1:2014/12/22(月) 21:19:40.04 ID:vNR14TmJ0.net
幼女「わたしはほんのうじをぶっこわす!」

信長「あああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」

信長「やだああああああああああああああ炎おおおやだあああああああああああああ!!」

幼女「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

信長は叫ぶ「誰か私を助けて!小姓助けて!」

小姓は言う「無理です!」

信長「ぐはっ」

信長、他界

そして、そのころ遠くにいた秀吉と家康が暗黒の心に目覚めた

秀吉と家康「ついにこの私の時代がやってくるのだ・・・・」


そして、戦国時代はここからラストバトルを開始する。
2:2014/12/22(月) 21:20:33.96 ID:/A725rwA0.net
信長ワロタ
3:2014/12/22(月) 21:20:45.63 ID:vNR14TmJ0.net
3年後

秀吉「よろしいよろしい…あと5年で天下統一かな…?」

???「それは無理だ」

秀吉「誰だ!!!」

スチュワート「私はドクタースチュワート。貴様の野望を阻止するために未来から来た。死ぬ準備はいいか?」

スチュワート「分身の芸術…」

スチュワートがなんと100体、いや1000体ぐらいに分身しました

猿「"まあデアにわたって翻弄!"」
4:2014/12/22(月) 21:22:48.46 ID:vNR14TmJ0.net
秀吉「馬鹿め…サムライに忍術など通用しない、氏ね」

スチュワート「お前が氏ね」ザシュ

猿「ouuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuch」

猿、他界

数分の沈黙

スチュワート「最強のサムライ…天下統一が出来ずにここで死す」ボソッ

???「最強のサムライが死亡した?笑わせるなあああああああああああ!!!」

スチュワート「誰です!?」

徳川家康「徳川家康!近いうちに天下統一をする男、そして真の最強のサムライだ!」ドン
5:2014/12/22(月) 21:24:33.43 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「貴様が真の最強サムライだったか…ならばいかしてはおかん!!」

徳川家康「よろしい決闘成立だ!!来い!忍者殺しスタジアムで正々堂々と!」

二人はそこに移動されました

スチュワート「ここがニンジャ殺しスタジアムかあああああああ!!!!!!」

徳川家康「そうだ!!ここでは忍術は使えん!!」

徳川家康「無限時空斬!!不意打ちで忍者を成敗!!」

スチュワート「アサルトライフル!!!!!!!!!!!」バンバンバンバン

徳川家康「ぬわああああああああああああああああ」

家康、他界
6:2014/12/22(月) 21:25:52.41 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「これで未来が変わる…ジョディ…ファルコン…ガゼル…ジェームズ…フォックス…私は役目を果たした…」

タイムマシン「ブルルルルルルルルル!!!」

スチュワート「ん?なんだこんな時間に、いたずら電話か?」

未来人「オレは未来人!!、運命が変わって、世界は救われたが、私の家族が死んだ!!いまから過去にタイムトラベルして貴様を始末させてもらうぜ!!!」

スチュワート「なんてこった!!多くの人が救われたが、その中で絶望の下落をした運命になった人間もいた!!」
7:2014/12/22(月) 21:28:59.68 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「ウオー!!遥か過去に逃げねーと!!!」

スチュワートはジュラ紀にタイムトラベルした

スチュワート「これが、ジュラ紀…まるで博物館の中にいるような気分だ…」

恐竜「おはよう」

スチュワート「うわあああああああああああああああ」
8:2014/12/22(月) 21:30:19.13 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「ううううううううううううう!!!余りの恐怖に漏らしてしまった!!」

スチュワート「だが、恐竜など、このアサルトライフルの敵ではない!!氏ね!」バンバン

恐竜「アサルトライフルごときで恐竜が死ぬかああああああああ!!!!!!!」ドカーン

スチュワート「ぎゃああああああああああああああ地殻!!!!!!!」

恐竜「未来には、未来の最強の武器があり、太古には太古の最強の技があった!!お前は未来の技術で過去に絶対に勝てると過信していたのだ!!」

恐竜「あえて言おう!!お前はジュラ紀の重傷さを知らない、小さな池の大きな魚だった!!」正論
9:2014/12/22(月) 21:31:32.26 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「その言葉は…私を完全に論破した…もう思い残すことは無い、頃せ…」

