1:◆GWARj2QOL2   2017/05/12(金) 04:04:33.16 ID:Dq28VAqnO
アニメ準拠はほとんどありません
草は生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません
仮面ライダー×ひぐらしのなく頃にです



2: 2017/05/12(金) 04:06:02.48 ID:Dq28VAqnO
彼は、罪を犯した

彼は、罪を償おうと決めた

その手は、差し伸べる為に

その脚は、駆け付ける為に

例え、その生命が尽きたとしても

彼は、全てを救う事を誓った

例え、それが何であろうと

3: 2017/05/12(金) 04:06:42.22 ID:Dq28VAqnO
…。

剛「…寝ぼけたこと言うな……」

…。

剛「俺の全身から溢れ出す怒りの炎が見えねぇのか!」

…。

剛「今一番許せねぇのは……俺の……」

…。

剛「俺の、ダチの命を奪ったことだ!!!」

…。

剛「…一緒に…戦ってくれ…!!」

…。

剛「…変身!!」

…。

ダチ、か…。

剛「返せ!それは俺達の武器だ!!」

…。

剛。

いつか、また会う事が出来たなら…。

剛「「行って」良い…ってさ…」

…その時は、俺から言おう。

お前は、俺の…。

…。

……。

4: 2017/05/12(金) 04:07:18.84 ID:Dq28VAqnO
「…」


「……」


「……。」パチ


「…ここは…」


「…」


「…どこだ…?」


「…」


「…まさか…ここは…」


「…あの世か…?」

『…違うのです…』

「!!」ガバッ

5: 2017/05/12(金) 04:08:03.67 ID:Dq28VAqnO
「…」

『…』

「…」

『…やっぱり…見えていないのですね…』

「…何だ…?この声は…」

『…』

「…何故、姿が見えない…?」

『…それは、ボクが普通の人には見えないからです。最も…』

「…」

『貴方も、人ならざるもの、ですが…』

「…」

羽入『…ボクは羽入と申します』

「…ロイミュードか?」

羽入『いいえ。ロイミュードではないのです』

「…」

羽入『…生命体であるかどうかも、怪しいものですが…』

「…以前、進之介が見えない敵と戦った事があると聞いた。クリムも科学では説明出来ない物があるかもしれない、と…」

羽入『…お化け…そう呼ばれるのが正解なのかもしれません』

「…」

羽入『…貴方には、ボクが見えないのですか?』

「…見えない。それよりも…」

羽入『…』

「…俺は、氏んだのか?」

6: 2017/05/12(金) 04:08:40.25 ID:Dq28VAqnO
羽入『…』

「もし生きているならば、俺は、剛に再び会わなければならない。ダチとして」

羽入『…分かりません』

「…」

羽入『ボクは、助けを求めました』

「…助け?」

羽入『助けを求め続け、何度も何度も世界をやり直しました』

「…」

羽入『でも、ダメでした』

「…何を、話している?」

羽入『そうしていく内に、ボクも梨花も疲弊していきました』

「…」

羽入『梨花は、もう良いと諦めてしまいました』

「…」

羽入『最後に氏を選び、そのまま世界は進んでいきました』

「…?」

羽入『…そして、2016年。30年以上もの時間が経ってしまい、皆ここで起きた惨劇の事など忘れてしまいました』

「…」

羽入『後ろを、見て下さい』

「…?」

7: 2017/05/12(金) 04:09:10.74 ID:Dq28VAqnO
「…」

羽入『そこには、何が見えますか?』

「…ダム…以外は見えない」

羽入『…33年前、1983年。その時までここは、村がありました』

「…」

羽入『その名は、雛見沢村。人口は少なく、今の人達が見れば、田舎と呼ばれるような所でした』

「…」

羽入『事の始まりは、とある殺人事件』

「!」

羽入『ダム建設反対の村人による、建設会社の社員の惨殺』

「…」

羽入『そして連鎖していく、様々な事件』

「…村人達は、今何処にいる?」

羽入『…』

「…」

羽入『…あそこの、ダム…』

「…」

羽入『…あれの、下です』

「!!」

8: 2017/05/12(金) 04:09:58.82 ID:Dq28VAqnO
