1:2018/06/02(土) 03:13:13.121 ID:2GfPt/P50.net
この国では、身分が最下層の民は人として扱われず、“奴隷”として気軽に売買され、

見世物にされたり過酷な労働を強いられていた……。





奴隷商人「ヒ~ッヒッヒ、そろそろ作物の収穫などがあるから、奴隷を売るのにもってこいの季節だ」

奴隷商人「さっそく奴隷を捕まえる業者に、奴隷を発注するとするか」

奴隷商人「人数は……10人くらいでいいだろ」
3:2018/06/02(土) 03:16:20.732 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「えーと、発注書は、と」

奴隷商人(これに人数を書けば、業者がそれだけの奴隷を揃えてくれるんだ)

奴隷商人(そういや、こないだの奴隷は美人だから10000Gで売れて、おいしい仕事だったなぁ)サラサラッ

奴隷商人(また、ああいう仕事ができりゃいいが……)

奴隷商人「書けた! すぐ発注しよう!」
4:2018/06/02(土) 03:16:34.607 ID:bRTArfbd0.net
商品見定めずに買うのかよ
5:2018/06/02(土) 03:18:13.242 ID:2GfPt/P50.net
すると――

業者「毎度、奴隷を連れてきました~」

奴隷商人「ご苦労さ……え!?」


ウジャウジャウジャ…


奴隷商人「ちょっと待て! 何人いるんだよ、これ!」

業者「一万人ですけど」

奴隷商人「一万!?」
6:2018/06/02(土) 03:19:07.960 ID:rp7mUZaM0.net
一万もの新規の大量発注なんて普通は電話で確認するけどな
7:2018/06/02(土) 03:20:14.907 ID:Anb7xBSf0.net
ひぃん
8:2018/06/02(土) 03:20:33.296 ID:vlfYM6ke0.net
会 社 説 明 会
10:2018/06/02(土) 03:21:05.583 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「ふざけんな! こんなにいるか!」

業者「といわれても、発注書に“10000人”と書いたのは、あなたですよ?」ピラッ

奴隷商人「あ……!」

奴隷商人(あの時、10000Gがどうこうって考えてたから、それで思考が混ざって……!)

奴隷商人「いやだけど、常識で考えれば一万はおかしいって分かるだろ!」

業者「知りませんよ。こっちは発注通りの奴隷を集めるのが仕事ですから」

業者「もし買い取ってもらえなければ、しかるべきところに訴えることになりますよ?」

奴隷商人(まずい、奴隷商はハイリスクハイリターン!)

奴隷商人(こういう掟を破ったら、待つのは――)

奴隷商人「わ、分かった! なんとか買い取らせてもらうよ!」
12:2018/06/02(土) 03:22:14.347 ID:H+8uVDYgr.net
やっちまったな
14:2018/06/02(土) 03:23:33.917 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人(全財産はたいて、値切りまくって、どうにか一万人購入したけど……)

奴隷商人(どうすりゃいいんだ、これ……)


ウジャウジャウジャウジャウジャ…

ワイワイワイワイワイ…


奴隷商人(ていうか、よく集めたよな。あの業者も)

奴隷商人(ええい、値段をめちゃくちゃ安くしてでも、一万人完売するしかない!)
15:2018/06/02(土) 03:25:08.606 ID:HD4gca4wM.net
もはや国である
16:2018/06/02(土) 03:25:29.629 ID:bRTArfbd0.net
1万ともなると維持費で破綻するレベルだな
17:2018/06/02(土) 03:25:35.304 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「いらっしゃーい、いらっしゃーい!」

奴隷商人「奴隷はいかがですか~?」

奴隷商人「今ならお買い得ですよ~! なんと10人で100Gだ! 100人なら500G!」


ヒソヒソ…

「ねえ、どうするぅ?」

「いくらなんでも安すぎる。きっと質が悪いんだ」

「質の悪い奴隷を買うと、しつけが大変だものねえ」

「やめとこう、安かろう悪かろうだよ」


奴隷商人(なぜだ!? なぜ一人も売れない!?)
18:2018/06/02(土) 03:26:36.637 ID:rsOaZvon0.net
1万も集結してるのに反乱起こさない奴隷
21:2018/06/02(土) 03:28:05.875 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「はぁ~……どう捌けばいいんだ、この大量の在庫……」

