1: 2013/12/20(金) 21:59:04.61 ID:2d5ltNTC0

■このSSはダンガンロンパ1+2の安価SSです
■なんとか1年間希望ヶ峰学園で過ごし、2年生に進級したという設定です
■このスレでは、苗木こまるは苗木誠の1歳年下で、今年から『超高校級の幸運』として希望ヶ峰本学科に入学しました
■第77期生が3年生、第78期生が2年生、そして新たに入ってくる第79期生が1年生です(1年生はこまるを除きモブです)
■ダンガンロンパ/ゼロ・絶対絶望少女は当SSには関係していません
■スクールモード・アイランドモードみたく、第77・78期生&こまるとらーぶらーぶして希望のカケラを集めるのが一応の目的です
■全体的にペル○ナ4みたいな感じになっていますが、予めご了承下さい(ステータスがあったり授業があったりコミュがあったり)
■苗木誠が主人公であり、第77期生ともらーぶらーぶするのでご注意下さい
■授業での質問の答えが分からなくても構いませんので、積極的に答えて下さると助かります
■投下時間は基本20:00~翌1:30です(例外もあります)
■投下途中で風呂に入ります(30~45分程度間が空きます)
■合いの手・雑談・支援絵等は大歓迎です(いつもありがとうございます)
■ホ〇や猛虎ニキも大歓迎です(意味深)
■>>1000で何か祈れば思いが通じるかもしれません

ダンガンロンパ霧切 1 (星海社 e-FICTIONS)

2: 2013/12/20(金) 21:59:34.14 ID:2d5ltNTC0

16: 2013/12/20(金) 23:08:40.40 ID:2d5ltNTC0
苗木「他には何かないかな?」

山田「他ですかな? なら、コーラ1ヶ月分とかもいいですな」

花村「他と言うと……苗木くんと1日過ごせる権利でも」

苗木「身売りするのはちょっと……」

山田・花村とゲーム大会の景品について話し合った……

山田・花村の好感度が上昇した!

そろそろ山田・花村ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて辺古山の部屋に向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「辺古山さん、苗木だけど」

辺古山『2日連続ですまないな。入ってくれ』

―――
――


寄宿舎廊下 → 辺古山ペコの部屋

苗木「こんばんは、辺古山さん」

辺古山「……ああ。昨日の話、忘れていないよな?」

苗木「ええっと……『笑う』事が出来ない、だっけ?」

辺古山「ああ。私には不思議に見えるのだ。小泉が『笑顔』の写真ばかりを撮り続けるのがな……」

苗木(なんだか、対象的だな……)

苗木「小泉さんが笑顔を撮り続けているのには、理由があるんだよ」

辺古山「理由?」

苗木「うん。本人が母親から見せられた写真が笑顔だったのもそうだけど……」

1:それが普通の写真だから
2:本人の趣味嗜好だから
3:見ていると力が湧くから

下3

19: 2013/12/20(金) 23:10:47.39 ID:5Fxj5xbSO
3

21: 2013/12/20(金) 23:19:02.23 ID:2d5ltNTC0
苗木「見ていると、力が湧いてくるからだよ」

辺古山「力?」

苗木「そう、笑顔は人に力を与える事が出来るんだ。だから小泉さんは笑顔を撮り続けているんだよ」

辺古山「なるほど……力か……」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

辺古山「純粋な力とはまた違う……内から湧いてくるような感じか」

苗木「そうだね」

辺古山「だが……やはり私には似合わない……」

辺古山は諦めた表情をしている……

辺古山の好感度が大きく上昇した!

辺古山とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK4 → 5

心の奥底から確かな希望を感じる……

辺古山との希望のカケラが1個集まった!

RANK2 → 3

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(辺古山さんに何かプレゼントしようかな?)

辺古山に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ラジオゾンデ×1
 b:水晶のドクロ×1
 c:草笛×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

23:22まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

25: 2013/12/20(金) 23:21:03.83 ID:jlfWPSsu0

29: 2013/12/20(金) 23:28:27.74 ID:2d5ltNTC0
苗木(そろそろ補充すべきか……)

まだ辺古山ともっと深い仲にはなれないだろう……

辺古山と別れて自室に戻っていった……

―――
――


5月25日(土)晴れ/曇り → 5月26日(日)晴れ
辺古山ペコの部屋 → 自室

苗木(休日かぁ……とりあえずお腹を満たそう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(人が少ないのは恒例か……どうしよう?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:32まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

35: 2013/12/20(金) 23:30:06.01 ID:fFL3+Y4AO
腐川さん!

42: 2013/12/20(金) 23:36:21.88 ID:2d5ltNTC0
>>35
狛枝「素晴らしいよ! さすが『超高校級の文学少女』だ、あははははは!」

―――――

苗木(腐川さんを誘おうかな)

苗木「腐川さん」

腐川「な、苗木……まさかまた誘うわけじゃないでしょうね!?」

苗木「ダ、ダメかな?」

腐川「ダメとは言ってないわよ……勝手にしなさいよ……」♪♪<ピロリロリーン

苗木「嬉しいよ」

苗木(話題は何にしよう……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

23:40まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

43: 2013/12/20(金) 23:38:35.97 ID:Q6XuwjJxo
三つ編みほどいた腐川さん見たいなー、
普段通りでも可愛いけどギャップ萌えでもっと可愛いんだろうなー チラッチラッ

47: 2013/12/20(金) 23:45:39.89 ID:2d5ltNTC0
苗木「そう言えば、腐川さんって辺古山さんと同じく三つ編みだよね?」

腐川「ほ、他にも同じ人はいるじゃない」

苗木「いやまあ、そうだけど……たまにはストレートな腐川さんを見たいなー。普段通りでも可愛いけどギャップ萌えでもっと可愛いんだろうなー」

判定
腐川:らーぶらーぶ度5

腐川「は、はぁ!? なによあんた、からかってるの!?」

苗木「いや違うよ! 純粋に興味を持っているだけだよ!」

腐川「どうせ『その髪解けばもっと臭くなるんだろうなー』とか思っているんでしょ!? ああ汚らわしい!」

苗木(臭いのは汚らわしくないのだろうか?)

苗木「ご、ごめんね。うん、無かった事にしよう」

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:48まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

48: 2013/12/20(金) 23:46:44.10 ID:GDS7ALvo0
最近読んで面白かった本は?

54: 2013/12/20(金) 23:56:46.25 ID:2d5ltNTC0
苗木「最近読んで面白かった本はある?」

腐川「……少し古いけど、『向日葵の咲かない夏』は良かったわよ」

苗木「どんな小説?」

腐川「ホラーものよ。最後の展開が評価が分かれるところだけど……あたしは気に入ったわ」

苗木「へぇ、今度貸してよ」

腐川「図書室にあるから自分で読みなさいよ……何が目的なのよ……」

苗木「いや、そんな気持ちは抱いてないから!」

腐川と様々な事について話し合った……

腐川の好感度が上昇した!

