1: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:08:28.72 ID:6PK6A26hO
クリリン「ここですよヤムチャさん」

ヤムチャ「ここか。うまいというお好み焼き屋は」ウィーン

ベジータ「いらっしゃいませー」

3: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:09:36.44 ID:6PK6A26hO
クリリン&ヤムチャ「えっ?」

ベジータ「なんだ貴様等か」

クリリン「えっ?ベジータか?」

ベジータ「二人か?いいから黙ってそこに座りやがれこのクソッタレ」

ヤムチャ「あ、あぁ」

6: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:11:15.59 ID:6PK6A26hO
ヤムチャ「おい、ベジータがいるなんて聞いてないぞ」

クリリン「俺だって聞いてませんよ」

ベジータ「貴様等決まったのか?」

クリリン&ヤムチャ「えっ?」

ベジータ「メニューだ、メニュー。さっさとしないとどうなってもしらんぞ」

クリリン「あ、あぁ。じゃあ俺はこの、関東風お好み焼きで」

ベジータ「…なんだと?もっぺん言ってみろ!」

クリリン「えっ?いや関東風お好み焼きを一つ…」

ベジータ「…そうか広島風お好み焼きだな」

クリリン「ええ!?」

ベジータ「貴様は?」

ヤムチャ「あ、じゃあ俺も広島風お好み焼きで」

ベジータ「ふん!まぁいい。そこで待ってろ。いいな?一歩も動くんじゃねぇぞ」

8: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:11:46.59 ID:6PK6A26hO
ベジータ「待たせたな」

ヤムチャ「これは…」

クリリン「材料…ですよね。」

ベジータ「そうだ。なにか文句あるのか?」

クリリン「えっ?いや、その」

ベジータ「…まさか貴様等作り方がわからないとかぬかすんじゃないだろうな?」

クリリン「えっ?いや、そんな」

ヤムチャ(おい!待てクリリン!)

クリリン(えっ?)

ヤムチャ「あぁすまないベジータ。実は俺達初めてでわからないんだ」

ベジータ「ふん!最初から素直にそういえばいいんだよ。そこでよく見てやがれ糞野郎共」

9: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:12:19.53 ID:6PK6A26hO
ヤムチャ「バカヤロー。死にたいのかクリリン」

クリリン「すいませんヤムチャさん」

ヤムチャ「ここは俺に任せとけ」

ベジータ「さっきからごちゃごちゃとうるさいぞ貴様等!」

クリリン&ヤムチャ「は、はい!」

15: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:17:07.41 ID:6PK6A26hO
>>11の前にこれ書くの忘れてた

数分後

ベジータ「待たせたな。こいつが広島風お好み焼きだ」

クリリン「あ、ありがとう」

ヤムチャ(すげぇ)ゴクリ

ベジータ「なにボサッとしてやがる!冷めないうちにさっさと食いやがれクソッタレ共が!」

クリリン&ヤムチャ「は、はい!」

11: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:13:43.88 ID:6PK6A26hO
クリリン「でもよくわかりましたねヤムチャさん」

ヤムチャ「当たり前だろ。俺達の注文を無視して広島風お好み焼きにしたんだぜ」

クリリン「そうか!なるほど」

ベジータ「喋ってないでさっさと食べやがれ貴様等!後がつかえてるんだぞ!」

クリリン&ヤムチャ「は、はい!」

12: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:14:07.93 ID:6PK6A26hO
ベジータ「ところでそこの元ハゲ野郎」

クリリン「えっ?俺?」

ベジータ「飲み物が欲しくないのか?」

クリリン「えっ?いや俺は別に…」

ベジータ「なんだと貴様!本当闘いはこれからだぞ!」バン!

