でも今日は早く帰って寝た方がいいよ。無理はしちゃいけない」

少女「分かった。ありがとう」

少女「それじゃ、またいつか」

男「うん、またね」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:10:54 ID:mKIhMkFw

数週間後

男(合格通知来てるかな、ポスト見に行こう...)

男「あれ、ポストにニット帽がかかってる」

男「これ俺のだ。でもなんでこんなところに?」

男「ってそんなことより合格通知だ」

男「うわっ!なんだこれ!ポストの中が雪まみれだ!」

男「あった。合格通知だ」

男「...」ペリッ

男「!!!」

男「受かってる...だと...?」

男「やったーー!!!第一志望通った!!!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:12:00 ID:mKIhMkFw

男「信じられない...けど信じていいんだよな...」

男「あれ?もう一枚紙がある。なんだこれびしょびしょだ」

男(女の子の字かな?ありがとうって...)

男(もしかして...)

男(これで大丈夫ってそういうことだったのか...)

男「....」

男「ありがとう」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:13:07 ID:mKIhMkFw
以上です。まだ時期的に少し早いですが受験生の方々は頑張ってください
ありがとうございました

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 13:51:32 ID:X.OWZdgk
やったぜ。

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/18(月) 19:38:16 ID:0tgX07qM
なかなか良かった

引用元: 雪だるま女