羽入『ここでは、ある病気が蔓延していました』

「…?」

羽入『それは、雛見沢症候群』

「…この村特有の、病気か…」

羽入『…この病気に犯された人は、疑心暗鬼になり、全ての人間が敵に見えてしまいます』

「…」

羽入『そうした者が、最後に取る行動…』

「…それが、連鎖していった殺人事件…か…」

羽入『…最後は、この村の地から謎の毒ガスが噴出、村の人間は全員…』

「…毒ガス…?」

羽入『ボクにも、それ以上のことは分かりません。何故こうなってしまったのかも…』

「…」

羽入『…今、梨花は全てを諦め自分の世界に閉じこもってしまいました』

「…」

羽入『永遠に、答えの無い、暗い闇の中に』

「…」

羽入『それでも、ボクは信じていました』

「…?」

羽入『いつか、この惨劇を終わらせてくれる、そんな人が来てくれる筈だと』

「…」

羽入『でも、ボクに出来る事は時間を巻き戻すことだけ』

「…」

羽入『時間を巻き戻せば、人間は影響を受けます』

「…」

羽入『…いえ、人間だけではありません。生命体である、限り…』

「…生命体…」

羽入『…』

「…つまり、歴史をやり直す、ということか?」

羽入『…』

「…俺に寿命は無い。もし俺がまだ生きているとすれば、この世に俺が2人、存在するということにもなりかねない」

羽入『…』

「…最も、生きているという保証は無いが」

羽入『…無理を言っているのは、分かっています』

「…」

羽入『貴方の優しさにつけ込んでいるというのも、承知しています』

「…」

羽入『でも、それでもボクは、梨花を、みんなを助けたいのです』

「…」

羽入『みんなの、本当の未来を、子供達に、明るい未来を与えたいだけなのです』

「…」

羽入『だから…だから…!!』ギュッ

「…!」

9: 2017/05/12(金) 04:10:44.61 ID:Dq28VAqnO
羽入『…』

「…感触…?」

羽入『…!?……そんな…』

「…?」

羽入『…これは…一体…?』

「…お前は、普通の者には見えないと言っていたが…」

羽入『…実体はある筈なのに、どうして…?』

「…それも、科学では説明のつかないことなんだろう」

羽入『…』

「…俺は、生きとし生けるもの全てを守ると決めた」

羽入『…』

「…それは、氏んでも変わらない」

羽入『…!』

「時間を戻せ」

羽入『…』

「…」

10: 2017/05/12(金) 04:11:16.84 ID:Dq28VAqnO
羽入『…本当に、良いんですか…?』

「構わない」

羽入『…もしかしたら、そのお友達に、一生会えないかも…』

「…」

羽入『運命を変えて、そのお友達と会わなくなってしまうかも…』

「そんなことで、会えなくなる程のものではない」

羽入『…!』

「俺がどうしてまだ実体を持ち、そしてお前に触れる事が出来るのか。それは分からないが」

羽入『…』

「まだ俺に出来ることがあるのなら、その役目があるというのなら」

羽入『…』

「迷わず、引き受ける」

羽入『…』

「俺でなくとも、きっと皆そうしただろう」

羽入『…』

「それが、仮面ライダーというものだ」

羽入『…チェイスさん…』

11: 2017/05/12(金) 04:11:47.29 ID:Dq28VAqnO
チェイス「…要件を話せ」

羽入『…ボクのお願いを聞いてくれて、ありがとうございます』

チェイス「…」

羽入『…先ず、この世界を戻す。それよりも先に、やることがあります』

チェイス「…」

羽入『…この物語、繰り返される惨劇の中心…』

チェイス「…」

羽入『全てを諦めた彼女に、再び光を与える事です』

チェイス「…梨花、か」

羽入『…はい』

12: 2017/05/12(金) 04:12:37.70 ID:Dq28VAqnO
…。

……。

『梨花、聞こえますですか?』

…。

『…お願いします。どうか返事だけでも…』

…。

『きっと、今度は乗り越えられます。もう一度だけ、やり直してみませんか?』

…。

『あれから、33年。ボクはあの惨劇を打ち破れる方を探していました』

…。

『きっと、大丈夫です。今度は…』

…そうやって…。

『…?』

…そうやって、どれだけ私達は血を流したの?