奴隷商人「このままじゃワタシは破産だぁ……」

おっさん奴隷「まあまあ、一人ずつ地道に売っていこうじゃねえか!」

奴隷少女「そうです! 諦めちゃダメです!」

奴隷商人「うるさい! 奴隷に励まされるほど落ちぶれちゃいない!」

奴隷商人(いや、落ちぶれてるか……)
25:2018/06/02(土) 03:30:32.129 ID:2GfPt/P50.net
ワイワイ… ガヤガヤ…

おっさん奴隷「奴隷商人は憎むべき相手だが、今回のケースはちょいと気の毒だな」

奴隷少女「そうですね、このままじゃ首を吊るしかありませんよ」

おっさん奴隷「なーんで、こんな人数発注しちまったんだか」

奴隷少女「どうしますか?」

おっさん奴隷「あいつが死んだら、俺らの立場も宙ぶらりんになっちまうしなぁ」

おっさん奴隷「よし、みんなで一肌脱いでやるか!」

オーッ!!!
26:2018/06/02(土) 03:32:30.707 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人(全財産10G……今日晩飯どうしよ……)

奴隷商人「ん?」

ジャラッ…

奴隷商人「なんだ、この小銭の山は……」

おっさん奴隷「俺たち全員で集めてきたんだ!」

奴隷少女「チリも積もれば山になる、というやつです!」
27:2018/06/02(土) 03:34:52.273 ID:2GfPt/P50.net
おっさん奴隷「こんだけありゃ、とりあえず飯はなんとかなるだろ?」

奴隷少女「頑張って私たちを売って下さい!」


ウジャウジャウジャウジャウジャ…

ガンバレー! アキラメルナー! ジサツハダメダゾ!


奴隷商人「お前たち……!」ジーン…
28:2018/06/02(土) 03:37:08.866 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「ありがとう……」

おっさん奴隷「いいってことよ!」

奴隷商人「だけど、これだけじゃ一万人ものお前たちを養うことはできない……餓死させてしまう」

奴隷少女「それは……そうですね」

奴隷商人「だからワタシは勝負に出る!」

奴隷少女「勝負?」

奴隷商人「そう、小麦や小豆に手を出す!」
30:2018/06/02(土) 03:39:57.837 ID:2GfPt/P50.net
おっさん奴隷「まさかの先物取引かよ……」

奴隷少女「大丈夫なんですか?」

奴隷商人「ふふふ、任せておけ!」

奴隷商人「これでも、奴隷商になる前は≪相場の魔術師≫と恐れられていたのだ!」

おっさん奴隷(うわぁ~……)

奴隷少女(すごく不安です……)

…………

……
33:2018/06/02(土) 03:42:58.026 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「よっしゃあ、億万長者になった!」

ジャラジャラジャラ…

奴隷少女「すごいです! ≪相場の魔術師≫の異名は伊達じゃありませんでしたね!」

おっさん奴隷「なんで奴隷商人になったのか分からないレベルだぜ!」

奴隷商人「人間、一つの山を登りきったら、別の山に登りたくなるものさ」

奴隷商人「この金で、ワタシとお前たち一万人が暮らす豪邸を建てるぞ!」
34:2018/06/02(土) 03:44:17.868 ID:JzO7gMkM0.net
そこ省くのかよ
35:2018/06/02(土) 03:44:50.577 ID:BOjtA/BDr.net
この奴隷商人すげえ
37:2018/06/02(土) 03:45:15.339 ID:2GfPt/P50.net
しばらくして――

奴隷商人「どうだね、豪邸での暮らしは?」

おっさん奴隷「ワインがうめえぜ!」

奴隷少女「今日もプールでいっぱい泳いじゃいました!」

奴隷商人「他の9998人も楽しそうでなによりだ」

ワイワイ… ワイワイ…

奴隷商人「よし、今日はみんなで海に行ってバーベキューしよう!」

ワーイ!
41:2018/06/02(土) 03:46:45.442 ID:sQz/jSEU0.net
ハッピーエンドになっててわろた
43:2018/06/02(土) 03:47:21.467 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「しかし、こうして町を歩いてると……」


市民「オラッ、サボらず働け!」ビシッバシッ

奴隷A「ひいい……!」


興行主「人間が飛び降りるところをみんな見たいんだよ! さっさと飛べ!」

奴隷B「で、できません! 死んじゃいます!」


奴隷商人「あちこちで奴隷たちが悲惨な目にあっている……」

奴隷商人(今までワタシはなにも考えず、儲かるために奴隷を売っていたが……)

奴隷商人(売られた先で彼らはこんなひどい目にあっていたのか!)
44:2018/06/02(土) 03:47:27.028 ID:HDS868xRM.net
結局一人も売れてないやん
48:2018/06/02(土) 03:49:19.245 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「みんな!」

