1:2018/01/23(火) 01:41:41.344 ID:Ul2QmZWn0.net
― 自宅 ―

嫁「あなた、出社するお時間です。朝の三時でございます」

社畜「もう起きているでござる」ムクッ

嫁「流石ですわ」

社畜「妻の手を借りて起きるようでは、社畜とはいえぬからな」

嫁「居間に朝食の準備ができております。さ、どうぞ」

社畜「うむ」
2:2018/01/23(火) 01:42:46.799 ID:l/Ld5qRJ0.net
嫁がいる時点で社畜なんて呼べないんだよなぁ
3:2018/01/23(火) 01:43:37.795 ID:duTUHNzk0.net
スーツでシワ付けないで寝てそう
4:2018/01/23(火) 01:44:29.435 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「おお……!」

社畜「主食にカ ーメイト、おかずにウィダーinゼリー、お椀の汁物にはリポビタンD……」

社畜「素晴らしい。社畜の朝食というのをよく分かっている」

嫁「ありがとうございます」

社畜「では食すと致そう」

社畜「…………」バリボリバリボリ

社畜「…………」ジュルルルルルルッ

社畜「…………」グビグビグビ

社畜「“十秒ちゃあじ”完了!」
7:2018/01/23(火) 01:47:29.575 ID:Ul2QmZWn0.net
嫁「刀をどうぞ」サッ

社畜「かたじけない」

社畜「では行ってくる」

嫁「行ってらっしゃいませ」カチッカチッ

社畜「ゆくぞッ!」

馬「ヒヒィィィィィンン!!!」

パカラッ パカラッ パカラッ



愛妻の火打ち石による送迎を受け、愛馬にまたがり、社畜は出発する。
8:2018/01/23(火) 01:50:09.100 ID:Ul2QmZWn0.net
― 会社 ―

社畜「おはようにござる」


シーン…


社畜(うむ、まだ誰も出社していないようで安堵した)

社畜(一番乗りは勿論、始発電車が動く前に出社しないようでは、社畜失格でござるからな)

社畜「さて、仕事に入るとしよう」
9:2018/01/23(火) 01:53:04.436 ID:Ul2QmZWn0.net
AM:8:30

課長「おはよう!」

社畜「おはようにござる」

課長「社畜君、君は相変わらず早いねえ。今日は何時に会社に来てたんだ?」

社畜「五時でござる」

課長「五時!?」

課長(昨日も、会社に一番遅くまで残ってたはずなのに……)

社畜「皆さまの椅子はすでに拙者が温めておきました。さ、どうぞ」

課長「どうも……」
10:2018/01/23(火) 01:55:17.406 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜(社畜たる者――)

社畜(電話を取る速度は雷光の如しでなくばならぬ)

社畜(相手に心の準備をさせるためわざと遅く取る方がよいという説もあるが、拙者は速度を選ぶ)

プ…

社畜「お電話ありがとうございます」サッ



同僚(速い……!)

同僚(今、電話が鳴る前にもう動いてた……!)
11:2018/01/23(火) 01:57:34.691 ID:Ul2QmZWn0.net
取引先『社畜君、おはよう』

社畜「おはようにござる」

取引先『ついさっき、メールでデータを送ったんだが、見てくれているかな?』

社畜「すでに拝見済みです」

取引先『おおっ、さすがだ』

社畜「ご用件をお聞かせ願いたい」

取引先『うむ、それはお宅の同業他社の製品のリストなのだが』

取引先『それとコンパチになるお宅の製品をリストアップして欲しいのだ』

社畜「承った」
12:2018/01/23(火) 02:00:38.234 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「して、期限は?」

取引先『かなり多いし、急ぐ用でもないし……今週中にはお願いできないかと』

社畜「分かり申した。本日中には完成させ申す」

取引先『!?』

社畜「いや……一時間以内に終わらせましょうぞ」

取引先『なにもそんな焦らなくても――』

社畜「切ります」ガチャン

社畜(社畜たる者、とことん自分で自分を追い込まねばならぬ)

