1: 2012/08/21(火) 23:14:55 ID:/jKC0AiE
魔王「まじか」

側近「まじです!!」

魔王「アレか、女か」

側近「はい!!」

魔王「歳は、アレか。14~16くらいの花盛りか」

側近「はい!!」

魔王「…」ガタッ

魔法「いいぃいぃぃぃいいやっほぉぉぉぉぉおおおお!!!!!キタコレェェェ!!!」

側近「うっひょぉぉっぉぉぉ!!!」
#01 魔王、笹塚に叫ぶ

2: 2012/08/21(火) 23:19:35 ID:/jKC0AiE
魔王「やっべぇ、まじやっべぇぇぇぇぇ!!!フラグ立ってる!?立ってるよね!!?」

側近「めぇちゃくちゃ立ってますぅぅぃ!!」

魔王「早急に城に入れろぉぉおぉぉ!!」

側近「はい!!!」

魔王「いやちょっとまって、その前に玉座の周り掃除しろ!!」

側近「はいただいまぁぁぁぁ!!」

魔王「その間にちょっとシャワー浴びてくるわ!!!」ダダダッ

4: 2012/08/21(火) 23:25:34 ID:/jKC0AiE
じゃー

魔王「うぇぇぇぇぇい!!男を上げるシャンプーすかるぷでぃー!!!」シャカシャカ

側近「魔王様!!このだっせぇマント、変えておきますねぇぇ!!」

魔王「おう!!!かっちょいい一張羅出しとけぇぇぇえ!!」

側近「了解!!!!」

魔王「おおおおおおおお!!!ムダ毛★殲滅★」ショリショリショリ

側近「魔王様、バスタオルをどうぞ!」

魔王「おおおぉぉぉ!!!陽だまりの良い匂いだぁぁ!!」ゴシゴシゴシゴシ

5: 2012/08/21(火) 23:29:53 ID:/jKC0AiE
側近「魔王様!!エイトフォーを!!」

魔王「エイトフォー?!!シーブリーズはないのか!!?」ジタバタ

側近「ありません!!」

魔王「じゃあしょうがないね!!」プシューーッ

側近「魔王様良いスメルです!!」

魔王「ぅおっしゃぁぁぁぁ!!服着せろやぁぁぁ!!」

側近「承りましたぁぁぁあああ!!」

7: 2012/08/21(火) 23:33:42 ID:/jKC0AiE
魔王「パジャマパジャマパパジャマジャマ!!!」

側近「魔王様、ハスキーボイスでパジャマの歌を歌わないでください!!」

魔王「ごめんねぃ!!」

側近「いいよぅ!!」

魔王「カッコいいマントだね!!一目ぼれされちゃうね!!」

側近「その通りです!!」

魔王「そそ、それじゃあ生贄を迎えにいってやろう!!」ソワソワソワ

8: 2012/08/21(火) 23:39:40 ID:/jKC0AiE
側近「魔王様も遂に所帯持ちになるのですね!!!?」

側近「いやその前に、童Oの(ry!!!」

魔王「うるせぇぇぇぇえ!!」ソワソワソワ

魔王「城門って、どぼ、どど、どっちだったっけ!!?」

側近「魔王様どうか落ち着いてください!!」

側近「童Oだとバレちゃいま(ry!!!」

魔王「うっせぇぇぇぇえええ!!慎めえぇぇぇ!!」

側近「申し訳!ございません!!そして城門はこっちです!!!」

10: 2012/08/21(火) 23:46:53 ID:/jKC0AiE
魔王「おおおお、女の子ってどういう男が好きなんだ!!?」

側近「はっ!!ワイルドな男が好きだと!!!」

魔王「わ、わいるどってアレか、すぎちゃんか!!」

側近「ソッチ方向じゃなくて、胸キュンしてしまうような、ワイルドです!!!」

魔王「わっかんねぇ、全然わっかんねぇ!!!」

側近「じゃあ、クールになってみては!!!?」

魔王「良いねソレ!!ちょっと無口になればいいんだもんね!!それ採用だ!!」

側近「有難き幸せ!!!」

11: 2012/08/21(火) 23:50:46 ID:/jKC0AiE
側近「そうこう言ってる間に、城門です!!」

魔王「心臓が破裂した!!!」

側近「ふざけるな!!」

魔王「あいすいません!!心臓が破裂しそう!!」

側近「深呼吸しなさい!!!」

魔王「すーはーすーはークンカクンカ!!!」

側近「おっけーです!!!」

側近「良いですね!!?城門空けますよ!!!」

14: 2012/08/22(水) 09:26:04 ID:mcfMGvGw
魔王「ちょっと待って!!」

側近「何故に!!!」

魔王「我、女の子とどう喋って良いか分かんない!!!」

側近「このチキン!!」

魔王「しゅん!!!」

側近「しかたない!じゃあ、そこら辺は私がテレパシーで対応します!!」

魔王「ありがとう!!我が右腕!!」ガシッ

側近「有難き幸せ!!!」ダキッ

側近「では!城門を!開けさせて!いただきます!!」グイッ

15: 2012/08/22(水) 09:32:51 ID:mcfMGvGw
ぎいいいぃぃ…

魔王「…」ガタガタガタガタ

側近(魔王様!!膝が笑っております!!)

魔王(止まんない!!止まんない!!)

側近(マントで足を隠してください!!)

魔王(こここ、こうか?)バサ

側近(おk!!!!)

ぎぃぃぃいいぃ…   がたんっ

魔王(お、おおおおおおおぉぉぉぉ!!!)

16: 2012/08/22(水) 09:36:55 ID:mcfMGvGw
黒髪少女「……」ガタガタ

金髪少女「…」

魔王(かあぁぁぁあああわぁぁぁああいいいぃ!!!)

側近(めっちゃ可愛ぅいいいい!!!)

側近「…生贄の娘だな」

黒髪少女「は、はい…」ガタガタ

側近「魔王様にご挨拶を、そして身をささげに来た旨を述べるのだ」

17: 2012/08/22(水) 09:42:13 ID:mcfMGvGw
黒髪少女「……」ガタガタ

魔王(メッチャ震えとる!!!かわぅぃいいいいい!!)

側近(wktk!!wktk!!)

黒髪少女「わ、私…東の村から、魔王様の物となるため…参りました」ペコリ

黒髪少女「よ、よろしくお願いいたします…」

魔王(やっべぇぇぇええ!!可愛いぃぃいい!!)

側近(魔王様!!!さっさと返事を!!!)

魔王(え!!!どう言えばいいの!!?)

19: 2012/08/22(水) 10:23:41 ID:mcfMGvGw
側近(クールに!!「うむ」って言っては!!?)

魔王(なるへそ!!!)

魔王「うむ」

黒髪少女「…」ペコリ

側近「それでは次に、そこの娘」

金髪少女「…」カツカツ

魔王(この子も美しい!!!正直どっちもタイプ!!!)

側近(両手に!!花!!うらやましい限りですな!!)

20: 2012/08/22(水) 10:36:49 ID:mcfMGvGw
金髪少女「同じく東の村から。煮るなり焼くなり好きにしろ」ペコ

黒髪少女「き、金髪ちゃん……!」

側近「おのれ小娘!魔王様になんて言葉遣いを!!」

魔王「よい。さがれ」

金髪少女「…!へぇ、魔王のくせに寛大だな」スタスタ

魔王(あーびっくりした!!!あの子なかなかはっちゃけよる!!!)

側近(ですが魔王様、寛大さアピールに成功!!!っぅぇーい!!)

魔王「ではそなた達は、今から我の所有物とする。休息を与えよう。城に入るが良い」クルリ

21: 2012/08/22(水) 10:40:26 ID:mcfMGvGw
側近「では、双方入るが良い」

黒髪少女「…」ガタガタ

金髪少女「…」スタスタ

側近(で、魔王様!!この後どうされるおつもりで!!?)

魔王(ご飯たべたい!!!ギャルと一緒に!!)

側近(かしこまりました!!!!)

側近「おい、小間使い!」

悪魔「へい」

22: 2012/08/22(水) 10:45:59 ID:mcfMGvGw
側近「ただちに大ホールを開き、会食の準備をしろ。魔王様は娘と食事を摂る」

悪魔「へ…?魔王様、生贄と一緒に食事するんですか?」パチクリ

魔王「そうだ。客人は手厚くもてなせ」

悪魔「は、承知いたしました…」バサバサ

魔王「そうだ、そなた達」クル

黒・金少女「!」ビク

魔王「そなた達に部屋を与えた。そこで食事の時間まで、休むが良い」

金髪少女「…なんだよ、生贄にそんな良い思いさせて良いのか?」

24: 2012/08/22(水) 10:51:28 ID:mcfMGvGw
側近「また無礼な言葉を…!」

魔王「良いと言っている。おい、インプを呼べ」

側近「は、只今。インプ!!」

インプ「はぁい、何の御用?」

魔王「この娘らを客人用の部屋に案内しろ。世話も頼む」

インプ「まぁ、ウフフ。可愛子ちゃんたちね。こっちいらっしゃい~」フヨフヨ

黒髪少女「は、はい…」

金髪少女「…」

25: 2012/08/22(水) 10:55:24 ID:mcfMGvGw
側近「…」

魔王「…」

魔王「やっべぇぇぇえええ!!!メッチャ緊張したぁぁぁああ!!!」ガタガタガタ

側近「魔王様ぁあああ!!ファーストアピール大成功ですよぉぉお!!」

魔王「いぇいいぇいいぇい!!!」ピョンピョン

側近「WOWWOWWOW!!!」ブンブン

魔王「よっしゃあああああ!!城内全ての使い魔を集めろぉぉぉ!!作戦会議じゃああぁぁ!!!」

側近「イエス・サー!!!」ダダダ

26: 2012/08/22(水) 11:00:27 ID:mcfMGvGw
ー一方その頃生贄達ー

インプ「じゃ、ゆっくりしてってねぇ。用があったら、この鈴を鳴らしてくれればいいからね」

黒髪少女「あ、ありがとうございました」ペコペコ

金髪少女「ふん…」

バタン

黒髪少女「…金髪ちゃん!!魔王様にあの態度はないよ!」

金髪少女「はぁ?別良いだろ。どうせ私たち、あいつに食われるんだし」

黒髪少女「…そ、そんな」ゾッ

金髪少女「黒髪はユルいねぇ。私たち、どうせ氏ぬんだよ」

27: 2012/08/22(水) 11:05:02 ID:mcfMGvGw
黒髪少女「じゃ、じゃあこの待遇は何?」

金髪少女「さしずめ、いい気にさせといて、警戒心を解いたところでイタダキマスって所?」

黒髪少女「…そう、か…」

金髪少女「あきらめな、これも村の為、だろ?」

黒髪少女「…」

金髪少女「ま、氏ぬ前くらいは贅沢しつくそうぜー」ヒラヒラ

黒髪少女「…そう、だね…」

金髪少女「泣くな、黒髪」

28: 2012/08/22(水) 11:11:44 ID:mcfMGvGw
ガリガリ  ピーーー

悪魔衆「うげ!魔王様、マイクうるさい!!」

魔王「すまんごwwwえー、テステス!!只今マイクのテスト中!!!」

インプ「んもう、そんなに叫ばなくても、聴こえてるわよぅ」

魔王「えー、遂に!この魔王城に!!可憐な乙女がやって来ました!!!」

一同「イェーーーー!!!」パチパチパチ

魔王「そこで!!彼女達を、どう落とすか!!計画を練ろうと思う!!側近、フリップ!」

側近「はっ!!」シュバッ

30: 2012/08/22(水) 11:18:36 ID:mcfMGvGw
魔王「えー、次のSTEPは、食事!!!胃袋で落とす作戦!!」

側近「料理長!!メニューを読み上げろ!」

ドラゴン「へい!!えー、前菜からあげクン!メインからあげクン!デザートからあげクン!」

魔王「氏ね!!!!!」

ドラゴン「やだね!!」

魔王「じゃあ、生きてていいから、メニューもっとどうにかしろ!!!」

ドラゴン「ラジャー!!!」

側近「次!!着席位置!!!何か意見ないか!!?」

42: 2012/08/22(水) 22:18:24 ID:mcfMGvGw
インプ「そんなの、魔王様の隣に二人、侍らせればいいじゃない~」

魔王「心臓が破裂した!!!」

側近「もう、いい加減にしなさい!!」

魔王「あいすいません!!そんな事したら、緊張で爆発する!!」

スライム「じゃあ、向かい側に座らせればいいんじゃないですか?」

側近「なるへそ…!!ソレは良いですね!!程よい距離感で!!」

魔王「いいね!!じゃあ、それで!!!」

インプ「ねぇねぇ魔王様ぁー。あの子達もおめかしさせて良い?」

魔王「是非!!!グラマラスに!!ガーリーに!!」

43: 2012/08/22(水) 22:22:57 ID:mcfMGvGw
ドラゴン「魔王様魔王様!!」タタタ

魔王「おう、出来たか!!レシピ!!」

ドラゴン「はい!前菜、ファミチキ…」

魔王「だっしゃああああああぁぁぁぁ!!!」バシッ

ドラゴン「へぶぅ!!!」

魔王「お前!!クビ!!」

ドラゴン「ごめんなさい、おふざけが過ぎました。クビだけはカンベンを」

魔王「いいよ!!!」

44: 2012/08/22(水) 22:29:11 ID:mcfMGvGw
ー一方その頃生贄たちー

インプ「はぁい、お二人さん」ガチャ

金髪少女「何?呼んでないんだけど」

インプ「まぁまぁそういわないの~。二人とも、長旅の疲れをお風呂で流してきなさい」

黒髪少女「おふろ?お風呂があるんですか?」

インプ「そうよ~。それもデッカイ大浴場がね」

黒髪少女「す、すご…」

金髪少女(なんだよ、どうせ村から巻き上げた金で作ったんだろ…)

45: 2012/08/22(水) 22:34:20 ID:mcfMGvGw
インプ「じゃあ付いてきてね~」フヨフヨ

黒髪少女「は、はい」

金髪少女「ふん…」

ー一方その頃大浴場ー

魔王「出ろぉぉぉぉおおおおおおおぉおおおお!!!」

ゴーレム「ご…うごご…」ドロドロ

側近「何でお前、土なのに風呂に入ったんだよ!!!」

ゴーレム「うごーん(´・ω・`)」ドロリンヌ

47: 2012/08/22(水) 22:41:00 ID:mcfMGvGw
魔王「やばい!!本格的にヤバイ!!もうすぐあの子ら来ちゃうって!!」

側近「早く!!早くゴーレムを引きずり出しましょう!!」

ゴーレム「ぬごっ」ヌルン

側近「うへぇぇぇぇ!!メッチャぬめってるっぅぅぅぅ」フキフキ

魔王「ちょ!!我のマントで拭くな!!」

魔王「ゴーレム!!自力で脱出できないか!!」

ゴーレム「ご…」ヌルヌル

ゴーレム「ごぉぉぉぉ…(´;ω;`)」ドロリッチ

48: 2012/08/22(水) 22:47:00 ID:mcfMGvGw
魔王「ごーれむぅぅぅうううう!!!」

ゴーレム「ごぉぉおおお…」

側近「て、手伝ってやるから!!」グイグイ

魔王「ゴーレム!!頑張れ!!ヒッヒフー!ヒッヒッフー!」グイグイ

側近「ぱない!!!テラ重すwwww」

ー一方その頃生贄たちー

インプ(嫌な予感がするわねぇ…)フヨフヨ

金髪少女「にしても、長い廊下だなぁ」カツカツ

50: 2012/08/22(水) 22:53:47 ID:mcfMGvGw
魔王(インプインプインプ!!ストップ!!)

