1:2015/02/19(木) 14:14:05.66 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「さぁ、いつか俺に向いた仕事が見つかるまで続けるんじゃないのか?」

おじゃる「…ケンよ、お主は今何歳じゃ?」

ケン「25だが」

おじゃる「おぅふwwwwww」
5:2015/02/19(木) 14:15:46.01 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「ちなみに正社員としては何年働いたのでおじゃるか?」

ケン「いや、俺はずっとさすらいのフリーターをしていたが」

おじゃる「ぶふっwwww無職25でまだ、どこか雇ってくれると本気で思っているのかのぉwwwww」

ケン「…何が言いたい、まったり屋」

おじゃる「ケンよ、言いにくいのだがお主はもう終わりじゃ」

ケン「なんだと!?」
8:2015/02/19(木) 14:17:20.08 ID:ZoXJglrn0.net
懐かしいわ
10:2015/02/19(木) 14:18:00.84 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「25まではまだなんとかなったかもしれんが」

おじゃる「25になるとほとんどの企業は中途採用になるのじゃ」

ケン「それがなんだって言うんだ?」

おじゃる「中途採用というのはな、スキルや経験のある連中を積極的に採用するのじゃ」

おじゃる「お主のような、フラフラで社会人経験のない石ころなんてどこも採用しないでおじゃるな」
11:2015/02/19(木) 14:23:31.48 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「いや…わからないぜ、俺の400を超えるバイトの経験をどこか買ってくるかもしれないぜ」

おじゃる「無理でおじゃるな、バイトは所詮バイト、企業は評価してくれんのじゃ」

ケン「…そうなのか!?」

おじゃる「うむ、今の日本ではバイト経験を評価するのは新卒の就職活動くらいじゃ」

おじゃる「バイトは所詮、誰でもできる単純作業でおじゃるからな」

おじゃる「お主が数年間同じバイトをしていたなら話は別なのじゃが……」

ケン「……」
13:2015/02/19(木) 14:28:17.80 ID:wogjIYP8M.net
いざとなったらあの喫茶店が雇ってくれそう
14:2015/02/19(木) 14:29:34.26 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「しかもお主、資格も持っていないのじゃろ?」

ケン「あ、あぁ…」

おじゃる「ハァ…お主は今まで何をしてきたのでおじゃるか?」

ケン「…も、もういいだろ!!俺は将来フリーターだ!別にこんな生き方でも悪くないだろ!!」

おじゃる「30までなら悪くはないかもしれんのぉ」

ケン「30まで…?」
17:2015/02/19(木) 14:33:43.05 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「うむ、30までならバイトも派遣もスムーズに採用されるでおじゃる」

おじゃる「じゃが、30を超えるとバイトも派遣も採用を渋るのじゃ」

ケン「ど、どうして……?」

おじゃる「さっきも言った通りバイトは所詮誰でもできる単純作業じゃ」

おじゃる「年齢を重ねるごとに作業効率も仕事を覚える速度も落ちる」

おじゃる「だったら、まだ体力もあり仕事を覚えるのが早い20代を採用するのじゃ」

おじゃる「バイトの仕事など、誰がやってもありがたみは変わらない仕事じゃからのぉ……」
20:2015/02/19(木) 14:42:51.95 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「今はマリーのお情けで安い住処があるが、マリーが死んだらどうするのじゃ?」

おじゃる「考えてみるでおじゃる。無職30住所無しのフリーターの自分の姿を」

おじゃる「誰が見ても絶望的な状況でおじゃる」

ケン「……」
21:2015/02/19(木) 14:43:46.19 ID:0rF7JPGld.net
フリーターのケンさん25だったのか
25:2015/02/19(木) 14:50:11.74 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「まったく、NHKもこんなクズを登場人物にさせて何を教育したいのかのぉ……」

ケン「…お前はどうなんだよ…まったり屋……」

おじゃる「おぅふwwwwまろは生まれながらして貴族でおじゃるwwwwお主とは血統の時点で違うのじゃwwwwww」

ケン「…だけど、いつか必ず良い仕事に巡り合えるはず…」

おじゃる「仕方ないのぉ…できればこのような方法はしたくなかったのでおじゃるが」

ケン「うおっ!…烏帽子に吸い込まれる!」
26:2015/02/19(木) 14:52:11.97 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「こ、ここは……」

あいちゃん「カズマ!就職おめでとー!!」

カズマ「ありがとう!」

ケン「カズマ…?もしかして、ここは未来の世界なのか?」
28:2015/02/19(木) 14:54:45.00 ID:2GkPYFxi0.net
マコトさん「だけどよかったよ、カズマがちゃんと就職できて」

あいちゃん「えぇ、小学生の頃はケンさんみたいなフリーターになりたい!!って言って心配していたのよ」

カズマ「ちょ!やめてよwwwwそんな昔話、今でも思い出したくない事なんだからwwwww」

カズマ「今のケンさん見ていたら、ケンさんみたいになるなんて言った昔の自分を殴りたいって思うよwwwwww」

ケン「」
29:2015/02/19(木) 14:58:12.59 ID:6F+niAOJa.net
笑すぎだろ
32:2015/02/19(木) 15:01:52.81 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「他の連中はどうなんだ…?」

ケン(うっ…光が……)

金太郎「ふぅ…」

ケン「金太郎か…相変わらずだな」

ケン「そういや、こいつは何してんだろうな」
34:2015/02/19(木) 15:03:16.14 ID:t3Wxg2SNp.net
金ちゃんは一生の勝ち組だろうな
35:2015/02/19(木) 15:04:21.14 ID:2GkPYFxi0.net
金パパ「金ちゃん、この前の話どうするんだい?」

金太郎「この前?あぁ、フリーターのケンさんの話?」

ケン(なんのことだ?)

