1:2015/04/24(金) 14:48:33.253 ID:ea7XlMK90.net
女「お前ら君、席隣りだね! よろしく」

お前ら「…………」

女「お前ら君?」

お前ら「…………」ビクッ

女「よろしくね!」ニコッ

お前ら「ア、オ……」プイッ

女(青……?)
2:2015/04/24(金) 14:49:45.048 ID:aCgN1dk+0.net
こんなに話しかけてくれる女は居ない
3:2015/04/24(金) 14:50:01.349 ID:sfwR4gSH0.net
アッアッオーウwwww
5:2015/04/24(金) 14:51:02.921 ID:FIAWR/aX0.net
その子世話係になってしまったのか
8:2015/04/24(金) 14:52:05.015 ID:ea7XlMK90.net
女「お前ら君おはよう!」ニコッ

お前ら「オ、オ……」

女「お前ら君ってずっと授業中絵描いてるよね? 見せてよ!」

お前ら「オ、オ……」プイッ

女「むぅ……」

女「あれ? お前ら君数学の教科書は?」

お前ら「……!」

女「あははっ忘れちゃったんだ! 三組は五限だから、友達に借りときなよ」

お前ら「…………」
14:2015/04/24(金) 14:55:24.662 ID:ea7XlMK90.net
先生「では50Pを開け!」

女(あれ? お前ら君教科書持ってない……)

女「お前らくん? 教科書どうしたの?」コソコソ

お前ら「…………」

女「お前らくんってば!」

女「借りるの忘れちゃったんだ……もー」

お前ら「…………」

女「あの、見せて上げよっか?」

お前ら「…………」プイッ

女「…………」
15:2015/04/24(金) 14:55:25.981 ID:QZNC+Bed0.net
この女は菩薩か何かか
19:2015/04/24(金) 14:57:22.799 ID:FIAWR/aX0.net
プイで笑ってしまう
24:2015/04/24(金) 14:59:00.402 ID:ea7XlMK90.net
先生「ではここからここの問い、この列の人に前に出てきて解いてもらう」

お前ら「……!」

女「お、お前らくん、教科書……」

お前ら「……………」

女「はい、どうぞ」クスッ

お前ら「ア、ア、アリ……ト」

女「どういたしまして」ニコッ
29:2015/04/24(金) 15:00:06.364 ID:JtNONx9ed.net
お前ら君wwwwwwwwww
38:2015/04/24(金) 15:05:49.257 ID:ea7XlMK90.net
女「ねーお前ら君ってさ、ケータイ持ってる?」

お前ら「…………」

お前ら「……ア」フリフリ

女「え、で、でもこの前持ってなかったけ。あ、私の勘違いだったらごめんね」

お前ら「…………」

お前ら「……レタ」

女「そっか、忘れちゃったんだ! 学校間電源落しとかなきゃ没収だし、あんまり持ってくる意味もないもんね!」

女「今度さ、アドレス交換しようよ!」

お前ら「…………」
39:2015/04/24(金) 15:06:21.166 ID:nAKpEe0A0.net
ちょっと急展開過ぎやしないか
41:2015/04/24(金) 15:07:08.513 ID:dY5KDjJe0.net
アッアッオーウwwwwwwwwwwwww
42:2015/04/24(金) 15:08:04.042 ID:/ExOXYz20.net
ここまでひどくはない…はず
50:2015/04/24(金) 15:11:26.469 ID:ea7XlMK90.net
友「そんで俺のクラスにさ、山田いるじゃん? あの、不良入ってる奴。あいつがそこで……」

お前ら(なんであの子、急にメールアドレスなんか訊いてきたんだろ……)

友「どうしたお前ら?」

お前ら「べ、別に……」

友「なんかぼーっとしちまって。お、好きな人でもできたか」

お前ら「そ、そんなこと、ない……」

友「へー、どうだか」

お前ら「…………」
51:2015/04/24(金) 15:12:00.784 ID:rz7hLzqS.net
先生に頼まれたからやってるだけなのにお前ら何勘違いしてんの?
60:2015/04/24(金) 15:14:52.062 ID:ea7XlMK90.net
女「ねーお前ら君っ! ケータイ……」

お前ら「…………」プイッ

女「……そ、そっか、忘れちゃったんだね」

お前ら「…………」コクッ

女「…………」

女(私、嫌われてるのかなぁ……)
68:2015/04/24(金) 15:21:17.912 ID:ea7XlMK90.net
先生2「では、始めますよ! はい、席ついて!」