インプ(!!?魔王様?)

魔王(ゴーレムが風呂に詰まった!!その子達入れるのちょっと待って!!)

インプ(えええ!?でも、もうすぐそこまで)

魔王(どうにかして足止めして!!お願い!!)

インプ(は、はい!)

金髪少女「どうかした?」

黒髪少女「インプさん?」

51: 2012/08/22(水) 22:57:22 ID:mcfMGvGw
インプ「…(足止め!?足止めってどうすればいいの!?)」ドキドキドキ

黒髪少女「…?」

金髪少女「?」

インプ「…」

黒・金少女「…」

インプ「…ふ、二人とも…」



インプ「マジカルバナナ…しない?」

65: 2012/08/23(木) 13:28:48 ID:.AboSZIY
魔王「ゴーレム!!腰浮かせろ、腰!!」グイグイ

側近「魔王様、何か外から聞こえません?」グイグイ

魔王「え?」

マージカルバナナッ バナナトイッタラ キ・イ・ロ!!  

魔王「なんでもないから、さっさとコイツ引きずり出そう!!!」

側近「は、はい!!でもどんどん溶け出してますよ!」

ゴーレム「(´;ω:`)うごうご」

魔王「なにぃ!!体の感覚がないだと!!!?」

66: 2012/08/23(木) 13:35:22 ID:.AboSZIY
側近「うわぁこれもう、完全に泥湯だわ!!」

魔王「よ、弱ったな…!!」

ゴーレム「うごうご…」

魔王「くそ!!もう、こうなったら…!!」


ー一方その頃(ryー

インプ「白いと言ったら幽霊!!ハイ次、黒髪ちゃんね!」ドキドキ

黒髪少女「あの…お風呂は…」

金髪少女「いいかげん進もうぜ」

67: 2012/08/23(木) 14:13:03 ID:.AboSZIY
インプ「だめ!!こ、このマジカルバナナが終わるまで!」

金髪少女「はぁ?いかれてんの?」クルクル

黒髪少女「き、金髪ちゃん!」

インプ(も、もうダメだわ!!魔王様、早く!)

ドンッ!!!

インプ・黒・金「!?」ビクッ

ガンッ、ガンッッッ!!!

インプ・黒・金「!!?」

68: 2012/08/23(木) 14:16:04 ID:.AboSZIY
しん…

インプ(ええぇっ!!い、今の何!?)

ジョバババババババババ!!!

インプ・黒・金「!!!!??」ビクウッ

しん…

インプ(えええええええええ!!!?)

金髪少女「な、何だよ、今の音…。風呂からだったぞ」

黒髪少女「な、なに…怖い…」ガタガタ

69: 2012/08/23(木) 14:19:56 ID:.AboSZIY
金髪少女「行ってみようぜ!!」ダッ

黒髪少女「あっ、待って!一人で行かないでぇ!!」ダッ

インプ「NOーーーーーーーー!!!」フヨフヨ

ー大浴場、脱衣所ー

金髪少女「おら!!扉あけるぞ!」ガシッ

黒髪少女「……」ドキドキ

インプ「待て!!待てぇぇぇぇ!」ゼェゼェ

…ガチャ

70: 2012/08/23(木) 14:22:53 ID:.AboSZIY
金髪少女「…」

黒髪少女「…」

インプ「…」

ピカピカ

黒髪少女「…何もないね?」

金髪少女「…むしろ綺麗」

インプ「あ、あははは何だったんだろうねぇ?(ナイス魔王様!)」

インプ「さ、さぁ。何もないから、安心して入っておいでねぇ」

71: 2012/08/23(木) 14:27:37 ID:.AboSZIY
ー一方その頃魔王たちー

魔王「…」ビクンビクン

側近「」ガックリ

ゴーレム「ごぉ…」ドロドロ

側近「ないす、魔王さま…」

魔王「あい…」グッタリ

側近「何だかんだ言っても、魔王様の魔力は素晴らしいですね…。あんな短時間でお湯まで換えるとは」

魔王「…ども…」

72: 2012/08/23(木) 14:34:26 ID:.AboSZIY
ゴーレム「うごごご(すいません魔王様、オイラのせいで…)」シュン

魔王「はっはっは!!何、そんなに気に病むこたぁない!!」ゲッソリ

魔王「ぐっ!!うごっ!!げふっ、げふんっ!!」ゲホゲホ

側近「ぎゃあぁぁぁぁ!!魔王様が氏ぬぅぅううわあぁぁぁ!!」

ゴーレム「うごぉおおおおおおおおおおおおおぉぉ!!!」

73: 2012/08/23(木) 14:38:36 ID:.AboSZIY
ーそんなこんなで30分後ー

魔王「んはっ!!!!?」ガバッ

側近「魔王様が!!ご起床したぞ!!」

魔王「うわあぁぁぁあ!!しょ、食事!!会食は!!?」

ドラゴン「大丈夫、まだ時間ありますよー」トントン

魔王「おぅ…!!何だここ、厨房か…!」

側近「ええ!!魔王様正直言って邪魔なんで、ココに運びました!!」

魔王「しょんぼり!!!!」

82: 2012/08/23(木) 20:10:41 ID:.AboSZIY
ドラゴン「いきなりデカイ魔力を使うからですよ」ジュワッ

魔王「てへぺろ!!!…で、ドラゴン。何作ってるんだ!?」

ドラゴン「から揚げ」

魔王「おい!!!!てめぇ、大丈夫なんだろうなぁ!!?」

ドラゴン「だ、大丈夫ですって!!これ、ただの付け合せみたいな物ですから!!」ブンブン

魔王「そうか!!美味い料理を頼む!!!」

ドラゴン「了解です!!!」

83: 2012/08/23(木) 20:14:29 ID:.AboSZIY
側近「魔王様!!テーブルセッティングが完了しました!!」

魔王「本当か!!!じゃあ行こう!!後は頼んだぞ、料理長!!」

ドラゴン「へい!!」ジュージュー

ー大食堂ー

魔王「……」ソワソワソワ

側近「魔王様!!お座りください!!」

魔王「お、おう!!!!!」ストン

魔王「……」ジリジリ

84: 2012/08/23(木) 20:21:37 ID:.AboSZIY
魔王「ああああああぁぁじんましん出そうぅぅぅぅ!!!」ガタンッ

側近「ガキか!!!座れ!!!!」

魔王「あい!!!スイマセン!!!」ストン

(魔王様~)

魔王「ぬ?この声は、インプか!!!」

インプ(はい、そうですぅ。もう娘達入れて良いですかぁ?)

魔王「心臓が破裂した!!!!!」

側近「それ、流行らそうとしてるでしょ!!!!」

85: 2012/08/23(木) 20:28:41 ID:.AboSZIY
魔王「心の準備が!!!」ガタガタガタ

側近「魔王様、また足が震えてます!!!」

魔王「ま、まんとで隠せばおk…」ブルブル

側近「手も!!!!手汗がやばい!!!」

魔王「いやいやいや!!そんなことなねね、ねぇし!!!」ビッショリ

インプ(まだぁ?またマジカルバナナしないとダメ?)

側近(埒が明かないんで、入れてくださーいwwww)

魔王(ちょ!!!!!!!!!?)

86: 2012/08/23(木) 20:52:34 ID:.AboSZIY
ガチャリ

黒髪少女「こ、こんばんは…魔王様」フワリ

金髪少女「…こんばんわー」キラリ

魔王「」

側近「」

インプ(おら、ボーっとしてねぇで、挨拶しろよ獣)

魔王「…」ハッ!

魔王「…うむ」

89: 2012/08/23(木) 21:23:08 ID:.AboSZIY
側近「娘らは、そこに座るが良い」

黒髪少女「はい」ストン

金髪少女「…」ストン

魔王(……えへへへへへへへぇ♪)

側近(何て目の保養!!!!)

インプ(……はぁ…)

ゴースト「まずは食前酒です、魔王様ぁー」フワフワ

魔王「ん、ありがとう」スッ

90: 2012/08/23(木) 21:26:53 ID:.AboSZIY
ゴースト「えへへ、お嬢様方もどうぞ」コトン

黒髪少女「あ、ありがとうございます(魔王城にもこんな可愛い魔物がいるんだ…)」

金髪少女「…ありがとう」

側近「魔王様、乾杯の合図を」

魔王(え!!!!!??)

側近(だから乾杯の合図!!!)

魔王(そんなのやった事ないしwwwってか、いつものご飯って食前酒すら出ねぇし!!)

側近(いいから!!!!インスピレーションでやって!!格式高く!!)

91: 2012/08/23(木) 21:33:10 ID:.AboSZIY
魔王「…本日新たに城に加わった、麗しき乙女達に捧げる。乾杯」スッ

側近「乾杯(麗しき乙女wwwwwww)」

インプ「乾杯(テラ廚ニwwwwwww)」

黒髪少女「か、かんぱい(金髪ちゃん、私たちお酒飲んでいいのかな?)」

金髪少女「かんぱい…(別いいんじゃない?タダだし)」

インプ(乙女wwww乙女www腹いたいわぁwww)プギャー

側近(魔王様www超フェミニストwwwww)プギャー

魔王(うわあああああああ!!!)

92: 2012/08/23(木) 21:41:40 ID:.AboSZIY
ー補足!!ー

()内の発言は、モンスター達の間ではテレパシーです!!

基本外に漏れることはありません!!

人間の()内の発言はただのコショコショ話です!!

以上!! 補足を!! 終わる!!

93: 2012/08/23(木) 21:54:03 ID:.AboSZIY
魔王(もうやだ…なにこれ!!!)

側近(やったね魔王ちゃん!黒歴史が増えるよ!!)

悪霊「はーい、お待たせしました!前菜のルッコラと苺のサラダです~」パタパタ

魔王「ん、ありがとう(おおお!!!ドラゴン、気合入れてるなぁ~!)」

インプ(いつになく、小奇麗な飾りつけ!!)

側近(やるときはやる、それが料理長クオリティ!!)

黒髪少女「ありがとうございます(苺だって。食べるの何年ぶりだろう?)」

金髪少女「ありがと…(苺かぁ。すっかりぜいたく品だよな)」

94: 2012/08/23(木) 22:02:21 ID:.AboSZIY
黒・金少女「いただきます」

魔王(うめぇwwwwwなにこれww)

側近(やばいwww舌の上で革命がwww)

魔王(いつもは手抜き料理ばっかなのに!!なんでアイツ、いつも本気出さないの!?)

インプ「どぉ?美味しいでしょ、二人とも(ったく、少しは会話してくださいよぉ)」

黒髪少女「は、はひ!!美味しいです!!」ビクッ

金髪少女「本当、こんなの初めて食べた」

95: 2012/08/23(木) 22:07:17 ID:.AboSZIY
魔王(黒髪ちゃん可愛いなぁ~~!!!)ニヤニヤ

側近(魔王様!!口元が緩んでおります!!)

インプ(はぁ、これだから男は…)

金髪少女(…むかつく。私たちの村から巻き上げた物資で、こいつ等贅沢三昧…)

黒髪少女(……金髪ちゃん、がまんしよ)

ゴースト「はい、次はメインのから揚げです~」フワフワ

魔王(コロス!!!!!!!!!!!!!!)

側近(やりおった!!!!!!)

96: 2012/08/23(木) 22:19:47 ID:.AboSZIY
魔王「ん、ありがとう」ブルブル

側近(魔王様!!抑えてください!!)

黒髪少女「…から、あげ?」ボソリ

魔王「…なんだ、から揚げを知らないのか」

黒髪少女「!! は、はい…」ビクビク

側近(お!!?まさかの積極的アピール)

魔王「鶏肉を味付けして、油で揚げたものだ。初めて見るか?」

黒髪少女「は、はい…。とても美味しそうです」

100: 2012/08/23(木) 22:35:58 ID:.AboSZIY
インプ(やればできるじゃないですかぁ!)

魔王(んふふふふふふ!!!!)

金髪少女「…」イラッ

金髪少女「まぁ、今は肉どころか小麦も不足してますからね…誰かのせいで」

黒髪少女「!!き、金髪ちゃん!!」

インプ「…っ(な…!)」

側近「娘…魔王様に対して、失礼だぞ」

魔王「…」

101: 2012/08/23(木) 22:36:32 ID:.AboSZIY
インプ(やればできるじゃないですかぁ!)

魔王(んふふふふふふ!!!!)

金髪少女「…」イラッ

金髪少女「まぁ、今は肉どころか小麦も不足してますからね…誰かのせいで」

黒髪少女「!!き、金髪ちゃん!!」

インプ「…っ(な…!)」

側近「娘…魔王様に対して、失礼だぞ」

魔王「…」

102: 2012/08/23(木) 22:41:22 ID:.AboSZIY
金髪少女「ねぇ、魔王様ぁ。知ってますかぁ?」サクッ

金髪少女「この肉一切れすら、普段私たちの口には入らないんですよ」

魔王「…ああ、知っている」

インプ(魔王様!!!!)

魔王(はいはいはい!いいから、いいから!!落ち着いて!!)

金髪少女「はぁ?なにそれ、平然と…!!」ダンッ

黒髪少女「金髪ちゃん!!黙って!!」

金髪少女「うっせーな!お前が黙ってろ!!」

104: 2012/08/23(木) 22:46:53 ID:.AboSZIY
魔王「見苦しいぞ娘。食事の席だぞ」

金髪少女「…っ!!」ムカッ

金髪少女「お前のせいで!!お前のせいでな!!村では赤ん坊が次々氏んでいく!!」

黒髪少女「やめて!!お願い!!」

金髪少女「狩猟に行った男たちが、食い殺される!!子供がお腹を空かせて、泣いてる!!!」

魔王「…」

金髪少女「なのに!!なのに、…お前は!!!」ポロポロ

魔王「…」

106: 2012/08/23(木) 22:50:41 ID:.AboSZIY
金髪少女「お前が居なければ!!!お前が…!!」

ガタンッ!!

インプ「……いい加減にしろ、小娘が」

金髪少女「…!」

側近「インプ!」

魔王「良い!座れ!!」

インプ「どうして!!?だって、魔王様は…!!」

魔王「言うな!!座れ!!」

107: 2012/08/23(木) 22:56:18 ID:.AboSZIY
インプ「……っ!!」ギロッ!

金髪少女「…殺せよ」

インプ「あぁ!?」

金髪少女「私を食えば、魔王は満足すんだろ?村に手加減してくれんだろ?だったら、殺せよ」

インプ「…じゃあ、望みどうり、ぶっ頃してやるよ!!!」グワッ

黒髪少女「…!!や、止めて……!!!」

魔王「…」

魔王「インプ!!!!!!!」グオッ!!!

