1:2018/05/03(木) 02:56:57.471 ID:alRl2NYT0.net
― 山 ―

女(たまには登山も楽しいな……)ザッザッザッ

クマ「……」ガサッ

女(ゲ!?)

女(ク、クマだわ! 死んだフリしなきゃ!)バタンッ

クマ「ん?」

クマ「大変だ! 人が倒れてる!」
5:2018/05/03(木) 02:59:01.593 ID:alRl2NYT0.net
クマ「もしもし!」

女「……」

クマ「大丈夫ですか!? 大丈夫ですかぁっ!?」

女(あ~もう、早くどこかに消えなさいよ!)

クマ「返事がない……! どうしよう……! どうすれば息を吹き返すんだ!?」

女(あんたが消えればすぐ息吹き返すっての!)
6:2018/05/03(木) 02:59:11.053 ID:KrwMbWcAr.net
餌かな?
7:2018/05/03(木) 02:59:31.924 ID:h1Iny07sK.net
クマは獲物を仕留めずに踊り食いするからな
9:2018/05/03(木) 02:59:51.731 ID:KrwMbWcAr.net
言葉通じてんなら何も問題ねえじゃねえか
10:2018/05/03(木) 03:00:48.691 ID:alRl2NYT0.net
クマ「生きてるのかな……」サッ

女「……」ドクッドクッ

クマ「心臓は……動いてる。かなり鼓動が早いぞ!」

女「……」

クマ「呼吸は……してる! しかも鼻呼吸か、素晴らしい! 風邪をひきにくいぞ!」

女(うっさい!)
12:2018/05/03(木) 03:02:48.123 ID:alRl2NYT0.net
クマ「生きてると分かってホッとしたけど、これからどうしよう?」

クマ「とりあえず、救急車呼ぶか!」サッ

女(こいつ、なんでクマのくせにスマホ持ってんのよ!)

クマ「もしもし! ……救急です! はい、山に人が倒れてまして……」

クマ「えっ、救急車到着まで一時間もかかる!? こりゃくまったな」

女(うぜえ)
13:2018/05/03(木) 03:03:28.512 ID:7K1gbQ+Wr.net
いい熊さんじゃないか
15:2018/05/03(木) 03:05:01.435 ID:alRl2NYT0.net
クマ「一時間か、どうしよう……」

女「……」

クマ「とりあえず、人工呼吸でもしようか」

女(熊工呼吸だろうが!)

クマ「ん~……」

女(ファーストキスがクマだなんていやぁぁぁぁぁ!!! 絶対くさいいいいいいい!!!)

ブチュッ

女(あっ……)

女(ブレスケアの匂い……クマのくせに……)ンッ…
16:2018/05/03(木) 03:05:40.769 ID:mKT3uklh0.net
ふさふさしてそう
18:2018/05/03(木) 03:07:18.264 ID:alRl2NYT0.net
ピーポー… ピーポー…

救急隊員「お待たせしました! 患者はどちらに!?」

クマ「あそこでまだ倒れてます!」

女(やっと来た……やっとこのクマから解放される……)

救急隊員「クマさん、あなたはどうしますか?」

クマ「もちろん、ついていきます!」

女(くんな!)
19:2018/05/03(木) 03:08:49.421 ID:7K1gbQ+Wr.net
ブレスケアw
20:2018/05/03(木) 03:10:33.383 ID:alRl2NYT0.net
― 病院 ―

