1: 2012/03/25(日) 18:24:42.53 ID:SXdoK1HS0
「ラインしか経験ないのに営業なんて無理だし……困ったわぁ……」

5: 2012/03/25(日) 18:29:00.40 ID:SXdoK1HS0
カタカタ


水銀燈「はぁ……」


めぐ「どうしたの水銀燈?」

水銀燈「え……あらめぐ、起きてたの?」

めぐ「ええ……今日は天気がいいし、たまにはね……それより顔が暗いわよ、どうしたの?」

水銀燈「いえ、ね……」

めぐ「ん、あら……」



☆未経験大歓迎!大西建託 
働いた分だけ成果報酬としてバックします!月収100万以上可!


めぐ「これ……リクナビね?就職先探してるの?」

水銀燈「ええ……でもいいのがなくて……」

6: 2012/03/25(日) 18:29:32.56 ID:8WdlaGQi0
銀様はラジオのDJの経験もあるだろ

10: 2012/03/25(日) 18:33:08.57 ID:SXdoK1HS0
水銀燈「でもよくリクナビの事知ってたわねぇ、めぐったら」

めぐ「ええ、ネットサーフィンしてると変な知識がつくのよ」

水銀燈「そう……」

めぐ「ちょっと、そんなに落ち込まないで。えいっ」


ムニッ

水銀燈「キャア!」

めぐ「ほれほれ」


ムニムニ

水銀燈「あっ、ん、んあ……や、やめて、あはは、あはひゃひゃは」

めぐ「ほら、やっぱり笑ってる方がいいわよ、貴女」

水銀燈「はぁはぁ……わ、分かったわよ……」

めぐ「それで?本題に戻るけど、どんなトコ探してるの?」

12: 2012/03/25(日) 18:36:19.81 ID:SXdoK1HS0
水銀燈「どんなトコって?」

めぐ「ほら、色々あるでしょ。アルバイトがいいのか、どこらへんで働きたいか、とか。
   お給料だって希望額があるでしょう」

水銀燈「え、えぇ……まあ……」


めぐ「ね、私ちょっとおトイレ行ってくるから、くつろぎながらのんびり考えてみたらどう?」

水銀燈「そうねぇ……ちょっと色々アレしてみるわぁ」

14: 2012/03/25(日) 18:41:20.83 ID:SXdoK1HS0
トイレ


めぐ「ふぅ……まさか水銀燈が職場探ししてるなんてね。なんか意外だわ」

めぐ「お人形だから、衣食住、まあ住むトコはともかく、食べ物とか別に困らないのかと思ってたけど
   そうでもないのかしら……」

めぐ「ていうか、そもそも、お人形が働ける場所なんてあるのかしら……」

めぐ「……」





病室


水銀燈「う~ん……」

水銀燈「ええと、やっぱり経験が生かせる場所がいいわよね。私ももうそんなに若くないし……」

水銀燈「勤務先は、別に東京じゃなくてもいいんだけど……」

水銀燈「あ、お人形だから、潮風の強い日本海側とか、太平洋側はいけないわね」

水銀燈「内陸か、海沿いなら瀬戸内かしらね……」

15: 2012/03/25(日) 18:47:38.69 ID:t+srkzZ+0
ガチャリ


めぐ「ただいま。少しはまとまった?」

水銀燈「ええ、ちょっと自分の要望を洗い出してみたわ。見てもらえない?」

めぐ「私が見てもあんまり参考にならないと思うけど……」

水銀燈「いいから」

めぐ「どれどれ……」




経験した業種  精密機械加工業 5年
経験した職種  生産ライン・製造部 2年
                 工務部 3年

希望額……とりあえず生活出来るほど

転勤はOK アリスゲームに遅刻しない範囲


水銀燈「どう?」

めぐ「う、う~ん……(どうと言われても……)」


16: 2012/03/25(日) 18:53:20.95 ID:t+srkzZ+0
めぐ「えっと、私には工務部とか精密機械加工とかよく分かんないけど、
   とりあえず、なんかそういう工場の仕事がいいの?」