そろそろ腐川ともっと深い仲になれそうだ……

腐川「な、苗木」

苗木「どうしたの、腐川さん?」

腐川「あんたこの後時間あるわよね? そうと言いなさいよ……」

苗木(この後……)

1:そうだね
2:そうじゃない

下2・3・4(多数決により安価が決定します)

56: 2013/12/20(金) 23:57:13.94 ID:jlfWPSsu0

60: 2013/12/21(土) 00:14:37.53 ID:sUU6UdN00
苗木「そうだね、大丈夫だよ」

腐川「……そう、じゃあ付いてきなさい」

食器を片づけて腐川の後をついて行った……

―――
――


寄宿舎食堂 → 寄宿舎廊下

苗木「腐川さん、どこまで行くの?」

腐川「大人しく付いて行く事も出来ないの? ……はっ、はっ……はくしゅん!」

苗木(く、くしゃみをした! と言う事は……)

ジェノサイダー「お久しぶりまっこりーん☆」

苗木「ジェ、ジェノサイダー翔……」

ジェノサイダー「お、あのダセェのと間違えなかったじゃん! アタシ感激しちゃったから頃してもいい?」

苗木「ダメに決まってるでしょ!」

ジェノサイダー「ちぇっ。本来なら言う事なんて聞かないけど、まーくんは別にイケメンじゃないし許したげるわ! アヒャヒャヒャ!」

苗木「アヒャヒャヒャって何さ……」

ジェノサイダー「おいおい、そんな細かい事気にしてるからほっせーんだよ!」

苗木「関係ないよ!?」

苗木(ダメだ、ペースが乱される……)

苗木「ねえ、ジェノサイダー」

ジェノサイダー「なになに、質問がある系?」

苗木「どうして、腐川さんは……」

1:臭いにおいがする?
2:二重人格になった?
3:十神の事を妄信してる?

下3

63: 2013/12/21(土) 00:15:26.97 ID:lrmjZoLy0

67: 2013/12/21(土) 00:30:22.52 ID:sUU6UdN00
苗木「二重人格になったの? 何か事件でも起きたの?」

ジェノサイダー「違うってーの! ほら、アタシはアンタら男子が中学生の頃に患ういってー病気とは異なるけどさ、誰にでも訪れるもんなんだよ」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木「誰にでも……訪れる?」

ジェノサイダー「殺人にしたってそう。明日まーくんが思わずあのクサレアイドル辺りを頃したくなるかもな!」

苗木「いや、それはないと思うけど……」

ジェノサイダー「とにかく! 理由なんてないし、こういった反動は誰も訪れないとは言えねーんだって」

ジェノサイダー「あの牛乳ギャルなんて典型じゃん! あっちの方がアタシよりやべーだろ!」

苗木「どっこいどっこいだと思うよ……」

ジェノサイダー「分かってないなーまこちんは。じゃ、飽きてきたしそろそろ戻るわ! じゃーねん☆」

ガンッ

ジェノサイダーは思い切り頭を壁に打ち付けた……

腐川「うう、痛い……またあいつが出てきたなんて……」

苗木「ご、御苦労さま……」

腐川の事がまた分かった気がする……

腐川の好感度が大きく上昇した!

腐川とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

腐川との希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(腐川さんに何かプレゼントしようかな?)

腐川に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ラジオゾンデ×1
 b:水晶のドクロ×1
 c:草笛×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:33まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

70: 2013/12/21(土) 00:32:45.29 ID:coVNE7H90
2

73: 2013/12/21(土) 00:40:22.56 ID:sUU6UdN00
苗木(手持ちェ……)

そろそろ腐川ともっと深い仲になれそうだ……

腐川を部屋まで見送って自室に戻っていった……

―――
――


5月26日(日)晴れ
朝 → 昼
寄宿舎廊下 → 自室

苗木(そろそろお昼を食べようかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうしよう……?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:45まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

75: 2013/12/21(土) 00:41:35.04 ID:c3NMGSjC0
1舞園

83: 2013/12/21(土) 00:51:07.25 ID:sUU6UdN00
苗木(舞園さんを誘おうかな?)

苗木「舞園さん」

舞園「あっ、苗木君♪ どうかしましたか?」

苗木「昼食一緒に食べない? よければでいいんだけど……」

舞園「もちろんですよ! 遠慮せずにどんどん声をかけて下さい♪」

苗木「考えてみるよ」

苗木(舞園さん、すっかり元気になったな……よかったよかった)

苗木(話は何にしようかな……?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:55まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

84: 2013/12/21(土) 00:52:41.99 ID:c3NMGSjC0
服選びを兼ねてデートしようよ

86: 2013/12/21(土) 00:59:46.78 ID:sUU6UdN00
苗木「服選びも兼ねて、その……デート、したいんだけど……さ」

舞園「……はい! この後ですよね!?」

苗木「いやいや、別に今日じゃなくても……」

舞園「善は急げですよ、苗木君!」

苗木(善なのか……?)

舞園「そうですよ!」

苗木「あっ、それ復活したんだね」

舞園「はい、エスパーですから♪」

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:03まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

90: 2013/12/21(土) 01:01:49.23 ID:Rw9FhHbRo
3

95: 2013/12/21(土) 01:19:38.60 ID:sUU6UdN00

―――――

苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

舞園の好感度が上昇した!

まだ舞園ともっと深い仲にはなれないだろう……

食器を片づけて自室に戻り、デートの準備をした……

―――
――


寄宿舎食堂 → 寄宿舎入口

苗木「あっ、舞園さん」

舞園「お待たせしてしまってごめんなさい」

苗木「構わないよ、そんなに待ってないから」

苗木(やはり変装は必要か……)

苗木「それじゃあ行こうか」スッ…

舞園「……! はい♪」ギュ…

手を繋いでショッピングモールへと歩き出した……

―――
――


寄宿舎入口 → ショッピングモール

苗木「舞園さんがよく行く洋服店ってある?」

舞園「はい、ここから少し進んだところの左手にありますよ」

苗木「じゃあ、そこから行こうか」

舞園「女性専門店ですけど大丈夫ですか?」

苗木「……だ、大丈夫……な、はず……うん」

苗木「まずは舞園さんの服から見ようよ」

苗木(弱気なところは見せられないな……)

舞園「ふふふ……分かりました!」

―――
――


舞園「3つまでは絞れたんですけど……」

苗木「うーん、どれも似合いそうだね」

舞園「……苗木君、第1印象で『これだ!』と思った服を選んでくれませんか?」

苗木(1着目は、露出の少ないシックな感じの服……)

苗木(2着目は、露出が普通なキュートな感じの服……)

苗木(3着目は、露出が多めなセクシーな感じの服……)

苗木(どれにしようかな?)

