1: 2024/01/27(土) 19:50:55 ID:FhLunmME00
四季「時々どうすればいいのかわからなくなる」

夏美「また惚気話ですの? もう耳タコ、聞き飽きましたの」

四季「違う、惚気じゃない。それなりに真剣」

夏美「はぁ。メイ絡みで惚気なかったことありますの?」

四季「ない」

夏美「自己分析ができていてえらいですのー」

四季「夏美ちゃん優しいー」

2: 2024/01/27(土) 19:55:08 ID:FhLunmME00
夏美「で? なんですの。何が悩みなんですの」

四季「メイがスクールアイドルが大好きなのはもちろん皆知ってる」

夏美「まあ、そりゃ。それがなんですの? スクールアイドルばかりにかまけて放置されてる、とかですの?」

四季「それは慣れっこ。最終的に私の隣にいてくれればいい」

夏美「重……」

四季「重くはない。私はメイ一筋」

夏美「脇目もふりませんの……」

4: 2024/01/27(土) 20:51:53 ID:FhLunmME00
夏美「で、何がスクールアイドル大好きマンのどこが四季を悩ませるんですの」

四季「……ちょっと、アレ」

夏美「……あ? なんですの?」

四季「……気持ち悪い」

夏美「え? 四季? 誰のことを気持ち悪いって……言いましたの?」

四季「……メイ」

5: 2024/01/27(土) 20:57:32 ID:FhLunmME00
夏美「四季、今日は早退しますの?」

四季「体調は好調」

夏美「……四季じゃありませんの。正体を明かしますの」

四季「本当に若菜四季。本物。ほら、この瑞々しい唇。ん~まっ」

夏美「そこで真偽を問えると思わないでくださいますの」

四季「……ほかに証明の方法がない」

夏美「他に身分証は出せませんの?」

四季「I love メイ」

夏美「愛ほど証明が難しいものはないですの……」

6: 2024/01/27(土) 21:03:10 ID:FhLunmME00
四季「私が本物か偽物かはとりあえず置いておく。で。問題はメイが……ちょっとアレ」

夏美「四季は知らないかもですが、オタクって気持ち悪い生き物ですの」

四季「そんなことはない。良い人はいる。メイとか」

夏美「ついさっき気持ち悪い代表にメイを出しましたのに!?」

四季「それはそれ、これはこれ。それに何より夏美ちゃん、オタクの人に失礼」

夏美「私の配信に来る大半のコメントを見てもそう言えますの?」

四季「夏美ちゃんのファン層がアレなだけ」

夏美「なんッも言い返せないですの!!」

7: 2024/01/27(土) 21:11:38 ID:FhLunmME00
四季「メイの何がアレって、ちょっと好きな方向がヘン」

夏美「?」

四季「この前きな子ちゃんがすみれ先輩の椅子になってたの覚えてる?」

夏美「ありましたの」

四季「あの後、メイがきな子ちゃんの背中触りながら『すみれ先輩お尻、暖かかったか?』って聞いてて……」

夏美「え……」

四季「まだ『重かったか?』とか『柔らかったか?』とかなら……なんとなく、まだ、百歩譲っていいけど」

夏美「きもい……」

10: 2024/01/27(土) 21:32:28 ID:FhLunmME00
四季「やめて。真実でメイを傷つけないで」

夏美「真実だからこそ傷つくんですの」

四季「……私のお尻ならいくらでも触らせてあげるのに、私のじゃ意味ないって」

夏美「メイがメイなら四季は四季ですの」

四季「それだけじゃない。かのん先輩の時もある」

夏美「げっ……マジですの……?」

四季「ある。これも結構アレ」

夏美「嫌すぎますの……」

四季「それでも聴いてほしい」

13: 2024/01/27(土) 22:12:24 ID:FhLunmME00
四季「かのん先輩が部室で弾き語りしてて、私とメイは聴かせてもらってた」

夏美「ギターを弾く指が色っぽいとか?」

四季「それは別にいい。指に色気を感じる人はいると思う」

夏美「じゃあ……?」

四季「メイが呟いたの。『糸だ……やべえ』って」

夏美「……いと? ってなんですの? ギターの弦のことですの?」

四季「そう思ったのが私だけじゃなくて良かった。メイが言ったのは──」

夏美「……待って、待つですの……」

15: 2024/01/27(土) 22:27:42 ID:FhLunmME00
夏美「……糸って、口……?」

四季「……」

夏美「……」

四季「Heavy」

夏美「……なんも言えねえですの」

四季「……メイのことは好き」

夏美「……」

16: 2024/01/27(土) 22:32:20 ID:FhLunmME00
四季「メイの良いところはいっぱいある。独りぼっちだった私を気にかけてくれた」

夏美「……」

四季「乱暴なところもあるけど、思いやりがあって、人のことを考えて行動できる人。私は尊敬してる」

夏美「他にもあるんですの?」

四季「誰かが苦しんでいるとき、メイはいつも気遣って、あきらめたりしない」

夏美「他にもあるんですの」

四季「あれは恋先輩の家に行った時──」

夏美「あるんですの……」

18: 2024/01/27(土) 22:56:49 ID:FhLunmME00
四季「恋先輩の部屋にはイチゴのぬいぐるみがある」

夏美「ありましたの。あれがなんですの?」

四季「メイの部屋にもそれが置いてあった」

夏美「先輩と同じものが欲しかっただけだと思いたいですの」

四季「恋先輩の髪と同じ香りがメイの部屋にあるイチゴのぬいぐるみから香ってきた」

夏美「何……なんですの? なんでですの?」

20: 2024/01/27(土) 23:03:04 ID:FhLunmME00
四季「わからない。私にはその発想がなかった。メイの使っているシャンプーは知ってるけど、それをぬいぐるみに染み込ませようという発想がなかった」