スチュワートはこのとき死を覚悟しました。しかし、このときの恐竜の目はあまりにも優しかった

恐竜「生きろ…守るべき人間がいるのだろう?」

スチュワート「はっ!!」
恐竜「私はジュラ紀最強の奥義をあなたに伝授することに決めた!!この技は最低の未来を粉砕するぞ!!」

スチュワート「本当ですか!!ありがとうありがとう!!恐竜大好き!!」

恐竜「ははは、まあまあ落ち着いて」

恐竜「私が貴方に教える奥義、その名も『永遠の未来を破壊する闇の波動』」
10:2014/12/22(月) 21:32:53.60 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「どうやったら使えるようになりますか!!」

恐竜「私がみっちり叩きこんでやる。20年…最低でもそれぐらいはかかるがな!!」

20年過ぎました

恐竜「完全習得です!!おめでとうドクタースチュワート!!大好き!!」

スチュワート「やったー!!!さっそく未来人を始末しに行きます!!!」

スチュワートは再び未来へ向かいました

未来人A「おうスチュワート!!自ら姿を現すたあいい度胸じゃねーか!!」

未来人B「オレのアサルトライフルを喰らいな!!!」バンバンバン
11:2014/12/22(月) 21:34:45.27 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワート「アサルトライフルはヤバい!…はっ!?なにこれ弾が超スローに見えるんだけど!!」ギュイイイイイン

スチュワート「やべえ今の俺!!風よりも…!風よりも…速いじゃん!!」しばしばしばしばしば

未来人B「避けるなあああ!!弾が勿体ねえええ!!!」

スチュワート「弾切れっすか!?今度は私の番ですよ!ジュラ紀奥義『永遠の未来を破壊する闇の波動』!」ぼーん

これは死だッ…!!!今この空間に…死が渦巻いているッ!!!次へ次へと死の波動が未来人を包んでゆく!!!

わかりやすく言えば、このドクタースチュワートの勝利は今確定した…ッ!!
13:2014/12/22(月) 21:36:27.76 ID:vNR14TmJ0.net
わかりやすく言えば、このドクタースチュワートの勝利は今確定した…ッ!!

最後の未来人「へるぷみー!!ゆるしてくださーーーーい!!!!」

スチュワート「貴様を始末することに、一切の動揺無し!!」

最後の未来人「地殻クラスト!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

未来人は絶滅した

ついでに未来の地球は爆発した
14:2014/12/22(月) 21:37:24.46 ID:oeLMoPYh0.net
幼女どこいったん
15:2014/12/22(月) 21:37:58.52 ID:vNR14TmJ0.net
スチュワートは、全てを恐竜に報告するためにジュラ紀に戻りました

スチュワート「恐竜さん!!私は未来人たちを倒すことが出来ました!!!」

恐竜「よくやったぞスチュワート君!!あなたは、私の最高の弟子だ!!大好き!!」

スチュワート「私は大嫌い!!不意打ちで『永遠の未来を破壊する闇の波動』!!!!!」ぼーん

恐竜「モデルウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーッッッ!!!!地殻の地殻の地殻と地殻地殻と
地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地
殻と地殻と地殻と地殻と地殻と地殻の地殻の地殻と地殻クラスト!!!!!!!!!!!!!」
16:2014/12/22(月) 21:39:04.98 ID:vNR14TmJ0.net
恐竜絶滅の原因は隕石ではなくドクタースチュワートでした

スチュワート「さて、帰って寝るか」




まとめ。
心臓の中に眠る暗黒渦巻く静かに眠る邪悪は、どんな人間にも見えはしない。
あなたが本当に素晴らしいと思っている人間が、心の中であなたを裏切っているのかも本人にしか分かりません。
他人を信頼することなど、やめるべきだ!!
騙される側の人間ではなく、騙す側人間になるのがベストなのさ
それが、人間の本当の姿なのだから…


おしまい
17:2014/12/22(月) 21:41:36.47 ID:72JpT13AM.net
面白かった。乙
19:2014/12/22(月) 21:52:39.81 ID:QUNw6HAy0.net
俺の頭の程度が低すぎて理解できなかったわ
幼女「てきはほんのうじにありっ!」信長「ぎゃああああああ!!」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1419250780