1:2015/06/01(月) 00:30:32.786 ID:yKBDs6LN0.net
佐為「幻想郷…とは?」
幽々子「かくかくしかじか」
佐為「…良く分かりませんが、まあ分かりました」
佐為(私はまた、死に損ねたのですね…)
幽々子「…………」
佐為「私は藤原佐為。生前は碁打ちをしておりました」
幽々子「西行寺幽々子と申します」
幽々子「囲碁なら私も少し心得がありますわ。どうでしょうお近づきの印に」
佐為「いいのですかっ!」ぱあっ
幽々子「え、ええ」
幽々子(よほど好きなのねえ)
妖夢「今碁盤を持ってまいります」
2:2015/06/01(月) 00:32:53.026 ID:yKBDs6LN0.net
佐為「お願いします」
幽々子「お願いします」

ぱち
ぱち

紫「やっほー」
妖夢「紫様!これはまた珍しい」
紫「面白い気配を感じたからね」
妖夢「あの方が、ですか?」
妖夢「確かに不思議な雰囲気の方ですけど、その、力のようなものは感じません…」
紫「私達のような、戦う力ではないわ」

幽々子「…負けました」
佐為「ありがとうございましたっ」にこにこ
幽々子「ありがとうございました」
3:2015/06/01(月) 00:35:07.353 ID:yKBDs6LN0.net
妖夢「…!あの幽々子様が……!」
紫「貴方って碁は分かるの?」
妖夢「いえ、あまり…でも驚きです」
紫「そうね…」
紫(それにしても…本当に楽しそうに碁を打つ方ね)

幽々子「うぅ~。まるで歯が立たなかったわ」
佐為「ご謙遜を。良い勝負でした」
佐為「もう一度打ちませんか?」
幽々子「ええ。ふふふっ」

妖夢「幽々子様、凄く楽しそう…」
紫「そうね」
紫(これは幻想郷に新しい風がきたかもね…)
4:2015/06/01(月) 00:38:23.442 ID:yKBDs6LN0.net


幽々子「結局勝てなかったわ~。自信を失っちゃう」よよよ
佐為「ふふ」
佐為「碁をたっぷり打てて幸せです…」
妖夢「食事ができましたよ」
幽々子「では。いただきましょうか」
佐為「そうですね」
佐為(食事…何年、いえ何百年ぶりでしょう…)
佐為(……ヒカルと居た時も、あの時代のものを食べた事は無かったですからね)
5:2015/06/01(月) 00:41:11.425 ID:yKBDs6LN0.net
幽々子「妖夢の料理はいつも美味しいわね」
妖夢「あ、ありがとうございます」
妖夢「藤原さん…」
佐為「佐為、で構いません」
妖夢「では、佐為さん。お酒は呑まれますか?」
佐為「そう多くは呑めませんが、いただけますか」
妖夢「はい、今お持ちします」ぱたぱた
幽々子(本職は庭師と剣士なのに、すっかり料理人ねぇ)
6:2015/06/01(月) 00:44:09.639 ID:yKBDs6LN0.net
幽々子「へぇ、それでそのヒカル君と碁を打っていたのね」
佐為「ヒカルは私を最後の最後、越えてくれました」
幽々子「貴方を超えるなんて…とんでもないわねぇ」
佐為「私は…ヒカルと分かれたくなかった。うぅ…」めそめそ
幽々子「…………」
幽々子「よしよし…」

こうして夜はふけていった
7:2015/06/01(月) 00:44:26.605 ID:YBVpt4Vq0.net
また懐かしいのを
8:2015/06/01(月) 00:47:06.943 ID:yKBDs6LN0.net
ある宴会の日
白玉楼

わいわい

にとり「へぇ、貴方って碁が強いんだ」
早苗「にとりさん打ってみては?」
にとり「そのつもりだよ。おーい妖夢、碁盤もってきて」
妖夢「私は貴方の女中じゃありませんよっと…」ゴトン
にとり「ゴメンゴメン。さあ打とうか」

ぱち
ぱち
9:2015/06/01(月) 00:50:15.209 ID:yKBDs6LN0.net
アリス「何やってるのあれ?」
神奈子「囲碁だよ。あの黒髪の男相当やるねぇ」
アリス「ふーん」