カタカタカタッ カタカタカタッ カタカタッターン
13:2018/01/23(火) 02:03:22.578 ID:Ul2QmZWn0.net
一時間後――

社畜「電子メールにて送付致したので、ご確認願いたい」

取引先『おお……パーフェクトだ』

社畜「ありがたきお言葉」



同僚(こいつ、こんなスピードで仕事こなせるのに、なんでいつも残業してるんだろう……)
15:2018/01/23(火) 02:06:02.417 ID:Ul2QmZWn0.net
ガミガミ… クドクド…

クレーマー「困るんだよ! こんなことじゃ!」

同僚「申し訳ありません……!」ペコペコ



社畜「同僚殿はどうされたのか?」

OL「クレーマーが殴り込んできてるのよ、大変よねえ」

OL「あっちだって落ち度があるのに、同僚さん、一方的に責められてるのよ」

社畜「困っている仲間のために身を削るのも社畜の務め。どれ、拙者がお相手いたそう」
17:2018/01/23(火) 02:09:30.870 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「お客人」

同僚「社畜!?」

クレーマー「なんだ、お前は!?」

社畜「このたびの不祥事、誠に申し訳ありませぬ」

クレーマー「ふん、よく分かってるじゃないか。で、どうしてくれるんだ?」

社畜「拙者が腹を切るゆえ、それでお許し頂きたい」

クレーマー「え!?」
19:2018/01/23(火) 02:14:02.390 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「では……」サッ

クレーマー「ちょっ!」

同僚「お、おい!」

社畜「拙者が切腹したらば、この刀で介錯して頂きたい」

クレーマー「介錯!?」

社畜「せーのっ」

クレーマー「ちょっと待て!!!」

クレーマー「ごめんなさい! 俺が悪かった! 悪かったぁぁぁぁぁ!!!」
20:2018/01/23(火) 02:16:50.437 ID:Ul2QmZWn0.net
同僚「ありがとな、助かったぜ」

社畜「なんのこれしき」

同僚「まさか、切腹する演技でやり過ごすなんてな! 頭脳プレーだぜ! いや力技かな?」

社畜「演技?」

同僚「え」

社畜「拙者、演技のつもりなど毛頭なかったが」

同僚(この目……ウソじゃない!)

同僚(こいつ……もし止められてなきゃ、本当に切ってたんだ……)ゴクッ…
21:2018/01/23(火) 02:18:35.420 ID:RkIBjZGor.net
マジキチ
22:2018/01/23(火) 02:19:38.631 ID:Ul2QmZWn0.net
昼休み――

課長「さて、昼だ。いつもの定食屋に行こうか」

同僚「いいっすねえ! あそこは安くてうまいですから!」

課長「社畜君もどうだね?」

社畜「結構にござる」

社畜「社畜たる者、昼食を取るなど言語道断ゆえ……」

社畜「…………」グギュルルルルル…

課長「…………」

社畜「…………」
23:2018/01/23(火) 02:21:21.405 ID:wrets8k80.net
来客倒すことまかりならぬ
伊達にして帰すべし
24:2018/01/23(火) 02:22:22.816 ID:Ul2QmZWn0.net
課長「社畜君」

社畜「……なんでござろう」

課長「上司命令だ。昼食を一緒に食べよう」

社畜「上司命令とあらば従わねばならぬ。これもまた社畜のつとめ」

課長「ふっ……」

社畜「課長殿、かたじけない……」

課長「なんの。無理をする部下をいたわるのは上司のつとめさ」
25:2018/01/23(火) 02:24:11.348 ID:Lo7aZxQ5a.net
コイツと結婚した嫁さんやべーよ
27:2018/01/23(火) 02:25:10.709 ID:Ul2QmZWn0.net
PM13:00

社畜「課長殿、これより拙者、外回りに出て参る」

課長「う、うむ」

課長(甲冑を身につけ、まるで合戦にでも出かけるようだ……)

社畜「どうかお達者で……課長の武運をお祈り申し上げる」

課長「君こそ……お達者で」

社畜「では出陣!!!」

馬「ヒヒィィィィンン!」
28:2018/01/23(火) 02:26:23.681 ID:paIvNEJH0.net
なんかワロタ
29:2018/01/23(火) 02:31:25.971 ID:6HLkiOzHa.net
ホラ貝吹けそう
30:2018/01/23(火) 02:32:22.088 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「はあっ!」

パカラッ パカラッ パカラッ


ピピーッ!