108: 2012/08/23(木) 23:01:03 ID:.AboSZIY
インプ「…!」ビクッ

魔王「…ハァ、ハァッ…」

側近「ま、魔王様…」

魔王「インプ、下がれ」

インプ「…」

魔王「下がれ!!!!!!」

インプ「…っ」シュンッ

金髪少女「…」

109: 2012/08/23(木) 23:06:05 ID:.AboSZIY
魔王「…脅かしてすまなかった」

黒髪少女「…」ポロポロ

金髪少女「…」

魔王「そなた等は…もう、部屋に帰っても良い…。小間使いは、別の者をつけよう。側近」

側近「…はっ。ゴースト!!」

ゴースト「は、はぃい…」オドオド

側近「娘らを、部屋に」

ゴースト「は、はい…。あ、あの立てる?」

110: 2012/08/23(木) 23:09:15 ID:.AboSZIY
金髪少女「…」スクッ

黒髪少女「…ぅ…」

ゴースト「な、泣かないで!支えてあげるよ」

魔王「…ゴースト、後は頼んだ」バサッ

ゴースト「はっ、はぃっ」

魔王「側近、行くぞ」スタスタ

側近「……はっ」

金髪少女「……」

111: 2012/08/23(木) 23:14:42 ID:.AboSZIY
バタン

魔王「…」

魔王「てへーーーー!!!やっちった!!てへぺろー!!」

側近「…魔王様」

魔王「いっけねぇ~~!!こんなマジ切れ、魔王のキャラじゃないよねぇ~!」

側近「魔王様」

魔王「あはは、インプちゃんに後でボコられる~!!」

側近「魔王!!!!」

魔王「…」

113: 2012/08/23(木) 23:17:44 ID:.AboSZIY
魔王「ごめん。疲れたから…寝るわ」

側近「…」

魔王「朝は自分で起きるから…誰も入れないでな」ヒラヒラ

側近「…インプは…」

魔王「明日…ちゃんと謝る」

側近「そういうことじゃなくて!インプは、魔王様の名誉を守…」

魔王「おやすみ、側近」

バタン

114: 2012/08/23(木) 23:20:51 ID:.AboSZIY
ー魔王の部屋ー

魔王「…」ツカツカ

魔王「はぁ…」ボフン


インプ『だって、魔王様は……!!』

側近『インプは、魔王様の名誉を…』


魔王「…」

魔王「…」スヤスヤ

115: 2012/08/23(木) 23:25:20 ID:.AboSZIY
……


??「おらぁぁぁぁ!!高い高いぃぃぃぃいいい!!!」ブンッ ブンッ

魔王「ぎゃああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

女「こら、あなた!魔王が嫌がってますよ!」

??「おぉwwwwすまんごwww」

魔王「おぅぇええぇぇぇぇええ…」キラキラ

??「っはは!!この位で吐くようじゃ、お父さんみたいになれないぞww」ポンポン

116: 2012/08/23(木) 23:28:57 ID:.AboSZIY
魔王「うぐく…も、もういっちょ」

??「おし!今度は吐くなよーww」

女「やめなさいっ!」バキッ

??「あべしwww」

女「もう、いつだってやり過ぎるんだから…。魔王がかわいそうですよ」

??「なにをww俺くらいの男になるには、コレくらいww」

魔王「うん!!僕、父ちゃんみたいに強くなりたい!」

??「だろーwww」ワシワシ

118: 2012/08/23(木) 23:32:23 ID:.AboSZIY
??「でもなぁ、魔王。男は強いだけじゃダメなんだぞー」

魔王「なんでー?」

??「男は!!強さと!!心の器!!」ドン!!

??「強くても、ちっちゃい男だと、美女とナニもできな(ry」

女「あなた」ニッコリ

??「あいすいません」ガタガタ

魔王「弱い…」

??「い、いいか!!時代は調和!!」

119: 2012/08/23(木) 23:36:53 ID:.AboSZIY
??「今まではあんまり仲良しじゃなかった皆とも、仲良くしていかなきゃダメなんだぞ!」

魔王「ふーん…」

??「そう例えば、ママと俺のように!ママは人だけど、俺は魔物だ。けど、仲良し!!」ダキッ

女「そうよ。だから魔王もたくさんの種族と仲良くなりなさい」グググ

??「そういうこった!!!だから、器はでかく持て!!」グイグイ

女「あなた、…離れろ」

??「あいすいません」ビクゥ

魔王「やっぱ弱い」

120: 2012/08/23(木) 23:40:24 ID:.AboSZIY
……

チュンチュン

魔王「…」

魔王「ぬ」パチ

魔王「ん…懐かしい夢を見たな」ムクリ

ふと体を見てみると、かけた覚えのない布団が、体の上にあった。

魔王「…側近かぁ。もう、入るなって言ったのに」

大きく伸びをし、魔王は傍らの写真たてを手に取った。

121: 2012/08/23(木) 23:46:49 ID:.AboSZIY
魔王「おはよう、父上、母上」

フレームの中から、一人の女性と一匹の魔物がこちらに微笑みかけていた。

魔王「さぁ、今日も行くぞー」

魔王はおもむろに、フレームをひっくり返す。裏面には、乱雑な字が書かれた紙が貼られていた。

魔王「魔王道その一!!シャンプーは男をあげる、すかるぷでぃ!!」

彼は、紙に書かれたその文字を、大きな声で読み上げる。

紙には一際大きく、こう書かれていた。 「父から子へ、魔王の心得」

魔王「そのニ!!部下は大事にするべし!!」

122: 2012/08/23(木) 23:51:32 ID:.AboSZIY
魔王「その三!!失敗は水に流せ!!心の広い男になれ!!」

魔王「その四!!良い嫁さんをもらえ!!!」

魔王「その五!!歯を見せて常に笑い、他民族とも仲良くするべし!!」

溌剌とした声で、全文を読み上げる。

魔王「世っしゃあああああああぁぁぁぁ!!今日も頑張るぞぉぉぉぉ!!っうぇ!!」



こうして、魔王の新しい一日が始まった。

132: 2012/08/24(金) 09:35:14 ID:TQq7Mfts
魔王「とか、テンションばりばりなのは良いけど」

魔王「どうしようかなぁぁぁああ!!インプに何て謝ろう!!!?」ワシワシ

コンコン

側近「魔王様!!!ご起床ですか!!!」

魔王「あ、うん!!!(コイツ、昨日の事とか寝たら忘れてるよなーwww)」

側近「では!!朝のラジオ体操しますんで!!広場に来てくださいね!!」

魔王「ぅいーす!!!」

魔王「さて、行くか!!!」

133: 2012/08/24(金) 09:39:32 ID:TQq7Mfts
ー広場ー

魔王「みんな、おはよう!!!!」

魔物たち「おはようございます、魔王様!!!!」

魔王「お前等、朝からうるせーな!!!」

魔物たち「それは!!魔王様も!!一緒です!!」

魔王「ぶははwwそれじゃあ、朝のラジオ体操を開始する!!」

側近「でも今日は、娘達を起こさないように静かにね!!」

魔王「っうぇえええええええええええい!!ラジオ体操第一ぃいいいいいい!!!」

側近「馬鹿!!!!!」

134: 2012/08/24(金) 09:50:00 ID:TQq7Mfts
チャンチャカチャン♪チャンチャカチャン♪

魔王「腰をひねってーー!(そういえば、インプがいないな?)」グルングルン

側近(あ、本当だ!!朝から見てないんですけど!!)

魔王「胸を大きく反らすーー!(ああああぁ、早く謝らないとぉぉお!!)」グイグイ

魔王「はい、おしまい!!じゃあ、娘が起きてくる前に、朝ごはん食べておいてね!!」

魔物たち「はーい!!!食堂に急げぇぇぇえ!!」ドドド

魔王「…はぁーーー!!インプ、何処行ったんだ!!!?」ガックリ

側近「謝るもんも、謝れないですね!!!」

135: 2012/08/24(金) 09:56:08 ID:TQq7Mfts
ゴーレム「うごうごごー(魔王様ー)」ブンブン

魔王「あ、ゴーレム!!!食堂行かなくて良いのか!?」

ゴーレム「うごご(良いです。ところで僕、インプちゃんを城門で見ましたよ)」

魔王「なにぃ!!!!?」

ゴーレム「うごうご(何だか、大きな荷物も持ってたんです)」

魔王「えええええええぇぇええ!!!」ガチョーン

側近「それヤバイだろ!!!」

ゴーレム「うごん(´・ω・`)」

136: 2012/08/24(金) 10:12:40 ID:TQq7Mfts
魔王「早まるな、インプーーーー!!!」バッサァ

側近「ちょ!!!飛ぶな!!!ずるいですよ!!」ダダダ

ゴーレム「うごおおお」ドドド

ー城門ー

インプ「…」

インプ「お世話になりました」ペコリ

インプ「…」クル

インプー!!!! マテェェェェェ!!!!  インプーー!!  ウゴゴゴー!!

137: 2012/08/24(金) 10:16:08 ID:TQq7Mfts
インプ「!!?」

魔王「待てゴルァ、インプ!!!逃がさんぞぉおおお!!!」バッサバッサ

インプ「きゃああああぁぁぁぁぁ!!!?」

側近「早まるなー!!!」

ゴーレム「うごおおお!!」

インプ「な、何でここが…」

魔王「ゴーレムから聞いた!!!何処に行くんだ、そんな大荷物で!!」フワッ

インプ「ま、魔王様…これは」

138: 2012/08/24(金) 10:20:41 ID:TQq7Mfts
魔王「我の許可なく、勝手に脱走するな!!ハムスターかお前は!!」

側近「そうだそうだ!!」

インプ「…だって、私」

魔王「だってもなにもない!!このハム太郎が!!!」

インプ「~~っ」

インプ「だって私、魔王様にあんな恥をかかせたんですよ!!?」

魔王「恥なんてかいてない!!!」

インプ「嘘付け!!!!」

139: 2012/08/24(金) 10:26:11 ID:TQq7Mfts
魔王「嘘なもんか!!!」

インプ「…折角魔王様が、人間と仲良くしようと思ってたのに…それを滅茶苦茶にしたんですよ!!?」

魔王「だから、許す!!!!」

インプ「いいえ、それじゃあ私の気がすみません!!それに、魔物たちや娘達にも合わせる顔がない!!」

魔王「ぐぬぬ…!!分からず屋のとっとこハム太郎めがぁ…!!」

インプ「だから、私はここを辞めて、償います」

魔王「ぐぬぬ…!!」

インプ「もう、追いかけてこないで…」フワッ

140: 2012/08/24(金) 10:31:34 ID:TQq7Mfts
魔王「おい、逃げるな!!!!」

インプ「ごめんなさい…魔王様」フヨフヨ

側近「インプー!!」

ゴーレム「うごごご!!?」

魔王「…こうなったら」

側近「え!!!魔王様、何を!!?」

魔王「………戻って来てくれぇえええええ!!!インプゥゥウウウ!!!」ドゲザー

側近・インプ・ゴーレム「えええええええええええええええぇえええぇええ!!?」

150: 2012/08/24(金) 20:22:09 ID:TQq7Mfts
魔王「お願いしますぅうううううううう!!!」ズリズリ

インプ「何してるんですか、魔王様!!!!?」

側近「顔を上げろぉおおおおおお!!!」

ゴーレム「うごぉおおお!!?」

魔王「顔は上げん!!インプが戻ってくれるまで!!」ズリズリ

インプ「か、帰ってきます!!ほら、ほら!!」トスン

魔王「でもお前のことだから、すぐ逃げ出すだろ!!?」

インプ「…」

魔王「お前にここで一生働いて欲しいんだよ!!!」ズリズリ

151: 2012/08/24(金) 20:28:40 ID:TQq7Mfts
インプ「…」

魔王「我は、アホだし、側近や他の魔物の力を借りないとダメなんだ!!!!!」

魔王「インプがいないとあの娘達の扱いも分からん!!!」

魔王「だから、帰ってきてくれ!!!そして一生我に仕えると誓え!!!」

魔王「何より!!!お前は我にとって、大事な大事な部下なんだ!!!!!!」

側近「魔王様…」

インプ「…」

側近「インプ…」

152: 2012/08/24(金) 20:32:38 ID:TQq7Mfts
インプ「…」フヨフヨ

インプ「魔王様」

魔王「誓えぇぇぇええ…誓えぇええ」

側近(呪いかよ)

ゴーレム(完全に呪詛)

インプ「顔をあげてください…。誓いますからぁ」ニコ

魔王「いやアアアッほおおおおおおおおお!!!!!」ピョーン!!!

インプ「うを!!!!?」ビクッ

153: 2012/08/24(金) 20:51:29 ID:TQq7Mfts
魔王「ありがとう!!!ありがとう!!!」ブンブン

インプ「ちょ、ちょっと恥ずかしいんですけどぉ」

魔王「いやぁあああ!!!流石インプ!!!水に流せる良い女!!!」

インプ「ただし、戻るには条件があります」

側近「どうなんだそれ!!!!!」ガーン

魔王「うん!!!何でもどうぞ!!!」

ゴーレム「うご…(威厳もくそもないですよ…)」

154: 2012/08/24(金) 20:55:12 ID:TQq7Mfts
インプ「いいですか、魔王様」

インプ「まず、私のお給料を一ヶ月半分にすること」

魔王「え!!!何で!!!」

インプ「飴だけ与えてたら、女は調子に乗るんです!!いいから減給措置!!」

魔王「じゃあ、いいよ!!」

インプ「それとあと、もう一つ」

インプ「…魔王様の口から直に、娘達に教えてあげてください」


インプ「魔王様…いいえ、魔王一族は、人間に危害を加えた事は一度もない、と」

156: 2012/08/24(金) 21:34:08 ID:TQq7Mfts
ー客室前ー

インプ「…よしっ」パンッ

インプ「謝ろう、謝ろう…。ちゃんと頭を下げよう…」ブツブツ

インプ「行くぞ!!!インプ!!!」

ガチャッ

インプ「おっはよーーー!!!」

黒髪少女「きゃ!!?」ガバッ

金髪少女「…」ビクッ

159: 2012/08/24(金) 22:03:30 ID:TQq7Mfts
インプ「おはよーおはよー金髪ちゃん、黒髪ちゃん!!」

金髪少女「……」ビク…

インプ(…だよね。粋がってても、魔物に啖呵きられたら、怖いよね…)

インプ「…昨日はごめんなさい」ペコリ

金髪少女「…え?」

インプ「気がすまないなら殴ってもいいわよ。私、我ながら軽率な事をしたと思ってるの」

金髪少女「…」

金髪少女「あんた達、魔物にも…謝ろうって心があんのか」

172: 2012/08/25(土) 14:20:20 ID:RJ0o6PI.
インプ「あるに決まってるでしょ!!」

金髪少女「…許さない」

インプ「…そう」

金髪少女「魔物ってだけで、お前は嫌い」

黒髪少女「そんなにハッキリ言わなくても…」ガタッ

インプ「あー、いいのいいの。謝りたかっただけだし、許してもらおうなんて思ってないし」

黒髪少女「わ、私が謝ります…ごめんなさい」ペコペコ

インプ「そんな、ビクビクしなくて良いの…(あーキツイ…やっぱり、嫌われてんのよねぇ)」

173: 2012/08/25(土) 14:26:26 ID:RJ0o6PI.
インプ「それより、食事があるんだけど…。昨日のホールで」

黒髪少女「はっ、はい行きます!」

インプ「身支度手伝ってあげるわ」フヨフヨ

金髪少女「いい。黒髪だけして貰えば?」スタスタ

黒髪少女「金髪ちゃん!!」

インプ「いいのよぅ…気にしないで」

黒髪少女「ごめんなさい、ごめんなさい…!」

インプ「謝らなくていいてばぁ」ニコ

174: 2012/08/25(土) 14:30:50 ID:RJ0o6PI.
ー一方その頃魔王たちー

魔王「おーーーーっす!!!!」ガチャ

魔物たち「あ、魔王様!!!」モグモグ

魔王「っうぇ!!!!から揚げ臭っっ!!!」

ドラゴン「昨日のあまり物ですよー。仕方ないでしょ、魔王城だって貧乏だし」ガツガツ

魔王「そうだったね!!!でも女の子に出すのは、ちょっと見栄はってほしいな!!」

ドラゴン「から揚げウマー」

魔王「てめぇの趣味を仕事に出すなっつってんだよぉおおお!!!」ガー

175: 2012/08/25(土) 14:34:20 ID:RJ0o6PI.
側近「魔王様!!ドラゴンなんか放っておいて!!皆に例の話を!!!」

魔王「そうだったね!!!ドラゴンは…から揚げでもしゃぶってな!!」

ドラゴン「wwwww」ムシャムシャ

キーン ガリガリ

魔王「いい加減、この拡声器も買い換えたい!!!」

側近「お金がない!!!!」

魔王「畜生!!!!!!」

魔物たち「魔王様、お話ってなんですかー?」

176: 2012/08/25(土) 15:08:24 ID:RJ0o6PI.
魔王「うーん、皆は知らないと思うけど、インプが使い魔を辞めるって言い出したの!!」