夏美「あったらたまりませんの」

四季「でもメイは私を一人ぼっちにさせないように、スクールアイドル部に入るのを諦めていたっていう優しいところがある」

夏美「どれだけ良いところで塗りたくっても本質がケバ過ぎて隠れないんですの」

四季「サヤさんに関連するそういうムーブはなかったから……大丈夫」

夏美「それはフォローではないですの。余罪がないかの確認でしかないんですの」

22: 2024/01/27(土) 23:15:43 ID:FhLunmME00
四季「ふー……」

夏美「っすー……」

四季「重ねて言う。それでも私はメイが好き」

夏美「言葉の重みを感じますの」

四季「千砂都先輩について──」

夏美「余罪の重みも感じますの」

24: 2024/01/27(土) 23:39:04 ID:FhLunmME00
四季「千砂都先輩はスポブラ」

夏美「え、あ、はい」

四季「メイもスポブラ」

夏美「読めましたの」

四季「ある日全く同じスポブラを付け──」

夏美「司法の手は及ばないんですの?」

四季「色々考えた結果たまたま同じものを買ってしまっただけということにしておこうと思いたい……」

夏美「その願望叶えきれてませんの……」

25: 2024/01/27(土) 23:46:04 ID:FhLunmME00
夏美「最後は可可先輩ですの。いったいどんな……」

四季「採寸してもらうとき興奮するって言ってた」

夏美「捻りもなんもねえですの!?」

四季「それでも私はメイが好き。その言葉に偽りはない」

夏美「愛の証明ですの……目の前の四季は本物でしたの……」

四季「不本意ながらQ.E.D.」

夏美「……それはそれとして、メイを呼び出したほうがいいんじゃないですの?」

四季「……呼び出したとして、なんて言えばいい?」

夏美「逮捕が見えてきてるって……」

四季「ま、まだ大丈夫。どれも法には触れてない……」

26: 2024/01/27(土) 23:54:38 ID:FhLunmME00
夏美「触れたら終わりですの……」

四季「……言いにくい。もしかしたらメイはこれまでの行動をファンとして当然だと思っているかもしれない」

夏美「もしそうだとしたら行くところは警察ではなくて病院ですの」

四季「だめ。司法にも医療にもメイは渡さない」

夏美「渡したほうが最大多数の最大幸福ですの」

四季「メイが悲しむ。私と夏美ちゃんの手でメイを救いたい」

夏美「そういえばなんで私も? きな子はどうしたんですの」

29: 2024/01/28(日) 12:16:10 ID:nPNPMTis00
四季「……メイはある線引きをしてる」

夏美「変態にも越えちゃいけないラインってあるんですの……?」

四季「常識とか非常識とか普通とか普通じゃないとかの線引きじゃない」

夏美「非常識って……非常識って……」

四季「メイは自身がLiella!に加入する『前』と『後』で線引きしてる」

夏美「何を……あ」

四季「そう。きな子ちゃんも……」

夏美「被害者……!」

31: 2024/01/28(日) 12:31:16 ID:nPNPMTis00
四季「……私たちは同期だけどメイの中できな子ちゃんは少し扱いが違う」

夏美「でもメイはきな子にそんな劣情なんて……!」

四季「……劣情じゃない。お尻の暖かみを問わないし口の糸も探さないしぬいぐるみにシャンプーの香りを染み込ませないし同じスポブラも身に着けないし採寸ごときで興奮しない」

夏美「事実陳列罪……」

四季「きな子ちゃんに対してメイが抱いているのは劣情でも性欲でもなく……」

夏美「……聴きたくない……」

四季「庇護欲」

夏美「へ……? 庇護……?」

32: 2024/01/28(日) 12:41:48 ID:nPNPMTis00
夏美「なんだ、庇護欲ならまあまだいいんじゃないですの。実際メイは結構きな子の事気にかけてますし。別に今までの業に比べれば──」

四季「ハッシュタグ、桜小路きな子親衛隊」

夏美「全然……?」

四季「ハッシュタグ、きな子ちゃんを守護り隊」

夏美「な、なにを……」

四季「ハッシュタグ、きな子騎士団」

夏美「よ、よく見かけるハッシュタグですの……別に何も……」

四季「……メイはファンとしてのSNSアカウントでそれらのNo.1を自称している」

夏美「TOの奪い合い……ッ!」

34: 2024/01/28(日) 12:57:43 ID:nPNPMTis00
四季「これがそのアカウント」

夏美「メイのプライバシーとかないんですの?」

四季「夏美ちゃんとメイと私の関係はこんな事じゃ揺らがない」

夏美「揺らぐわ」

四季「bioとかこんな風」

夏美「アカウント名の横に『bio必読』って……」

四季「メイの隠された一面。きな子ちゃんのことに関しては異様にマウントを取りたがる」

夏美「これ一歩間違えたら炎上問題ですの」

35: 2024/01/28(日) 13:12:40 ID:nPNPMTis00
四季「……」

夏美「四季はどうしたいんですの」

四季「……メイの好きにされたい……」

夏美「違う違うそうじゃない。なんで今までの業を羅列して出てくる答えがそれなんですの」

四季「ごめん、つい。私の願いはメイがLiella!のことが大好きなのはわかるけど……常識の範囲内かつ炎上するリスクを抱えないようにしてほしい」

夏美「……」

四季「あと私とメイがくっつけば最高」

夏美「まあ推し方にもいろいろありますの……とりあえず本人を呼び出すのが一番ですの」

39: 2024/01/28(日) 13:54:43 ID:nPNPMTis00
メイ「……そうか。そうだよな。私も薄々やばいな……とは思ってた。止められなかったんだけどな」