女「あ、今日国語教科書入れるの忘れちゃってた」

お前ら「…………」

女「ごめんお前ら君、授業中ちょっと見せてもらっていいかな?」

お前ら「…………」

女「お前ら君?」

お前ら「…………」スーッスーッ

女「な、なんだ寝ちゃってるんだ……」

お前ら(…………)
70:2015/04/24(金) 15:24:15.604 ID:ea7XlMK90.net
先生2「はい、じゃあ読んでもらえますか?」

女「すいません、今日、忘れちゃって……」

先生2「はあ……仕方ありませんね」

お前ら「…………」

女「次から、気を付けます」チラッ

お前ら「……!」ビクッ

お前ら「…………」スーッスーッ
71:2015/04/24(金) 15:26:35.258 ID:Lapf3fVmp.net
お前ら最低
73:2015/04/24(金) 15:29:38.609 ID:ea7XlMK90.net
女「先生大丈夫かな……急に自習になっちゃうなんて」

お前ら「…………」

女「お前ら君、それ何の絵なの?」

お前ら「……」ビクッ

お前ら「…………」バタンッ

女「ご、ごめんね、急に横から見ちゃって」

お前ら「…………」
76:2015/04/24(金) 15:36:47.882 ID:ea7XlMK90.net
女「お前ら君って、動物何か飼ってる?」

お前ら「…………」クビフリ

女「そーなんだ。私ね、小学校の頃から飼ってる犬がいるんだ。マロンっていうの。それでマロン……」

お前ら「…………」

女「お前ら君、あんまり動物には興味ないかぁ……」

お前ら「…………」アイマイクビフリ

女「お前ら君って休みの日、いつも何してるの?」

お前ら「…………」

女「……」ジー

お前ら「……パ、パソコン」

女「そうなんだ。パソコンで何してるの?」

お前ら「…………」

お前ら「…………」プイッ

女(あれ、会話終わった空気になってる?)

女(訊いちゃダメなことだったのかな……)
80:2015/04/24(金) 15:45:47.915 ID:ea7XlMK90.net
ギャル「んでアタシさー! むっかついたからさー! しょせんだって、バイトじゃん?」

チャラ男「オメー切れんの早すぎっ!」

ギャル「えーでも、実際腹立つっしょ!」
ドンッ

女「あ、ギャルちゃんごめん」トットットッ

ギャル「…………」

チャラ男「何か返したら良かったのに。セーカク悪ィー! ぶつかったのお前が仰け反ってたからじゃん」

ギャル「アタシあの子、なぁーんか嫌いだもん」

チャラ男「えー可愛いのに」

ギャル「はぁ? かんけーねーし、そーいうのに」
82:2015/04/24(金) 15:50:49.326 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「…………」トテテ

チャラ男「あ! 食堂行くならカレーパンとジュースなんか買ってきてくれね?」

お前ら「う、うん……」

お前ら(食堂で待ち合わせしてるんだけど……まあいいや、友には悪いけど戻って来よう)

ギャル「アタシの分も! 甘い系の奴」

お前ら「わ、わかった」タタタッ
83:2015/04/24(金) 15:57:03.21 ID:dNByka7QV
そいつらにはちゃんとしゃべれんのかよw
86:2015/04/24(金) 16:04:06.470 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「……か、買ってきたよ」ゼェゼェ

チャラ男「おっ! さんきゅー!」

ギャル「んな走んなくても良かったのにー」

お前ら「あお、お金……」

チャラ男「うい、380円であってる?」

お前ら「うん……」

ギャル「あ、アタシの分奢ってもらっていい?」

お前ら「え……? え……?」

ギャル「冗談だってwwwお前ら、オモシロwwwwなにその反応wwww」

お前ら「……あ、ご、ごめん」

チャラ男「おいおい、お前らあんまり虐めるなよwwww」

ギャル「だってwwwなんか可愛かったからwwww」

お前ら「…………」
88:2015/04/24(金) 16:06:30.454 ID:NEvfYXaX0.net
あれ?ギャルとチャラ男いい奴じゃね?
90:2015/04/24(金) 16:18:25.806 ID:ea7XlMK90.net
ギャル「お前らーこれ、何の絵なん? いっつも描いてるよな?」