クリリン「えっ?本当の…闘い?」

ヤムチャ「あ、あぁすまないベジータ、生二つ。それとおかわりな」

ベジータ「ふん!そっちのいけすかねぇ野郎は少しは頭がきれるようだな。少し待ってろ」

13: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:15:04.66 ID:6PK6A26hO
ベジータ「食べ終わったようだな。まぁ地球人にしては上出来だ」

クリリン「ど、ども」

ベジータ「ほらよ、おかわりと生だ」

クリリン「あ、あぁ」

ベジータ「もう作り方は覚えただろうな?」

クリリン「えっ?」

ベジータ「貴様まさかまだ覚えとらんのか?一回で覚えやがれクソッタレが!貴様は脳みそまでハゲてんのか?」

クリリン「………」

ベジータ「まぁいい。今回は特別だからな。次はないと思え」

ヤムチャ(め、めんどくせぇ…)

14: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:15:22.60 ID:6PK6A26hO
そして時は流れて数時間後

クリリン「も、もう食えねぇ」ゲプッ

ベジータ「なんだ貴様等、手が止まってるぞ」

クリリン「あの…お会計で…」

ベジータ「なんだと?…まぁいいだろう。今日のところはこれくらいで勘弁してやろうじゃないか」

ヤムチャ(二度と来るか!)

クリリン「わ、悪いなベジータ」

17: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:18:28.12 ID:6PK6A26hO
ベジータ「貴様等これを持っていきやがれ」

クリリン「これは…」

ヤムチャ「割引券と招待券」

ベジータ「次来るときはカカロット達も連れて来るんだな」

クリリン「いいのかこんなの貰っちまって」

ベジータ「グズグズするなこの糞野郎共が!俺の気の変わらんうちにとっとと受け取りやがれ!」

クリリン「あ、あぁありがとな」

クリリン&ヤムチャ「ごちそうさまでした」

ベジータ「ありがとうございましたー」

終わり

18: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:19:43.49 ID:6PK6A26hO
>>16
期待させてすまないがこれで終わりなんだ

19: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:20:18.38 ID:2aydMT2F0
>>18
もっと書いてくださいお願いします

23: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:35:12.80 ID:6PK6A26hO
じゃあもう少しだけ

数日後

悟空「ここか?ベジータが働いてるところは?」

クリリン「あぁ」

悟飯「早く入りましょうよ。僕お腹ペコペコですよ」

悟天(今日デートなのなぁ…)

ピッコロ「ふん。見物だな」

天津飯「すまない餃子は置いてきた。あいつはお好み焼き苦手でな」

26: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:38:00.88 ID:6PK6A26hO
ウィーン

ベジータ「いってらっしゃいませー。なんだ貴様等か」

悟空「よっ!来てやったぞ!」

ベジータ「いいからさっさとそこに座れ」

クリリン「あ。これこないだの」

ベジータ「わざわざ持ってきたのか。まぁいい。そのかわり今日はそう簡単には帰れんぞ」

悟天(帰りたい)

28: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:46:03.04 ID:6PK6A26hO
ベジータ「さぁさっさと注文しやがれ」

悟飯「じゃあ僕ry」

クリリン「あぁ広島風お好み焼きと生で」

ベジータ「ふん!学習能力はあるようだな。貴様等もそれでいいな?」

ピッコロ「俺は水だけでいい」

悟天(やべ、〇〇ちゃんにメールしとかなきゃ)

29: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:50:05.07 ID:6PK6A26hO
ベジータ「待たせたな。さっさと作りやがれクソッタレ共が」

悟空「わりぃベジータ。おめぇの作ったやつが食いてぇんだけどよ」

ベジータ「!?それを早くいいやがれこの野郎!」

悟飯「ベジータさんが作るんですか?楽しみですね」

悟天「もしもし〇〇ちゃん。ごめんって!うん」

ベジータ「貴様!食事中に電話するやつがあるか!」

悟天「へっ?ご、ごめんなさい…」

31: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:52:48.68 ID:6PK6A26hO
数分後