『…梨花…』

どれだけ氏んだ?どれだけ氏を見た?

『…』

何回、何十回、何百回…もう覚えてないわ。

『…』

もう、何度も見てきた。何千年経とうが、忘れないわ。

『梨花…どうか話だけでも…』

笑顔、泣き顔、困り顔、怒った顔、焦った顔。

『梨花…』

痛みに苦しみもがく顔。
喉を掻きむしり、朽ち果てていく顔。
毒に苦しみ、弱っていく絶望の顔。

『…』

もう、放っておいて。私はこのままで良い。

『…』

それに、もう出来ないわよ。あんな変な喋り方。

『…』

アンタだって、もうそんな力ほとんど残ってないんでしょ?

…お社も無くなって…。

『…確かに、これが最後かもしれません』

ならせめて、少しでも長生き出来る方を選びなさい。

『…なら、梨花は本当にこのままで良いと言うんですか…?』

…。

『残された時間の少ないボクが消えたら、本当に一人ぼっちなのですよ…?』

…それが、私の運命なのよ。

『梨花!!』

…。

13: 2017/05/12(金) 04:13:43.77 ID:Dq28VAqnO
『…これは、梨花だけの問題じゃないのですよ…?』

…。

『沙都子や、魅音、レナ、圭一、詩音…悟史』

…。

『みんな、生きるべき人達。なのに、理不尽に氏んでしまった。理由も分からずに』

…。

『貴方はもう良いのかもしれない。でもみんなは、沙都子達はどうなるのですか!?』

…それは…。

『それに諦めたのなら、そんな小さな「カケラ」、どうしていつまでも眺めているのですか?』

…!

『もう、世界は貴方やボクを置いて遥か未来へ行きました』

…。

『沙都子達のいない、未来へと』

…。

『でも、今からならまだやり直せます。あの子達に、新しい未来を与えることが出来ます』

…。

『…梨花。貴方にも』

…羽入…。

『だから、そんな心にも無い事、言わないでください』

…。

『貴方は神なんかじゃありません。神の使いでもありません』

…。

『何も悟ってなどいません。貴方の時間はあの時のまま、一秒も進んでいません』

…。

『貴方はただの人間です。人間の、子供なんです』

…。

『だから、言ってください。心の内を、曝け出して下さい』

…。

『必ず、手を差し伸べてくれる存在がいます』

…。

14: 2017/05/12(金) 04:14:20.48 ID:Dq28VAqnO
…羽入…。

『…はい』

…本当に、これで乗り越えられるの?

『…はい』

本当に、皆と一緒に、未来に行けるの?

『はい』

…信じて、良いの?

『だから、ボクはここにいます』

…。

『前を向いて下さい』

…。

『光は、必ずやってきます』

…光…。

『その光…』

…。

『その光の名は、仮面ライダー』

…仮面…ライダー…?

『願って下さい。念じて下さい。ありったけの思いを込めて』

…。

『貴方の、本当の思いを、叫んで下さい』

…けて…。

『…』

…助けて…!!

『…』

この世界から…!!

『…』

梨花「私を、助けて!!!」

…。

……。

15: 2017/05/12(金) 04:15:02.72 ID:Dq28VAqnO
梨花「…」

梨花「…あ…」

梨花「…え…?」

「zzz…」

梨花「…あ…」

「zzz…」

梨花「…」

【昭和58年 6月13日】

梨花「…あ…」

梨花「…は、羽入…?」

梨花「羽入?…羽入!?」

梨花「羽入…?」

「…ん…んー…?」

梨花「返事して!羽入!!」

「んがっ…?な、何ですの…?」

梨花「…ッ…」

沙都子「…梨花、どうしたんですの?大声なんて出して…」

梨花「…沙都子…」

沙都子「?」

梨花「…本当に、沙都子なの…?」

沙都子「監督のとこ行きます?」

梨花「…」ペタペタ

沙都子「ちょ…どうしたんですの?そんなお化けでも見たような目、しないでくださいまし」

梨花「…本当に、沙都子なのね…?」

沙都子「…頭でも打ったんですの?昨日も一昨日もそのずっと前から一緒に暮らしてますわよ」

梨花「…!」

沙都子「…全く…変な夢でも見たに違いありませんわね。顔を洗って、寝ぼけを治してくるこt」

梨花「沙都子!!!」ガバッ

沙都子「ドゥェッホ!!」

16: 2017/05/12(金) 04:15:48.40 ID:Dq28VAqnO
沙都子「朝からやってくれますわね。いくら親友といえども目覚め時に押し倒されるのは流石に訳が分かりませんことよ」