社畜「む?」

警官「ちょっとちょっと!」

社畜「これはおまわりさん殿、お役目ご苦労にござる」

警官「これはどうも……じゃなくて、街中で馬を乗り回すなんて何考えてるんだ!」

社畜「馬は軽車両にござる」

警官「むむむ……」

警官「しかし、腰の刀は……立派な銃刀法違反じゃないか!」

社畜「拙者、社畜ゆえどうかご容赦願いたい」

警官「意味が分からん!」
31:2018/01/23(火) 02:33:54.482 ID:Ul2QmZWn0.net
女「キャーッ! ひったくりよーっ!」

ひったくり「へへへっ!」タタタッ



警官「あっ、待て!」

社畜「おまわりさん殿、ここは拙者にお任せあれ」

警官「え?」

社畜「我が愛刀『錆斬』で悪を懲らしめてみせましょうぞ」チャキッ

警官「さびざん!?」
32:2018/01/23(火) 02:35:46.106 ID:paIvNEJH0.net
サビ残と掛けてるのか
ネーミングセンスすげぇ
33:2018/01/23(火) 02:36:41.254 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「待つがよい、盗っ人」

ひったくり「うわ!?」

スパパパパパッ

社畜「…………」キンッ

ひったくり「え……」ボロッ…

ひったくり「ひええええっ! 服だけ斬られた……!」

社畜「さ、ご婦人より強奪せし荷を返却し、潔くお縄につくのだ」

ひったくり「ははーっ!」ガバッ



社畜「さて、おまわりさん殿、先ほどの話の続きをしたいのだが」

警官「いや……もういいや。害はなさそうだし見逃してあげる」

社畜「かたじけない」
34:2018/01/23(火) 02:38:22.697 ID:wrets8k80.net
見逃すなやwwww
35:2018/01/23(火) 02:39:00.327 ID:Ul2QmZWn0.net
― 公園 ―

社畜「……む」

サボリーマン「よう、社畜!」

社畜「これはこれは、サボリーマン殿。何をなさっておる?」

サボリーマン「見れば分かるだろ? ベンチに座ってサボってんだよ」

サボリーマン「お前も一服どうだ?」スパー…

社畜「いや拙者、外回り中ゆえお断り致す」

サボリーマン「そうかい。真面目だねえ」
37:2018/01/23(火) 02:41:57.973 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「しかし、仕事は大丈夫なのでござるか?」

サボリーマン「へいきへいき」

サボリーマン「なにしろ会社にいたって、仕事なんか無いからな! アッハッハ!」

社畜(無の境地というわけか……素晴らしい)

サボリーマン「いやー、死にたくなるわ」

社畜「拙者もいつか、会社のために死にとうござる」

社畜(サボリーマン殿は拙者と対極に位置する男なれど、目指すところは同じというわけか)
38:2018/01/23(火) 02:43:57.808 ID:Ul2QmZWn0.net
― 会社 ―

社畜「課長殿、外回りを終了したゆえ、報告書を提出致す」サッ

課長「ご苦労」

課長「相変わらず……達筆だね」

社畜「恐縮でござる」

課長(達筆すぎて……読めん!)
39:2018/01/23(火) 02:44:12.842 ID:BF2H7dclr.net
無の境地w
40:2018/01/23(火) 02:47:50.135 ID:Ul2QmZWn0.net
PM19:00

課長「今日はみんな、そろそろ上がろうか」

同僚「そうですね」

OL「は~い」

課長「社畜君も飲みに行かないか?」

社畜「拙者、残業したいでござるが……飲み会もまた社畜の務め。お付き合いさせて頂く」
42:2018/01/23(火) 02:49:43.176 ID:FiXA7TPu0.net
社畜ってなんだっけ
44:2018/01/23(火) 02:50:44.735 ID:Ul2QmZWn0.net
― 居酒屋 ―