魔物たち「えええええぇっぇぇええ!!!姐さんが!!!?」

側近「そう!!うちの紅一点のインプがだ!!!」

魔王「昨日の会食での行動に責任を感じたって!!!」

オーク「ああ、あれかぁ。でも、あの娘の言動もオイラは許せん!!」

悪魔「いつまでもウジウジして、人間てのぁ、ケツの穴が小せぇのさ!」

魔王「はいはい!!ストップ!!今は悪口言う時間じゃありませーん!!」

側近「ビーキャーフリー!!シャラァァァァァップ!!!」

183: 2012/08/26(日) 14:47:57 ID:y4QLxnV6
魔王「んでね、一応戻ってきてくれるって言ったんだけど!!条件つきで!!」

魔王「それがな…!!」

魔物たち「…?」ゴクリ

ドラゴン「wwww」ムシャムシャ

魔王「その条件はな…」

魔物たち「…」ゴ、ゴクリ

魔王「条件は…」

魔物たち「…っ」ゴクリ

184: 2012/08/26(日) 14:51:35 ID:y4QLxnV6
魔王「実は…」

魔物たち「……」ゴクリ

魔王「なんと…」

側近「溜めるな!!!!!!!!!」バシッ

魔王「ぴぎぃ!!!!!!痛い!!!!」

側近「真面目にやれ!!!」

魔王「ゴメンナサイゴメンナサイ良い子になりますから痛いことしないで」ガタガタ

側近「虐待してるわけじゃないし!!!!」

185: 2012/08/26(日) 14:58:01 ID:y4QLxnV6
魔王「まぁ、その条件が人間に魔王一族の歴史を、教えてやれって事でして」

側近「あんだけ溜めといて、そんなサラッと言うな!!!!」

魔王「簡単に言えば!!魔王が統治する魔物が他民族を傷つけた事は、全くないって教えてやれってこと!!!」

魔物たち「え…でも、それは…」

魔王「うん。まぁ、いきなり納得してもらおうとは思ってないし!!」

ゴースト「魔王様、あの子達に説得なんて…」

魔王「いける!!!勝つる!!!」

側近「おらてめぇらぁぁぁぁあ!!魔王様信じんかぁぁぁああい!!!」

186: 2012/08/26(日) 15:02:11 ID:y4QLxnV6
ザワザワ

魔王「せーしゅくにーーー!!!控えろぉーーー!!」

魔王「そういうわけで、信用してもらう為に、素を出そうと思う!!!」

魔物たち「ええええええええええ!!!?」

魔王「うん!!!このテンションで!!!ちょっくら話してくる!!!」

魔物たち「そ、それじゃぁ…」

魔王「心配するな!!なめられるのには慣れてる!!!」

魔物たち「いや、そういうことじゃなくって」

187: 2012/08/26(日) 15:04:26 ID:y4QLxnV6
オーク「魔王様の乾杯wwwwまた聞きたかったwwww」

悪魔「分かるwww乙女wwwwww」

ドラゴン「テラ黒歴史wwww」

魔王「」

側近「………」プルプル

魔王「」

側近「魔王様、そんなに悲しま……ブッフォwwwwwwww」

魔王「」

190: 2012/08/26(日) 15:55:01 ID:y4QLxnV6
側近「大丈夫ですwwwく、黒歴史くらい誰にでも…」

魔王「本当か?」ウルウル

側近「…」

魔王「…」ウルウル

側近「」ブホッwww

魔王「ああああああああぁあああ!!!吹くなぁああああ!!!」

側近「すみませwwwブッフォwwww」ドンドン床ドン

193: 2012/08/26(日) 17:27:01 ID:y4QLxnV6
魔王「なんだよーー!!!皆なんなんだよーーー!!!」ダンダン

魔物たち「ごめwwwぶっふぉwwwwww」

側近「wwwみ、、みんな落ち着け…あんまり笑ったらかわいそうだから!!」

魔王「側近が一番笑ってたじゃねええええええぇぇぇえかああっぁぁああ!!!」マッカ

側近「はい、話を戻しましょう」キリッ

魔王「切り替えはやいねー」

204: 2012/08/27(月) 20:43:19 ID:3ORMSM/c
魔王「ま、そういうことだから、皆フレンドリーに!!引かれても気にしない!!以上!!」

魔物たち「了解ー」

側近「じゃあ、これから娘たちが来るから、食堂の片付け!!」

魔物たち「いえっさぁああああああ!!!」ガタンガタン

ドラゴン「wwwwうめぇwwwっうぇwww」モグモグ

魔王「お前はさっさと配膳にもどれ!!!」

ドラゴン「はーいwww」ムシャムシャ

205: 2012/08/27(月) 20:48:46 ID:3ORMSM/c
ーそし30分後ー

魔王「ふー、結局片付けに駆り出された…」トントン

側近「もうそろそろ、娘達が来ますよ!!!」

魔王「おおおおお、おう!!!!」ガタッ

側近「相変わらず、安定のチキン!!!」

魔王「うっせいわ!!!!」

インプ(もう、片付け終わったのー?)

魔王「あ、インプー!!終わったぜぃ!!!!」

207: 2012/08/27(月) 20:58:45 ID:3ORMSM/c
インプ(そう。じゃあ、入れますねー)

魔王(おおお、おk!!!!)

側近(安定の(rywwwwww)

ガチャ

黒髪少女「お、お早う…ございます」

金髪少女「…」ペコ

魔王(ズッキューーーーーーーーーーーン!!!!!!)

インプ(うるさいわよ、この獣!!!!)

209: 2012/08/27(月) 21:25:42 ID:3ORMSM/c
インプ(早く挨拶してください!)

魔王「…」スー

魔王「ん…」

側近(ん??????)

魔王「んちゃ!!!!!!!!!」

金・黒髪少女「」

インプ(ええええええええええええええええええええ!!!!)

側近(お、おう……!!!?)

210: 2012/08/27(月) 21:28:24 ID:3ORMSM/c
黒髪少女(い、今んちゃって言った!!ま、魔王が…んちゃって!!)

金髪少女(言った!!!!言った!!!)

魔王「やー!!良い朝っすね!!!おはよう、お二方!!!」

金髪少女「」

黒髪少女「」

魔王「じゃ、座って座って」ニッコニッコ

金髪少女「…あぁ!!!!?」ダンッ

魔王「おう!」ビクッ

212: 2012/08/27(月) 22:40:14 ID:3ORMSM/c
金髪少女「ふざけてんじゃねーぞテメェ!!!!」

魔王「お、おう!!?」

インプ「こら、座って、金髪ちゃん!!」

金髪少女「意味分かんねぇ!!お前等、いったい何処まで私たちを馬鹿にすれば…!!」

魔王「まぁ、落ち着け!!!」

金髪少女「ふざけんなよ!!!!!」

黒髪少女「」

213: 2012/08/27(月) 22:45:45 ID:3ORMSM/c
インプ「慎め!!!」

金髪少女「頃す!!!ふざけたクソ外道が!!!」

黒髪少女「」ホウシン

側近「こら娘ぇええええええええええええ!!!座らんかぃ!!!!」

ギャース ギャース

魔王(……カオスwwwww)

側近「そこらへんは貴様が収拾しろ!!ヴォケ!!!」パシン

魔王「ふぇえ!!!」

214: 2012/08/27(月) 22:55:22 ID:3ORMSM/c
ギャーギャー

魔王「…」スゥッ

魔王「シャラァッァァアアアアアアアアアップ!!!!!」

ピタッ…

魔王「ふん、騒がしいわ!!君主が喋ってるのに!!お前らは空気の読めない駄犬か!!?」

金髪少女「だじゃら、お前のその喋り方!!!」

魔王「素ですーーーーーー!!!これが我の素なんですーーー!!悪い!!!?」

黒髪少女「…」キュゥ

218: 2012/08/27(月) 23:04:28 ID:3ORMSM/c
金髪少女「何を…」

インプ「本当よ。魔王様…いつもこうなの。ウラも表もなにもないの」

黒髪少女「う、うそ…」

側近「本当です!!!!!」

金・黒髪少女「……」ポカーン

魔王「む、静かになったね!!まぁ、混乱しちゃうと思うけど、我、普段通りに話すからね!!!」

金髪少女(嘘だ…。だって俺の憎んでる野郎は、下品で、偉そうで、人を見下した悪の塊だ…)

黒髪少女(ま、魔王がこんな喋り方とテンション…!?信じられないよ!)

219: 2012/08/27(月) 23:08:45 ID:3ORMSM/c
魔王「まぁ、昨日のは…。まぁ、忘れて!!!」

魔王「で!!!本題に入るね!!!」

側近「魔王様!!!椅子ドゾー!!」

魔王「サンクス!!!」ポスン

インプ「さ、私たちも座りましょう」

黒・金「……」

インプ(ホウシン…。まぁ、無理もないか)

221: 2012/08/27(月) 23:13:13 ID:3ORMSM/c
魔王「…突然だが、何故人は魔物を恨む?」

金髪少女「…」ハッ

金髪少女「それは…お前たちが人を食らうからだ!!何の罪もない人々を!!」

魔王「ふむ…そっかぁ…。じゃ、黒髪ちゃんは!!?」ビシッ

黒髪少女「ふぇ!!?」ビクッ

インプ「何でもいいから、言ってごらん」

黒髪少女「…」

黒髪少女「…む、村を襲ったり…あっ、あの、私こんな事魔王様の前で…言って良いのか…」ガタガタ

223: 2012/08/27(月) 23:17:30 ID:3ORMSM/c
魔王「いいから言ってみ?」

黒髪少女「…」

黒髪少女「魔物は…大事なものを全て壊します…」ガタガタ

魔王「…うん、うん」

金髪少女「ふざっけんな!!だから、それはテメェが指示したことだろ!!?何平然と…」

魔王「…違うんだよ」

黒髪少女「え…」

魔王「…我は、いや、魔王一族およびその支配下の魔物は……人間を傷つけたことなんてない」

224: 2012/08/27(月) 23:20:51 ID:3ORMSM/c
金髪少女「……あ?」

黒髪少女「……は?」

魔王「信じられないだろうね。まぁ、仕方ない…」

金髪少女「当たり前だろ!!!!!!!」ポロッ

黒髪少女「あなた…あなたは!!!」ポロポロ

魔王「ひゃ!!!?」

側近(わぁあああああああ泣ーかした泣かしたーー)

魔王「ご、ごめ、ごめん!!!!!」オロオロ

233: 2012/08/28(火) 08:19:06 ID:pgMlby32
魔王「ごめんね、ごめんねぇっぇぇえええ!!!」ブンブン

金髪少女「人間が…どれほどの苦悩の中生きてきたか…」ポロポロ

黒髪少女「それを今更、言い訳するんですか!!?」ポロポロ

魔王「……」

インプ(魔王様、この子達の村、「あいつ等」に食い荒らされて酷い有様なのよ)

魔王(うん…。感情を押さえられなくて当然かぁ…)

魔王「でも…これは事実なんだよ、二人とも」

234: 2012/08/28(火) 08:25:12 ID:pgMlby32
金髪少女「嘘だ!!!うそつき!!大体、私は何回も村が魔物に襲われるのを見てるんだ!!」

魔王「うーんと、それが、複雑な事情が魔族にもあって…」

黒髪少女「うそつき!!!うそつき!!!」ポロポロ

魔王「…」シュン

側近「話だけでも聞いてください!!!」

インプ「あなた達、魔物のせいだと思ってるのはしょうがないけど、本当に事情が…」

魔王「うん、そうなんだよ…本当に信じて欲しい。いや、話だけでも聞いてくれ」

金・黒少女「……」ヒックヒック

235: 2012/08/28(火) 08:28:59 ID:pgMlby32
金髪少女「…何言われても信用できねぇよ!魔物の言う事なんか!!」

黒髪少女「……」グスグス

魔王「そっか…。じゃあ、魔物じゃなくて人間の証人が必要だね」

黒・金髪少女「…え…?」

魔王「側近、地下通路開けといて!!久々にアイツと話をしよう!!」

側近「げっ、地下通路…!?となると、アイツって…」

インプ「マジィ!!!?アイツと会うのぉ!?」

238: 2012/08/28(火) 08:57:43 ID:pgMlby32
金髪少女「…何の話だよ」

黒髪少女「わ、私たちのほかに人間がいるの?」

魔王「…ああ」

インプ「でも、ちょっとだけ特殊で…」

魔王「まぁ、人間から話を聞くんだから、文句ないだろう?同じ民族なら、信用できる?」

黒・金少女「…」

魔王「良いかな?」

金髪少女「…気に食わないけど、話すだけなら…。信じるかどうかは別として」

239: 2012/08/28(火) 09:00:54 ID:pgMlby32
魔王「ほ、本当か!!!そうとなれば、早速行こう!!」

側近(ご飯どうしますー?)

魔王(包んでお弁当にしてもらって!!!)

側近(了解!!!)

魔王「じゃあ、我についてきて」クルリ

黒髪少女「…き、金髪ちゃん離れないでね」ギュウ

金髪少女「お前こそ…離れんなよ」ギュー…

インプ「怖がらなくて、いいからね」ニコ

247: 2012/08/28(火) 13:36:32 ID:pgMlby32
魔王「えっとぉ…地下通路の鍵…鍵…」ゴソゴソ

ドラゴン「魔王様ーーーー!!」ドテドテ

魔王「あ、お弁当?」

ドラゴン「うっす!!!人数分、どうぞお持ちください!」

魔王(から揚げ入れてんじゃねぇよな?)

ドラゴン(それは、ないですから!!!安心してどうぞ!!)

魔王「うん、じゃあ行こう!!」

金髪少女「…」ドキドキ

黒髪少女「…」ギュウウ

248: 2012/08/28(火) 13:39:18 ID:pgMlby32
ー魔王城、地下通路ー

魔王「全員いるか?」

側近「うっす!!!」

インプ「はぁい!!」

金髪少女「…いるよ」

黒髪少女「あの…居ます…」ギュゥウウウ

金髪少女(黒髪!!いつまで俺の腕つかんでんだ!!)

黒髪少女(だ、だって…幽霊が出そうで怖いんだもん…)ガタガタ

249: 2012/08/28(火) 13:42:49 ID:pgMlby32
魔王「Open the door」

側近(相変わらず発音が良すぎるwwwwwww)

ガチャ   ギィイイイイィイイ…

黒髪少女「きゃ!」ビクッ

インプ「大丈夫?」

黒髪少女「あ…うう」ブンブン

魔王「怖いなら、我のすぐ後ろに着いてくればいいよ!!」

金髪少女「断る!…まだお前を信用なんかしてねぇ…。な、黒髪?」

250: 2012/08/28(火) 13:47:42 ID:pgMlby32
黒髪少女「え…う、うぅ…」

魔王「良いよ!!インプちゃんの方が安心するよね!!女の子同士だし!!」

金髪少女「…インプだろうが、魔物は皆信用してねぇよ」プイ

インプ(まっ…。口の悪さは全然変わらないわねぇ。昨日あれだけ脅かされたのに)

魔王(うーん、もうちょっとの辛抱!!!)