水銀燈「……そうね、あんまり営業とか、外回りの仕事は向いてないと思うのよね」

めぐ「(まあ人形が「お世話になります」とか名刺出してきたら悲鳴上げて逃げるわね……)」

水銀燈「どう??なんかありそう?」

めぐ「(困ったわね……本当、困ったわ……)」



ガチャリ

???「こんにちは~かしら」

17: 2012/03/25(日) 18:56:15.87 ID:t+srkzZ+0
めぐ「あら」

水銀燈「えっ?」

金糸雀「お久しぶりね水銀燈!」

水銀燈「かっ、金糸雀!!!」


看護婦さん「めぐちゃ~ん、食事持ってき……ギャーーーーーーーーーーー!!!!
      に、ににいにに人形がががうううう動いてギャーーーーー!!!!!」



ドシャーンガッシャンドッスンバッタンガシャガシャガシャ


金糸雀「……」

水銀燈「……」

18: 2012/03/25(日) 18:57:14.54 ID:QkxUbigi0
ローゼンとはまた懐かしい

19: 2012/03/25(日) 18:59:47.55 ID:t+srkzZ+0
めぐ「す、水銀燈……知り合い?」

水銀燈「え、ええ……何の用よ、金糸雀」

金糸雀「何の用って、なんか真紅がアリスーゲームするから集合かけろって言ってるかしら!」

水銀燈「えっ、真紅が……?」

金糸雀「さあ、行くわよ、ほら早くして!」

水銀燈「ちょ、ちょっと待ちなさいよ、私は今それどころじゃないのよ」

金糸雀「私たちにアリスゲーム以上に大事なことなんてあったかしら!?」

水銀燈「あるわよ!そりゃ!」

金糸雀「何よ、言ってみるかしら!」

水銀燈「じ、実は……かくかくしかじか」

20: 2012/03/25(日) 19:03:06.60 ID:t+srkzZ+0
数分後


金糸雀「ふんふん……なるほど、つまり水銀燈は、大関6人は多すぎるから、琴欧洲か琴奨菊を
     クビにするよう相撲協会に抗議しにいく、という訳ね」

水銀燈「全然違うわよ!それは貴女の不満でしょ!私は就職先を探してるの!」

めぐ「ね、ねえ二人とも、ここは病室だから……もう少し静かにして……ね?」





ガチャリ


???「えっと、ここかな?カナ、カナ~」

22: 2012/03/25(日) 19:07:08.04 ID:t+srkzZ+0
金糸雀「あっ、みっちゃん」

水銀燈「えっ?」

みつ「やあ~、ごめんごめん迷っちゃって」

めぐ「あら!?草笛さんじゃない!」

みつ「やっほーめぐちゃん。お久しぶりぃ。ちょっと暇だったから寄って……ん?」

水銀燈「な、何よ、じろじろ見ないでよ」

みつ「あれ……カナ、めぐちゃん、このコ、ローゼンメイデン?動いてるけど……」

めぐ「えっ、ええ……(私言ってなかったかな)」

金糸雀「そうよ、このコは水銀燈。私の唯一のお姉ちゃんかしら!確かカメラの部品工場かなんかに勤めてる
      ちゃんと自活してる偉いコなのよ!」

水銀燈「(今はちょっと事情が違うけどね……」

23: 2012/03/25(日) 19:11:44.71 ID:t+srkzZ+0
十分後





水銀燈「というわけで……今再就職先を探してるのよぉ」

みつ「へえ~、そうなんだ~、ふぅーん……人形が就職活動って、なんかシュールねぇ……」

めぐ「そ、そうね……まあ時代は変わるものだし」

金糸雀「まあみっちゃんも働いてるんだし、良かったら色々アドバイスして貰うといいかしら」

水銀燈「そうね、みっちゃん……だったかしら……」

みつ「ええ」

水銀燈「ちょっと相談に乗ってもらえない?もし時間があれば」

みつ「え、ええ、いいわよ……」



24: 2012/03/25(日) 19:16:14.54 ID:t+srkzZ+0
水銀燈「……というわけで、それが私の希望よ、とりあえずね」

みつ「……」

水銀燈「どう?どっかいいところありそう?」

みつ「どうかしらね……勤務地にこだわらないのなら、全国どっかには人手が欲しい製造工場があるでしょうし、
   それこそ東京湾中探せば、まだ求人はそれなりにあるでしょうけど……」