梨花「…ごめんなさい……なのです」

沙都子「…怖い夢でも見たんですの?」

梨花「…ほんの、ちょっと。長くて怖い夢を見てたのです」

沙都子「あらあら…そんなので怖がるなんて、梨花もまだまだお子ちゃまなのですわね!おーほっほっほ!」

梨花「…」

沙都子「…あら?」

梨花「…」

沙都子「…梨花?」

梨花「…ッッ…!!」

沙都子「…そ、そんな怖い夢でしたの…よーしよし…」

梨花「…ご、ごめんなさいなのです。何だか凄く長い間眠ってたような気がして…」

沙都子「夢なんてそんなものですわ。でも、夢なんですから。すぐに忘れますわ」

梨花「…」

沙都子「さ!早く朝ご飯の支度ですわ!あとお弁当お弁当…」

梨花「…良かった…」

沙都子「?」

梨花「何でもないのですよ。…に、にぱー☆」

沙都子「…?」

17: 2017/05/12(金) 04:16:23.70 ID:Dq28VAqnO
沙都子「…さ…て!早くお着替えあそばせ!…あ、歯磨き歯磨き…」

梨花「…」

沙都子「梨花も早く食べないと遅刻してしまいますわよ!」

梨花「は、はーいなのです!」

梨花「…」

梨花「(…本当に、戻ってきたのね。ここに…)」

梨花「(…羽入は?羽入は何処に行ったの?)」

梨花「(…それに、羽入の言っていた、光…)」

梨花「(…仮面…ライダー…)」

梨花「(…何処に、居るのかしら…)」

沙都子「梨花!本当に遅刻してしまいますわよ!」

梨花「!は、はーい!!なのです!」

18: 2017/05/12(金) 04:17:09.51 ID:Dq28VAqnO
梨花「…」

沙都子「…」

梨花「…」

沙都子「…梨花?」

梨花「(こうして、戻ったのは良いけれど…)」

沙都子「梨花?」

梨花「(私は、これからどうやって立ち向かっていくの…?)」

沙都子「りーかー…?」

梨花「(羽入は相変わらず返事が無いし、その光っていうのも、何だか分からない…)」

沙都子「梨花っ!」グイッ

梨花「!?」

沙都子「もー…何をボーっとしてるんですの?それ以上進んだら川に落ちてしまいますわよ?」

梨花「あ…ご、ごめんなさいなのです」

沙都子「…もしかして、調子が悪いんですの?」

梨花「い、いえ。すこぶる元気なのですよ。ほーら、に、にぱー☆」

沙都子「…さっきもそうでしたけれど、凄くぎこちない感じですわよ。無理してる感じが…」

梨花「(33年振りなんだからぎこちなくもなるわよ…)」

沙都子「…元気なら、良いですわ。でも今日はあまり無理をしないことですわね」

梨花「…ありがとうございます……なのです」

19: 2017/05/12(金) 04:17:51.45 ID:Dq28VAqnO
「!」

「あ!おーい!」

「梨花ちゃーん!沙都子ー!」

沙都子「…あら!皆さんおはようございますですわ!」

梨花「…!」

「どーお?久し振りの圭ちゃんの顔」

沙都子「相変わらずのボケーっとした顔ですわね。まだ旅行気分が抜けてないんじゃありませんの?」

「んだとー!?沙都子ー!こうしてやるー!!」ワシャワシャ

沙都子「ぎゃー!!レナさん!助けて下さいまし!!」

「は…はうっ!?助けを求める沙都子ちゃん…かぁいい…かぁいいよう!!」

「んげっ!?」

「あーあー…相変わらずだねぇ…」

「魅音!元はと言えばお前から…!」

「あーあー聞こえなーい」

「何ぃ!!?」

梨花「…」

「…?」

20: 2017/05/12(金) 04:18:36.61 ID:Dq28VAqnO
「?どったの?梨花ちゃん…」

梨花「…圭一?」

圭一「ん?」

梨花「…」ペタペタ

圭一「ん?…ん?」

梨花「…レナ?」

レナ「?何かな?…かな?」

梨花「…」ペタペタ