1:1着目
2:2着目
3:3着目

下3

98: 2013/12/21(土) 01:22:08.33 ID:374WlypSO
2

104: 2013/12/21(土) 01:35:24.60 ID:sUU6UdN00
AAのせいで眠気がふっとんだじゃないか(憤怒)
これじゃあ猪瀬ニキのせいにできないやんけ!(最低最悪)

―――――

苗木「じゃあ、この真ん中の服をそこの試着室で着てみてくれないかな?」

舞園「これですか? 分かりました♪」

―――
――


ガラッ

舞園「こんな感じですけど……どうでしょうか?」

苗木(うん、やっぱり普段からキュートな感じの服を好んで着ているから上手く着こなしているな)

苗木(アクセントとしてフリルが付いているのがまた舞園さんの可愛らしさをより引きだしている)

苗木(色もパステルピンクを基準とした明るい色が舞園さんの性格をよく表現しているかのようだ)

舞園「な、苗木君……その、直接……聞きたいです///」

苗木「あ、ごめん舞園さん! 陳腐な言葉だけどよく似合っているよ!」

舞園「はい、ありがとうございます♪」

舞園「それでは、この服を買いますね♪」

苗木「えっ、残り2着は?」

舞園「すいませんけど、戻しておいてくれないでしょうか……?」

苗木「うん、分かったよ」

―――
――


舞園「次は苗木君の番ですよ!」

苗木「うん。と言っても、ボクはそこまでファッションに詳しくないからなぁ……」

舞園「んー、では、何か『こんな感じの服を着たい!』というリクエストはありますか?」

苗木「リクエスト?」

舞園「はい! 当りを付けた方が、探しやすいと思うんです」

苗木「そうだね。それじゃあ……」

※苗木くんが着たい服を挙げて下さい。具体的でも抽象的でも構いません。

1:40まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

107: 2013/12/21(土) 01:38:34.96 ID:lrmjZoLy0
シックなパーカー

111: 2013/12/21(土) 01:54:46.87 ID:sUU6UdN00

苗木「じゃあ、シックなパーカーがいいな」

舞園「パーカー、気に入っているんですか? 今日も着ていますけど……」

苗木「ボクらが知り合った少し後ぐらいで、舞園さんが褒めてくれたからね」

舞園「……ああ、ありましたね! よく覚えていましたね、去年の話ですよ?」

苗木「舞園さんみたいに可愛い人に褒められたからだよ」

舞園「苗木君……嬉しいです///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

―――
――


舞園「……あ、苗木君、ありましたよ!」

苗木「へぇ、こんなデザインなんだ……」

苗木(予想通り、ダークグレーの落ち着いた色合いだけど……フードの内側にワンポイント入っているな)

苗木(一見地味そうだけど、上手く着こなせばちょっとはカッコよく見られるかな?)

舞園「……苗木君は今でも十分カッコいいです///」ボソッ

苗木「ごめん舞園さん、何か言った?」

舞園「いえ、似合いそうだと思ったんですよ!」

苗木「あはは、ありがとう」

―――
――


苗木「意外と値段張るんだね……」

舞園「だ、大丈夫ですか?」

苗木「うん……」

苗木(しばらくは節約して過ごそうかな……)

苗木「とりあえずやるべき事は終わったけど、舞園さんはこの後どうしたい?」

舞園「……苗木君、前言っていた『大事な話』を……ここではありませんけど、別の場所でしてもいいですか?」

苗木(覚悟が決まったのかな、舞園さん)

1:いいよ
2:構わない
3:その意見に賛成だ!

下3

114: 2013/12/21(土) 01:56:39.74 ID:374WlypSO
2

116: 2013/12/21(土) 02:01:15.32 ID:sUU6UdN00
苗木「うん、構わないよ」

舞園「ありがとうございます、苗木君!」

舞園と手を繋ぎながら目的地へと向かっていった……

舞園の好感度が大きく上昇した!

そろそろ舞園ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――

137: 2013/12/21(土) 20:13:48.38 ID:sUU6UdN00
ショッピングモール → 公園

苗木(あの近くに公園があったんだな……)

舞園「ふふ、いいところだと思いませんか?」

苗木「そうだね、ボクもそう思うよ」

苗木「それで……話してくれるのかな?」

舞園「……はい」

舞園「ですがその前に……少しだけ、別の話をさせて下さい」

舞園「苗木君……私があなたと話そうと思った『きっかけ』……覚えていますか?」

苗木「もちろんだよ」

1:同じ中学だから
2:不良から助けた
3:白鳥を逃がした

下3

140: 2013/12/21(土) 20:14:36.99 ID:lrmjZoLy0
3
鶴?

143: 2013/12/21(土) 20:25:56.69 ID:sUU6UdN00
苗木「白鳥を逃がしたから、だね?」

舞園「……苗木君は、もう中学の頃を忘れてしまったんですか?」♪<ピロリン

苗木「ご、ごめん! 鶴だったよね……似ていたから間違えちゃったよ」

舞園「確かに両方とも渡り鳥ですけど……」

舞園「……こほん、苗木君が鶴を逃がした事もそうですが、同じ中学出身だからと言うのもあるんですよ?」

苗木「あれ、そうなの?」

舞園「はい。やはり、知らない人が多くいる場所で知っている人がいると安心出来ますから……」

苗木「その気持ち、ボクも分かるよ」

舞園「ふふ、両想いですね」

苗木「へ? ……あ、うん、そうだね……?」

苗木(急な変化球だなぁ……ビックリしちゃったよ)

苗木(まさか舞園さんがボクなんかを……)

舞園「……そんな事、ありませんよ」

苗木「も、もしかして……」

舞園「エスパーですから♪」

舞園「でも、苗木君の考えは間違ってますよ。苗木君風に言うと、『それは違います!』……でしょうか?」

苗木(弱ったな、論破されそうだぞ)

舞園「苗木君……今から言うこの言葉は、私の心そのものです。ですから、聞いて下さい」

苗木「……うん」

144: 2013/12/21(土) 20:40:26.02 ID:sUU6UdN00



舞園「……苗木誠君。私、舞園さやかは……あなたの事が、大好きですっ!!」



145: 2013/12/21(土) 20:48:19.15 ID:sUU6UdN00
苗木「……………え?」

舞園「に、2度も言わせる気ですか?///」

苗木「……その、本当に? 言い間違いとかではなく?」

舞園「はい、間違いなく本当です。私は……苗木君の事が……」

苗木「わ、分かったよ。ちょっと整理させてくれないかな?」

舞園「決まらないのでしたら、次の機会でもいいですよ?」

苗木「いや、待たせるのは悪いから……」

苗木(中学に入学した当初から、舞園さんの事は知っていた)

苗木(だけど、ボクにとっては憧れの人で、高嶺の花で……結局、話す機会はなかった)

苗木(希望ヶ峰に入学してから、同級生という事で話しかけられて、そのまま親しい間柄になっていった)

苗木(そしてこの前、ついに舞園さんと初デートをしたんだ)

苗木(ボクは、きっと心の奥底では喜んでいたのかもしれない……)

苗木(それは、あの舞園さんとデート出来るという事もあるけれど……)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だから今……本来なら焦っているはずなのに、こんなにも落ち着いているんだ)

苗木(もう、整理するまでもないかな)

苗木「……その、舞園さん」

舞園「……はい」

苗木「……ボクも、舞園さやかさんの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

舞園「―――はい、喜んで!」

舞園が1人目の恋人になった!

舞園の通信簿に新たなページが出来た!

舞園の好感度が上昇した!

舞園とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(舞園さんに何かプレゼントしようかな?)