お前ら「え、あ……」

チャラ男「なーんかで見たよーな……」

お前ら「て、適当に描いてるだけだから」

ギャル「なんで顔に十字線引いてんの? 刺青?」

お前ら「……鼻とかの位置、不自然にならないように」

チャラ男「あー! それ聞いたことあるわ俺!」

女(お前ら君……ギャルちゃんとは普通に話してるんだ……)

女(……あの絵、何かのキャラじゃなかったんだね)
93:2015/04/24(金) 16:30:57.591 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(今日もいっぱい女さんと喋ったな……)

お前ら(席変わったら、もう話さなくなるのかな?)

お前ら(メールも……結局交換してないし)

友「まーた何か考えてるわ」

お前ら「……う、うん、ちょっと」

友「お、なになに?」

お前ら「言ったら、笑いそうだもん……」

友「んだよ引っ張るなぁ」
95:2015/04/24(金) 16:36:03.247 ID:ea7XlMK90.net
友「そーいやさー」

お前ら「な、なに?」

友「お前らのクラスに女さんいなかったっけ? つーか、いたよな?」

お前ら「!?」

お前ら「う、うん……。そ、それがどうか……」

友「女さんのメアド、なんとか手に入れられねぇ? 俺、一目惚れっつーか」

お前ら「…………」

友「つっても、お前らに頼んでも仕方ないか」

お前ら「で、できる……と、思う」

友「え? ま、マジで?」
104:2015/04/24(金) 16:47:12.950 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「……ア、ア」

女「おはよう、お前ら君!」

お前ら「メ、メア……ドオシ……」

女(……?)

女(……!)

女「ケータイ持ってきてくれたの?」

お前ら「…………」コクッ

女「じゃあ、後でこっそり交換しよ?」ニコッ

お前ら「…………」コクッコクッ
106:2015/04/24(金) 16:53:29.863 ID:ea7XlMK90.net
女「じゃあ、私がプロフィール送るね!」

お前ら「ア、ア……」オドオド

女「やり方わからないの? 赤外線の受信ってところ」

お前ら「オ、オ、オ……オ」パタパタ

女「ちょ、ちょっと貸してみて?」

お前ら「ウ……ウウ」

女「これで大丈夫だよ! これでケータイ合わせて……」

お前ら「ア、ア……」

女「そ、そこ赤外線じゃなくて……その、もうちょっと横の……」

お前ら「ウウ、ア……ゴ、ゴメン」

女「も、もう一回貸して?」
108:2015/04/24(金) 16:57:51.397 ID:Z2SXP0Pm0.net
トラウマを呼び起こすスレだ
109:2015/04/24(金) 17:00:15.871 ID:ea7XlMK90.net
女「ありがとうね! 家に帰ったらメール送るから、登録してね?」

お前ら「……ウ、ウア」

女「えへへ」クスッ

お前ら「!」

お前ら「…………///」プイッ

女(お前ら君と、最近ちょっとだけ距離縮まってきた気がするなぁ……)
110:2015/04/24(金) 17:02:19.417 ID:w3G9dTWZd.net
お前ら喋れなさすぎやろ…
114:2015/04/24(金) 17:08:08.536 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「…………」ソワソワ

お前ら「…………」ソワソワソワソワ

お前ら「…………」ソワソワ

ケイタイ「……」ブーッブーッ

お前ら「……!」

女『メールアドレス交換してくれてありがとうね! そういえばお前ら君って、進路どうするの?』

お前ら「…………」

お前ら(な、なんて返したらいいんだろ)

お前ら「…………」

女「遅いなぁ……お前ら君。もう寝ちゃったのかな?」
116:2015/04/24(金) 17:14:15.378 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(こうも違う……こうも、なんか勘違いしてそうって思われそうで怖い……)ダラダラ

お前ら(…………)ダラダラ

お前ら(悩んでも仕方ない……)

お前ら『XXXXX@xxx.com 友達のアドレスなんだけど、メールしてやって欲しい』

お前ら『進路は決まってない』

お前ら(これくらいならアドレス聞いたのも理由付けてきるし、勘違い野郎って思われなさそう……)