水銀燈「千葉にコスモ石油があるでしょう、あそこは?」

みつ「え、いや……あそこはデカい会社だし……その……」


めぐ「デカい会社だと、お人形なんて雇ってもらえないんじゃ……」

水銀燈「……」

みつ「う、うん……」

27: 2012/03/25(日) 19:22:01.77 ID:t+srkzZ+0
水銀燈「じゃ、じゃあ、それこそ東北の原発は?」

みつ「潮風が強いとこはダメなんでしょ?それに放射性物質はともかく、
   今スーパーゼネコントップ3が総力挙げてガレキやら原発やら
   取り組んでるでしょ。現地は物凄いハードな仕事らしいわよ」

めぐ「確か40歳以上、結婚して子どもがいる人をピックアップして、
   原発対策の設備作らすために東北に集めてるんだっけ?」

みつ「そう、放射性物質対策でね。若いコは行っちゃダメだって。
   原発に関わらないところなら、友達の警察官のコも行って交通規制の人手に
   回されてたりしたけど」


水銀燈「な、なんかすごい大変そうなのね……」

みつ「まあ右翼やヤクザ相手に渡り合ってるゼネコンの現場監督ならともかく、
   貴女みたいなお人形さんが行く場所じゃないわ」

28: 2012/03/25(日) 19:26:25.50 ID:t+srkzZ+0
水銀燈「やっぱりないのかしら……」

金糸雀「す、水銀燈……そんなに落ち込んじゃダメかしら」

みつ「そ、そうよ。探せばどっかには仕事があるわよ!」

水銀燈「う、うん……そうね、簡単にめげてちゃダメよね」

めぐ「でも、今更こんな事聞くの野暮だけど、なんでそんなに就職先探してるの?」

水銀燈「……」

めぐ「あ、あれ……聞いちゃいけなかったかな?」

水銀燈「実は……ウチの会社もリーマンショックの影響で売上げが落ち込んじゃってね。
     今勤めてる工場も50人切れっていう話で……」

めぐ「そ、そう……」

みつ「(リストラ決定なのね……)」

31: 2012/03/25(日) 19:31:48.83 ID:t+srkzZ+0
みつ「営業職じゃ、やっぱダメなの?」

水銀燈「そうね……ていうか、私が

    『初めまして、この度御社の担当になりました、第一ドールの水銀燈と申します』とか、
    『今ここらへんのマンションに、モデルルームの見学会のご案内を……』とかって
  
    言いながら名刺を差し出してもオカルトでしょ?」


みつ「……そうね、間違いないわ……」

めぐ「……」

みつ「でも、そうなると、大手はダメね、生産ラインだと言っても。もっとニッチな商売して、この時代に儲けてる会社じゃないと、雇ってくれないでしょうね」

水銀燈「ダメ……?私、どうしても働きたいのよ」

めぐ「……ねえ、水銀燈、そういえば、どうしてそんなに働きたいの?」

33: 2012/03/25(日) 19:33:14.23 ID:Gl2tQb7X0
ジャンクですら働こうとしてるのにお前らときたら・・・

34: 2012/03/25(日) 19:42:21.24 ID:t+srkzZ+0
水銀燈「えっ?」

めぐ「ほら、だって貴女お人形でしょ?何か食べなくても生きていけるし、
   お洋服だって今着てるやつになるでしょ。住むところが問題なのかもしれないけど、
   それならあたしのトコに居ればいいじゃない」

水銀燈「そ、それは……」

みつ「確かにね……」

めぐ「何なら、今景気が悪いんだから、こんな時代にさっさとオサラバしちゃっても……」

水銀燈「!!そんな事言わないで!めぐ」

めぐ「えっ」


水銀燈「お願い……そういう事は言わないで」

めぐ「ご、ごめんなさい……」




37: 2012/03/25(日) 19:55:23.34 ID:t+srkzZ+0
みつ「ま、まあまあ、二人とも。気を取り直して、就職の話に戻りましょ。ね?」

めぐ「そ、そうね……」

水銀燈「……」

みつ「で、就職活動の話なんだけどさ、えっと……何て呼べばいいのかな」

水銀燈「『水銀燈』でいいわよ」

みつ「え~っ、長いよ。わたしだってカナの事カナって呼んでるし、銀ちゃんて呼ばせて」

水銀燈「ぎ、銀ちゃん!?」

みつ「いいじゃない減るもんじゃなし。それでね銀ちゃん、いい職場探しだけど」

水銀燈「(な、なんか調子狂うわぁ……)」


38: 2012/03/25(日) 19:56:08.10 ID:t+srkzZ+0
みつ「コネで探したらどうかしら?」

水銀燈「コネ?」

みつ「そうよ。知り合いのツテとか。あ、別に私に聞いてくれれば探すし。
    うちの会社は、どうしてもBtoCの仕事だから難しいんだけど、
    ツテを辿っていけば、より可能性は開けると思うの」