舞園に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ラジオゾンデ×1
 b:水晶のドクロ×1
 c:草笛×1
 d:エンゲージリング×1
2:渡さない

20:52まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

150: 2013/12/21(土) 20:49:25.82 ID:m5G6mt2L0
1d

161: 2013/12/21(土) 21:02:23.02 ID:sUU6UdN00


苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな? ちょっと気が早いけど……)

苗木「舞園さん、これ……受け取ってくれるかな?」

舞園「!!! ……苗木君、まだ恋人になったばかりですよ? それなのに……ますます好きになっちゃうじゃないですか!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

舞園の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

舞園「その、苗木君。恋人になってから最初のお願い、してもいいですか?」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

舞園「では……その、下の名前で呼びたいです///」

苗木「……いいよ、さやか///」

舞園「嬉しいです、誠君!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

まだ舞園ともっと深い仲にはなれないだろう……

恋人繋ぎで寄宿舎まで帰っていった……

―――
――


5月26日(日)晴れ
昼 → 夕
公園 → 自室

苗木(……さやかと恋人同士になれるなんて……)

苗木(うう、なんだか身悶えするぞ!)

苗木(と、とりあえず何かしよう!)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人に送る場合は納得出来る理由がないと断られます)
3:購買部に行く
4:娯楽室に行く
5:プールに行く ●
6:図書室に行く
7:実験室に行く ●
8:情報技術室に行く ●
9:射撃場に行く ●
10:自室で勉強する ●
11:自室で本を読む ●
 a:『酒取物語』(全5章・知識+大・勇気+大)2/5
 b:『見抜け!偽物と騙されないコツ9』(全3章・知識+中・勇気+中・≪?????≫習得)0/3
 c:『幼く紅き吸血鬼日誌』(全3章・知識+中・受容+中・≪????≫習得)2/3
 d:『ゴト師が如し』(全3章・知識+中・受容+中・≪?????≫習得)2/3
12:校舎辺りをうろつく
13:寄宿舎辺りをうろつく
14:自室で仮眠をとる ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら昼も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に14が選択されます。

21:05まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

166: 2013/12/21(土) 21:04:22.44 ID:Lx8Pa9mWo

173: 2013/12/21(土) 21:11:06.48 ID:sUU6UdN00


苗木(購買部に行こうかな?)

―――
――


自室 → 購買部

苗木(誰もいないな……今のボクにはちょうどいいかな)

苗木(さて、回すか回さざるか……)

1:モノモノマシーンを回す(≪レイズ≫適用済) ●
 a:慎重に回す(景品がコンマ判定になります)
 b:大胆に回す(当たりがコンマ判定になります)
 c:慎重かつ大胆に回す(景品・当たりともにダイスで決定します)
2:会話する(○○・××のうちどちらかを指定して下さい) ●
3:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に4が選択されます。

21:14まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

176: 2013/12/21(土) 21:12:01.93 ID:zhz5hBLG0
1b

181: 2013/12/21(土) 21:20:52.21 ID:sUU6UdN00


苗木(よし、大胆に回してみよう!)

当たり判定
下1・2・3・4・5(本文は希望に溢れるものでも絶望に溢れるものでも(適当で)いいです)
(10以下で当たりなので、当たった場合は更に下に安価が増えます)

―――――

入浴ターイム! 緊急の解答を要する質問があればしていただければ風呂を出た時に答えようと思います。
再開時間は21:50~22:05ごろを予定していますが、この時刻より遅くなるかもしれません。
その間は恋人同士になったらヤりたい事の話でもしていて下さい。

182: 2013/12/21(土) 21:21:22.15 ID:lrmjZoLy0


183: 2013/12/21(土) 21:21:40.26 ID:uaJQvwSW0
もっと熱くなれよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

184: 2013/12/21(土) 21:21:57.24 ID:RWfudlhw0
ゲームキューブ

185: 2013/12/21(土) 21:22:07.07 ID:pHnesaBc0
インビトロローズ

186: 2013/12/21(土) 21:23:00.30 ID:dhimZLTO0
希望

193: 2013/12/21(土) 22:03:04.84 ID:sUU6UdN00
舞園さんの通信簿の特記に『苗木誠の恋人』を追加しました。

―――――

判定
1回目:1D100 → 72(ラジオゾンデ) / 安価 → 15(外れ)
2回目:1D100 → 83(オーラカメラ) / 安価 → 26(外れ)
3回目:1D100 → 07(ひまわりの種) / 安価 → 24(外れ)
4回目:1D100 → 100(エンゲージリング) / 安価 → 07(当たり) LUCKY! 当たりが出たのでもう1回!
5回目:1D100 → 68(新品のサラシ) / 安価 → 30(外れ)
6回目:1D100 → 21(ローラースリッパ) / 安価 → 30(外れ)

苗木(自力で『エンゲージリング』が出たのは初だな……)

苗木(『新品のサラシ』……昔、下着や包帯として着用されていた木綿の布だ。今ではどうなんだろうか?)

苗木(『ローラースリッパ』……かかとに車輪がついたスリッパだ。なんでこんな物を開発しようと思ったんだろう……)

購買部を後にして自室に戻っていった……

―――
――


5月26日(日)晴れ
夕 → 夜
購買部 → 自室

苗木(今日は九頭龍クンと辺古山さんの日だ)

苗木(食堂へ向かおう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうしようかなぁ?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:06まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

195: 2013/12/21(土) 22:03:47.16 ID:lrmjZoLy0
1朝日奈 不二咲 セレス

201: 2013/12/21(土) 22:12:37.41 ID:sUU6UdN00
苗木(人も多いし、どこかに混ぜて貰おうかな?)

1:セレス・戦刃・江ノ島・不二咲グループ
2:大和田・葉隠・日向・弐大グループ
3:終里・ソニア・罪木グループ
4:桑田・山田・左右田グループ

22:15まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

202: 2013/12/21(土) 22:13:20.89 ID:lrmjZoLy0

208: 2013/12/21(土) 22:22:53.69 ID:sUU6UdN00
>>204
狛枝「まさに希望だね! あははははは!」

―――――

苗木(あそこにいるセレスさん、戦刃さん、江ノ島さん、不二咲さんグループに混ぜてもらおう)

苗木「セレスさん、戦刃さん、江ノ島さん、不二咲さん」

セレス「あら、ごきげんよう苗木君」♪♪<ピロリロリーン

戦刃「苗木君一緒に食べよ!」♪♪<ピロリロリーン

苗木「いいの?」

江ノ島「ホントウチの姉は残念すぎます……」♪♪<ピロリロリーン

不二咲「ここにいる皆は断らないよぉ!」♪♪<ピロリロリーン

苗木「そっか、ありがとう」

苗木(何か話でもして盛り上げるか……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:26まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

212: 2013/12/21(土) 22:30:39.31 ID:sUU6UdN00
苗木「そう言えば不二咲さん、昼まで例のカードの命令で皆を名前で呼び捨てしていたよね? 大丈夫だった?」

不二咲「うん、事情を話したら皆納得してくれたよぉ!」

江ノ島「いきなり私様を呼び捨てるんだから何事かと思ったし」

戦刃「な、苗木君を呼び捨てで……///」

セレス「そういえば、約1名妙に照れていた人がいましたわね。どこの大和田君とは言いませんが」

苗木(言ってるじゃないか……)

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:33まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

210: 2013/12/21(土) 22:24:20.82 ID:zePnOoVjo
今度このメンバーでショッピングに行かない?