お前ら「……送信」
120:2015/04/24(金) 17:26:41.042 ID:ea7XlMK90.net
女「…………」

女『ん、どういうこと?』

女『どっちにしようとかって考えてる? お前ら君、理系文系どっちが得意?』

女「…………」

お前ら「あ、着た」

お前ら(どういうことって……や、やっぱりきっちり説明しないと駄目だったかな……)ダラダラ

お前ら(メール、楽しいけど……怖くなってきたな)ダラダラ

お前ら「あんまり続けても……向こうに、迷惑かもしれないし……」ダラダラ

お前ら『友達が、女さんのアドレス教えてほしいって言ってて。俺もよくわからない』

お前ら『おやすみ』

お前ら「これで……いいかな。言い訳っぽいかなぁ……」ピッ

女「…………」
123:2015/04/24(金) 17:37:39.756 ID:ea7XlMK90.net
女「…………」

女(仲良くなれたんだって思ってたけど、そういうことだったんだ……)ジワッ

女「…………」ゴシッ

女『そうなんだ!』

女『お前ら君寝るの早いんだね! おやすみ!』

女(メールしないと、お前ら君の面子つぶしちゃうよね……)

女(もう遅いし……明日でいいよね)
126:2015/04/24(金) 17:43:25.966 ID:ea7XlMK90.net
女「お、おはよう、お前ら君」

お前ら「ア……オ、ン」

女「と、友君のアドレス……ありがとうね。今日……メールする……から」

お前ら「ウ……アウ」コクッ

お前ら(そういえば……進路答えてない)

お前ら(……また今度、進路の話振られたらでいいか)

女「…………」

女(……なんだか、わからなくなってきちゃったな)
127:2015/04/24(金) 17:50:54.387 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「…………」

友「なーお前ら! 女さんの話どーなったん?」

友「ま、期待してねーけどさ」

お前ら「あ……ちゃんと、送った。今日、メール来る……と、思う」

友「マジ?」

友「つーかお前アドレス知ってたのか?」

お前ら「き、昨日訊いた」

友「おいおい結構やんじゃん! 見直したわ!」バンバンッ

お前ら「…………」

友「照れんなって! この、このっ!」

お前ら(良かったのかな……これで)

友「あ! マジでメール来た!」
130:2015/04/24(金) 17:58:29.116 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「な、なんて?」

友「お前らから教えてもらってメールしましたって!」

お前ら「見、見せて……」

友「えーそれは恥ずいって!」

お前ら「…………」

友「なあ、行けそうだったら一回遊びに誘いたいんだけど、お前らも来てくれねぇ?」

お前ら「え? い、いや、ちょっと……無理だわ。女子と遊んだことないし……」

友「えー! そこを何とか頼むって!」
136:2015/04/24(金) 18:12:30.599 ID:ea7XlMK90.net
友『へぇ~女さん、ケーキとか好きなんだ。俺も甘いの好きでさ、今度いっしょに喫茶店とか行ってみない?』

友『駅前にできたの知ってる? あそこ一回行ってみたくってさ』

女『いえ、初めて聞きました』

友『女さんいつとか暇? 放課後も空いてるけど、どうせならがっつり休みの日がいいかなって』

女『すいません、土日は塾が忙しくって』

友『毎週土日朝から晩まで?ww』

女『ではありませんけど……』

友『じゃあいいじゃんwwwなんで?』

女『来週の週末なら大丈夫ですけど……あの、お前ら君も呼びませんか?』

友『お前ら? あいつ甘いもん嫌いじゃなかったかな』
143:2015/04/24(金) 18:38:28.915 ID:ea7XlMK90.net
女『友君に来週一緒にケーキ食べに行かないって誘われたんだけど、お前ら君もどうかな?』

お前ら「え……」ドキッ

お前ら「…………」

お前ら『ごめん。その日は用事があるから』

お前ら「…………」

女『そっか! いつだったら大丈夫?』

お前ら「…………」

お前ら『来週はどっちも忙しい』

女「…………」

女「お前ら君……やっぱり、甘いの嫌いなのかな」

女『そっか! また暇なときあったら一緒に遊ぼうね!』

女「…………」ドキドキ

女「返信……ないか」

女「……最後のは、送らなきゃよかったかな」
144:2015/04/24(金) 18:39:49.601 ID:BRkUE5fxa.net
だんだんお前らにイラついてきたわ
145:2015/04/24(金) 18:40:21.943 ID:Pjommj8U0.net
>>144
お前らってお前だからな
161:2015/04/24(金) 18:59:42.090 ID:ea7XlMK90.net
友「今度デート行くことになったわwww」