社畜「キレてないですよ! 俺をキレさせたら大したもんですよ!」



課長「ほう、似てる!」

同僚「アッハッハ! さすが社畜! いくつ隠し芸できるんだよ!」

OL「だけどレパートリーが古いのよねえ」
45:2018/01/23(火) 02:52:52.990 ID:Ul2QmZWn0.net
AM1:00

― 自宅 ―

社畜「ただいまにござる」

嫁「お帰りなさいませ、あなた」

少年「お帰りなさいませ、父上!」

社畜「勉強していたか?」

少年「はい、父上! 今日も小学校へ通い、勉学と武芸の稽古に励みました!」

少年「帰ってからもずうっと勉強してました!」

社畜「うむ、よくやった」ナデナデ
46:2018/01/23(火) 02:55:23.612 ID:FiXA7TPu0.net
子供はもう寝かせろよ
47:2018/01/23(火) 02:55:30.934 ID:Ul2QmZWn0.net
嫁「お夜食の準備ができております」

社畜「かたじけない」

社畜「や……これは、鮭の茶漬け」

社畜「素晴らしい。社畜の夜食というのをよく分かっている」

嫁「ありがとうございます」

社畜「…………」パクパク

社畜「うむ、美味」

嫁「それではおやすみなさいませ」

社畜「うむ、おやすみ」
50:2018/01/23(火) 02:58:31.343 ID:Ul2QmZWn0.net
給料日――

― 会社 ―

社畜「給料明細にござるか」ビリビリッ

社畜「む、これは……!?」

課長「どうしたんだね?」

社畜「課長殿、これはどういうことにござるか!?」

課長「な、なにを怒っておるのだ?」

社畜「なぜ、拙者の給料に『残業代』が振り込まれてるのでござる!?」

社畜「拙者、残業代は不要とあれほど申していたというに!」

課長「いや、それは……」
51:2018/01/23(火) 03:02:46.631 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「拙者の残業は全て“さあびす残業”にござる。奉仕でござる!」

社畜「残業代を支払ってもらう社畜など、社畜にあらず!」

社畜「残業代は全て会社の金庫に返還いたす!」

課長「そういわれてもねえ……」

課長「今時は労働基準監督署の目も厳しいし、払わないわけにはいかんのだよ」

社畜「むう……」

課長「それに君だって妻子がいるんだ。給与は多い方がいいだろう?」

社畜「……分かり申した。それでは受け取りましょう」

課長「…………」ホッ
52:2018/01/23(火) 03:04:35.162 ID:Ul2QmZWn0.net
― 自宅 ―

社畜「明細にござる」サッ

嫁「今月もお疲れ様でございます」

嫁「…………!」

嫁「な、なんですかこれは!?」

社畜「!」

嫁「なぜあなたの給与に“残業代”などが振り込まれているのですか!」

社畜「そ、それは……」
54:2018/01/23(火) 03:07:31.091 ID:Ul2QmZWn0.net
嫁「私はあなたは真の社畜であるとお慕いしておりましたのに!」

少年「見損なったよ、父上!」

社畜「ま、待ってくれ! 拙者とて一度は断ったでござる!」

嫁「じゃあなぜ、振り込まれているのです!?」

社畜「課長殿より、君にも妻子がいるんだから、といわれて……」

嫁「ああっ……なんということ」

嫁「私たちの存在が、あなた様の社畜道を妨げていたのですね!」

少年「申し訳ありません、父上!」
56:2018/01/23(火) 03:09:28.198 ID:Ul2QmZWn0.net
嫁「ならば、私と息子は共に身投げを致しましょう」

嫁「どうか、お達者で」

少年「あの世で会いましょう、父上!」

社畜「わーっ! ま、待ってくれ!!!」

社畜「妻子に自害されては、さすがの拙者もたまらぬ!」

社畜「明日、労働基準監督署に出向き、拙者に残業代は不要と申し立ててくる!」

嫁「ああ……それでこそ私の愛する良人(おっと)でございます」
57:2018/01/23(火) 03:09:41.109 ID:yBw+MlYM0.net
真の社畜とはいったい
59:2018/01/23(火) 03:12:17.301 ID:Ul2QmZWn0.net
― 労働基準監督署 ―