夏美「流石にアレすぎますの。それに本人たちにバレたらそれこそドン引き案件待ったなし……メイも先輩ときな子に不快な思いはさせたくないでしょうに」

メイ「……ああ、わかった。すみれ先輩が座った後の椅子に座ったりしねえ。もちろんスカートを座面に敷かずパンツ越しにぬくもりを感じたりもしねえ」

四季「えっそんなこともやってたの」

メイ「かのん先輩の糸も見ねえ。見ても背徳感を感じないようにする」

夏美「いや見るなって言ってますの」

メイ「イチゴのぬいぐるみは……シャンプーを染み込ませて『恋先輩』って言いながら抱きしめたりしない。これで最後の更新にする」

四季「サブスクみたいに言わないで」

メイ「千砂都先輩のスポブラは今日つけてるので最後にする」

夏美「今日また付けてるんかい……」

メイ「可可先輩の採寸は……四季にやってもらうことにする」

四季「えっ!? 良いの?!」

夏美「興奮するのは我慢できないんですのね…」

40: 2024/01/28(日) 13:58:39 ID:nPNPMTis00
メイ「きな子のことは……」

四季「きな子ちゃんのことが一番諦めやすい──」

メイ「できねえ。きな子だけはだめだ。私がきな子界隈TOだ」

夏美「は? なんでですの?」

四季「どうして。そもそもメイはLiella!の原理主義者。五人が最高って言ってた。俗にいう厄介とも」

夏美「めんどくさいタイプのオタクですの」

メイ「……お前ら、きな子をそばで見てきてなんも思わなかったのか!?」

夏美「えっ」
四季「え?」

45: 2024/01/28(日) 18:42:55 ID:nPNPMTis00
メイ「きな子のあの姿! 先輩との実力の差に苦しんでも! ひたすらに頑張るきな子を!」

四季「えっ」
夏美「ええ?」

メイ「応援したくなっちまうだろ!? 五人でLiella!なんて言えないだろ!? あんなに頑張って苦しんでるのに! 応援しないわけないだろ!!」

四季「え、なになになに?」
夏美「地雷を踏みましたの……」

メイ「なぁ!? 四季も夏美も! お前らもきな子の事後押ししたよな!?」

四季「や、やった……けど……」
夏美「したっけ……?」

メイ「そういう奴なんだよきな子は! 私たちが応援して、守ってやらなきゃいけないんだよ!!」

四季ナッツ「「えぇ……?」

47: 2024/01/28(日) 18:47:56 ID:nPNPMTis00
メイ「それに私はきな子が入部するより前から、ずっとあいつを見守ってきた。誰よりも、誰よりもだ!」