お前ら「…………」

お前ら「……そう」

友「お前らのことも言ってみたんだけどな、あんま感触良くなくってさ。いきなり二人きりがいいって、これいけんじゃね?www」

お前ら「……そっか」

友「どーしたよ? 妙にぼーっとして」

お前ら「……いや、ゲームし過ぎて疲れてるのかな」

友「まーたゲームかよ。お前らっぽいけどよぉ、もっとこう、他のことにも目ェ向けてみた方がいいぞ」
167:2015/04/24(金) 19:14:46.727 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(まさか親が葬儀で急に出かけるとは思わなかったな……)

お前ら(おかげでスーパーまで行くことになっちゃった)

お前ら(今頃ふたりで喫茶店に行ってるのか……)

お前ら「…………」

お前ら「あれ、友?」

友「あ、ああ……お前らか」

お前ら「あの……女さん……」

友「え? はっはっは、なんかノリ悪くってな。こっちもあんまいい気分じゃねぇし、早々に解散することにしたんよ」

お前ら「そ、そうなんだ……ごめん」

友「お前らが謝ることじゃねーだろwwwただ、ああいう奴だったんなら忠告くらいは欲しかったわ……」

お前ら「え?」

友「いやwwなんでもねーよ」

お前ら(……な、何かあったのかな?)
171:2015/04/24(金) 19:23:52.058 ID:ea7XlMK90.net
友「この前さ、C組の女子とデートしたんだよwwww」

友クラスメイト「マジで? 誰々? C組レベル高くね?」

友クラ2「うらやまwwwwやっぱ色男は違うわ」

友「でもさ、デートまでしといてばっさり振りやがったんだよ。どう思う?」

友クラ「マジで? やっぱそういう女っているんだな。あ、ギャルさんとか?」

友クラ2「あー……確かに男遊びしてそうなイメージあるわ……」

友「チッチッ! ほら、女って奴。知ってる?」

友クラ「え!? 意外だわ……純情そうなのに。なんかヘマしたんじゃねぇの?」

友クラ2「二人っきりで遊んだらほとんどオッケーみたいなもんじゃねーの? 俺モテねぇからわかんねぇわ……」

友「と思うじゃん? ……人は見かけによんねーよ、マジで」
174:2015/04/24(金) 19:32:41.596 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(何が会ったんだろ……)ソワソワ

お前ら(やっぱり……俺みたいなのに好意持ってくれてるわけなんかなかったんだし……何か裏があったんじゃあ……)

お前ら(…………)

女「……お、おはよう」

お前ら「……!」ビクッ

お前ら「…………」プイッ

女「…………」

女(私と話してくれたのは友君のためだったんだから……そうなるよね)

お前ら(な、なんか反応しなきゃ……無視した感じになっちゃう……)

お前ら(でも……今から反応するのもおかしいよな。聞こえなかった感じにしよう)

お前ら(……この至近距離で?)

お前ら(そうだ、他の人に言ったんだ。俺じゃない。俺じゃなかったんだ。少なくとも俺はそう思ってるから、反応しなくても普通なんだ)

女「…………」
178:2015/04/24(金) 19:46:00.113 ID:ea7XlMK90.net
チャラ男「あー帰るの遅くなっちまったな……。ちょっと他のクラスよるつもりが、遅くなっちまったし」

チャラ男「あれ、女ちゃんもまだいるの?」

女「チャラ男君……。自習室でテスト勉強してて……水筒、置いたままだったの忘れてて」

チャラ男「へー帰るツレいるの?」

女「え……いや、いないけど……。でも……」

チャラ男「駅まで同じっしょ? 一緒に帰ろうぜ。女ちゃんみたいに可愛い子がひとりで歩いてたら危ないし、一回話してみたかったからさ」

女「あ、ありがとう……」

友(ったく……なんでこんな時期にまで部のミーティングなんぞ……ああ!?)サッ

友(……ふたりで、誰もいない教室から出てくぞ? あのチャラ男とそんな仲がいいって話は聞いたことねーけど……やっぱ、出来てたんじゃねーのかコレ)

友(チッ、完全に踊らされたわ……。そりゃ振られるわな。つーか、いくらお前らでもクラスで付き合ってたら気付けよクソ……)
189:2015/04/24(金) 20:22:52.225 ID:ea7XlMK90.net
お前ら「…………」