218: 2013/12/21(土) 22:49:39.89 ID:sUU6UdN00
苗木「ここから少し離れたところにショッピングモールがあるけどさ、今度皆で一緒に行ってみない?」

セレス「あら、両手両足に華ですわね、苗木君?」

戦刃「この前の約束の事? 出来れば苗木君と2人が良かったけど……いいよ!」

江ノ島「うぷぷぷぷ、苗木ったら女装がしたいなら初めからそう言えばいいじゃん!」

不二咲「全く違うと思うよぉ……。でもなんだか楽しそうだねぇ!」

苗木(好評みたいだ。いつか行けるといいな……)

セレス・戦刃・江ノ島・不二咲と様々な事について話し合った……

セレス・戦刃・江ノ島・不二咲の好感度が上昇した!

まだセレス・不二咲ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ戦刃・江ノ島ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて自室に戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 自室

苗木(暇だし廊下でも歩こうかな……)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

苗木「あ、十神クン」

十神「苗木か。何用だ?」

苗木「見かけたから話しかけただけだけど……あ、そうだ! 十神クン、この前はありがとう!」

十神「何の話だ」

苗木「バーベキューの事だよ! 改めて、ありがとう。十神クンがいて本当に助かったよ」

十神「……急に何だ、そんなに褒め倒して……」

苗木「十神クンには感謝してもしきれないよ。ボクにここまでしてくれるなんて……」

十神「別にお前に特別何かやった話なぞない」

苗木「でも、困っているところを何度となく助けてもらったけど……」

十神「……フン、先行投資だ。将来俺の元で働くのだから、そこで返していけ」

苗木「こうやって就職先まで確保してくれるし。その、どうしてボクにここまでしてくれるの?」

十神「お前の生きざまを見るためだ。最後まで貫き通せ、と言ったはずだが?」

苗木「そうだったね。うん、十神クンのためにこれからも頑張るよ!」

十神「……………勝手にしろ」

苗木「うん!」

十神「……」

十神は複雑な表情を浮かべている……

十神「……苗木、どうせなら俺の部屋まで来い」

苗木(どうしよう?)

1:行く
2:行かない

下2・3・4(多数決により安価を決定します)

220: 2013/12/21(土) 22:50:29.83 ID:0mVhe3Bq0
1

227: 2013/12/21(土) 22:57:34.59 ID:sUU6UdN00
苗木「そうだね、せっかくだからお邪魔させてもらうよ」

十神「……フン、付いて来い」

―――
――


寄宿舎廊下 → 十神白夜の部屋

ガチャ

苗木(何と言うか、全てに金がかかっていそうな部屋だ……全体的に黒い感じだね)

トゥルルルルル……

苗木「十神クン、携帯鳴ってるよ」

十神「ああ」

ピッ!

十神「俺だ。どうかしたのか?」

十神「……何? 分かった、すぐに見てやる」

ピッ!

苗木(通話を終えて何か携帯を操作している……ネットでも見ているのかな?)

1:何かあった?
2:携帯を弄るのはどうかと思う
3:自分と話はしないのか

下3

230: 2013/12/21(土) 22:58:16.15 ID:0mVhe3Bq0
3

232: 2013/12/21(土) 23:12:54.32 ID:sUU6UdN00
苗木「ボクと話をするんじゃなかったの?」

十神に対して高圧的に出た……

勇気が上昇した!

十神「今はそれどころではない事ぐらい理解しろ、愚民が」♪<ピロリン

苗木(久しぶりに聞いたフレーズだなぁ……)

苗木「もしかして……何かあったの?」

十神「少しは待つ事も出来ない―――っ!」

苗木(と、十神クンがここまで驚愕しているだなんて初めてじゃないだろうか?)

苗木(は、話しかけづらい……)

十神「まさか……そんな事が……!」

苗木「えっと……どうしたの?」

十神「……」スッ

十神は携帯画面をこちらに見せてきた……

苗木(なになに……『十神財閥、違法な金銭に着手か』……な、なんだって!?)

苗木「え……ど、どういう事?」

十神「不法に金銭を稼いでいるのではないか……と言う事だ。そんなわけが……!」

十神「くそっ……このままでは俺は当主から……」

苗木(十神クン、凄く焦っているな……)

苗木(ボクに何か、出来ないだろうか? 少なくとも、今の十神クンを落ち着かせられたら……)

苗木(よし、やってみよう!)


――
―――

ロジカルダイブ 開始!

苗木(まず、十神クン自身について振り返ってみよう)

苗木(十神クンは巨大財閥『十神一家』の嫡男だ。特殊な『世襲制度』を勝ちぬいた『選ばれた人物』である)

苗木(十神クンは、『選ばれた人物』の条件として2つを挙げた)

苗木(1つは、『血筋』……生まれながらの身分だ)

苗木(そして、もう1つ……十神一家が覚悟し続ける事がある)

苗木(それはつまり……)

1:常に横柄な態度でいる事
2:常に戦いに勝利する事
3:常に眼鏡をかけ続ける事

下3

235: 2013/12/21(土) 23:14:35.81 ID:ccmFUKxz0
2

236: 2013/12/21(土) 23:23:01.16 ID:sUU6UdN00
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :      常 に 戦 い に 勝 利 す る 事      :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(『常に戦いに勝利する事』……それこそが『選ばれた者』として大事な事だったね)

苗木(だからこそ、十神クンは勝利に拘っている……)

苗木(冷静沈着で、態度こそ人に比べると大きいが……それは勝利を続けたところから来ているのかもしれない)

苗木(そんな十神クンが、あそこまで焦るとは……)

苗木(そこには、ある理由が存在する)

苗木(それはつまり……)

1:選ばれた者に相応しくないから
2:選ばれた者でなくなるから
3:選ばれた者が他にも存在するから

下3

239: 2013/12/21(土) 23:24:09.40 ID:374WlypSO
2

240: 2013/12/21(土) 23:32:08.14 ID:sUU6UdN00
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :    選 ば れ た 者 で な く な る か ら    :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(十神財閥の不正着手……これが真実なら、十神一家の信頼が失墜してしまう)

苗木(そしてそれは、『負ける』事を意味するだろう)

苗木(負けてしまったら、『選ばれた者でなくなる』……)

苗木(十神クンにとっては、なんとしてでも避けたいところに違いない)

苗木(そうならないためには、どうすればいいだろう?)

苗木(それはつまり……)

1:自らの手で不正を暴く
2:事実を隠ぺいする
3:秘書のせいにする

下3

243: 2013/12/21(土) 23:32:58.25 ID:374WlypSO
1

244: 2013/12/21(土) 23:54:22.59 ID:sUU6UdN00
    ╋┓                                  ┏╋
    ┗╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┛
       :      自 ら の 手 で 不 正 を 暴 く      :
    ┏╋━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━‥━╋┓
    ╋┛                                  ┗╋

苗木(……そう、全ては繋がった)

苗木(突然のニュースに、十神クンは焦燥した……それには、理由がある)

苗木(十神クンは、自らを『選ばれた人間』と言っている)

苗木(それは『血筋』と、『常に戦いに勝利する事』が条件である)

苗木(今回の事件が本当なら、負けてしまい……『選ばれた人間でなくなる』事になる)

苗木(しかし、それだけで十神クンは『負け』になってしまうのだろうか?)