側近(ですね!!アイツさえ証人になってくれれば!)

魔王「じゃあ、行くよ!!」ボウッ

黒髪少女「…(ランプを付けてるのに、こんなに暗い…)」ドキドキ

251: 2012/08/28(火) 13:50:35 ID:pgMlby32
カツン カツン カツン

金髪少女「…」

黒髪少女「…」ギュゥウウ

魔王(だいぶ怖がってるなぁ)

魔王「インプー!!!」

インプ「はい?」

魔王「マジッカルバナナッ♪」パンパン

インプ「ど突くぞワレ」ビキビキ

252: 2012/08/28(火) 14:04:51 ID:pgMlby32
黒髪少女「…フフッ」クス

金髪少女「…」ジロ

黒髪少女「あ…」

魔王「黒髪ちゃん金髪ちゃん、インプのマジカルバナナどうだったー?」

インプ「ーーーーっ!!い、言わなくていいから!!」ブンブン

インプ「あの時はしょうがないでしょ!!魔王様がお風呂の片付けをしてる間、どうしても私が足止めしないといけなかったんだからー!!」

金髪少女「は?風呂の…?」

黒髪少女「…片付け?魔王様が?」

253: 2012/08/28(火) 14:09:42 ID:pgMlby32
側近「そうなんですよー。使い魔が一匹、お風呂に入っちゃって…」

魔王「そうそう。ソイツが土属性だったから泥温泉みたいになって、大変だった!!!」

金髪少女「…」アゼン

黒髪少女「…」ポカーン

インプ(ふふ、驚いちゃって可愛いわねぇ)

魔王(怖さが吹っ飛んでよかったかなwwwwそれにしてもwwインプwwマジカルwww)

インプ(うっせぇ、乾杯廚ニ病野郎!!!!!)

魔王(その話はしない約束だったーーーーーーーー!!!!!)

255: 2012/08/28(火) 14:31:44 ID:pgMlby32
>>254

まじだwww指摘ありがとう!

256: 2012/08/28(火) 14:36:49 ID:pgMlby32
金髪少女(何なんだよ、アイツ…。風呂掃除する王なんて聞いたことないぞ)

黒髪少女(…良い人、なのかなぁ)

金髪少女(はぁああ!!?ふざけんな、アイツは俺らの敵だぞ!!)

黒髪少女(きゃ!!ご、ごめんなさい…)

魔王「とかなんとか言ってる間に行き止まりか」ピタッ

金髪少女「行き止まりぃ?」

魔王「えっと、どうしたらよかったっけー…」ポリポリ

金髪少女「ふざけんな!!大体こんな地下になんで人間がいるんだよ!まさか…」

258: 2012/08/28(火) 14:42:28 ID:pgMlby32
黒髪少女「…え?」ゾッ

金髪少女「おい、まさか…。お前等、その人間…」

魔王「ままま、待て!!何か壮絶な誤解をしていないか!!?違う!!違うんだ!!」

側近「ええ!!人間ならちゃんといますから、落ちつ」

金髪少女「逃げるぞ、黒髪!!!!!」グイッ

黒髪少女「うん!!!」ダッ

魔王「うをおおおおおおおおぉぉお!!待って!!本当に違うんですぅううう!!!」

インプ「まぁ…。割と足速いわねぇ、あの二人…」

259: 2012/08/28(火) 14:46:01 ID:pgMlby32
魔王「お、追いかけて!!!」

インプ「了解!!!」ダッ

側近「はっ!!!」ダッ

ギュムッ!!!

インプ「」ハサマッター

側近「」サンドイッチジョウタイ

魔王「何で二人同時に走るのぉおおお!!!!?この狭い通路でぇええ!!!?」ガーン!!!

インプ「は、離れ…このぉ、変態ぃいい…」モガモガ

260: 2012/08/28(火) 14:50:09 ID:pgMlby32
側近「うく…魔王様、引っ張って…!!!」

魔王「お、おう!!!」グイッ

側近「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!摩擦!!摩擦が!!!」バタバタ

魔王「チッキショー!!!予想外にミラクルフィットしてて、抜けねぇぇえええ!!!」グイグイ

金髪少女「走れ!!今のうちだ!!」

黒髪少女「うん!!…あれ!?金髪ちゃん、前…!」

ドンッ!!!

金髪少女「んむっ!!?」ドテッ

261: 2012/08/28(火) 14:55:17 ID:pgMlby32
金髪少女「いたっ…」

黒髪少女「」

金髪少女「黒髪?どした?」

黒髪少女「きん、ぱつちゃん……あ、あ…」ガタガタ

金髪少女「だから何なん…」

グイッ!!!

金髪少女「…え…?」

??「娘子………通路で走るでない…」

262: 2012/08/28(火) 14:58:40 ID:pgMlby32
金髪少女「…!!!!」

??「わしは今機嫌が悪いんじゃ…気をつけなされ」

金髪少女「あ…ガ、ガイ…」ガタガタ

??「む?」

黒髪少女「…あ…あ…」

黒・金少女「骸骨ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!?」

………
……

263: 2012/08/28(火) 16:00:17 ID:pgMlby32
魔王「なぁんだ、そんな所にいたのか、爺さま!!」

骸骨「おー誰かと思えば魔王じゃないか」

金髪少女「…」ガタガタ

黒髪少女「…」ホウシン

インプ「えっと…これでも、一応人間だよ…。まぁ、氏んでるけど」

側近「放心…www」

骸骨「すまんなぁ、魔王の客だとは知らんで、脅かしてしまったわい」ケタケタ

魔王「大丈夫…?二人とも」

275: 2012/08/28(火) 20:35:09 ID:pgMlby32
金髪少女「大丈夫じゃない!!なんだよ!!この化け物!!」

骸骨「化け物じゃない。人間じゃ!!それも勇者!!」クワ

魔王(始まった!!!!!!!)

インプ(この爺さん元勇者の事をすぐ、自慢したがるんだから)

側近(耳栓忘れてた…!!)

骸骨「わしはおよそ120年前にこの地で雷王と恐れられなんと魔王城に初めて戦士として侵入できそれからというものこの」ベラベラ

276: 2012/08/28(火) 20:47:58 ID:pgMlby32
金髪少女「な、なんだこの爺さん…いかれてんのか」

骸骨「なんと先代魔王の築きあげた全てのバリケードを突破し戦士のなかで初めて玉座へとたどり着いたのだしかし先代魔王の魔法はソレに比べられないほど」

黒髪少女「わお」

側近「…よく喋るでしょう?」ゲッソリ

魔王「すとっぷ、骸骨すとっぷ!!!!!」

骸骨「思えば私は人生の全てを武に捧げてきたそうあの雨の降る初夏の日全ては始まったのだいや雨は降ってなかった気もするがまぁいいちょっと待て初夏でもなかったかもしれない」

魔王「ちょwwwwwwwwwwwwwもちつけwwww」

インプ「ちょっとは静かにしてよお爺様!!!」

277: 2012/08/28(火) 20:55:59 ID:pgMlby32
骸骨「それにしても初夏ってなんだっけ5月くらいだっけいや夏がつくくらいだから7月じゃないのかむむちょっと混乱してきたぞ」

魔王「…ウッさーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!」クワッ

骸骨「うを!いきなり大声を出すでないこれだから最近のDQNは困るのだ一体いつになったら大人になれるのかわしはもう15のときすでに」

魔王「お願い!!!我が拳に訴える前に口を閉じてくれぇええ!!!」

骸骨「ふん、久々に人と話すからちょっと張り切っただけじゃろぅ」

骸骨「んで?何の用じゃ?」

魔王「うん、まぁカクカクシカジカ……」

セツメイチュウ… セツメイチュウ…

279: 2012/08/28(火) 21:31:44 ID:pgMlby32
魔王「そういうわけだから、骸骨さんの証明Please」

骸骨「なるほど…」

骸骨「娘さんたち、ちょっくらわしに着いて来なさい」スタスタ

黒髪少女「は、はい」

金髪少女「めんどくさい爺さん…」

ーそんなこんなで三十分後ー

金髪少女「一体いつまで歩かせる気だよ!?」

骸骨「もー美人だけど口の悪い女子だのぉ。ほれ、もう着いたぞ」

280: 2012/08/28(火) 22:24:52 ID:pgMlby32
黒髪少女「…?クッションとボード?」

骸骨「まぁ座れや」ストン

魔王「我の座布団はー?」

骸骨「生ケツで三角座りでもしてろ」

魔王「…(´;ω;`)」

骸骨「さて、あのチビ魔王の話だが…結論から言うと本物だ」

金・黒少女「…」

281: 2012/08/28(火) 22:29:15 ID:pgMlby32
骸骨「さ、話は変わるがお二人さん、人間界では今人種問題が起こってるか?」

黒髪少女「…え、人種問題?差別とかですか」

骸骨「うむ」

金髪少女「あるぜ。いっぱいある…腐るほどな」

骸骨「それは何でだと思う?」

金髪少女「…色々な人種がいるからだよ」

黒髪少女「人種での考え方や力が違ってきますから…そのせいだと」

骸骨「ふんふん。概ねその通りじゃなぁ」ウンウン

282: 2012/08/28(火) 22:35:58 ID:pgMlby32
魔王「骸骨ーケツ痛いよー!!!」

骸骨「貴様のケツなんざどうでもいい!!壊氏しても構わん!!!」クワッ

魔王(鬼畜)

側近(まじkitiじじい)

骸骨「まぁ、話を戻して…。そのような人種問題が、魔族にもあるということじゃ」

黒髪少女「魔族にも…?」

骸骨「そう。あれは多分、低く雲のたれこめた冬の日のこと…」

……

283: 2012/08/28(火) 22:41:31 ID:pgMlby32
骸骨(勇者)「はぁ、はぁ…」

わしは魔王討伐のため、魔王城へ向かっていた。

こんな任務、わしには楽勝だと思っていた。ろくに仲間も持たず、単独で向かった…。だが…。

勇者「くっ…」ドシャ

勇者「畜生…足が…もう、動かねぇよ…」ガタガタ

わしは長旅の汚れを流すため、数分前に極寒の滝に飛び込んでいた。その後遺症が残

金髪少女「おいおいもう突っ込み所が」

骸骨「だ、黙って聞かんか!!」

284: 2012/08/28(火) 22:46:35 ID:pgMlby32
まぁその後遺症で足全体に凍傷を負っていた。けどまぁ自分最強だし何とかなるとか思っていたんじゃ。

勇者「ぐきぃ…いでぇよぉ…」

まぁ実際全然大丈夫じゃなかった。

勇者「足が腐ってる…?クソ、ここまで来たのに…」

寒い。痛い。寂しい。おまけにグリズリーの足音が聞こえてきた。

熊「…」オオオォオォ…

勇者「ひっ!!!」ズリズリ

勇者の剣を構えようにも、足が使えないので意味がないのだ。わしは熊に背を向けた。

285: 2012/08/28(火) 22:52:58 ID:pgMlby32
勇者「こんなところで…氏んでたまるか…」ズリッズリ

熊「グルルゥ…」

冬篭り前で栄養が必要だったようだ。熊はゆっくりとわしの方に歩いてきた。

勇者「く!!!!来るな!!くるなぁぁぁあああ!!」

熊「ぐるるるるぁぁぁああああああ!!!」ダッ

もうオシマイだ。無様に熊に向けたわしの背中から、一瞬で鮮血が散った…。

勇者「ぐ!!!!!!ああああああああぁ゛あぁぁ!!!」ゴロゴロ

熊「ぐぉおおおおおおおお…」ブン

286: 2012/08/28(火) 22:59:06 ID:pgMlby32
可愛い黄色い熊さんなんておらんのだ。熊はハチミツなど甘ったるいものでは満足しない…。

熊「ぐるうううぁぁぁ…」クルリ

勇者「あああああああああああ!!!あづい!!ぜなかがあづいぃいい!!」バタバタ

そう。彼らの欲するものは黄金色ではなく…真紅。

魔王「黒歴史発見wwwwww同類を見た希ガスwwwwww」

骸骨「うるさい!!真紅!!カッコいいじゃろうが!」

熊「ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」ダッ

ああもうだめじゃ。わしは目を瞑るしかなかった…。

287: 2012/08/28(火) 23:03:41 ID:pgMlby32
その時だった…

??「おーおー可愛いプー○んがいるぞ!!」

茂みから、大きく黒いなにかが現れたのだ!!

熊「ぐる!?」

??「ルールルルー!!!るーるるるー!!」チョイチョイ

???「魔王様…ソレは流石に熊には効かないでしょ!!」

なんとわしの目の前に現れたのは、魔族の男二人。しかも…

勇者「ま、おう…だと!?」ズリズリ

296: 2012/08/29(水) 10:54:35 ID:cjxVJKEA
魔王「おんやぁ?何か声が聞こえなかったか?側近」

側近「はいはい幻聴電波アピール乙」

魔王「いやwwwまじで何か聴こえたってwww」

勇者(これが魔王…?)

熊「…ぐるぅぅ…」

魔王「うお!!!よく見たらこの熊、血ぃ付けてる!!!何、生理!?」キャァアアア

側近「デリカシーねぇな貴様!!!!」バシン

297: 2012/08/29(水) 11:01:18 ID:cjxVJKEA
勇者(これは…何だ。そこらの雑魚との会話と何も変わらない低俗さ…)

魔王「おい、この熊何か襲ってたんじゃ…!!?」

側近「ええええええ!!?な、何を!!?」

魔王「これは…ペロッ、はっ!これは人間の血!!!!」ペロ

側近「え…我々の領土に人間が…!?」

魔王「探そう!!!まだそんなに出血してない!!生きてるはずだ!!」

勇者(まずい!!見つかる…)

魔王「おーーーーーーーーーい!!!怖くないから出ておいでー!!!ルールルー!!」

298: 2012/08/29(水) 11:09:57 ID:cjxVJKEA
わしは勇者のプライドと、焦りから必氏に隠れようとした。

しかし魔王の前で、それは全てムダじゃった。

魔王「ぬお!!!!!!!!!!!?」

勇者「…ぐ、くそ…」ヒューヒュー

魔王「そそそそs、側近!!!人間いた!!し、氏にそう!!」

側近「うわぁああああ!!!まま、まずは出血点を探しましょう!!」

魔王「血が出てる所!?……どこだぁああ」ペタペタ

勇者(何故助けようとする!?俺とお前は敵なんだぞ!?)