お前ら(友の奴に、訊いてみよっかな)

お前ら(女さん……)

ギャル「お前らどしたの? 女の席なんかジロジロ見ちゃって」

お前ら「そ、そんなのじゃ……ない」

ギャル「なに? 好きなの?」ニヤニヤ

お前ら「……ち、ちが……」

ギャル「そんなキョどんなくていいじゃんwww」

ギャル「まーでも、女はやめといた方がいいんじゃねwww彼氏持ちなのに他の男とデートしてたって噂聞いたしwww」

お前ら「……えっ?」
195:2015/04/24(金) 20:32:03.074 ID:ea7XlMK90.net
チャラ男「おいおい、人の悪い噂なんか広めるもんじゃねぇぞ」ベシッ

ギャル「いった! 叩かなくたっていいじゃん!」

チャラ男「…………」

ギャル「な、なによその目……」

チャラ男「出所もわからねーような噂、信じるだけならまだしも広めんなっつーの」

チャラ男「女ちゃん嫌いだからって、これ幸いと便乗してんじゃねーぞ」

ギャル「だ、だってアタシは……」

ギャル「アンタだって妙に女の肩持つじゃん? なんかあったんじゃないの?」

チャラ男「は? 何を言ってるんだ。俺がそんな、間違ったこと言ったかよ」

お前ら「アワワワワ」パタパタ
196:2015/04/24(金) 20:33:11.909 ID:9S8V0lq90.net
チャラ男が一番いいやつに見える不思議
199:2015/04/24(金) 20:40:16.201 ID:ea7XlMK90.net
女「……お、おはよう」

お前ら「…………」ウツブセー

女「…………」

お前ら(なんで俺、寝た振りなんかしてるんだろ……)

女「…………」

お前ら(なんでこんなに辛いんだろ……)

女「…………」

クラスメイト「知ってる? 女ちゃん、二股してたんだって!」ヒソヒソ

クラスメイト2「えー意外! 誰? 相手誰なの?」

女「……?」

クラスメイト「こ、声大きいよ。もう、バカ」ヒソヒソ

クラスメイト2「ごめんごめんwwwwで?」ヒソヒソ

クラスメイト「相手は……わかんないけど。チャラ男……なのかな? そういうのを聞いたけど」ヒソヒソ

クラスメイト2「えー! ギャルと付き合ってたんじゃないんだ!」ヒソヒソ

女「…………」
206:2015/04/24(金) 21:02:48.381 ID:ea7XlMK90.net
女「……お、おは……」

お前ら(…………)ウツブセー

女「…………」

女「おは……」 先生「はい、今日が何の日かわかるか!」

生徒「あ、そっか今日って……」

先生「そうだ、席替えの日だ!」

女「…………」

お前ら「…………」

先生「みんなー順番にクジを引けー!」

女「お前ら君!」
お前ら「エ、ア」ビクッ

女「……それじゃあ、ね」ニコッ

お前ら「…………う、うん」


「「バイバイ」」


終わり
209:2015/04/24(金) 21:03:56.445 ID:6Vsmh5EPa.net
???
227:2015/04/24(金) 21:39:53.024 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(やっぱり……からかわれてたのかな? いや、女さんにとっては、これが普通だったのかな)

お前ら(こんなに女の子から話し掛けてもらったの初めてだから、嬉しかったな。どもらずにバイバイって言えて、良かったな……)

女「…………」

転校してきたばかりの子「…………」ジー

クラスメイト「どったの? 来たばっかで席替えだから、落ち着かない?」ヘラヘラ

転校生「…………」ガタッ

クラスメイト「え、どこ行くの?」

転校生「ね、女ちゃん!」コソコソ

女「え?」

転校生「交換しない? 私のクジと、女ちゃんのクジ!」

女「え? え?」

先生「お前何をしてる?」

転校生「ごめんなさーい」ペロッ

転校生「エヘヘッ」トトトッ

女(なんだったんだろ……あ、クジ、入れ替えられてる……)
232:2015/04/24(金) 21:45:38.275 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(…………)

女(…………)

お前ら(え? なんでまた隣?)