苗木(本人はするはずもない……なのに、汚名が被せられようとしている)

苗木(今、十神財閥には十神クンが必要不可欠であると言ってもいい)

苗木(ならば、『自らの手で不正を暴く』……そして、最後に『勝利』すればいいんだ)

苗木(そうすれば、負けた事にはならない)

苗木(もしかしたら、本人の主義主張から受け入れられないかもしれない……)

苗木(けど、希望は前に進むんだ!)

苗木(例え道半ばで挫折しそうになったとしても!!)

苗木(途中で諦めたりしては、投げ出したりしては、それはダメなんだ!!!)

―――
――

245: 2013/12/21(土) 23:59:13.91 ID:sUU6UdN00
苗木「十神クン、とりあえず落ち着こうよ」

十神「貴様、この事がどれだけ影響を及ぼすのか」

苗木「まだ『負け』と決まったわけじゃない!」

十神「なっ! どういう事だ苗木、説明しろ!」

苗木「十神クンはこの事件で『選ばれた人間でなくなる』事を危惧しているんだよね?」

十神「……分かるとはな。そうだ、不正なぞ『負け』の象徴だろう」

苗木「そうだろうね。そして責任は上の立場が取る事になる……」

十神「分かっているではないか。十神家はこの俺により成り立っている。俺に矛先が向かうだろう」

苗木「そこで諦めてしまうの?」

十神「……何?」

苗木「十神クンは悪くない。なら、『自らの手で不正を暴く』んだよ! そして周りからの信用が戻れば、それは『勝利』した事になる」

十神「なんだ、その理論は。負けた事には変わりはない」

苗木「いや、諦めて受け入れる事こそが『負け』だよ。諦めず、前に進むんだ。それこそが『勝つ事』なんじゃないかな?」

十神「……とにかく、事実関係を確認する。誤報に越した事はないからな」

十神から焦りが見え隠れしている……

十神の好感度が上昇した!

十神とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK6 → 7

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(十神クンに何かプレゼントしようかな?)

十神に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 ×:ひまわりの種×1
 b:新品のサラシ×1
 ×:ローラースリッパ×1
 d:ラジオゾンデ×2
 e:オーラカメラ×1
 f:水晶のドクロ×1
 ×:草笛×1
 h:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:02まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

247: 2013/12/22(日) 00:00:31.87 ID:shVRmlko0
1f

255: 2013/12/22(日) 00:11:14.56 ID:33VKZqgD0
苗木(『水晶のドクロ』を渡そうかな? 前にも喜んでくれたと思うし)

苗木「十神クン、これ……その、あげるよ」

十神「……『水晶のドクロ』か。受け取ってはおいてやる……今の俺に、これを受け取れるほどの価値があるかは分からんがな」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

十神の好感度が少し上昇した!

まだ十神ともっと深い仲にはなれないだろう……

十神と別れて自室に戻っていった……

―――
――


5月26日(日)晴れ → 5月27日(月)晴れ後雨
十神白夜の部屋 → 自室

苗木(今日は午後から雨みたいだな……)

苗木(朝食を食べて英気を養おうかな)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(何かいい方法は……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:15まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

258: 2013/12/22(日) 00:12:46.95 ID:shVRmlko0
1十神

269: 2013/12/22(日) 00:19:12.14 ID:33VKZqgD0
苗木(十神クンと食べようかな?)

苗木(あれ……見当たらない。まさか、徹夜で調査してる……わけ、ないよね?)

苗木(とにかく、いないなら仕方がないな……)

桑田「おう、苗木。どうしたんだ?」

苗木「桑田クン、十神クン見なかった?」

桑田「見てねーけど……なんかあったのか?」

苗木「ちょっとね。……そうだ桑田クン、せっかくだし朝食一緒に食べない?」

桑田「そうだな、じゃあそこの席にしようぜ」

苗木「そうだね」

苗木(あの事は話したら……うーん……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:24まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

276: 2013/12/22(日) 00:28:23.98 ID:33VKZqgD0
遠慮なく話そうとして草不可避

―――――

苗木「桑田クンは音楽で世界を目指そうとしているんだよね?」

桑田「おう! サインが欲しいなら書いてやるぜ?」

苗木「いや、遠慮しとくよ。具体的にどうするつもり? ソロでいくの?」

桑田「んー、それも考えたが……やっぱり誰かと組んだ方がよくね?」

苗木「誰かと言うと……澪田さん辺り?」

桑田「そうだな! アイツとならいけるところまでいけるんじゃね?」

苗木(本人は酷評してるんだよなぁ……)

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:32まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

271: 2013/12/22(日) 00:20:58.53 ID:jeDDUzZA0
舞園さんと恋人になったよ

287: 2013/12/22(日) 00:53:25.67 ID:33VKZqgD0
苗木「そうだ、桑田クンに言っておきたい事があったんだ」

桑田「おっ、なんだなんだ?」

苗木「さやか……舞園さんと恋人になったから」

桑田「……………アポ?」

苗木「いや、桑田クンってさやかの事気にしてたみたいだから言っておいた方がいいかと思って」

桑田「……………」チーン

苗木「く、桑田クン!?」

桑田と様々な事について話し合った……

桑田の好感度が上昇した!

そろそろ桑田ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけ桑田を放置して教室へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

世界史教師「中間テストは、良かった人も悪かった人もいたね。悪かった人は頑張って欲しいな」

世界史の授業だ……

世界史教師「今日もヨーロッパについてやっていこう。11世紀後半、ビザンツ帝国はトルコ系スンナ派の王朝である『セルジューク朝』に圧迫されていた」

世界史教師「小アジアを奪われたビザンツ帝国は、時の教皇『ウルバヌス2世』に救援を求めたんだ」

世界史教師「そこでウルバヌス2世は『クレルモン宗教会議(公会議)』を開いた」

世界史教師「教皇は救援通り、対イスラーム、要はセルジューク朝への遠征を説いたんだ」

世界史教師「信仰心、東方教会への優位の確立、土地や財貨の獲得の期待など、様々な事が折り重なり、聖地奪還の大遠征が決定したよ」

世界史教師「その軍が『十字軍』だ。キリスト教徒の軍隊で、兵士が十字の印をつけていた事からそう名付けられた」

世界史教師「そうして起きた聖地奪還運動……その事を何て言うかな?」

世界史教師「それじゃあ……不二咲さん」

ガタッ!

不二咲「え、ええとぉ……」

苗木(不二咲さんが困ってる! 助けてあげよう!)

苗木(聖地奪還運動……7回起こったカタカナ6文字の出来事だね)

1:ミニアチュール
2:マグナ=カルタ
3:レコンキスタ

下2

289: 2013/12/22(日) 00:55:37.38 ID:zlISE9ei0
3

292: 2013/12/22(日) 01:06:58.11 ID:33VKZqgD0
苗木(レコンキスタ……っと。よし、紙を回そう!)