めぐ「……確かに、ただ闇雲にネットとかで探すよりはいいかもね」

みつ「そう、その通り。たとえばリクナビなんかは、一ヶ月の掲載料が、確か100万とかするのよ。
    その分、順調でいい会社こそがリクナビに掲載するわけだし、ネット環境が整ってる人が応募するから、
    売り手買い手ともクオリティが比較的高いんだけど」

金糸雀「載せない会社もある、というわけかしら?」

みつ「そうよ、地元の別会社がやってる就職情報サイトとか、それこそそういうのに載せない
    会社もある」

水銀燈「へぇ~」

みつ「そしてここからが大事なのよ!銀ちゃん!」

水銀燈「!?」


40: 2012/03/25(日) 20:05:32.11 ID:t+srkzZ+0
みつ「こないだこんな話があったの。ウチの副社長が

   『知り合いの製紙会社で、一人定年退職が出るから、どっかイキのいい若手を探してる。
    草笛さん知らないか?』
   
   てね」

水銀燈「はぁ」

みつ「そこはね、まあ今話題沸騰のキング製紙とかプリンス製紙とか四角住製紙とか、
   そういうおっきな会社じゃなくて、それらの間を縫って、ニッチに仕事してる、30~40人くらいの規模の会社だったわ」

金糸雀「へぇ~。それでそれで?」

めぐ「面白そう。続き聞かせて」

42: 2012/03/25(日) 20:14:00.89 ID:t+srkzZ+0
みつ「地元の人しか知らないような会社よ。ホント。でね、募集条件聞いて頂戴。私ビックリしたわ」

水銀燈「どんな感じだったの?」

みつ「それがね、


   ・生産管理
   ・土日は完全週休2日
   ・家賃半分負担
   ・通勤費は、距離により5000円~15000円の負担
   ・総支給額245000~  年次ボーナス2回 各2.2か月分ずつ
   ・定時は8時15分~17時。大体生産管理だと8時くらいに来て17時半に帰る


水銀燈「……夢みたいな給料ね」

みつ「そう、だから誰も辞めない。募集する必要もない。ニッチな商売だから景気に左右されない。
    競争相手もいないから、客とのやり取りも慣れたら楽。単価も下がらないから給料もいい」

水銀燈「すごいわぁ……でも誰もやめなかったって事は、人間関係が固まっちゃってるって事だから……」

みつ「そうね、当然郷に入りては郷に従えで、『馴染む』事は何より大切よ。同期もいないわ」

水銀燈「まあ、どこの職場も、何かは大変よね」

みつ「そう考えた方がいいわね。やりがい、給料、拘束時間、転勤の有無……
    人によって優先順位は色々あるけど……」

44: 2012/03/25(日) 20:23:06.19 ID:t+srkzZ+0
めぐ「でも、草笛さんこそ、そんなに条件がいいところなら、むしろ自分は行こうと思わなかったの?」

みつ「私?」

金糸雀「そういえば……ひょっとしてそこに入ってたら借きnむぐぐぐ」

みつ「わーっ!わーっ!カナ、い、いい子だからそれ以上言わないで!」

水銀燈「どうなの?」

みつ「ま、まあ私は今の会社が好きだからね。残業凄いし。私の趣味の延長線上の仕事だから、
    辞めるつもりもないのよ」

水銀燈「そう、そういう考え方もあるのねぇ」

みつ「要は何を優先するかよ。実家から離れたくない人もいるし、家族を養うために
    イヤな仕事だけど給料が高いからやる、って人もいるわ」

水銀燈「……給料、ね……」

みつ「職種もそう。お客さんの喜ぶ顔が好きっていう営業マンもいれば、
    好きな時間にパチンコして酒飲めるから営業するっていう人もいるし、
    営業がイヤだから現場作業がいい、っていう人もいる」