転校生「良かったー! 私、またクラスメイトちゃんの後ろでー!」

クラスメイト「ひょっとして、それで女のちゃんのクジと入れ替えたの?」

転校生「えー何の話ー? わっかんなーい!」

女「…………」チラッ

転校生「…………」ニマッ

女「!?」
234:2015/04/24(金) 21:51:12.193 ID:ea7XlMK90.net
転校生「ねーねー、またあの噂聞かせてよ! 私、恋話好きだからさー!」

クラスメイト「お、大きな声で言わないの!」コソコソ

転校生「ゴメンゴメン! ね、お願い! ね!」コソコソ

男(……クラスメイトさんの声聞こえるんだよな。女さん困ってるだろうし、止めてほしいな……)

転校生「クラスメイトちゃん、情報通だもんね! かっこいい! 憧れる!」コソコソ

クラスメイト「も、もう……またそうやって煽てて……。別に、新しい情報なんてないよ?」コソコソ

転校生「じゃあ、さ。誰から聞いたのか教えてよ!」

クラスメイト「え!? そ、それはちょっと……」
241:2015/04/24(金) 22:04:51.112 ID:ea7XlMK90.net
転校生「A……B……D……あ、D組の子でしょ?」

クラスメイト「あえっ! な、なんで……」

転校生「んー……なんとなく? そっか、D組の子から聞いたんだ!」ヘラッ

クラスメイト「転校生ちゃ……」

転校生「じゃあ、どうしてここのクラスの噂が、C組より先にD組で広まってたのかな?」

クラスメイト「…………え?」

転校生「おかしいね? 一説によれば、噂の中心は女ちゃんとチャラ男君なのに? どうしてD組?」

クラスメイト「それはたまたまでしょ……」

転校生「そう! たまたま、だよ。たまたま、噂の中心から身近な人がD組にいた。それだけだと思わない?」

クラスメイト「……きゅ、急にどうしたの?」

転校生「D組の、友って人知ってる?」

お前ら「……え?」 女「っ!」ビクッ

転校生「…………」クルッ

転校生「……ヘヘッ」ニコッ
242:2015/04/24(金) 22:15:47.638 ID:Y2X37kEa0.net
転校生ちゃんは一体何者なんだ
243:2015/04/24(金) 22:16:37.446 ID:/ExOXYz20.net
登場人物多くてなんか分からなくなってきた
244:2015/04/24(金) 22:17:21.265 ID:ea7XlMK90.net
転校生「ほらほら、二人ともついて来てよ」

お前ら「エ、ア、デ、デモ……」

女「ねえ、どうして……私と、喋ったことなかったと思うけど……」

転校生「ほら、早くしないと、休み時間が終わっちゃうよ?」

転校生「すいまっせーん! ちょっと訊きたいことがあって!」ガラッ

友「え、だ、誰だ? こんな可愛い子、いたか?」

友クラ「さあ? 見たことねぇけど……先輩だったらあんな美人なら噂なってそうだし……一年じゃね?」

転校生「私、女って人の話聞きたいなーって思って!」

友クラ「い、いいぜ。俺が聞いた話で良かったら」

友「いや、俺が話すって! 実際見たの、俺だし!」

転校生「そーなんだ! 聞きたい聞きたい!」

お前ら「チョ、チョッ……」 転校生「まだ扉の裏に隠れてて」ボソッ

お前ら「…………」

友「どうしたんだ?」

転校生「なんでもなーい!」
249:2015/04/24(金) 22:31:12.452 ID:ea7XlMK90.net
友「実はさ……一時期、女とちょっと仲良い奴がいたらしいんだ。三回くらいデートしたんだってよ。もち、デート費全額そいつ持ちで」

友「チューだってしてたんだって。そんで、アイツとしては確認くらいのつもりだったんだろうな……告白したら、ばっさり振られたんだってよ」

友クラ「あれ、それお前って話じゃ……」ボソボソ

友「噂の火に巻き込まれたくねーだろ」ボソボソ

転校生「へぇーふーん! で、実際に『見た』っていうのは?」

友「そりゃあ、暗い放課後の空き教室から、女とチャラ男が一緒に出てくところよ。そのまま一緒に帰ってったんだよ」

転校生「ふんふん、で?」

友「え?」

転校生「テスト期間中の話なんでしょ? 暗くなって、女の子ひとりだと危ないから、たまたま付き添ってただけじゃないの?」

友「…………」

友「手、繋いでた……後、服とかも、ちょっと乱れてた……かも」ボソッ

女「…………嘘、ばっか。ひどい」ジワッ

お前ら「……! と……友っ」ヨロッ

転校生「まだだよ」ボソッ

友「うん?」
253:2015/04/24(金) 22:39:50.059 ID:ea7XlMK90.net
転校生「で、その三回デートして振られたってのは誰なの?」