不二咲「……うーん……?」

不二咲「あっ! レコンキスタです!」

世界史教師「その通り、レコンキスタだね」

世界史教師「諸説言われているが、第1回と第5回以外は失敗したのは確かな事だ」

世界史教師「第4回はどちらかと言うと奪還じゃなくて略奪だからね」

世界史教師「ちなみに、第1回の聖地奪還で『イェルサレム王国』が建国し、第4回で『ラテン帝国』が樹立したよ」

世界史教師「不二咲さん、よく勉強してるね」

不二咲「あははぁ……」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

苗木(……あら、紙が……)

苗木(『助かったよぉ、さすが苗木君だねぇ! 不二咲』)♪♪<ピロリロリーン

苗木(不二咲さんが喜んでくれているなら助けた甲斐があったな)

不二咲の好感度が少し上昇した!

そろそろ不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――


5月27日(月)晴れ後雨
朝 → 昼

苗木(昼食時間だ。どうする?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

1:10まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

300: 2013/12/22(日) 01:08:38.14 ID:iRQfv+GMo
1 腐川

307: 2013/12/22(日) 01:16:13.00 ID:33VKZqgD0


苗木(腐川さんと食べようかな?)

苗木「腐川さん」

腐川「……な、何よ? あたしは早く昼食を食べたいんだけど……」

苗木「うん、だから一緒に食べない?」

腐川「はぁ?」

苗木「もしかして先約が?」

腐川「な、ないけど……分かったわよ、一緒に食べるわよ!」

苗木「強要したわけじゃないけど……ありがとう」

―――
――


本学科2年教室 → 寄宿舎食堂

苗木(何かについて話して場の雰囲気を和まそう)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

1:20まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

308: 2013/12/22(日) 01:18:09.90 ID:shVRmlko0
昨日の夜関連で十神の事なにか知ってるか聞いてみる

312: 2013/12/22(日) 01:25:28.16 ID:33VKZqgD0
苗木「昨日の夜って何やってた?」

腐川「小説を読んでいたけど……文句あるの?」

苗木「ないよ。十神クンについて、昨日の夜で何か知っている?」

腐川「し、知らないけど……何よ、白夜様に何かあったの!?」

苗木「あー、まあ……うん」

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

1:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

316: 2013/12/22(日) 01:29:24.70 ID:DjUInr4WO
3

320: 2013/12/22(日) 01:33:15.89 ID:33VKZqgD0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

腐川の好感度が上昇した!

そろそろ腐川ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室に戻っていった……

―――
――

331: 2013/12/22(日) 20:09:11.92 ID:33VKZqgD0
寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(昼休みの残り時間は何をしよう?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:購買部に行く
3:図書室に行く
4:辺りをうろつく
5:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に5が選択されます。

20:13まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

341: 2013/12/22(日) 20:12:14.07 ID:2AqLaALu0
1 霧切

345: 2013/12/22(日) 20:18:55.35 ID:33VKZqgD0
苗木(そうだ、霧切さん……覚悟は決めたのだろうか)

霧切「……苗木君」

苗木「わ、霧切さん。どうしたの?」

霧切「あなたが言ったんじゃない。『2人で行こう』って」

苗木「……今から行くんだね?」

霧切「ええ」

苗木「そっか……なんだか緊張してきたな……」

霧切「……私もよ」

1:霧切ほどの人物でも緊張するのか
2:顔に出ている、隠しきれていない
3:それは違う、緊張なんかしてるはずない

下3

348: 2013/12/22(日) 20:20:09.50 ID:fs3VsG9SO
2

352: 2013/12/22(日) 20:37:58.23 ID:33VKZqgD0
苗木「……ふふ、霧切さん、珍しく顔に出ているよ」

霧切「え、嘘でしょう?」

苗木「隠しているつもりかもしれないけど、隠し切れていないよ」

霧切「……そうね、さすがに今回ばかりはそうしてはいられないわ」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木「……さあ、行こうか」

―――
――


本学科2年教室 → 学園長室

学園長「あれ、響子に苗木君。こんな部屋に何か用かい?」

霧切「……話をしに来たの」

学園長「……なるほど、大事な話みたいだね。分かった、聞こう」

―――
――


学園長「響子を警察に売っただと? そんなわけないだろう」

霧切「なら、あの事件との関連性は?」

学園長「たまたまだ。響子の事を話したら勘違いでもしたんだろう」

霧切「警察の依頼が来た事は?」

学園長「響子の腕が見込まれたんじゃないかな? 手引きなんかしてないよ」

霧切「……………」

苗木「……き、霧切さん?」

霧切「……疑わしいわ」

苗木「えっ?」


――
―――

ココロンパ 開始!

霧切「今の話を聞いて、納得出来ると思ったら大間違いよ」

霧切「偶然? 手引き? 全て【憶測での話】じゃない」

霧切「具体的な証拠を提示したわけでもあるまいし……」

霧切「もしかしたら、この部屋か、あるいは今は閉鎖された研究施設に隠しているんじゃないかしら?」

霧切「そもそも、『カムクライズルプロジェクト』の事をどうやって隠し通したか考えれば明らかよ」

霧切「彼はこの事については触れない。それは【後ろめたい事があるから】に違いないわ」

霧切「そして、その後ろめたい事こそが、賄賂と私の身売りなの」

霧切「この私ですら、実験体……【駒としか思っていない】のよ」

霧切「最低ね……ホント、最低……」

苗木(霧切さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:憶測での話
2:後ろめたい事があるから
3:駒としか思っていない
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

355: 2013/12/22(日) 20:40:12.75 ID:FR5Kau15o
3肯定

356: 2013/12/22(日) 20:46:22.08 ID:33VKZqgD0
霧切「この私ですら、実験体……【駒としか思っていない】のよ」

苗木「その意見に賛成だ!」肯定!

苗木「そうだよ、学園長は霧切さんの事をその程度の存在だと認識していたんだ!」

霧切「でしょう?」

学園長「な、苗木君!」

苗木(……う、なんだか間違ってそうだ……)

苗木(考えろ……考えるんだ……!)

霧切「あら、何を思いつめているのかしら?」

霧切「今の話を聞いて、納得出来ると思ったら大間違いよ」

霧切「偶然? 手引き? 全て【憶測での話】じゃない」

霧切「具体的な証拠を提示したわけでもあるまいし……」

霧切「もしかしたら、この部屋か、あるいは今は閉鎖された研究施設に隠しているんじゃないかしら?」

霧切「そもそも、『カムクライズルプロジェクト』の事をどうやって隠し通したか考えれば明らかよ」

霧切「彼はこの事については触れない。それは【後ろめたい事があるから】に違いないわ」

霧切「そして、その後ろめたい事こそが、賄賂と私の身売りなの」

霧切「この私ですら、実験体……【駒としか思っていない】のよ」

霧切「最低ね……ホント、最低……」

苗木(霧切さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:憶測での話
2:後ろめたい事があるから
3:駒としか思っていない(×肯定)
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

359: 2013/12/22(日) 20:48:13.80 ID:88DqsBTQo
2肯定

360: 2013/12/22(日) 20:51:59.65 ID:33VKZqgD0
霧切「彼はこの事については触れない。それは【後ろめたい事があるから】に違いないわ」

苗木「その意見に賛成だ!」肯定!

苗木「そうだよ、霧切さんに言えない事がそこにあるに違いないよ!」

霧切「でしょう?」

学園長「な、苗木君!」

苗木(……う、ここが話の本質ではなさそうだな……)

苗木(考えろ……考えるんだ……!)