夏美「うわぁもうだめだぁ」
四季「圧が凄い」

メイ「私がきな子のトップオタで正しいよなぁ!? 守ってやるべきだよなぁ!? ずっと応援すべきだよなぁ!?!?!」

夏美「気持ち悪いというかもう厄介な奴ですの」
四季「それでも私はメイが好き」

夏美「一度考え直したほうがいいんじゃないですの?」

メイ「だから、きな子界隈のトップは私なんだ。私がきな子を育てたんだ。誰にも譲らないからな」

48: 2024/01/28(日) 18:51:19 ID:nPNPMTis00
四季「どうしよう。手が付けられない」

夏美「……きな子はこのアカウントの存在知ってるんですの?」

四季「知らない。と思う」

夏美「ならこのアカウントを本人に──」

メイ「止めろ! きな子界隈のTOは私だけどそれがきな子にバレたくないんだ!」

四季「なぜ」

メイ「恥ずかしいだろ!」

夏美「恥という感情があるんですの!?」

メイ「あるわ!」

四季「ないと思ってた……」

54: 2024/01/28(日) 20:04:17 ID:nPNPMTis00
メイ「それに考えてみろ、もしきな子が私がこんな奴だとわかったらどう思う!?」

四季ナッツ「「引く……」」

メイ「だからだよ!! ずっとそばに居た奴が実はこんなんだったらショックだろ!!」

四季「『ダンスのステップで躓いていた。危なかった。もっと見てやらないと』」

夏美「『一緒に自主練した結果ステップができるようになった。感謝されたけど、それは私のお陰じゃなくてきな子が頑張ったからだ』」

メイ「SNSのポスト読み上げんなよ!!」

夏美「言うてそこまでアレなわけではなさそうですの」

四季「これならbioの文章だけちょっと修正すれば見られても平気。憲法で内心の自由は保護されてる」

メイ「でも……私はきな子TOなんだ……誰が何と言おうと私はきな子TOなんだ……!」

57: 2024/01/28(日) 20:45:32 ID:nPNPMTis00
がちゃ

きな子「わぁ~みんな早いっすねぇ~」

四季「あっ」
夏美「あっ」

メイ「おう。お疲れきな子。日直お疲れ」

夏美「うわ」
四季「擬態した」

メイ「あ?」

きな子「みんなで何の話してたっすか?」

四季「……」

夏美「厄介オタクについてですの」

メイ「……」

58: 2024/01/28(日) 20:50:11 ID:nPNPMTis00
きな子「やっかいおたく……? 怖い人っすか?」

メイ「大丈夫だって。もしそういう奴がいたら私が守ってやるからさ」

きな子「わぁ~! メイちゃん頼りになるっす~!」

メイ「おっほっォ"」

夏美「んほぉ~って言おうとして我慢しましたの」

四季「八割そのまま言ってる」

きな子「あ。そういえば……昨日夏美ちゃんが言ってた『エゴサ』をしてみたっす」

夏美「ああ、そういえばそんな話を……お……」

四季「……」

59: 2024/01/28(日) 20:56:01 ID:nPNPMTis00
メイ「エゴサなんてしちゃだめだ、ネットには変な奴がたくさんいるから……ぁ?」

きな子「で、このアカウントがヒットしたんすけど……これ、ひどいっす」

四季「アカウント名……藪@bio必読……あ"」

きな子「なんだかメイちゃんみたいな口調で、メイちゃんの写真をアイコンにして、きな子のこと沢山ポストしてるアカウントがあって……これとかひどいっす」