友「そ、それだけは言えねぇよ。そいつのプライドに賭けてもさ」

転校生「なんだかキミ、ちょっとでも否定されたら話盛るみたいだけど、本当にその子、三回もデートしてちゅーまでしてたのかな?」

友「…………」ギッ

友クラ「な、なぁ……友?」

友「うっせぇな! あいつはヤリマンのブスなんだよ!」

お前ら「…………」スクッ

女「お、お前ら君?」

友「え? な、なんでお前らそこに……」

お前ら「ウ……ウワァァアアアあああああああ!」ドガッ

友「がっ! て、てめぇ! 何しやがる!」

お前ら「お、女さんに謝れよ!」
254:2015/04/24(金) 22:40:56.857 ID:/ExOXYz20.net
いいぞお前ら
258:2015/04/24(金) 22:43:48.374 ID:ea7XlMK90.net
友「お前らが……お前らの分際で……俺に指図すんじゃねぇよ!」ゴンッ

お前ら「うぐ……」バタッ

女「お前ら君っ!」

友「インキャとヤリOンが、ぶつぶつと鬱陶しい……」ゼェゼェ

クラスメイト達「…………」

友「な、なんだよ」

クラスメイト達「…………」ヒソヒソ

友「なんだよ……なんだよ、その目は!」
261:2015/04/24(金) 22:49:08.745 ID:ea7XlMK90.net
女「あ……お前ら君、気がついた?」

お前ら「こ、ここは……」

女「保健室……だよ」

お前ら「……お、俺……友に殴られて……それで……」

女「……怒ってくれて、ありがとう。お前ら君」

お前ら「と、友……は? あと……転校生さんは?」

女「やっぱり……お前ら君、覚えてるよね?」

お前ら「え?」

女「誰も……転校生ちゃんのこと、覚えてないの」
263:2015/04/24(金) 22:50:29.253 ID:nvd3XmIF0.net
俺ってこんなにイケメンだったのか
264:2015/04/24(金) 22:50:58.859 ID:wQtkVZbY0.net
何者なんだ転校生
268:2015/04/24(金) 22:55:32.537 ID:ea7XlMK90.net
お前ら(席まで変わってるなんて……)

ギャル「どーしたの? 不服そーにアタシの顔見て。地味に傷つくんだけどソレ」

お前ら「な……なんでも、ない」

ギャル「そーいや、なんか友と喧嘩したらしいじゃん。それで三限休んでたんでしょ?」

お前ら「…………」

ギャル「意外と男らしいとこあるじゃん」ドンッ

お前ら「そ、そんなこと……ないよ。負けたし……」

女「お前ら君!」

お前ら「!」

女「今日、一緒に屋上でお昼ご飯食べない?」
272:2015/04/24(金) 23:04:54.335 ID:ea7XlMK90.net
女「デウスエクスマキナって知ってる?」

お前ら「……?」

女「戯曲なんかでよく使われる手法なんだって」

女「演出家によっては、一旦幕を降ろして、お客さんに断りを入れてからやることもあるらしいんだけど……」

女「どうしようもないって状況になった後ね、急に全部を見ていた人物が現れて、こんがらがっていた紐を全部解いちゃうの」

女「だから……おかしなこと言ってるっていうのはわかるんだけど、ひょっとしたらあの転校生ちゃんって……」

お前ら「…………」ポカーン

女「お前ら君? 聞いてる?」

お前ら「え?」

女「ねーお前ら君ってば!」


お前ら「ア、アア」


終わり
273:2015/04/24(金) 23:05:12.575 ID:2bHHNd8wM.net
お前らゾロゾロ.....
274:2015/04/24(金) 23:05:38.888 ID:/Ox1B2tL0.net

ハッピーエンドならもうなんでもいいよ
276:2015/04/24(金) 23:07:16.581 ID:/ExOXYz20.net
こんな可愛い子と授業受けたかった
女「ねーお前ら君ってば!」 お前ら「ア、アア」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1429854513