299: 2012/08/29(水) 11:22:52 ID:cjxVJKEA
魔王「出血点…あ、背中!!びゃぁああああああああぁあぁっぁあ!!肉がぁぁぁ!!裂けてぁああ!!」

側近「くぁwせdrftgyふじこlp」オロロロロ

魔王「側近!!気を確かにもてーーーー!!」

側近「アハハなんだこれ美味しそうなザクロそうだコリは石榴なんだ美味しそうな石榴だから何も心配しな」ブツブツ

魔王「まぁいいやアイツは好きにさせといて。ソレよりお前、大丈夫か!?」

勇者「…」ギロッ

魔王「粋がってる場合じゃねぇだろ!?足もグチャグチャ…っぅえ」オロロロ

勇者「う、るせぇ…触る、な…」ゼェゼェ

301: 2012/08/29(水) 12:53:31 ID:cjxVJKEA
魔王「なんで!?氏にたいのかよ!?いいから掴まれよ!!」

勇者「馬鹿…か、お前…。俺は人間、なんだぞ…」

魔王「…知ってるよ!!!!!氏にかけの人間だ!」

勇者「だから、なんで…お前が、魔物が……俺を助けるんだよ」ハァハァ

魔王「はぁあああああ!!!?何お前意味分かんないこと言ってるの!?」

側近「ざくろって一体どんな味するんだろうね少なくとも鉄分を含んだ味は嫌だよいやなに鉄分ってそうか僕がみたのはきっとぐちゃぐちゃの」

魔王「おい!!側近、イッてないでさっさと肩かせ!!コイツ城に運ぶぞ!!」

側近「…!!!はっ、ごめんなさい!!ちょっと飛んでました!!」ガバッ

302: 2012/08/29(水) 12:58:50 ID:cjxVJKEA
わしは抵抗したが易々と男二人に抱えられた。

あの時の温もりは今も忘れられない…。人間と何も変わらない、優しい温かさが二人にはあった。

…そうして大怪我を負ったわしは、敵の城にかつぎこまれた…。

金髪少女「ちょっと待てよ、お前さっき自分はバリケードを突破したとか何とか言ってなかったっけ?」

骸骨「言った。そして現に突破しとるやないか!!」

魔王「確かに!!!」

金髪少女「だっせぇー…。敵に助けられただけじゃねぇか」

黒髪少女「黒髪ちゃん、黙って聞こうよ…」アセアセ

303: 2012/08/29(水) 13:05:18 ID:cjxVJKEA
勇者「…うぬ…」パチ

??「あらあら、起きましたか」

勇者「!!!!!」ガバッ

わしは気づけばふかふかのベッドに寝かされていた。

勇者「ここは…」

??「魔王城ですよ。主人があなたをココまで運んできたんです」ニコ

勇者「…!」

わしは目を見張った。なぜならわしの前には、なぜか「人間の」美女がいたからだ。

304: 2012/08/29(水) 13:11:59 ID:cjxVJKEA
勇者「あなたは…人間!?そうか、生贄の女性か!!」

女「その通りです」ニコ

勇者「(か、かわいい…)では、ここから私と逃げ… っっ!!?」ズキッ

女「あらあら、起きないでください。あなたまだ、危ない状況なんですから」

勇者「がぁあああああああ…!!」ゴロゴロ

女「痛み止めが切れてきたのかしら…?あなた、あなたー!!」

ガチャ

勇者「!!!?お、お前ぇっっ!!!?」

305: 2012/08/29(水) 13:17:46 ID:cjxVJKEA
魔王「ちょりーす!!」

勇者「ま、魔王…!!」

魔王「傷の調子はどうだ?そろそろ痛みがぶり返す頃だろ?」スタスタ

勇者「よ、寄るな!!!!!!!!」

魔王「大丈夫!!!俺はノンケだ!!」

勇者「違ー… っっ!!!」ズキンッ

魔王「あらら、痛そうだな!あんまり動くと傷が開いて治せなくなるぞ!!」

勇者(何故だ、何故!?俺を助けるんだ!?裏があるのか…!?)

306: 2012/08/29(水) 13:21:25 ID:cjxVJKEA
女「あなた、早く回復魔法を」

魔王「あい分かった!!!!てや!!!」ヴーン…

勇者「…あ?」

魔王「楽になったか?」

勇者「……」ギロ

魔王「あはは!!にらむ元気があるんなら、大丈夫だな!!」ケラケラ

勇者「お前……!!何のつもりだ!!」

魔王「おう、びっくりしたー!!何のつもりって…看病ですけど!!」

311: 2012/08/29(水) 16:52:57 ID:cjxVJKEA
勇者「だから!!…なんで人間を看病する義理がお前にある!?敵だぞ!?」

魔王「いや敵じゃないし」

勇者「ああぁん!!?」

魔王「人間は友達だし!!!!」クワッ

勇者「貴様ぁぁぁあああああああああ!!!」

わしは怒りのあまり、魔王に飛び掛っていた。人を苦しめ、傷つけている張本人がこんなふざけた事を言うのが許せなかった…。

女「あなたっ!!」

魔王「あー、女ちゃん大丈夫だから。座ってていいよ」

312: 2012/08/29(水) 16:56:27 ID:cjxVJKEA
勇者「頃してやろうか!!?」ギリギリ

魔王「嫌だし!!多分俺、めっちゃ強いから君には殺されないけど!!」

勇者「てめぇ…!!!」バキッ!

魔王「いで!!!」

勇者「人間がどれほど…!!!」ボグッ!

魔王「ひぎぃ!!!」

勇者「お前のせいで、お前のせいで!!!!氏ね!!氏ね!!」ゴンッ!

魔王「らめぇ!!!」

313: 2012/08/29(水) 16:58:43 ID:cjxVJKEA
勇者「この…」グググッ

魔王「まてまてまて!!君、ちょっと地味に痛いから!!振りかぶるな!!」

女「…」スッ

女「おいそこのガキ」スタスタ

勇者「え?」

バキッ!!!!!!!!!!!!!!

勇者「」

魔王「お、女ちゃん…ちょっと…」

314: 2012/08/29(水) 17:03:17 ID:cjxVJKEA
女「私の旦那になにさらしとんじゃボケェェェエエエエエエェェェ!!!!!」クワッ!

勇者「うわぁあああああああああ!!!?」

女「てめぇ、氏ぬ覚悟できてんだろうなぁ…」ゴゴゴゴ

魔王「待てーーーー!!女ちゃん!!殺さないでぇぇぇええ!!」

なんと傍に居た女性は、そのしなやかな腕でわしを殴り倒していたのじゃ…。

女性の力じゃなかった。あの時の般若のような表情…今でも夢に出てくる…。

勇者「ヒィイイイイイ!!!」ガタガタガタガタガタg

魔王「やめてぇえええええ!!!」

315: 2012/08/29(水) 17:08:38 ID:cjxVJKEA
女「あなたがそこまで言うなら…」パッ

勇者「ぐげ!!」ボトッ

魔王「病人だから…。あんまりそういうことしたら」

女「夫が目の前で殴られてるのに、参戦しないのは妻じゃないわ」フン

勇者(夫…?妻…?そういえば、さっきも旦那って…ま、まさか)

勇者「…お前たち、まさか…夫婦…?」

女「ええ」サラッ

魔王「え、今更?」サラッ

316: 2012/08/29(水) 17:14:39 ID:cjxVJKEA
なんということだ…。わしは開いた口が塞がらなかった。

勇者「魔王の嫁だと…!?お前!!恥を知れ!!!」

女「あぁ?私が誰と結婚しようが勝手だろうが、ボケ!!!」ギリギリ

魔王「女ちゃぁぁん!!首をつかんじゃ駄目だってー!!」

勇者「ゲホッ…!!人間界では魔王の悪行に、皆苦しめられてるのに…自分だけ魔王に媚びおって…」

女「…」

女「バカ」ポカッ

勇者「は?」

317: 2012/08/29(水) 17:18:52 ID:cjxVJKEA
女「自分たちが一番辛いって思ってる…いつまで経っても変わらないわ。人なんて」

女「着いて来い、ガキ」クルッ

勇者「…?」

魔王「女ちゃん、アレを見せるつもり?」

女「ええ。いいでしょう?あなた」

魔王「ん…。まぁ、いいけど…」

勇者「…何処に行く!?」

女「良いから黙って着いて来なさい」スタスタ

318: 2012/08/29(水) 17:22:24 ID:cjxVJKEA
……


骸骨「そしてわしは導かれた…」

黒髪少女「えっと…何処にですか?」

骸骨「ここに!!!!!!!」

金髪少女「ハァ!?ここに何があるってんだよ!?」

骸骨「ぬふふふふ…!!ちょっと待っておれ!」タタタ

魔王「何、まさか…あそこの扉を開けるのか!!!?」

319: 2012/08/29(水) 17:24:47 ID:cjxVJKEA
インプ「爺さん!!勝手なこと…」

魔王「まぁいいや!!!!!」

インプ「テメェいつもいつも軽い!!!!!!」バシッ

ゴゴゴゴゴゴ…

黒髪少女「きゃぁ!!?」ガシッ

側近「おわ!?」

黒髪少女「あぁ…ご、ごめんなさい…」アセアセ

側近「あ、その、いいでふよ!!!!!」

320: 2012/08/29(水) 17:29:14 ID:cjxVJKEA
骸骨「さぁ道は開かれた!!!若者よ!!真実を知るが良い!!!」

金髪少女「ゴホッ、ゴホ…!!何言ってんだ骨!?」

黒髪少女「き、金髪ちゃん、あれ!!!」

金髪少女「…あ?」

骸骨「驚いたか娘達…」ニヤニヤ

黒髪少女「さっきまでただの壁だったのに…。扉になってる?」

魔王「あーこれは…。先代魔王の遊び心といいますか…!!」

金髪少女「すっげぇ…」ポカン

321: 2012/08/29(水) 17:36:01 ID:cjxVJKEA
骸骨「さぁ娘子、入ってみるが良い」キリッ

黒髪少女「は、はひ…」オソルオソル

金髪少女「…く、黒髪!!引っ張るなって!!」

金髪少女「…何だコレ、部屋の中央に…石碑?」

魔王「うん!!読んでみ!!」

黒髪少女「えと…」

インプ「はい、明かり」ポウ

金・黒少女「…12代目魔王、21代目国王により結ぶ…」

322: 2012/08/29(水) 17:40:44 ID:cjxVJKEA


魔族は人の栄光に貢献し

人は魔族の栄光に貢献する

互いに手を取り合い

人民の交流を図り

輝かしい歴史を共につむぐ事を

此処に双方が誓う

323: 2012/08/29(水) 17:45:27 ID:cjxVJKEA
金髪少女「なんだこれ…友好条約の石碑?」

骸骨「左様!!人と魔族の友情を証明する石碑だ!!」

黒髪少女「嘘…」

金髪少女「なんだと…」

魔王「つまり…6代前くらい?前に、こういう条約を結んでたんだよ…」

金髪少女「でっ、でもなんで今は戦争ばっかりなんだよ!?」

インプ「それにはまた別の事情が絡んでくるのよぅ…」

黒髪少女「事情?」

324: 2012/08/29(水) 17:55:17 ID:cjxVJKEA
骸骨「わし、最初に人種問題がなんたらーって言ったよな?」

金髪少女「あ、ああ。魔族にも人種問題があるって話だよな」

骸骨「うむ。わしはここで、先代魔王とその妻に、石碑を見せられた…」

骸骨「そして、人と魔族の確執、その本当の理由を聞いたんじゃ…」

黒・金少女「…」

骸骨「実は…魔族の中にも、魔王のやり方に逆らう者がいるのじゃ…」

骸骨「つまり、魔王が人間に対し友好的な姿勢を示しているのに、それに逆らう者がいたという事だ」

330: 2012/08/29(水) 20:09:05 ID:cjxVJKEA
金髪少女「…んだと…」

黒髪少女「じゃあ、じゃあ…!!」

骸骨「そう。その反逆者たちが、今回の全ての元凶だ」

金髪少女「そんな…じゃあ、俺らは今まで…」

骸骨「ああ。とんでもない誤解をしていたことになる」

黒髪少女「…うそ…」

骸骨「この混乱は、魔族のせいでも、魔王のせいでもない…。わかってくれるな?」

金髪少女「…でも、その証拠は…!!?」

331: 2012/08/29(水) 20:13:31 ID:cjxVJKEA
黒髪少女「金髪ちゃん!!やめなよ!!」

金髪少女「こいつ等が嘘ついてるかも知れないだろ!?上辺だけの条約を結んで、人を油断させたとか…!」

骸骨「違う!!!!現に魔王は今でも、人と反逆者たちも救おうと!!」

魔王「あの、あのー…」オロオロ

金髪少女「っ…!!大体、こんな骸骨、魔物かも知れないだろ!!信じられるわけ…!!」

骸骨「これを見よ!!!!」バーン

黒髪少女「なに、これ…?文様ですか?」

332: 2012/08/29(水) 20:18:20 ID:cjxVJKEA
骸骨「左様。昔、わしがつけていたものだ。…模様をよく見てみろ」

金髪少女「…これ…」

骸骨「王のお墨付き勇者しか着けられない、特別な物だ!!教科書にぐらい載ってるだろう!」

黒髪少女「ほ、本当だ…これ本物だよ…」ポロ

金髪少女「…」

金髪少女「…」ポロッ

インプ「二人とも…」

金髪少女「なんだったんだよ…」ポロポロ

333: 2012/08/29(水) 20:21:47 ID:cjxVJKEA
金髪少女「いままで…なんだったんだよぉ…」ポロポロ

黒髪少女「私たち、ずっと…」ポロポロ

インプ「…」ナデナデ

側近「魔王様」

魔王「う、うん!!!」

魔王「えと…二人とも、顔をあげて…」

黒・金少女「…」クイ

魔王「えと…誤解を早くに解ききれなかった我も、悪いし…。気に病むことないよ!!」

335: 2012/08/29(水) 20:26:58 ID:cjxVJKEA
魔王「生贄って言うのは、いい加減早くこの問題を終結させたかったから…」

魔王「そのために、君達に真実を伝えたかったんだよね…。だから代表として呼んでみた」

インプ(えええええええええええええええええ!!そうなのぉおおお!!!?)

側近(めっちゃ初耳ぃいいいいいいいいいいいいいいい!!!!)

魔王(うるさーーい!!水差すな、シャラップ!!!)