社畜「……というわけで、拙者に残業代は不要! 分かって頂けただろうか?」

監督官「そういわれてもねえ……」

監督官「労働者には相応の対価が支払われねばならんのですよ」

監督官「でなければ、この世はブラック企業だらけになってしまいますからな」

社畜「たしかに労働者はそうであろう。頑張った分、報われねばならぬ」

社畜「課長殿も、同僚殿も、OL殿も、報われねばならぬ」

社畜「しかし、拙者は社畜! 労働者ではないのだ!」

監督官「むむ、この分からず屋め!」
60:2018/01/23(火) 03:14:26.715 ID:Ul2QmZWn0.net
監督官「お上に逆らうとは笑止千万! 抜けい! この『労働基準刀』で成敗してくれる!」シャキンッ

社畜「応!」シャキン

監督官「ぬあああああっ!」

社畜「はあああああっ!」

ガキィンッ!

監督官「……ぬう」グググ…

社畜「……ぐう」グググ…



二人は鍔迫り合いのまま、一時間以上睨み合った。
61:2018/01/23(火) 03:17:19.865 ID:Ul2QmZWn0.net
監督官「やるな……」

社畜「おぬしこそ……」

監督官「君は絶対に残業代がいらないというのだな?」

社畜「無論。拙者、犬畜生にも劣る社畜ゆえ」

監督官(この誇りを崩すのは不可能と判断した方がよいな。ならば……)

監督官「どうだろう? ここは残業代を、“残飯代”として受け取ってもらえぬか?」

監督官「これならば、君の社畜としての誇りも傷つくまい」

社畜「おお……!」

社畜「分かり申した。監督官殿、ありがたく“残飯代”を頂戴いたす……!」
63:2018/01/23(火) 03:19:28.153 ID:eOYqMf+E0.net
社畜がテーマなのにまともなのが会社だけ…
64:2018/01/23(火) 03:20:14.544 ID:Ul2QmZWn0.net
― 自宅 ―

社畜「残業代を残飯代にしてもらったでござる。これで勘弁してもらえぬか」

嫁「ありがとうございます。これで私どもの誇りは守られます」

社畜「かたじけない」

少年「僕も早く、父上のような社畜になりたいです」

社畜「ならば今の内にしっかり勉強して、体力をつけて、風邪をひくなどもってのほか」

社畜「他人の靴の底を喜んで舐められるような男にならねばならぬぞ」

少年「はいっ!」
65:2018/01/23(火) 03:23:09.779 ID:Ul2QmZWn0.net
― 遊園地 ―

社畜「三ヶ月ぶりの休日なので、“家族さあびす”するでござる」

社畜「といっても拙者はノートパソコンで仕事を致す」カタカタカタ

嫁「私は洗濯物を持ってきたので、家事をいたしますわ」ワシャワシャワシャ

少年「僕は勉強するよ!」カリカリカリ

社畜「うむむ、これではなんのために遊園地に来たのか分からぬな」

嫁「しかし、これでこそ私たち一家なのですよ」

少年「そうですよ、父上!」

社畜「うむ、これぞ我が一家!」
66:2018/01/23(火) 03:24:32.570 ID:paIvNEJH0.net
遊園地で洗濯物畳みwwwww
67:2018/01/23(火) 03:27:28.725 ID:Ul2QmZWn0.net
社畜「今日は楽しかったか?」

少年「うん、楽しかった! 勉強はかどったし!」

嫁「私も楽しかったですわ。遊園地の雰囲気を存分に味わえました」

社畜「拙者も……楽しかった」

社畜(拙者、社畜ゆえ、過労や切腹でいつ死ぬか分からぬ身の上だが……)

社畜(命散らすその時まで、精一杯生きてみせよう)

社畜(拙者の雇い主である会社と……かけがえのない家族のために!)







― 完 ―
68:2018/01/23(火) 03:31:13.012 ID:ViP7dQys0.net
おつ 面白かった
70:2018/01/23(火) 03:31:29.139 ID:Z1WIxXux0.net
乙~
感動をありがとう
社畜「社畜道とは死ぬことと見つけたり」嫁「行ってらっしゃいませ」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516639301