アリス「ねぇ、どっちが勝ってるの?」
にとり「ギ、ギリで私が負けてるかな」
にとり(何よこの人超強いじゃない…)
10:2015/06/01(月) 00:53:08.402 ID:yKBDs6LN0.net
わいわい

白蓮「見事な打ち筋ですねぇ」
文(これは後で是非とも取材したい…)
わかさぎ姫「ほえー」

ぱち
ぱち

にとり「ま、負けました」
ギャラリー「おぉ~」
佐為「ありがとうございました」
にとり「ありがとうございました…ぅぅ」
にとり(いつの間にかこんなにギャラリー居るし…とんだ赤っ恥だわ)
てい「お兄さん強いねぇ。次はあたしだ!」
佐為「はい」にこにこ
11:2015/06/01(月) 00:56:17.357 ID:yKBDs6LN0.net
強くて礼儀正しくて、笑顔を絶やさない佐為はたちまち人気者となった
そして囲碁をたしなむ物も増えていった
人里でも佐為の存在は話題になり始め、腕自慢の者が挑戦状を出すと佐為は快く応じた

村人A「くっそぉー!話題になるだけはあるなぁ」
村人B「いやぁ、対したもんだ」
慧音「次は私の相手を頼めるかな」
佐為「はい」にこにこ

佐為にとってもここは天国のような場所だった
様々な相手と、好きなだけ碁が打てるからだ
12:2015/06/01(月) 00:59:37.516 ID:yKBDs6LN0.net
魔法の森

アリス(こうも流行ってると覚えたくなってくるわね)
アリス「佐為さん、私にも碁を教えてくれないかしら?」
佐為「ええ、構いませんよ」
佐為「碁を愛する方が増えるのは嬉しいですっ」

アリス「ここで…こう?」
佐為「ええ。貴方は上達がはやいですね…」
佐為(ヒカルの時を思い出します…)遠い目
アリス「…?」
13:2015/06/01(月) 01:02:38.596 ID:yKBDs6LN0.net
竹林

妹紅「あんたも藤原なんだ。奇遇だねえ」
佐為「そうですね。聞けば貴方も以前都に居たとか…」
妹紅「…昔の話さ」
佐為「そうですか…私にとって都は思い出深い場所ではありますが、同時に悲しい事も思い出してしまうのです…」
妹紅「………」
妹紅「…そう、かい…」
14:2015/06/01(月) 01:05:24.831 ID:yKBDs6LN0.net
街道の茶屋

神子(欲を読めば…いえ、それは無粋ね)
神子(それに、やったとしても囲碁への愛情しかないでしょうし、勝敗にはつながらないわね)

ぱち
ぱち

神子「楽しいね、こうしていると」
佐為「そうですねっ」
15:2015/06/01(月) 01:08:09.155 ID:yKBDs6LN0.net
開けた場所

パチュリー「スペカ!」どーん
雛「なんの!こっちもスペカ!」どーん
佐為「ぽかーん」
佐為「ヒカルの時代に居たときも驚く事は多かったのですが…こちらはこちらで凄いものですね」


神社

霊夢「…」
佐為「…」

ホーホケキョッ

霊夢(落ち着く…)
16:2015/06/01(月) 01:12:27.950 ID:yKBDs6LN0.net
白玉楼

幽々子「佐為さんったらすっかり人気者ねぇ。寂しいわ…」よよよ
佐為「ただいま帰りました」
幽々子「女は一人泣くしかないのよ…」よよよ
佐為「…あの、幽々子さんはどうされたのでしょう?」
妖夢「まぁ気にしないで下さい」ははは
17:2015/06/01(月) 01:15:40.358 ID:yKBDs6LN0.net
佐為(ヒカル…寅次郎…)
佐為(まだ私を求めてくださる方がいるようです)


そんなこんなで、佐為の楽しくも少し奇妙な日常は続くのであった

おわり
18:2015/06/01(月) 01:19:23.703 ID:YBVpt4Vq0.net
おつ
藤原佐為「ここは…」幽々子「幻想郷よ」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1433086232