黒髪少女「…」ギュウ

金髪少女「…」ギュッ

魔王「うわお!!!!!!!!?な、なになになんなの!!!?」

336: 2012/08/29(水) 20:30:58 ID:cjxVJKEA
黒髪少女「…魔王様…」

金髪少女「…魔王…」

黒・金少女「ごめんなさぃいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」ポロポロ

魔王「うをぉおおおお!!!?い、良いよ良いよ!!全然いいよっ!!!」

黒髪少女「ううぅー…」グスグス

金髪少女「バカ野郎ー…!!早く言えよーーー!!」グスグス

魔王「…」ポンポン

インプ「あはは…良かったね、魔王様」

337: 2012/08/29(水) 20:34:45 ID:cjxVJKEA
魔王「お、おう」

側近(子供みたいな一面もあるんですねー…辛かったな、二人とも)

魔王「…」ニコッ

魔王「よーし!!!じゃ、仲直りしよう!!握手しよう!!」

黒髪少女「…はいっ…」

金髪少女「…うん…」

ギュッ…

魔王「うをっっしゃぁぁあああああああああ!!!仲直りぃいいいいいいいいいいいいいい!!!!」

338: 2012/08/29(水) 20:38:39 ID:cjxVJKEA
ーそしてその夜ー

バタン

黒髪少女「はー、美味しかったねえ。今日のごはん」

金髪少女「ああ!!」

インプ「あはは、仲直り記念だって、料理人が張り切ってたのよぅ」フヨフヨ

金髪少女「…その、インプ」

インプ「ん?」

金髪少女「…お前にも謝らないと…色々酷い事言って、ごめん!!」ペコッ

339: 2012/08/29(水) 20:45:32 ID:cjxVJKEA
インプ「あっは、別に良いのよぅ!!私だって、怖がらせてごめん!」ペコ

黒髪少女「私も…疑ってごめんなさい!」ペコ

インプ「あははっ、仲直り成功かなぁ~!」ニコニコ

インプ「じゃぁ、おやすみなさーい!何かあったら、鈴ね!」フヨフヨ

金髪少女「バイバイ、インプ!」

黒髪少女「おやすみなさい!」

バタン

金髪少女「…ふふ」

340: 2012/08/29(水) 20:48:14 ID:cjxVJKEA
黒髪少女「金髪ちゃん、うれしそうだねっ」

金髪少女「ああ!何だかんだ言って、魔物も良い奴ばっかりだったな!」

黒髪少女「うん…早く村の皆にも教えてあげたいね」

ボフン

金髪少女「…ああ!」

黒髪少女「ふふ、電気消すね?」

金髪少女「ん!」

パチッ

342: 2012/08/29(水) 21:42:06 ID:cjxVJKEA
ー深夜ー

…きん、…ちゃ… おき…

金髪少女「むう…?」

黒髪少女「金髪ちゃん!!起きてよぉ!」ユサユサ

金髪処O「うお!!く、黒髪!」

黒髪少女「うううぅ、起きてくれないかと思ったぁ」グスグス

金髪少女「な、何?」

黒髪少女「お、おトイレ…行きたいの」

金髪少女「」プッ

344: 2012/08/29(水) 21:47:10 ID:cjxVJKEA
金髪少女「トイレって…ガキかよ?」クスクス

黒髪少女「うぅ…」

金髪少女「いいよ。行こう」

黒髪少女「ほ、本当!!!?」パァァ

ガチャ

黒髪少女「け、結構暗いね…」ビクビク

金髪少女「押すなっつの!」

黒髪少女「う、ごめんね」

345: 2012/08/29(水) 21:48:15 ID:cjxVJKEA
>>343

屁wwwwwwwwww

笑い声です!失敬なwwww

348: 2012/08/29(水) 21:53:56 ID:cjxVJKEA
カツン カツン

黒髪少女「…」ビクビク

金髪少女「全く…明かりを持ってれば大丈夫だろうが」

黒髪少女「だって…オバケが…」

金髪少女「出ねぇよ!!!!バカか!!!」

黒髪少女「ぅひゃっ!!ど、怒鳴らなくても…」

チカッ

黒髪少女「ん?」

349: 2012/08/29(水) 21:58:17 ID:cjxVJKEA
黒髪少女「ね、ねぇ何か今、あっちで光らなかった?」

金髪少女「はぁ~?…光ってないよ」

黒髪少女「う、うそだ!!今絶対適当に言った!!」

金髪少女「もー…別に何もないよ」スタスタ

黒髪少女「うそだ…今、確かに光っ」

チカッ

黒髪少女「!!!!!ほ、ほら!金髪ちゃん、あ、あれ…!!」

黒髪少女「き、金髪ちゃ…ん?」

350: 2012/08/29(水) 22:03:18 ID:cjxVJKEA
シーン…

黒髪少女「」

黒髪少女「うそー…」

ー一方その頃金髪ちゃんー

金髪少女「なぁ、黒髪ー」

金髪少女「黒髪ー?」

シーン…

金髪少女「ありゃ…」

352: 2012/08/29(水) 22:08:49 ID:cjxVJKEA
金髪少女「ちょ、黒髪ー」

金髪少女「…あーあ…ま、自力で帰るか…」

クルッ

金髪少女「ん…あれ」

金髪少女「どっちだっけ…?」

金髪少女「…」

金髪少女「こ、こっちから来たよな…?」トコトコ

金髪少女「う、うん!!絶対こっち!!!」

353: 2012/08/29(水) 22:18:55 ID:cjxVJKEA
金髪少女(何なんだよぉ!ここらの通路、扉も窓も全部一緒!!分からねぇよ!!)

金髪少女「あ、ここか…?」ピタ

金髪少女「一応、覗いてみるか…」ソッ

「ナニヲシテル?」

金髪少女「ひゃ!!?」ビクッ

インプ「何してるのよぅ。金髪ちゃんー」フヨフヨ

金髪少女「なんだ、インプか…!」

インプ「何覗いてるのよぅ…?」

354: 2012/08/29(水) 22:22:32 ID:cjxVJKEA
インプ「ここ…魔王様の部屋よ?」

金髪少女「」

インプ「…」

金髪少女「…」

インプ「…」ニヤァァァアア

インプ「あははは~!!アレ?あれれれー?」ツンツン

金髪少女「なっ…なっ…」

インプ「まさか…魔王様に夜這いーーーーー!!?」ニヤニヤニヤニヤ

355: 2012/08/29(水) 22:27:36 ID:cjxVJKEA
金髪少女「…!!!ん、んな訳ねぇだろ!!!」

インプ「あー顔真っ赤ー!!ごめんねぇ、声掛けないほうが良かったかなぁ~?」ニヤニヤ

金髪少女「ふ、ふざけんなよ!!!」カァッ

インプ「あー大丈夫、お姉さん、ちゃぁんと分かってるから♪」

金髪少女「違う!!!まじで!!!」カァァァ

金髪少女「も、もう帰る!!へ、部屋を間違えただけだから!!」ダッ

インプ「ダメェ!!」ガシッ

金髪少女「な!!!?」

356: 2012/08/29(水) 22:39:37 ID:cjxVJKEA
インプ「駄目よぉ、逃げちゃだめ!!女は、ヤる時はヤらないと駄目!!」

金髪少女「違うーーー!!!ってか、ナニをヤるって言うんだよ!?」

インプ「えぇ~?それを私が言うの!?」クスクス

金髪少女「とっ、とにかく離せ!!」

インプ「だめー!!はい、魔王様のところ行くんなら、これもお願い!」グイ

金髪少女「なっ…ティーセット?」

インプ「ふふ、コレ飲んでから楽しんでね♪」フヨフヨ

金髪少女「待って!!行くな!!行くなぁあああ!!」

357: 2012/08/29(水) 22:43:30 ID:cjxVJKEA
インプ「いい?しっかり(ピー)を(ピーーー)するのよ?あいつ、まだチェリーボーイだから♪」

金髪少女「んな…!!!!?」カァァァア

魔王「おーい、そこに誰かいるのかー?」

インプ「おっと…じゃぁねー」フヨッ

金髪少女「おい!!!!!!!!てめぇ、覚えてろよ!!」

魔王「誰だー?」

ガチャ

魔王「」

359: 2012/08/29(水) 22:50:02 ID:cjxVJKEA
金髪少女「…うぅ」カァァ

魔王(えええええええええええええええええええええええええええええ!!!)

金髪少女(か、帰りたい…)

魔王「え、えっと…なにしてる…の!!?」

金髪少女「…お、お茶…」ズイ

魔王「う、う、うん…!あ、ありがと…」

魔王「…(ええええ!!まさか、コレ…!!っえぇぇええええ!!!)」

金髪少女(どうしたら良いんだよぉ…)

360: 2012/08/29(水) 22:53:50 ID:cjxVJKEA
魔王(こ、これはフラグ!!!?これが噂に聞く…!?)

金髪少女(くそ、マジで童○なのかよ…せめて、何か言えよ…)

魔王「えっと…あ、あのい、一緒に…飲む?」

金髪少女「!!!!あ、あ…」

金髪少女「べ、別に…いい、ぞ(うわぁああああああ!!!何でぇぇぇええ!!?)」

魔王「あ、じゃ!!入って!」

金髪少女「う…お、お邪魔します…」

バタン

361: 2012/08/29(水) 22:57:43 ID:cjxVJKEA
金髪少女(俺はバカだ…)

魔王「座って…いいぞ」アセアセ

金髪少女「う、うん」ストン

魔王「お、お茶…入れるな?」

金髪少女「あ、う、うん」

魔王(わぁあああああああああああああコレ何だ!?て、手が!!手が震える!!!)

金髪少女(うううううう…こんなはずじゃ…)

372: 2012/08/30(木) 07:39:20 ID:rKNfZIkA
魔王「…」コポコポ

金髪少女「…」

シーン…

魔王(あーあーあーあーあー!!どうしたら良いのかなぁコレ!!)

金髪少女「…そのお茶、何のお茶?」

魔王「え!?あ、、こ、コリは…(リードされたぁぁぁぁあああああああ!!!!)」

魔王「外にな、自作の農園があって…。そこから摘んできたお茶葉なんだ」コポコポ

金髪少女「へぇ!まさか、自給自足?」

魔王「うん…。魔王城も結構キツイ所あるからね!!節約しないと!」

373: 2012/08/30(木) 07:42:33 ID:rKNfZIkA
魔王「はい、どうぞー」コトン

金髪少女「…ん」クイ

魔王「…どう?」

金髪少女「…!うまいよ!」ニコ

魔王(くそぉ…くそぅ…………可愛いよぅ…!)

魔王「あ、あははは!!!で、でしょ!?」グビ

魔王「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!あづっ!!」

金髪少女「バカだろ…」

374: 2012/08/30(木) 07:47:14 ID:rKNfZIkA
魔王「あづ!!!あづいっ!!!」バタバタ

金髪少女「あはは!服にも零してるじゃねぇか!」

魔王「んぎぃ…あっついよぅ…!!!」モンゼツ

金髪少女「拭いてやるよ」スッ

魔王「!!!!!!!!!!!!!!!い、いいよ!!自分でやるかr」

金髪少女「いいからいいから」

魔王(こ、これは…!!!)

375: 2012/08/30(木) 07:49:35 ID:rKNfZIkA
ー一方その頃黒髪ちゃんー

黒髪少女「うぅ~…」ガタガタ

黒髪少女(金髪ちゃんを追いかけるべきかなぁぁ!?でも、こ、怖い…)

チカッ

黒髪少女「ぅひゃっ!!!!」ビクッ

黒髪少女「もう、何あれー…!!」ウルウル

「ソコデナニヲシテイル?」

黒髪少女「」

376: 2012/08/30(木) 07:53:44 ID:rKNfZIkA
黒髪少女「お!!!おばk…!!!」

側近「ちちち、違う!!!私です!!」ブンブン

黒髪少女「な、側近さん…」ホッ

側近「ご、ごめんなさい…。驚かせてしまって」

黒髪少女「いえいえいえいえ!!!私も、はやとちりしちゃって…!」

側近「…で、こんな所で何を…?」

黒髪少女「え!?…それは、その」

側近「部屋に戻らないんですか…?」

377: 2012/08/30(木) 08:37:43 ID:rKNfZIkA
黒髪少女「……その」

側近「?」

黒髪少女「あの…」

側近「もしかして…迷った?」

黒髪少女「……っ」コクン

側近「wwwwwwwwwwwwww」ブッホッ

黒髪少女「う、うわぁ!!笑わないでくださいー!!!」

側近「お、おっけーおっけー!!送っていきますから!!」プルプル

378: 2012/08/30(木) 08:40:28 ID:rKNfZIkA
黒髪少女「うぅ…」カァア

側近「あはは、ここ、迷いやすいですよねー!!」

黒髪少女「う、あ、はい…」

チカッ

黒髪少女「きゃぁぁ!!?」ビクゥッ

側近「!!!?な、何事!?」

黒髪少女「あ、あ、あっちで…!!何か光った!!チカッて!!!」ガタガタ

側近「…ああ、あれか…」

421: 2012/09/01(土) 12:18:35 ID:IsoXNb2g
黒髪少女「お、おばk…」ガタガタ

側近「違いますwwww黒髪さんは面白い人ですねぇー!」ケラケラ

黒髪少女「だ、だって!!」

側近「アレは、農園の見回りをしてる使い魔のランプの光です!」

黒髪少女「のうえん?…まさか自給自足?」

側近「それに近いですねww魔王様が節約しろと言うもので!!」

黒髪少女「へぇー…!すごい…!」

側近「まぁでも、こうやって見回りとか面倒くさいんですけどねー…。…見に行ってみます?」

422: 2012/09/01(土) 12:22:07 ID:IsoXNb2g
黒髪少女「…え、いいんですか?」

側近「はい!!人間のアドバイスとかも貰いたいですし!!」

黒髪少女「じゃ、ぜひ!!」ニコッ

ー魔王農園ー

黒髪少女「うっわぁ、大きいですねぇー!」キラキラ

側近「そうですか?」

黒髪少女「へぇー!!お茶とかも作ってるんだぁー!!」キラキラ

側近(…テンションが全く違う!)

423: 2012/09/01(土) 12:28:21 ID:IsoXNb2g
黒髪少女「良い匂い!!これ…林檎みたいな香りがするから…アップルミント?!」キラキラ

側近「…あ、多分(農園整理は任されてないから全く分からんwww)」

黒髪少女「良い出来ですねぇぇ!!このキャベツ!!!!つやつや!!」

側近(…農園でこんなにテンションが上がるものなのだろうか…)

黒髪少女「…」ハッ!

黒髪少女「…あ、ご、ごめんなさい…。なんかはしゃいじゃって…」

側近「い、いえいえいえいえいえ!!詳しいんですねぇー!」

黒髪少女「…わ、私農家の娘なんで…。まぁ今は作物なんか作れないですけどね」

424: 2012/09/01(土) 12:32:29 ID:IsoXNb2g
側近「…あ、えと」

黒髪少女「魔物…あっ!ち、違う!!悪い方の魔物が…荒らしまくって…」

側近「そうなんですか…」

黒髪少女「もう長い間、国の配給に頼って、作物なんて作ってなかった…。懐かしいなぁ」

側近(…やっぱり人は反逆者に対抗できてないんだ…。魔王様が動くしかないな)

黒髪少女「あ、あの!!!」

側近「はい?」

黒髪少女「も、もっと…案内してくれませんかっ!?」

425: 2012/09/01(土) 13:13:53 ID:IsoXNb2g
側近「」

黒髪少女「お願いしますっ!」ニコニコ

側近(き、キタコレェエエエェェェエエエエエェェエ!!!!)

ー一方その頃魔王たちー

魔王「…」

金髪少女「シミになっちまうかもなぁ。早めに洗えよー?」

魔王(…我はイ○ポなのかもしれない)

魔王(こんな可愛いオニャノコにふきふきして貰ったのに、ピンコせずに耐えただと…)ズーン

426: 2012/09/01(土) 13:18:15 ID:IsoXNb2g
金髪少女「おーい?大丈夫か、魔王?」

魔王「大丈夫じゃないよぉおおおおおおおおお!!!!!」ガタンッ

金髪少女「うお!!!?」ビク

魔王「あ、ごめん!!やっぱ大丈夫!!大丈夫!!」

金髪少女「お、おう…」

魔王「…(くっそぉおおおおお!!我のスペックが……スペックが…)」

金髪少女「なぁ、魔王」

魔王「…(童○、その上に勃○不全かよぉおおおおおおおおおお!!!何で我は生まれてきたんだぁああ!!)

430: 2012/09/01(土) 14:31:11 ID:IsoXNb2g
魔王(絶望……っ! 圧倒的絶望…っ! 恥ずかしい……っ! 浅ましい…っ!)

金髪少女「まーーーおーーーうーーー!!!」

魔王(これからはっ… ガラスの道…っ!!)

金髪少女「…」ピキッ

金髪少女「シカトぶっこいてんじゃねぇよぉお!!」バキッ

キンテーキ!!!!

説明しよう! 金的とは男性器(ry

魔王「くぁwせdrftgyふじこl!!!!!?」ビッキーン!!!