女「……」

医者「うーむ……」

ナース「この患者さん、どこも異常はありませんね、先生」

女「当然ですよ!」ガバッ

ナース「きゃっ!? 起き上がった!」

女「だって私、死んだフリしてただけですもん!」

ナース「なーんだ、だったらすぐ退院してもらわなきゃ!」

医者「いや、ちょっと待った」

医者「脳の手術をしよう、今すぐ!」
21:2018/05/03(木) 03:13:06.124 ID:alRl2NYT0.net
女「……ん」

医者「目が覚めたかね」

女「手術は……?」

医者「手術は成功だ」

医者「君の脳には悪性の腫瘍ができていてね」

医者「あれ以上小さいと検査機器では発見できないし、あれ以上大きいと取り除くのが難しくなるという」

医者「絶妙な大きさになっていた」

女「ってことは……」

医者「もし、このタイミングで病院に来てなければ、君の命は危なかったかもしれない」

女「……!」

医者「偶然とはいえ、あのクマに感謝することだ」

女「……はい」
22:2018/05/03(木) 03:15:08.731 ID:alRl2NYT0.net
クマ「あ、手術は成功だったみたいですね」

女「うん……」

クマ「これで、ボクも安心して山に帰ることができます」

クマ「それじゃ……」

女「待ちなさいよ!」
23:2018/05/03(木) 03:18:41.197 ID:alRl2NYT0.net
女「命を助けられたのに何もしないってのは、なんだかスッキリしないわ」

女「お礼ぐらいさせてよ……」

クマ「というと?」

女「私の自宅に寄っていきなさいよ!」

クマ「いいんですか? ボクはクマですよ?」

女「クマだろうがなんだろうが、命の恩人に変わりないわよ」

クマ「女性の家にお呼ばれするなんて初めてで……こりゃくまったな」

女「それ、なんかイラッとくるからやめて!」
24:2018/05/03(木) 03:19:48.908 ID:E596bufIr.net
まさかの展開
25:2018/05/03(木) 03:21:29.481 ID:alRl2NYT0.net
― 女の自宅 ―

女「これからお料理作るけど……なに食べる?」

クマ「お野菜を頂けたら、と」

女「あんた、ベジタリアンなんだ。他には?」

クマ「デザートにはできればハチミツを……」

女「結構ベタなところもあるのね」
27:2018/05/03(木) 03:22:31.307 ID:alRl2NYT0.net
クマ「おや、ヤングジャンプがありますね」

女「漫画が分かるんだ」

クマ「ヤングジャンプは山のふもとのコンビニで毎週買ってますよ」

女「私はキングダム目当てで買ってるけど、あんたの好きな漫画は?」

クマ「またベタだといわれそうですが、やっぱりあれですね」

女(ゴールデンカムイか。クマ出てくるもんね)

クマ「スナックバス江です」

女「よりによってそれかよォ!」
28:2018/05/03(木) 03:24:11.767 ID:alRl2NYT0.net
クマ「それにしても、あの山はかなり険しいというのに、よくあそこまで登れましたね」

女「私、建設現場で働いてるから、体力には自信あるのよ」

クマ「ほう、たくましい」

女「たくましくならなきゃ、やってられなかったのよ。私は一人ぼっちだから」

クマ「あの、ご両親は?」

女「お父さんは仕事人間でいつも家にいなくて、お母さんはそれを支えて死んじゃって」

女「私それに反発して、高校卒業と同時に家出しちゃったの」

クマ「そうだったんですか……苦労なされたんですね」

女「うん……」

クマ「……」

女「……」
29:2018/05/03(木) 03:25:07.022 ID:lN9VZB6h0.net
これ実話?
30:2018/05/03(木) 03:26:05.544 ID:FrNnqq9R0.net
そりゃドキュメンタリーよ
31:2018/05/03(木) 03:27:06.381 ID:alRl2NYT0.net
女「ねえ、しばらくここにいたら?」

女「女の一人暮らしだし、ボディガードが欲しかったのよね」

クマ「クマでよろしければ……」

女「あ、そうだ! どうせならウチの現場で働いてみない?」

女「仕事がきつくてすぐ辞めちゃう人多いし、ちょうど人手が欲しかったのよ」

クマ「熊手でよろしければ……」

女「うっさい!」
32:2018/05/03(木) 03:28:59.288 ID:alRl2NYT0.net
― 現場 ―

女「というわけで、今日から彼をお手伝いさせて下さい!」

クマ「クマです。よろしくお願いします」

監督「よ、よろしく……」

同僚「こりゃすごい新人が入ってきたな……」
33:2018/05/03(木) 03:29:09.355 ID:didh2Z2i0.net
熊手ワロタ
34:2018/05/03(木) 03:30:37.753 ID:alRl2NYT0.net
クマ「よいしょ」ヒョイッ