水銀燈「まあ、お金を稼ぐためには、何かは我慢しなきゃならないのよね……

    そう考えると理想の仕事なんてないのよね」

みつ「そうね……」

46: 2012/03/25(日) 20:34:45.72 ID:t+srkzZ+0
ウ~ウ~

『はい、停まって下さい、停まって』


めぐ「あら?下で違反切符切られてるわ」

みつ「本当、こんなところで珍しいわね、ネズミ捕りするポイントでもあるの?」

金糸雀「カナずっと見てたけど、どうやら信号無視かしら」

水銀燈「物陰に隠れてたのね……警察ってセコいわぁ」

みつ「まあね~、警察官も出世の為には検挙率上げないといけないし、
    管轄ごとにノルマがあったりするから、どうしても捕まえないといけないのよね」

めぐ「ノルマなんてあるの?」

みつ「そうよ。まあ基本警察官の仕事は、犯罪が起こらないようにする、
    起こったら犯人捕まえる、なんだけど」

めぐ「でも、ノルマって言っても、犯罪がノルマ分も起こるわけじゃないでしょうにね」

47: 2012/03/25(日) 20:38:36.67 ID:t+srkzZ+0
みつ「難しい問題ね。まあこういった軽微な違反なんて日常茶飯事だから、
    刑事事件はともかく、交通関係の取り締まりは、どれだけ事故に繋がる違反を
    減らすか、ってトコかしら?」

金糸雀「よく分からないかしら」

みつ「えっとね、簡単に言うと……ジュン君とこの真紅ちゃんっているでしょ」

水銀燈「(なんで真紅なんかの名前が出るのよ……)」

みつ「あの子、確かくんくん探偵が好きでしょ」

金糸雀「前にそんな感じの事言ってたわ」

水銀燈「(く、くんくん……!?)」

めぐ「(水銀燈の目つきが変わったわ……)」

49: 2012/03/25(日) 20:50:37.75 ID:t+srkzZ+0
金糸雀「前にジュン君が怒ってたわ。真紅が勝手にkonozamaでくんくんグッズ大量に注文して、
     『ジュン、支払いは宜しくね』とか言ったせいで、全部クーリングオフしたとか」

水銀燈「あっ、それ私も聞いた事あるわぁ。それで真紅が拗ねて鞄から出てこなくなったのよね」

金糸雀「そうそう、それ。あれからジュン君、PCにパスワード設定して……」

みつ「あら、好都合な話ね。そう、警察官の仕事ってそれに近いのよね」

めぐ「?」

水銀燈「?」

みつ「その、『違反の全部が全部取り締まれるわけじゃなく、全ての違反切符を切るのが
    仕事じゃない』のよ。
    皆が違反をしなくなるように、ずっと見張ってる事、それと、
    『違反を見つけたら捕まえる事』『次に同じ事をしないように対策を練る事』これよ」

めぐ「そういえば、よく警察っぽい人が若い男の人とかに
   『あの車の方がよっぽど速いだろ、何で俺が捕まるんだよ』とか言われてるわね」


50: 2012/03/25(日) 20:51:14.08 ID:t+srkzZ+0
みつ「あれも、捕まる方も運が悪いし、捕まえる方は毎日怒鳴られて可哀相よね。
    でも警察官って下手な事言ったら『どこそこの警察官がこんな事言ってたから
    この違反はしてもよい』とか変な噂ばらまかれるし、捕まえないと
    『ここはこの速度で走ってもOK』とか広まって、事故が増えるのよね」

金糸雀「毎日怒鳴られる仕事……カナなら絶対イヤかしら」

みつ「まあ地域課って呼ばれる交番の人とかなら、諍いの仲裁にも入るし、下手したらそこで刺されたりするわけだしね。
   精神的にも肉体的にもキツイ仕事よ。その分給料も高いけどね」

水銀燈(……ライン工で良かったわぁ……)

54: 2012/03/25(日) 20:56:00.52 ID:t+srkzZ+0
みつ「なんか話が脱線したわね。まあ、銀ちゃん。
   就職先を探す手段は一つだけじゃないからね。必ず、二つ以上の手段で、
    並行して探す事が得策よ」

水銀燈「分かったわぁ……」

みつ「あとは、さっき言ったけど、『何かは我慢しなきゃならない』そう思って探してね。
    大丈夫、目的が何かは分かんないけど、ヘコんでもヘコんでも、
    『ヘコたれず』に探せば、きっと見つかるわよ。ツテも大事よ」

水銀燈「見つかるかしら……」

めぐ「無理しないで水銀燈。なければ、私のとこにいればいいのよ?」

水銀燈「めぐ……」





水銀燈(そうだわ、私はめぐのために……)