ザワ…

奴隷商人「バーベキューは中止だ!」

奴隷商人「今日は予定を変更して、国王陛下のもとに奴隷制度廃止の嘆願をしにいく!」

おっさん奴隷「マジかよ!」

奴隷少女「だけどどうやって?」

奴隷商人「一万人……いや10001人で城まで行進するんだ!」

オーッ!
49:2018/06/02(土) 03:49:23.195 ID:HD4gca4wM.net
1万1人のクラス豪邸ってそれもう豪邸ってレベル超えて街か国だろ
52:2018/06/02(土) 03:51:28.485 ID:2GfPt/P50.net
ザッザッザッ…



兵士A「な、なんだありゃ?」

兵士B「商人っぽい奴が奴隷を率いて行進してるぞ!」

兵士A「どうする? 止めるか?」

兵士B「あんな人数をか? とても無理だ! 城の常駐兵だってせいぜい1000人ぐらいだぞ!」
53:2018/06/02(土) 03:52:59.878 ID:2GfPt/P50.net
大臣「陛下、大変でございます!」

国王「なんだ、騒がしいぞ」

大臣「奴隷たちが、陛下に会いたいと城に行進してきています」

国王「そのような輩、蹴散らせばよいではないか」

大臣「それが、蹴散らすには人数が多すぎるのです」

国王「ほう、面白い……いったい何人だ?」

大臣「ざっと一万人」

国王「一万人!?」
56:2018/06/02(土) 03:55:13.172 ID:2GfPt/P50.net
ウジャウジャ… ウジャウジャ…

国王(うわ……マジで一万人ぐらいいるじゃん)

奴隷商人「陛下」

国王「は、はいっ!」

奴隷商人「身分が低い最下層民を人扱いせず、奴隷にする今の制度は間違っています!」

奴隷商人「今こそ、奴隷制度の撤廃を!」

おっさん奴隷「撤廃を!」

奴隷少女「撤廃を!」

国王「わ、分かりました! 撤廃します!」
60:2018/06/02(土) 03:58:18.432 ID:j5bq4ccz0.net
展開速すぎてワロス
61:2018/06/02(土) 03:58:29.585 ID:2GfPt/P50.net
奴隷商人「さぁ、これでみんなはもう奴隷じゃない! ワタシたちは平等だ!」

おっさん奴隷「ありがとう!」

奴隷少女「ありがとうございます……!」

奴隷商人「礼なんていらないさ。だってワタシたち一万人は、家族なのだから!」

ワァッ!!!




一連の出来事は、伝記にはこうつづられている……。

奴隷商を続けるうちに良心に目覚めた商人は、呼びかけて集まった一万人の奴隷と共に城まで行進し、

王に奴隷制度廃止を訴えた、と。

奴隷商人は≪一万人の父≫≪奴隷解放の革命者≫と呼ばれ、生涯親しまれたと……。
62:2018/06/02(土) 03:58:46.578 ID:5m/lcgTr0.net
嘆願よりかはクーデターでワロタ
63:2018/06/02(土) 04:00:23.917 ID:2GfPt/P50.net
店長「……というわけさ」

女店員「感動しました!」

店長「私は彼の末裔なのだが、先祖であるこの商人を誇りに思うよ」

店長「こうして大型書店の店長になれたのも、彼の商才を受け継いだからかもしれない」

女店員「私もです!」

女店員「私のご先祖は奴隷身分だったらしいんですが、もしこの人がいなければ」

女店員「こうして私と店長が肩を並べて話すことはできなかったかもしれませんね」

店長「そうだな」

女店員「ですが、店長……」
65:2018/06/02(土) 04:03:00.284 ID:2GfPt/P50.net
女店員「どうすんですか、この伝記!」

女店員「10冊でいいところを10000冊も発注しちゃって! これを完売するなんて無理ですよ!」

店長「う~ん、やっちまったなぁ……」

店長「なんでか知らないけど、うちの一族はこういうミスをやらかす人間が多いんだよなぁ……」







― 完 ―
69:2018/06/02(土) 04:04:01.651 ID:bRTArfbd0.net
おつ
75:2018/06/02(土) 04:05:48.173 ID:5jRdpx3d0.net
おつ
78:2018/06/02(土) 04:06:31.731 ID:TuFCtaNS0.net
面白かった乙
84:2018/06/02(土) 04:09:29.797 ID:O7b2PZmDr.net
うっかりも遺伝したか…乙
奴隷商人「やっべえ、奴隷を大量に誤発注しちまった!」
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1527876793