悟空「ウヒャー!こりゃうまそうだ!いいんか?」

ベジータ「当然だ。さっさと食いやがれ」

天津飯「ではいただくとしようか」

悟飯「うん!うまいですこれ」がつがつ

悟空「………おかわり」がつがつ

悟天(帰りたい…)

34: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 01:57:42.80 ID:6PK6A26hO
さらに数時間後

ベジータ「なに?材料がもうないだと?貴様!あれほど買いだめしとけと言っただろうが糞野郎!」

店長「す、すいません。これでも相当…」

ベジータ「能書きはいい!さっさと買ってきやがれ!」

店長「は、はい!」

悟空「まだかベジータ?」

クリリン「まだ食うのかよ…」

悟飯「当然ですよ。朝抜いてきたんですから」

ベジータ「もういい!俺様が直々に買ってきてやる」

店長「申し訳ありません」

35: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:01:10.26 ID:6PK6A26hO
ベジータ「そういうことだ。しばらくそこで待っていろ」

悟空「オラも行こうか?」

ベジータ「誰が貴様の手など借りるか」

悟天「………」カチカチカチカチ

悟空「でもよう………」

ベジータ「いいから貴様はここで待っていろ!邪魔をするな!」

ピッコロ「孫、ここはベジータに任せておけ」

悟空「仕方ねぇな。気ぃつけろよ」

36: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:06:28.48 ID:6PK6A26hO
さらに数時間後

ベジータ「クソッタレめ。てこづらせやがって」ズッシリ

クリリン「お、おい。大丈夫か?」

ベジータ「人の心配より貴様の腹の心配をするんだな」

クリリン「いや、もう俺は」

悟空「遠慮すんなってクリリン。一緒に食おうぜ」

クリリン「…わかった。少しだけな」

悟飯「でもさすがに他のメニューも食べたいですね」

ベジータ「なにか言ったか?悟飯」ギロ

悟飯「いえ。なにも」

37: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:09:59.47 ID:6PK6A26hO
悟空「いや、ホントうめぇなこれ」がつがつがつがつ

悟飯「クリリンさん、天津飯さん、もう食べないんですか?」

クリリン「あ、あぁ」

天津飯「すまないがここでギブアップさせてもらう」

悟天(もう飽きたよ…)がつがつがつがつ

ベジータ「ふん!地球人共は情けないな」

悟空「そう言うなって。オラ達とはちげぇんだ」

ベジータ「まぁいいさ。三人いれば十分だ。とっとと食いやがれ!」

39: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:15:52.81 ID:6PK6A26hO
さらに時は流れ、数時間後

悟空「いやぁ。食った食った!」ゲプッ

悟飯「はい。ごちそうさまでした」

ベジータ「けっ。材料が底を尽きやがったか。まぁいい。で、お会計は?」

悟空「へっ?これベジータのおごりじゃねぇのか?」

ベジータ「なっ!?誰がおごると言った!さっさと金をよこしやがれ!」

悟飯「でもこんなに持ってませんよ僕ら」

ベジータ「なんだと?それを早く言いやがれよな」

店長「あのぅ…」

ベジータ「仕方ない。貴様等当分ここで皿洗いでもしやがれ!それでいいな?」ギロ

店長「ひっ!か、構いません」

悟空「わりぃベジータ。恩に着るぜ」

悟天「えっ?僕もですかぁ?トホホ」

すいませんもうネタが………

49: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:29:10.21 ID:6PK6A26hO
じゃあもうちょっとだけ

ブルマ「ここがベジータが働いてるところね」

トランクス「あの父さんがお好み焼きを作るなんて…想像できない」ウィーン

ベジータ「いらっしゃい………ブルマ!?それにトランクスまで!」

ブルマ「ヤッホー。来ちゃった」

トランクス「どうも」

52: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:32:49.37 ID:6PK6A26hO
ベジータ「ちっ!そこに座りやがれ」