55: 2012/03/25(日) 21:03:01.27 ID:t+srkzZ+0
桜田家


くんくん「謎は全て解けた!高砂親方を殺した犯人はドルジ、お前だ!」


雛苺「息詰まる攻防なのー……」

翠星石「まーったく、今回はちょっと犯人が分かり安すぎです」

蒼星石「そうかなぁ。僕はてっきり痴情のもつれかと思ってたけど……」

雪華綺晶「私もそれかと。変なところでミスリードが上手いですわね、このアニメ」

薔薇水晶「ところで……いつアリスゲームを……」

真紅「……」

翠星石「真紅?なんか薔薇水晶が言ってるですよ」

真紅「だって水銀燈と金糸雀が来ないんですもの……」

雛苺「ほえ?金糸雀?」


ジュン「ただいまー」

56: 2012/03/25(日) 21:07:11.82 ID:t+srkzZ+0
真紅「あらジュン、お帰りなさい」

ジュン「ああ……なんで薔薇水晶と雪華綺晶がいるんだ?」

雪華綺晶「お帰りなさいまし。アリスゲームをしにちょっと集合したのです」

ジュン「アリスゲームがTVゲームくらいのニュアンスに聞こえるんだけど……」

真紅「水銀燈と金糸雀が来ないのよ」

ジュン「え?水銀燈と金糸雀?ああ」

真紅「ジュン?何か知ってるの?」

ジュン「なんか帰りに草笛さんと金糸雀とばったり会ってさ。水銀燈が就職活動するんで、
     アリスゲーム出来ないかしらーとか言ってたぞ。その事か?」

真紅「しゅ、就職活動???」

蒼星石「どこに就職する気なんだろう……」


57: 2012/03/25(日) 21:09:29.08 ID:OB+oB1jB0
就活ワロチwwwwww

59: 2012/03/25(日) 21:09:56.65 ID:t+srkzZ+0
1ヶ月後―――


水銀燈「……また断られたわぁ……昨日は消火器ぶっ掛けられるし……
     いい事ないわねぇ……」

水銀燈「いいえ、こんなんじゃダメよ!これじゃめぐに会わせる顔がないじゃない!!」

水銀燈「でもやっぱり不況なのねぇ……全く、取っ掛かりすら掴めない……」

水銀燈「はぁ……」





蒼星石「おや?あれは水銀燈……」

61: 2012/03/25(日) 21:13:31.56 ID:t+srkzZ+0
蒼星石「どうしたんだい水銀燈?そんなに暗いカオして」

水銀燈「あら、蒼星石……お元気?」

蒼星石「僕は元気だけど……水銀燈の方は元気じゃなさそうだね」

水銀燈「……ええ……少し……疲れたわぁ……」

蒼星石(大丈夫かなこの人……)