金パパ「うん、どうするの部屋貸すの?」

金太郎「貸すわけないですー金がない奴に部屋貸すほど僕もお人よしじゃないですー」
37:2015/02/19(木) 15:08:39.67 ID:2GkPYFxi0.net
ケン(え?)

金パパ「そうだよね、家賃も払えないようなクズに貸す部屋なんてないよね」

金太郎「そういえば、カズマ君は就職に成功したみたいですね」

金パパ「そうなんだ、金ちゃんはどうするんだい?」

金太郎「僕はパパのマンション管理の仕事を引き継ぐですー」

金パパ「そうかい、じゃあ今度名義人でも変更しようかな」

金太郎「わーいですー」

ケン「」
39:2015/02/19(木) 15:11:27.84 ID:2GkPYFxi0.net
ケン(…あいつ、働かないで金稼ぐつもりなのか……)

ケン(……そんな生き方楽しいのかよ……)

ケン(そういえば、俺は家を追い出されたのか?マリーさんは!?)

ケン(う…光が……)
41:2015/02/19(木) 15:19:10.54 ID:2GkPYFxi0.net
マリー「ですから…」

ケン「マリーさん…良かった……」

マリー「もうみなさん、独立して出てしまったので…あなた一人だけを住まわすのも……」

マリー「私ももう年で施設に行くためにどうしてもお金が必要なんです」

ケン「誰と話しているんだ?」
42:2015/02/19(木) 15:22:08.55 ID:2GkPYFxi0.net
マリー「ケンさん…わかってください…」

ケン「俺?」

マリー「あの屋敷を売れば、施設に行けるお金ができるんです」

マリー「あなたも辛いとは思うのですが、私ももう限界なんです……」

ケン「」

マリー「…私を頼るよりご両親に頼ってください……」

マリー「……ありがとうございます、お元気で……」
45:2015/02/19(木) 15:24:23.31 ID:t3Wxg2SNp.net
悲惨すぎる
46:2015/02/19(木) 15:29:18.97 ID:fsocdVezK.net
もう登場人物覚えてねぇよ
47:2015/02/19(木) 15:29:52.88 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「っ!光が……」

乙女先生「もうあなたったら……」

「ホラー漫画の金字塔うすいさちよ最新作!!」

館長さん「そうですね、最近だと冬の方のお化け屋敷も盛況で…」

カンブツさん「毎度ごひいきにありがとうございます」

小町ちゃん「今日はどれくらいの長さにしますか?なるほど、では前髪は……」

川上さん「遅刻遅刻ー」

ケン「…みんな、頑張って働いているんだな……」
48:2015/02/19(木) 15:32:10.10 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「うっ!光が」

ケン「あれは…俺か?」

面接官「ケンさん…ごめんなさい、張り紙見たでしょ?」

面接官「募集は30歳までなんですよ……」

面接官「知りませんよ、とにかく今回はなかったって事で……」

ケン「」
51:2015/02/19(木) 15:34:56.34 ID:2GkPYFxi0.net
面接官「職歴は…バイトですか…それだけですか?」

面接官「400を超えるバイト…ではそれで得たものを教えてください」

面接官「この履歴書の空白について説明してください」

面接官「申し訳ありませんが、この経歴では……」

ケン「……」
52:2015/02/19(木) 15:37:20.05 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「今日も野宿か……」

ケン「貯金も底をついて仕事も見つからない」

ケン「……こんなはずじゃなかったんだけどな」

ケン「ハァ…」
53:2015/02/19(木) 15:39:13.28 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「は!」

おじゃる「どうじゃったかのぉ、未来の自分と周りの姿は」

ケン「」

おじゃる「お主はいつか自分に合う仕事が見つかり結婚して幸せの日常が来ると思っていたのかのぉ?」

おじゃる「じゃが、現実は違うのでおじゃる」
54:2015/02/19(木) 15:41:53.78 ID:HdlVHYona.net
やめろ!