レナ「ひゃっ!ど、どうしたのかな?かな?」

梨花「…魅音…」

魅音「…どーしたの?そんなみんなの顔ペタペタペタペタ…」

梨花「…」モミ

魅音「ん?」

梨花「…本当に、みんな…」

圭一「…あ、ああ…う、うん…」

レナ「れ、レナだよ?どうして?」

沙都子「…今日の梨花は何だかおかしいんですの。私も顔を合わせた時妙に触ってて…」

魅音「私…胸…」

レナ「調子が悪いの?大丈夫かな…?」

圭一「まあ変な夢でも見たんだよ。梨花ちゃんもそういうことあるんだな!」

梨花「…」

沙都子「…!じゃなかったですわ!早く行かないと!全員揃って遅刻ですわよ!!」

魅音「…あ!ヤバっ!!走るよ!」

圭一「げっ!?マジかよ!」

梨花「…本当に…みんな…」

レナ「…梨花ちゃん」

梨花「…?」

レナ「…何があったか分からないけど…」

梨花「…」

レナ「レナ達は、ここにいるよ?」

梨花「…!」

レナ「さ、行こ!」

梨花「…はい。はい…なのです!」

21: 2017/05/12(金) 04:19:51.22 ID:Dq28VAqnO
…。

圭一「はーっ…はーっ…あー…何とか…ギリギリセーフ…」

魅音「はーっ…はーっ…圭ちゃん、相変わらずスタミナ無いねぇ…」

圭一「お前だってゼーゼー言ってんだろうが。そもそも待ち合わせの時間に遅刻してきただろ!」

魅音「あっるぇー?そーだっけー?」

圭一「がっ……このー!」

魅音「あっはっは!気にしない気にしない!」

圭一「…ったく…」

沙都子「ほらほら、早く教室に行きますわよ。チャイムが鳴ってからじゃ遅いんですのよ!」

レナ「そうだよ。知恵先生怒るとすっごく怖いんだから!」

圭一「そうだな…ん?」

…。

「あ、あの…ですから部外者の方を入れる訳には…」

「ならばどうすれば入れる?」

「え?…い、いえですから、関係者の方以外は…」

「関係者になるにはどうすれば良い?」

「え、ええと…出来ればまず身分を明かして頂いてですね…」

「身分証か。生憎今は持ち合わせていない」

「そんな堂々と言います…?」

「ダメか?」

「ダメっていう言葉が一番最適なんですよ。この場合」

「ならばここで雇ってくれ」

「警察呼びますよ」

「俺も警察の仲間ではあったが…」

「警察はそんな格好しないと思いますよ」

…。

22: 2017/05/12(金) 04:20:27.37 ID:Dq28VAqnO
沙都子「…アレなんですの?」

魅音「…まー…うん。そーいう…のじゃないの?」

梨花「…」

レナ「…うーん…」

圭一「そういうの…っつーか…そういうのだったら、もっとコソコソしてるっつーか…」

魅音「確かに、随分堂々としてるよね…」

レナ「真っ正面から来てるみたいだし…」

沙都子「ストロングな変態なだけですわよ」

梨花「…!ッ…」ダッ

沙都子「!?り、梨花!?」

魅音「梨花ちゃん!?」

梨花「…知恵!知恵!!」

知恵「!?ふ、古手さん…?」

梨花「そ、その人は…えっと…」

「…」

知恵「…こ、この人は…お知り合い?」

「…」

梨花「ぼ、ボクの…」

知恵「…」

梨花「し、親戚の、遠縁の親戚の、お兄さん…なのですよ!」

知恵「それもう他人で良いんじゃないですかね?」

23: 2017/05/12(金) 04:21:11.80 ID:Dq28VAqnO
「…」

梨花「えっと…」

「お前が、古手梨花か」

梨花「!」

「羽入から話は聞いた」

梨花「あ…」

知恵「…あの、とりあえず、お引き取り願えませんか?もうすぐ始業時間ですし…」

梨花「あ、あの!」

知恵「?」

梨花「この、この人は…」

「…俺の名は」

知恵「…?」

「チェイs」

梨花「左之助!左之助なのですよ!」