蒼星石「水銀燈、今時間ある?」

水銀燈「え?」

蒼星石「良かったら、僕の家に来ない?お茶くらいご馳走するよ」

63: 2012/03/25(日) 21:23:40.84 ID:t+srkzZ+0
時計店


元治「おや、蒼星石。お帰り。友達かい?」

蒼星石「ただいま。ううん、僕の姉。水銀燈っていうんだ」

水銀燈「こんにちはぁ」

元治「おお、こんにちは。まあゆっくりしておいで。ばあさん、ばあさんいるかい」

マツ「はいはい。おやおや、まあ何にもないけれど、上がってらっしゃい」

水銀燈「……時計店……」

64: 2012/03/25(日) 21:29:41.55 ID:t+srkzZ+0
水銀燈「ずずず」

蒼星石「どう?美味しい?」

水銀燈「ええ、美味しいわぁ。これ貴女が淹れたの?」

蒼星石「うん。おばあさんの体調にも因るけれど、最近は大体僕かな。
    でもおばあさんのお茶には、まだまだ敵わないや」

マツ「あら、蒼星石ったら。嬉しいこと言ってくれるねぇ」

蒼星石「えへへ、いや、本当だよ。僕なんかまだまだ。何にも出来ないし。
    水銀燈みたいに、手に職つけてるわけでもないしね」

水銀燈「わ、私?」

マツ「あら、水銀燈ちゃんはお仕事なにかしてるの?偉いねぇ。どんなお仕事なの?」

水銀燈「あ、いえ、せ、精密機械とかの……加工を……って言っても生産ライン眺めてるだけの
     アルバイトの人がやるような仕事で……」

蒼星石「そんな事ないでしょ。部品とか色々詳しいじゃない」

マツ「あら」

65: 2012/03/25(日) 21:34:12.65 ID:t+srkzZ+0
マツ「部品の工場なのね。実際に組み立てたりもするの?」

水銀燈「え、ええ……メインじゃないけれど、触ったりはするわぁ」

蒼星石「そうなんだ。あ、そういえば―――おじいさあん」



元治「ん?何だい蒼星石」

蒼星石「こないだ、秒針が動かなくなった時計、あったでしょ?」

元治「ああ。私の手じゃ、どうにも大きすぎて、部品の修理が出来んやつか。
    あれがどうかしたのか?」

蒼星石「どこにあったかな?水銀燈が結構詳しいから、見てもらおうと思って」

水銀燈「えっ」

66: 2012/03/25(日) 21:37:44.35 ID:t+srkzZ+0
元治「持ってきたよ。どうかな?」

水銀燈「あ、ああ……これは……これをこうして……」カチャカチャ


………

チッ

チッ

チッ


蒼星石「直った!!」

元治「おお!!」

水銀燈「私お人形で手が小さいから、やりやすかったのよ。直って良かったわぁ」

マツ「これはこれは……そうだ、おじいさん!」

元治「ん?」

水銀燈「?」

67: 2012/03/25(日) 21:41:39.64 ID:t+srkzZ+0
水銀燈「えっ、わ、私を雇ってくれるの!?」

マツ「どうかしら。おじいさんもなかなか動けないし、配達も人手が欲しかったし……」

蒼星石「……いいんじゃない?仕入れの運送費も、nのフィールド経由で行けば経費が浮くし、
     配達も然りだよ。空も飛べるしさ」

元治「そうか、それはいい考えだ。水銀燈ちゃんのお給料分くらい捻出出来るかもしれん」

水銀燈「えっ、ちょ、ちょっと……」







水銀燈がそうこうしている内に、話はまとまっていった――


そして更に一ヶ月後――

68: 2012/03/25(日) 21:43:59.05 ID:t+srkzZ+0
有栖川病院


めぐ「水銀燈ったら、あれから二ヶ月経つのに来てくれない……
    就職活動、上手くいってないのかな……」

サアア……

めぐ「ちょっと暖かくなってきたわね……あら?そういえば……」



コンコン

めぐ「どうぞ?」

水銀燈「……めぐ……?」

めぐ「水銀燈!?」

69: 2012/03/25(日) 21:47:53.63 ID:t+srkzZ+0
めぐ「どうしたの水銀燈!心配してたのよ!」

水銀燈「ご、ごめんなさい……それより、やっと就職先が見つかったのよ」

めぐ「えっ、ほんと!?おめでとう!!」

水銀燈「ありがと。めぐの言葉に支えられたわぁ。それと」ガサゴソ





水銀燈「お誕生日、おめでとう、めぐ」

めぐ「えっ?」

水銀燈「はいこれ。新しいパジャマと、欲しがってたヌイグルミよ」

71: 2012/03/25(日) 21:50:46.31 ID:t+srkzZ+0
めぐ「えっ……い、いいの……?」

水銀燈「盗んできたものじゃないわよ。ちゃんと稼いだお金で買ったものよ」

めぐ「あ、ありがとう……水銀燈、まさかこのために?」

水銀燈「さあ……でも、働く目的があるって、いい事よね。なんか、そう思ったわぁ」

めぐ「……」


水銀燈「……めぐ?」




めぐ「うわぁぁぁあああああん!!!水銀燈!!!!」ヒシッ

水銀燈「きゃああ!!ちょ、ちょっとめぐ、苦しい……!」ギュウウ



72: 2012/03/25(日) 21:51:47.42 ID:t+srkzZ+0




こうして水銀燈は無事再就職する事ができ、めぐにもプレゼントする事が
できましたとさ――

めでたしめでたし

73: 2012/03/25(日) 21:54:06.31 ID:vc0AWoWd0
優しい話で良かった 乙でした

74: 2012/03/25(日) 21:55:23.72 ID:58tVfMQ20

久々に面白いローゼンSSだった

引用元: 水銀燈「就職先が見つからないわぁ……」