やめてくれ・・・
56:2015/02/19(木) 15:42:09.49 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「確かにフリーターは気ままに自由な生活じゃが」

おじゃる「それは未来の自由を今に前借しているだけにすぎんのじゃ」

おじゃる「しかもその前借の利子は気が付くと膨大でもう返せないほどになっているのじゃ」

おじゃる「金ちゃんやまろみたいに生まれながら特別じゃない人間はしっかりと働いて未来の自由を築くのが堅実じゃないのかのぉ」
57:2015/02/19(木) 15:45:57.56 ID:dSUOHd7F0.net
オレの境遇と重なるんだが
58:2015/02/19(木) 15:47:45.00 ID:e9Cz2WpI0.net
いや一番絶望的なのはおじゃる丸だろ
61:2015/02/19(木) 15:53:08.42 ID:2GkPYFxi0.net
ケン「まったり屋…俺はどうすれば……」

おじゃる「そんなのわからんでおじゃるな」

ケン「そんな無責任な事が…」

おじゃる「実際そうなんじゃ、お主はまだ世間や周りがなんとかしてくれると思っておるかもしれんが」

おじゃる「それは大きな間違いじゃ、世間や周りは思っている以上に冷たい物じゃ」

おじゃる「それはさっき十分見てきたはずじゃろ?」

ケン「あ」
64:2015/02/19(木) 15:58:27.32 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「まろが言える事は自分はどうしたらいいのか?って考えより」

おじゃる「自分はこうするべきだって考えに切り替える事が最も重要じゃないのかのぉ」

ケン「……」

アカネ「やい!おじゃる丸!」

アオベエ「今日こそ閻魔大王さまの勺を返すでゴンス」

キスケ「ピィッ!」
66:2015/02/19(木) 15:59:33.39 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「たとえばこの子鬼たちのように」

アカネ「は?」

アオベエ「なんの事でゴンス?」
68:2015/02/19(木) 16:03:53.02 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「子鬼たちは自らの意志で閻魔に使えておる」

おじゃる「それは、なんにでもない自分の将来のためでおじゃる」

アカネ「なんだい、急に?」

おじゃる「お主ら、なぜまろの勺を狙う?」

キスケ「何故って…閻魔様が取り返せって言ったからッピ!」
70:2015/02/19(木) 16:25:15.29 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「じゃあもし勺を取り返した後はどうでおじゃる?」

アオベエ「どうって…それは…閻魔様に評価されて、将来は閻魔様の側近になれるかもしれんでゴンスな」

おじゃる「側近になれたらどうなるでおじゃる?」

キスケ「それは…多分美味しい物とか食べ放題だっぴ!!」

アカネ「あとは…素敵な人と結婚できるとか」

アオベエ「ワシはたくさんの手下を持ちたいでゴンス!!」

おじゃる「ケン…お主の負けじゃな。子供じゃが将来の事を見据えてしっかりとやるべき事を理解しておる」

ケン「……」

アカネ「なんか、今日のおじゃる丸気味が悪いよ」

アオベエ「今日の所は引き上げるでゴンス」

キスケ「ピィッ!」

田ボ「あっぱれおじゃる様!ケン様に将来を投げつけて見事子鬼たちを追い払われました!!」

おじゃる「なんじゃ、田ボおったのか」
71:2015/02/19(木) 16:31:41.20 ID:24wBXpT9M.net
人生って想像よりも不自由なんだな……
73:2015/02/19(木) 16:35:01.03 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「ケンよ…フリーターは確かにニートよりマシじゃ」

おじゃる「じゃがのぉ、それで安心してはダメじゃ」

おじゃる「この資本主義経済の日本においてフリーターはいつか限界が見えるのじゃ」

ケン「……」

おじゃる「どうした勺?」

おじゃる「ふむふむ」
74:2015/02/19(木) 16:41:45.36 ID:2GkPYFxi0.net
おじゃる「やれやれ、ケンよ…お主も理解しておったのじゃな」

ケン「っ!」

おじゃる「じゃが、それを認めたくなくて気づかないフリをしていたのじゃな」

おじゃる「……お主の人生じゃ、好きにしたらいいでおじゃる」

おじゃる「じゃがのぉ、人生のツケは自己破産できないのじゃ、それだけは弁えるのじゃな」
75:2015/02/19(木) 16:42:38.29 ID:K7VXPIbAp.net
フリーターじゃないのになんか胸が痛い
76:2015/02/19(木) 16:47:18.18 ID:2GkPYFxi0.net
新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。
といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。
連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、
「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。
それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。

特にこの都道府県SSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。
投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。

全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。
少なくとも、一夜投下する度に10~20件くらいのレスは付いてほしいです。
この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。

連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
77:2015/02/19(木) 16:47:59.65 ID:2GkPYFxi0.net
で、無視……と。

このスレで連載する必要はもうなさそうですね。
以後はmixiとサイトだけでやっていきます。
79:2015/02/19(木) 16:51:35.44 ID:3rbGS2lh0.net
全然まったりしてない
80:2015/02/19(木) 16:52:03.56 ID:/cc04m5F0.net
10分くらい待ったらどうだよ
81:2015/02/19(木) 16:56:01.79 ID:LR8oUnuf0.net
おじゃるまる懐かしい
mixiも懐かしい
83:2015/02/19(木) 17:04:44.00 ID:xvfL0DfRa.net
そのコピペで締めんなwwww
85:2015/02/19(木) 17:14:19.32 ID:4+ockaAD0.net
40秒しか猶予がなくてワロタ
84:2015/02/19(木) 17:14:10.04 ID:wRDDUckLd.net
おじゃる「ケンよ…お主はいつまでフリーターでいるのかのお?」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424322845