夏美「お"……あ"……」

メイ「……ぎ……が……ぐっ……」

四季「……読み上げる。『きな子のヒラメ筋、ちょっとだけペロってしたい』」

夏美「……」

四季「……『きな子のお尻を支える仕事がしたい』……この人は下半身が好き?」

60: 2024/01/28(日) 21:00:55 ID:nPNPMTis00
きな子「みたいっす。きな子のこと、応援してくれてるみたいっすけど……」

メイ「お、お……わ、私が、DMで、びしっと……」

夏美「メイ! 止めるんですの! 氏にますの!」
四季「メイ! 人に戻れなくなる! メイ!」

きな子「自分の言葉で伝えてほしいっす。それがどんな形であれ、きな子をこんなにも応援してくれるなら……」

メイ「お"……?」
夏美「え?」
四季「お……?」

きな子「ちゃんと自分のアカウントで、きな子の事、応援してほしいっす。メイちゃんのフリをせず……メイちゃん、そういう風にこのアカウントに人に伝えられるっすか?」

62: 2024/01/28(日) 21:04:15 ID:nPNPMTis00
メイ「……わかった。そう伝える。必ず」

きな子「ありがとうっす! やっぱりメイちゃんは頼りになるっす!」

四季「夏美ちゃん、帰ろう」
夏美「……帰りますの」

メイ「……きな子」

きな子「? なんすかメイちゃん?」




メイ「ヒラメ筋、舐めていいか?」

65: 2024/01/28(日) 21:08:45 ID:nPNPMTis00
──────

────

──

夏美「あの後どうなったと思いますの?」

四季「……わからない。もしかしたら今頃ヒラメ筋舐めてお尻支えてるかも」

夏美「……もしそうだとしたら、きっとそれは幸せなことだと思いますの」

四季「……私も。きな子ちゃんなら、メイのこと任せられるかもしれない……ちょっと悔しいけど」

夏美「あ、悔しいことは悔しいんですのね……?」

四季「それはそう。私ならお尻もヒラメ筋も差し出せる」

夏美「怖いですの……ん?」

四季「スマホが鳴ってる。誰だろ」

68: 2024/01/28(日) 21:16:26 ID:nPNPMTis00
かのん『あ、もしもし? 四季ちゃん? 夏美ちゃんも一緒?』

──こぉらメイ! あんた何してんの!! きな子から離れなさいったら離れなさい!!

四季「……かのん先輩?」

夏美「……なんか怒号が聞こえますの……」

かのん『ちょっとこれからスクールアイドル部の今後について話し合おうと思うんだけど……帰ってこれるかな』

──違う! 違うんだすみれ先輩! 私はただヒラメ筋を!! あっ尻あったけえ!

──メイちゃん……どうしてっすか……ひっく……

四季「……夏美ちゃん。帰ろう。地獄へ」

夏美「……行きたくねぇですの……」

──ああ! かのん先輩、糸!

四季「……それでも私たちは、Liella!二期生だから……」

夏美「……ですの……看取るくらいは、してあげますの……」



四季「メイのことは好き……だけど……」夏美「なんですの」 了

75: 2024/01/28(日) 22:09:39 ID:vZgwt1Zg00
面白かった
キャラでギャグやるの上手いな

76: 2024/01/28(日) 22:12:07 ID:WU8no4qISa
めちゃ面白かった
乙でした

引用: 四季「メイのことは好き……だけど……」夏美「なんですの」