ブルマ「なによその態度。それが客に向かって言う態度なの?」

トランクス「まあまあ母さん落ち着いて」

ベジータ「ふん!さっさと注文しやがれ」

トランクス「じゃあこの広島風お好み焼きで。母さんは?」

ブルマ「私もそれでいいわ」

ベジータ「ふん!ちょっと待っていろ」

54: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:36:38.95 ID:6PK6A26hO
18号「なんであたしに黙って外食したのさ!」

クリリン「いや、その…はいすいません」

マロン「わーい。お好み焼きー」ウィーン

ベジータ「いらっしゃいませー」

18号「お前は!ベジータじゃないか」

ベジータ「けっ!カラクリ人形かよ。飯食えるのか?」

18号「あたしゃ人間だよ!」

クリリン「だから嫌だったんだ」

56: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:41:20.43 ID:6PK6A26hO
ブルマ「まだー?」

ベジータ「うるさいぞ貴様!少しは待てんのか!」

ブルマ「またそんなこと言う!」

サタン「ここですよブウさん」

ブウ「うまいもの食えるのか?」ウィーン

ベジータ「いらっしゃいませー」

57: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:47:44.21 ID:6PK6A26hO
ベジータ「貴様は!」

ブウ「?」

サタン「お、お前はあの時の…」

ベジータ(そうか記憶がないのか)

18号「ちょっといちまで待たせるき?」

ベジータ「ちょっと待ってろ!…そこに座れ」

クリリン「ブ、ブルマさん!」

ブルマ「あらクリリン君いたの?」

クリリン「どうも」

58: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:53:30.20 ID:6PK6A26hO
ベジータ「で、貴様はなにを頼むんだ?いつものでいいな?」

クリリン「あ、あぁ」

18号「あんた何回も来てるのかい!」

クリリン「そんなに来てないって」

マロン「いつものー」

59: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 02:58:22.60 ID:6PK6A26hO
ベジータ「ちっ!待たせたな」

ブルマ「なに?レディに作らせようって言うの?」

トランクス「僕が作りますよ」

ベジータ「貴様は黙ってそこで見ていろ!」

ブルマ「あら?ベジータが作るの?楽しみね」

ベジータ「ちっ!いちいちうるさいやつだ」

60: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 03:01:37.23 ID:6PK6A26hO
ベジータ「ほらよ。貴様等は勝手に作りやがれ。あいにく俺は今忙しいんだ」

ブウ「どうするんだ?これ?」

サタン「まあまあブウさんは見ていて下さい」

18号「なかなかうまいじゃないのさ」

62: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 03:09:17.18 ID:6PK6A26hO
ブルマ「あら?おいしいじゃない」

トランクス「ホントだ。とてもおいしいです」

ベジータ「ちっ!黙って食べれんのか」

ブルマ「もう照れちゃって」

ブウ「サタン、これまずいぞ」

サタン「おかしいですね。どこで間違えたのか」

ベジータ「貴様、お好み焼きも作れんのか。どいてろ」

サタン「すいません」

64: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 03:13:07.37 ID:6PK6A26hO
ベジータ「こうやってやるんだ」

サタン「………凄い」

ブルマ「おかわり頂こうかしら」

トランクス「あ、僕もお願いします」

ベジータ「ちっ!順番だ待っていろ」

18号「こっちも追加だよ」

ベジータ「次から次へと…」

65: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 03:16:31.40 ID:6PK6A26hO
ブウ「サタン、これうまいぞ」

サタン「本当だ。こんなもの食べたことない」

ベジータ「喋っている暇があるならとっとと食いやがれクソッタレが」

サタン「ひっ!すいません」

ブルマ「私生頂こうかしら」

ベジータ「ちっ!相変わらず下品なやろうだ」

66: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 03:22:36.54 ID:6PK6A26hO
ベジータ「今日は店じまいだ。とっとと帰りやがれ」

もうゴールしていいよね?

71: 名も無き被検体774号+ 2010/05/20(木) 03:50:49.28 ID:S379VnYQ0

砂漠のオアシスだったわ

引用元: ベジータ「いらっしゃいませー」