431: 2012/09/01(土) 14:36:40 ID:IsoXNb2g
金髪少女「…あ、ご、ごめん!!!」

魔王「あばばばばばばばばばばばばばぁぁぁぁああああ!!!」ジタバタ

金髪少女「やっべ…。つ、つい勢いで!!マジごめん!!!」

魔王「………だいぢょうぶ…(`;ω:´)b」ガタガタ

金髪少女「本当にすまん!!お、弟たちにもこうやってたから…!!」

魔王「…お、おろうろ…?(お、おとうと…?)」ガタガタ

金髪少女「た、立てるか!!?今、人呼ぶから…!」

魔王「…だ、だいぢょぶ…か、回復まほー…」ポウッ

432: 2012/09/01(土) 14:47:16 ID:IsoXNb2g
魔王「…フゥ」

金髪少女「すげぇ!魔王ってこんな事もできるんだな!」

魔王「お、おう!!!(回復魔法でイーディーも治れば良いのに…)」

魔王「ところで金髪ちゃんは、弟がいたんだな」

金髪少女「…ああ…」

魔王「いくつ位?」

金髪少女「まだ4歳のチビと10歳のガキ。…私が親代わりになって世話してんだ」

魔王「…そっかぁ。偉いなぁ金髪ちゃんは(親無しか…我と一緒だな)」

433: 2012/09/01(土) 14:54:45 ID:IsoXNb2g
金髪少女「別に偉くねぇよ。当たり前のことやってるだけだしなー」

魔王「うん、でもその歳で…しっかりしとるねぇ~」

金髪少女「なんで大阪のバハン口調なんだよ…」

魔王「これ食べるぅ~?」つアメチャン

金髪少女「馬鹿だろ、お前っ」クスッ

魔王(笑ったwwwきゃわわwww)

金髪少女「お前、本当に魔王らしくないよなぁ」クスクス

魔王「よく言われる!!でも親父も爺さんもこんな感じだった!!」

435: 2012/09/01(土) 14:59:52 ID:IsoXNb2g
金髪少女「ふぅん…。魔王一家か、興味あるな。話してみろよ!」

魔王「誰得wwwwwwwwww」

金髪少女「俺得!いいから話せって!!」

魔王「えーと…。あ、我の親父の話なんだけどな…実は、親父…」

金髪少女「うんうん」

魔王「…人間と結婚したんだ!」

金髪少女「へぇぇ~!!何で!!?」

魔王「フフ、これは断じて、脅迫や生贄という名目で生まれた結婚じゃないぞ」

436: 2012/09/01(土) 15:07:47 ID:IsoXNb2g
魔王「我の母は近くの村の女戦士だった!それがある日…」

……


女戦士(以下女)「魔王ーーー!!貴様に、決闘を申し込む!!」ドーーン!

魔物1「何やってんだあの女の子…。あっちはただの食料庫だぞ」ヒソヒソ

魔物2「誰か教えてやれよ…ww」ヒソヒソ

魔物3「無理無理!!あの女の子、メッチャ強いもん!!何人かフルボッコにされてたぞ!」ヒソヒソ

魔物2「マジか!!!?そいつはヤバイ!!」ヒソヒソ

437: 2012/09/01(土) 15:13:06 ID:IsoXNb2g
女「なんだ!!私の剣さばきに怖気づいたか!!ハッハッハ!!」

女「なんと情けない!!!早く出て来い!!バーカバーカ!!」

魔物2「あの中にいるの、ジャガイモだけなんだけど…」

魔物3「命は惜しいから、放っておこう…。そのうち帰るだろ」

魔王「なーにやってんのっ」ヒョコ

魔物1「うお!!魔王様!!会議の時間じゃ…?」

魔王「面倒くさいから側近に任せてきた★…というのは嘘で、何か俺を狙う殺気を感じてな」

魔物1・2・3(アイツか!!!!!!!!!!!!!!)

438: 2012/09/01(土) 15:17:14 ID:IsoXNb2g
女「いい加減にしろ!!放置プレイが好きな女の子はおらんぞ!!!」

女「出て来い!!!!じゃないとこの粗末な扉をぶっ壊すぞ!!!」

魔王「騒がしいオニャノコがおるねwwww誰探してるのかなwww」

魔物1「…」苦笑

魔物2「…」微笑

魔物3「…」暗黒微笑

女「マジでーーーー!!叫ぶの疲れたーーーー!!早く出て来いーーー!!魔王ーー!!」

魔王「なに、俺に会いたがってるの!!?」

439: 2012/09/01(土) 15:22:24 ID:IsoXNb2g
魔物2「そうみたいッスね」微笑

魔王「ぐぬぬ…なんと率直なラヴコール…!!」ポッ

魔物1「いやいやいやいや」苦笑

魔物3「闇の力を我が手に…」暗黒微笑

女「もーーーーーーーーーーうキレる!!マジで切れちゃう5秒前!!!」

魔王「オニャノコを怒らすのは男としてどうかな!?ちょっと行って来る!」バサッ

魔物1「ちょ!!!駄目です魔王さm」

魔王「ヒャッハーーーーーーーー!!待ってろオニャノコーーーー!!」ビュン

440: 2012/09/01(土) 15:27:16 ID:IsoXNb2g
女「くそぉ…!!馬鹿にしやがって魔王…!!」ゼェゼェ

魔王「呼んだー?」スタッ

女「また雑魚か!!!!私が呼んでるのはまお…」チラ

魔王「…」

女「!!!?…まさか貴様が!?」

魔王「うん」

女「覚悟!!!世界の平和のため、今ここに私が貴様に正義の鉄槌をくだす!!!」ジャキン

魔王(可愛いなぁ…この娘…。ちょっと不良っぽい金髪可愛い…。)ボーッ

441: 2012/09/01(土) 15:31:23 ID:IsoXNb2g
女「余所見をするな!!!てやぁぁああーーっ!!」ダッ!

魔物1「魔王様、危ないーーー!!!」

魔王(走ると揺れてる♪良いパイオツだ♪)

魔物2「魔王様ぁぁあああああああ!!!」

女「ふっ、貰った!!!!」ブンッ

パシッ

女「…!?けっ、剣が動かない…!!」

魔王(オニャノコがこんな近くに…エヘッ、エヘヘヘヘヘヘェ♪)ググググ

442: 2012/09/01(土) 15:35:15 ID:IsoXNb2g
女「くっ…!!」カラン

魔物2「流石!!剣を落とした!!!」

魔王「あ、ごめん!剣落ちたよ、ホラ」トス

魔物1・2・3「アホか貴様ぁぁあああああああああああああ!!!?」

女「…馬鹿にするな!!」サッ

女「うおぉおぉ!!!」ブンッ

魔王(揺れてる揺れてる♪はぁ~良い眺め♪)ヒョイ

女「くそ!!避けるな!!!!」ブンブンッ

444: 2012/09/01(土) 15:39:19 ID:IsoXNb2g
女「おおおおおおおおおおぉ!!」ザシュッ

魔王「おっと」ヒョイ

女「この!!ちょこまかと…!!!」

魔王「何で俺を狙うのさぁ…。(まぁパイオツ堪能できるから良いけど)」

女「反撃すらしないか!!!舐められたものだな!!!だが…!」

女「これならどうだ!!!!?」パァァァ

魔物3「あっ、あれは…魔法!!!?」

女「食らえぇぇぇ!!!」

445: 2012/09/01(土) 15:43:33 ID:IsoXNb2g
ゴウッ!!!!!!

魔王「ほほう…火炎魔法」

女「ハハハハハ!!私の炎に逃げ道はないぞ!!焼け氏ね!!!」

魔王「うわーたすけてーBBQにされるぅー」

女「ハハハハ!!あがけ…!もがけ!!自らの苦しみで罪を償え!!!」

魔王「あっついよぅ…。脇汗が滲む…」

女「終わりだ!!!!氏ねぇぇぇええええええええええ!!!!」ゴォオオオ!!

魔王「うお!!割とスゴイ!!アッチィ!!!!」

446: 2012/09/01(土) 15:48:40 ID:IsoXNb2g
魔物1「ヤベェェェ!!魔王様が炎の中にぃぃいいい!!」

魔物2「魔王様ぁああああああああああ!!!!」

女「ハハハハハ!!熱いだろう!?苦しいだろう!?」

魔王「いえ別に…(沢尻エ○カ風に)」ジョババババ

女「!!!!!?」

魔王「侮るな!俺の水流魔法でこんな炎、消せるわ!!」ジョババババ

魔王「おいたが過ぎる!!庭を焼くなオニャノコ!!!」バシャッ!!

女「!!?き、きゃぁ!!」

447: 2012/09/01(土) 15:52:59 ID:IsoXNb2g
女「うぐ…!!」コテン

魔王「おーおーww濡れとるww透け…ないよね、鎧だし」

女「こっ、この!!!」バッ

魔王「やめとけ…。俺の軽気の魔法であれだけ差がついたんだから…。戦士なら、強さの差くらい分かるでしょ」

女「…っ!!うるさい!!私がお前を倒さないと…!!」ブンッ

女「お前を倒さないと…!!!」ブンッ

魔王「…」

魔王「チョォオオオオオオオオオオオオオップ!!!!!!!」バシッ

448: 2012/09/01(土) 15:57:02 ID:IsoXNb2g
女「ぐっはっ!!!?」バタッ

魔王「ちょっとごめんねぇ」

魔物1・2・3「倒したァぁああああああああああああああああああああ!!!?」

魔王「だってしょうがないじゃん。あのまま戦わせるのも可哀想だしさぁ」

魔王「さて…」

魔王「…♪」ジュルリ

魔物1「何企んでるんだよぉおおおおおお!!!?」

魔王「ひみつー♪」ジュルリ

450: 2012/09/01(土) 16:02:59 ID:IsoXNb2g
……


魔王「かくしてあの骸骨と同じルートを辿り、天然オニャノコは真実を知りました」

魔王「んで馬鹿な魔王に母性愛ビクンビクンになってまさかこれって恋!?そしてこのスレじゃ書けないような濃厚なR-18行為をして僕が生まれましたバンザイ。めでたしめでたし」

金髪少女「おもしれぇーーー!!お前の親!!!」ケラケラ

魔王「うん!カアチャンはかなりの天然さんだった!」

魔王「写真見たい?」

金髪少女「うん!!見たい!!」ニコ

452: 2012/09/01(土) 16:09:54 ID:IsoXNb2g
魔王「えっとねぇ…はいこれ」

金髪少女「おお!!家族3ショットかぁ!」

金髪少女「うわぁ…お前の母ちゃん、美人だなぁー…!」ウットリ

魔王「でしょでしょwww」

金髪少女「…先代魔王は」

魔王「うん、嫁を貰えた事が奇跡なレベル」

金髪少女「…でもお前と父ちゃん、あんまり似てないなぁ…。お前の方がずっとその…び、美形だな」

魔王「!!!!?え、え、え、ほ、本当!!!?」

453: 2012/09/01(土) 16:14:47 ID:IsoXNb2g
金髪少女「嘘だよーだ」イー

魔王「なん…だと…」

金髪少女「あはは、でもお前…ま、まぁ私好みの顔…かも」ボソ

魔王「ん?何か言った?」

金髪少女「な、なんでもねぇよ!!」

魔王「…?」

金髪少女「う、うっせぇ!!見るな!!喋るな!!」

魔王「いや、我なにも言ってないwww」

454: 2012/09/01(土) 16:18:34 ID:IsoXNb2g
金髪少女「あーあーあーお前と喋ってると楽しいけど、疲れる!!」ボフン

魔王「サーセンwwwフヒヒwww」

魔王「そろそろ眠いんじゃないか?…寝れば?」

金髪少女「…!」

金髪少女「ど、どこで…?」カァァ

魔王「どこでって…そりゃ、決まってるだろ」

ギシッ

金髪少女「……!!」

457: 2012/09/01(土) 16:21:57 ID:IsoXNb2g
金髪少女「な、な、お前…!!」カァァ

魔王「自分の部屋で。送ってくよ」

金髪少女「」

魔王「なにwww?」

ああそうか

こいつはホントの

童Oか

     -金髪少女心の俳句

458: 2012/09/01(土) 16:24:36 ID:IsoXNb2g
魔王「ほらww早くww」

金髪少女「…いい」

魔王「ん?ww」

金髪少女「…一人で帰れるって言ってんだよ!!!!」ドンッ

魔王「うぎゃっ!!!?」ゴロンゴロン

金髪少女「氏ねーーーーーーーーーー!!!」ダダダダッ

バタン

魔王「…?」

459: 2012/09/01(土) 16:28:46 ID:IsoXNb2g
バカヤローーーーーー!!!  コノドウテイガー!!!

魔王「…???」

ポツン…

魔王「何だったのかしら…」

魔王「…」ヒネリ

魔王「…ま」

魔王「いいや、寝よう!!!!」ボフンッ

魔王「おやすみー」カチッ

460: 2012/09/01(土) 16:33:34 ID:IsoXNb2g
ー一方その頃金髪ちゃんー

金髪少女「馬鹿野郎ーーーーーーーー!!!」ドドドド

金髪少女(クソが!!shit!!あの馬鹿チェリーボーイ!!ちょっとそういう展開かと思ったじゃねぇか!!)

金髪少女「あああああああああああーーーーーーーーー!!!」ダダダ

ドンッ!!

金髪少女「うわっ!!?」

黒髪少女「ぅひゃっ!!?」

金髪少女「何処見てんだテメェ…って、黒髪かよ!?」

461: 2012/09/01(土) 16:38:14 ID:IsoXNb2g
黒髪少女「びっくりしたぁ…。金髪ちゃんかぁ」ホクホク

金髪少女「何処行ってたんだよぉ…。こっちはえらいめに…」

黒髪少女「そうなんだぁ」ポケー

金髪少女「…黒髪、お前何持ってるんだ?」

黒髪少女「えへへ、アップルミントだよ」ホケー

金髪少女「…誰にもらった!!!?」

黒髪少女「あはは、それはぁ…秘密だよぉ…。エヘヘ」ニッコニッコ

金髪少女(畜生ぉおおおおおおおおおぉおおおお!!!)

462: 2012/09/01(土) 16:42:17 ID:IsoXNb2g
黒髪少女「そういう金髪ちゃんは…何してたの?」ニコニコ

金髪少女「はぁぁ!!!?」

金髪少女「……な、何もしてねぇよっ!!!」グイッ

金髪少女「そ、そんなことより、さっさと部屋戻る!!寝る!!」ガチャ

黒髪少女「そうだねぇ…えへへ」ホケェー

金髪少女(クソ魔王ーーー!!!)

黒髪少女(側近さん…♪)

バタン

463: 2012/09/01(土) 16:48:57 ID:IsoXNb2g
ー客室ー

金髪少女「あーーーーークソクソクソ!!」ボフン

黒髪少女「荒れてるねぇ…」

金髪少女「呆けてるお前よりはマシだよ!!」フン

金髪少女「…」

金髪少女「…なぁ、黒髪」

黒髪少女「なに?金髪ちゃん」

金髪少女「なんだかんださぁ…」

464: 2012/09/01(土) 16:55:10 ID:IsoXNb2g
金髪少女「魔族って…面白いし、良い奴ばっかりだよな?」

黒髪少女「…うん!」ニコ

金髪少女「…もっと仲良くなれたら良いな…」ボソ

黒髪少女「え?何か言った?」

金髪少女「なんでもなーい!!寝よ!!」ボスッ

黒髪少女「あはは、変なの。じゃあ電気消して!」

金髪少女「ん。おやすみー」パチ

黒髪少女「…本当にそうだね、金髪ちゃん!」ボソ… 

           側近「魔王様!!近隣の村から、生贄が!!」 魔王「」ガタッ ー続く!

465: 2012/09/01(土) 16:56:35 ID:IsoXNb2g
一旦このスレを終わります!!

次スレに続く!!

魔王「じゃあなお前等wwwwwwww」

側近「また会おう!!!!」

468: 2012/09/01(土) 17:55:25 ID:cycOrftc
次スレのタイトル同じ?

469: 2012/09/01(土) 18:02:13 ID:IsoXNb2g
>>468

一応後編っていう文字をつける。

引用: 側近「魔王様!!近隣の村から、生贄が!!」 魔王「」ガタッ