監督「おおっ、あのでかい鉄パイプを十本もいっぺんに……!」

同僚「すげー! こりゃこのクマがいたら、みんなリストラされちゃうかもな!」

クマ「……」

クマ「あ、あの、やっぱり一本に」ゴトッ

女「遠慮しなくていいから!」
36:2018/05/03(木) 03:32:49.506 ID:alRl2NYT0.net
監督「いやぁ、いい働きっぷりだよ、あんた!」

監督「どうだい、正式に入社しねえか!?」

クマ「いいんですか?」

監督「いやいっそ、俺の代わりに現場監督になってくれ!」

クマ「こりゃくまったな」

女「だから、それやめろって!」
38:2018/05/03(木) 03:35:59.306 ID:alRl2NYT0.net
女とクマの楽しい日々は続いた――

監督「今月分の給料だ!」

クマ「ありがとうございます!」

女「初給料で何買うの?」

クマ「貯金します」



子供「わ~い」キャッキャッ

幼女「クマさんだぁ~」キャッキャッ

クマ「わわっ!」

女「ふふっ、近所の子供からもすっかり人気者ね」
41:2018/05/03(木) 03:38:15.886 ID:OY1TGsjxr.net
堅実やな
42:2018/05/03(木) 03:39:24.547 ID:alRl2NYT0.net
……

― 役所 ―

役人「ようこそ来てくれました」

マタギ「用件は……なんだ?」

役人「実は……近頃この町にクマが出没しているという情報があるのです」

役人「ろくに事件もないこの町で、クマ退治という大仕事を成し遂げれば、私の出世も間違いなし!」

役人「ぜひともあなたの手で、退治していただきたい!」

マタギ「いいだろう……」

マタギ「久しぶりに俺の猟銃が火を吹く時が来たようだ」ジャキッ
43:2018/05/03(木) 03:41:03.418 ID:alRl2NYT0.net
スタスタ…

女「今日も疲れたわねー。監督ってば、私達をこき使いすぎよね」

クマ「ですが、あと少しであのビルも完成……」





――ズドンッ!!!
44:2018/05/03(木) 03:42:01.438 ID:hU9SBTdz0.net
えぇ…
46:2018/05/03(木) 03:43:15.552 ID:alRl2NYT0.net
シュゥゥゥゥゥ…

女「きゃあっ!?」

クマ「これは……銃弾!?」



マタギ「今のは宣戦布告の一発……」ジャキッ

マタギ「クマよ……。マタギとして、貴様を狩らせてもらう」

役人「フハハハハッ! 町の平和を脅かす侵略グマよ!」

役人「正義の鉄槌を受けるがいい! 我が出世の礎になるがいい!」
47:2018/05/03(木) 03:43:33.550 ID:weHvUb4Q0.net
いやぁあああああああああああぁぁぁ
48:2018/05/03(木) 03:45:07.047 ID:alRl2NYT0.net
クマ「くっ……!」サッ

マタギ「無駄だ……俺は狙った獲物は絶対外さない」

マタギ「どんなに素早く動こうと、な」

クマ「どうやら……ここまでのようですね。抵抗はしません」

マタギ「なかなか潔いクマだな」

クマ「大暴れして、皆を巻き込む方が嫌ですので」

マタギ「なるほど……ならば一発で楽にしてやろう……」ジャキッ
49:2018/05/03(木) 03:46:25.126 ID:alRl2NYT0.net
女「やめてぇっ!!!」バッ