24: 2017/05/12(金) 04:22:16.34 ID:Dq28VAqnO
知恵「…左之助?」

梨花「はいなのです!紫、紫左之助なのです!」

知恵「…左之助さん?」

チェイス「違う」

知恵「左之助じゃないらしいですよ」

梨花「左之す…けっっ!!」ゲシィ

チェイス「違う」

知恵「…え、ええと…左之助さん。今日のところは、申し訳ありませんが…もしここで働きたいというのなら、まず身分をしっかりさせて、きちんと教員免許を取ってですね…」

梨花「…ッッ…!」ズキンズキン

チェイス「…免許か」

知恵「はい。こういうのは、ここの人がはい良いですよで入れるものではありませんから」

チェイス「分かった。その免許を取ることにしよう」

知恵「そんなジュース買おうみたいな感覚で取れるものじゃないんですよ」

チェイス「…」

梨花「…さ、左之助!とりあえずこっちに来るのです!」グイッグイッ

チェイス「俺は左之助では…」

魅音「…えーと…おーい、梨花ちゃーん!先、行ってる…よ?」

梨花「は、はいなのです!ボクもすぐに行くのです!知恵、ごめんなさいなのです…」

知恵「い、いえ…話がつきましたら、来て下さいね?」

梨花「はいなのです!」

沙都子「…?」

25: 2017/05/12(金) 04:22:56.60 ID:Dq28VAqnO
…。

梨花「はーっ…はーっ…」

チェイス「お前が梨花だな?」

梨花「…あのねぇ…」

チェイス「羽入から話を…」

梨花「話を聞いても!登場の仕方って、もんが、あるでしょ!?」

チェイス「しかし、これ以外お前に会う方法が無かった」

梨花「…いや、そうかもしれないけど…」

チェイス「俺には戸籍が無い。身分を証明出来るものも無い」

梨花「…もう良いわ。その辺は何とかするから…何とか出来る自信無いけど」

チェイス「それと俺は左之助ではない」

梨花「もう良いから!つい左之助って出ちゃったの!!」

チェイス「…」

26: 2017/05/12(金) 04:23:52.73 ID:Dq28VAqnO
梨花「…ちなみに、名前は?」

チェイス「チェイスだ」

梨花「却下。どう見てもアンタ日本人よ」

チェイス「俺達ロイミュードは、人間の身姿をコピーして人間体を持つ」

梨花「…や…もうアンタの正体は良いわ。混乱しそうだから」

チェイス「…俺は、ここでは紫左之助として生活すれば良いのか?」

梨花「もうそれしか無いわよ。…名前のセンスがどうとか言わないでよ?」

チェイス「了解した」

梨花「…それよりも、羽入よ。羽入は何処?アンタ、知ってるんじゃないの?」

チェイス「…」

梨花「いつもなら私から離れることはないのに。今回に限って…」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「…いない」

梨花「…」

チェイス「…」

梨花「…え?」

チェイス「羽入は、俺を含めた時間全てを巻き戻し、力を使い果たした」

梨花「…」

チェイス「俺を送り届け、羽入は33年後の世界に残った」

梨花「…え…?」

チェイス「羽入から全てを聞いた。時間は少ない」

梨花「…」

チェイス「だから、最短でお前に会える方法を選択した。一刻も早くお前達を救う為に」

梨花「…ごめん。もう一回。もう一回だけ…説明して?」

チェイス「…」

梨花「…」

チェイス「羽入がいるのは、33年後、お前達が氏んだ未来だ」

梨花「…」

チェイス「いつかは分かる。だから隠すことはない」

梨花「…そんな…」

チェイス「…」

梨花「…嘘…でしょ…?」

第1話 終

27: 2017/05/12(金) 04:24:58.51 ID:Dq28VAqnO
続きまたそのうち書きます


引用: チェイス「雛見沢…」