クマ「あっ!?」





マタギ「――む!?」
51:2018/05/03(木) 03:48:20.710 ID:alRl2NYT0.net
女「お願い、このクマを殺さないで!」

女「このクマはとても優しいし、働き者だし、子供にだって人気なの!」

女「なにより……私の命を救ってくれたの!」

役人「知るかボケェ! 山から下りてきたクマは例外なく射殺される運命なんだよォ!」

クマ「そうです。ボクはいつかこうなることを覚悟してきました」

クマ「危ないから、ボクの前からどいて下さい!」

女「嫌っ!」

マタギ「……」

マタギ「!?」
52:2018/05/03(木) 03:50:28.586 ID:alRl2NYT0.net
マタギ「お前は……まさか娘か?」

女「あっ、あなた……お父さん!?」

マタギ「家出したお前と……こんなところで会えるとはな」

女「お父さんも相変わらず……狩人として働いてたのね。お父さんらしいや」

マタギ「母さんとお前にはすまないことをした……」

女「ううん、もういいよ……。私も働くことの大変さを学んだし……」



クマ(この二人、父子だったのか……!)
55:2018/05/03(木) 03:52:29.347 ID:alRl2NYT0.net
女「だけど一つだけワガママ聞いてくれる?」

マタギ「なんだ?」

女「このクマは悪いクマじゃないの! お願い、見逃してあげて!」

マタギ「……」

役人「おい、何をやっている! 早くクマを頃せ!」

役人「クマを駆除すれば私は出世しまくりだし、クマの毛皮は高く売れる! クマ肉は珍味!」

役人「盾になってるその女ごと、害獣をブチ頃せぇぇぇぇぇ!!!」

マタギ「……了解した」スッ

女「お父さん!」
57:2018/05/03(木) 03:55:24.888 ID:alRl2NYT0.net
マタギ「……」ジャキッ

役人「!? ――な、なぜ私に銃口を!?」

マタギ「あのクマとアンタだと……アンタの方がよっぽど獣に見える」

役人「う、ぐっ……! 一理ある!」

役人「くそぉぉぉぉぉぉっ!!!」シュタタタタタッ

マタギ「それに……娘の恩人を撃つことなどできんさ」

女「お父さん……!」

クマ「ありがとうございます……」
60:2018/05/03(木) 03:58:05.811 ID:alRl2NYT0.net
クマ「それにしても、なんて危ないことを!」

クマ「ボクの盾になろうとするなんて、銃弾が発射されてたらどうするんです!」

女「だって私……」

女「あんたのこと、好きになっちゃったんだもの!」

クマ「え……」

女「命をかけて守りたくなるくらい、好きになっちゃったの!」

クマ「そりゃボクだってあなたのこと……しかし、ボクはクマですよ?」

女「クマでもいい!」
63:2018/05/03(木) 04:00:18.144 ID:alRl2NYT0.net
女「お願い……私とずっと一緒にして! 伴侶として一緒に暮らして!」

クマ「ボクでよろしければ……」

マタギ「フフッ……義理の息子がクマってのも面白いな。お前は立派なマタギにしてやろう!」

クマ「こりゃくまったな」







― END ―
64:2018/05/03(木) 04:00:41.241 ID:+rqygaFf0.net
ネタしかないのにちょっと王道なのが面白い
66:2018/05/03(木) 04:00:59.776 ID:gctEjVCWa.net

いい話だった
67:2018/05/03(木) 04:01:04.701 ID:5daAnxTW0.net
68:2018/05/03(木) 04:02:27.002 ID:cP9rf2gEr.net

くまったなら仕方ない
70:2018/05/03(木) 04:03:04.789 ID:weHvUb4Q0.net

ところどころのテンポのよさが好き
74:2018/05/03(木) 04:05:14.084 ID:Xr/KGyYfK.net
しかし孫の顔は拝めない
75:2018/05/03(木) 04:06:05.117 ID:aiI80H0Rd.net
>>74
そりゃくまったことになったな
79:2018/05/03(木) 04:17:19.869 ID:bmvi9TYnd.net
オチがいい
女「クマだわ! 死んだフリしなきゃ!」クマ「大変だ! 人が倒れてる!」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1525283817