霧切「あら、何を思いつめているのかしら?」

霧切「今の話を聞いて、納得出来ると思ったら大間違いよ」

霧切「偶然? 手引き? 全て【憶測での話】じゃない」

霧切「具体的な証拠を提示したわけでもあるまいし……」

霧切「もしかしたら、この部屋か、あるいは今は閉鎖された研究施設に隠しているんじゃないかしら?」

霧切「そもそも、『カムクライズルプロジェクト』の事をどうやって隠し通したか考えれば明らかよ」

霧切「彼はこの事については触れない。それは【後ろめたい事があるから】に違いないわ」

霧切「そして、その後ろめたい事こそが、賄賂と私の身売りなの」

霧切「この私ですら、実験体……【駒としか思っていない】のよ」

霧切「最低ね……ホント、最低……」

苗木(霧切さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:憶測での話
2:後ろめたい事があるから(×肯定)
3:駒としか思っていない(×肯定)
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

363: 2013/12/22(日) 20:53:33.29 ID:3iq/O4Er0
3 否定

367: 2013/12/22(日) 21:19:59.15 ID:33VKZqgD0
霧切「この私ですら、実験体……【駒としか思っていない】のよ」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「霧切さん……キミは今、視野が狭窄してしまっている」

苗木「だからそのような考えが出てしまったんだ」

苗木「学園長は、霧切さんの事をそう思っていないよ」

苗木「正直フォローにならないけど……学園長は予備学科生から、あの実験の被験者を募った」

苗木「そこに霧切さんは入っていない」

苗木「それに……学園長の事をよく見てみなよ」

苗木「本当に、霧切さんの事を駒としか思っていないような目をしている?」

苗木「逆だよ、学園長は霧切さんの事を大切に思っている」

霧切「そんなわけないじゃない! あの人は所詮私なんか―――」

パシン!

学園長が霧切の頬を叩いた……

学園長「そんな言葉を言うんじゃない!」

学園長「私は……私は、確かに罪人だろう。あのような事を起こしてしまったからな……」

学園長「だが、1度として響子を大切に思っていなかった事などない!」

学園長「私達は親子だ……そして、それはとても大事な繋がりでもある」

学園長「すまないな……お前の手を、このような手袋をつけていなくてはいけないようにして」

学園長「私はずっと気がかりだった……響子をこのようにさせてしまったのは、私のせいではないかと」

学園長「すまない……すまない……私が親として失格だから、そう思わせてしまったのだろう」

学園長「響子、お前は私にとって大切な一人娘だ。それだけは胸を張って言える」

学園長「だから……自らを貶すような事は言わないでくれ……」

霧切「……………」

苗木(霧切さん……戸惑っているな……)

苗木(ここは……席を外すべきなのだろうか)

368: 2013/12/22(日) 21:30:13.86 ID:33VKZqgD0
学園長「……」

霧切「……私は、知らぬ間に道を誤っていたのね……」

霧切「この手袋の『誓い』にかけて、他人と距離を保つようにした」

霧切「けれどそれは、見たくないものから目を逸らしていたのかもしれない」

霧切「家族というものまで……失ってしまいそうだった」

霧切「ごめんなさい……」

霧切「……真実は、おそらく……」

学園長「……金を掴ませたのは事実だ。だが、響子を売ろうとはしていない」

学園長「これが契約書だ」

霧切「……そう」

霧切「罪を犯した事は許せないけど……でも、なんだかスッキリとしたわ」

霧切「今まで態度が悪くてごめんなさい……その、お父さん」

学園長「……!」

学園長「そう呼んでくれるなんて……」

学園長「……苗木君、ありがとう。君がいなければ、我々家族はすれ違ったままだった」

苗木「いえ、そんな……」

霧切「私からもお礼を言うわ。私を正しい道へと導いてくれたのは……あなたよ、苗木君」ニコッ

その時浮かべた霧切さんの笑顔は、きっとこれから先も忘れる事はないだろう……

霧切の好感度が大きく上昇した!

霧切とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

霧切との希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(霧切さんに何かプレゼントしようかな?)

霧切に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ひまわりの種×1
 ×:新品のサラシ×1
 c:ローラースリッパ×1
 d:ラジオゾンデ×2
 e:オーラカメラ×1
 f:草笛×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

21:45まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

―――――

風呂へと行ってきます。緊急の解答を要する質問があればしていただければ風呂を出た時に答えようと思います。
再開時間は22:00~22:15ごろを予定していますが、この時刻より遅くなるかもしれません。
その間は次の恋人は誰か賭けでもしていて下さい。

373: 2013/12/22(日) 21:32:43.94 ID:shVRmlko0

392: 2013/12/22(日) 22:22:34.36 ID:33VKZqgD0
苗木(うーん、まだ手持ちが少ないなぁ……)

まだ○○ともっと深い仲にはなれないだろう……

霧切「その……苗木君」

苗木「うん?」

霧切「あなたに大事な話があるの///」

苗木「そうなんだ?」

霧切「ここじゃ言えないけど……その時がきたら聞いてくれないかしら?///」

苗木「もちろんだよ」

霧切と別れて教室に戻っていった……

―――
――


学園長室 → 本学科2年教室

古文教師「試験の結果があまりよくなかったのは、私の教え方が悪いせいなんでしょうか……」

古文の授業だ……

古文教師「今日から『更級日記』をやっていきますよ!」

古文教師「『東路の道のはてよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、』から始まる日記ですね」

古文教師「通訳は、『東海道の果て(である常陸の国)よりも、さらに奥まった田舎(である上総の国)で育った人間(であるこの私)は、』ですね」

古文教師「この少し先を見てみましょう」

古文教師「『つれづれなる昼間、宵居などに、姉、継母などやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、』とありますね」

古文教師「ここに出てくる『光源氏』とは『源氏物語』の主人公の事です。2学期でやっていきますよ!」

古文教師「訳としては、『光源氏の物語』なんかでいいです。『源氏物語』としても構いませんよ」

古文教師「ですから、通訳は『何もする事のない昼の間や、宵の家族の集まりなどの折に、姉や継母といったような人々が、その物語、あの物語、(とりわけ)光源氏の物語の内容などを、所々語ってくれるのを聞くと、』となります」

古文教師「そしてその続きが、『いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ。』となっています」

古文教師「ここの『そらにいかでかおぼえ語らむ。』に注目して下さい」

古文教師「『そらに』『いかで』と副詞が続いていますが、ここで『か』という係助詞がきています」

古文教師「係助詞は係り結びを作りますね。ここでは『む』がそうです」

古文教師「この係り結びがある場合、普段と活用形が異なりますが……」

古文教師「苗木君、これは何形か分かりますか?」

ガタッ!

苗木(普段文末は『終止形』で終わる。だけどここでは係助詞『か』が推量の助動詞『む』と係り結びをしているんだね)

1:連用形
2:終止形
3:連体形

下2

394: 2013/12/22(日) 22:24:12.59 ID:oZLfX5U90

395: 2013/12/22(日) 22:36:21.13 ID:33VKZqgD0
苗木「連用形です」

古文教師「残念ながら違います……答えは『連体形』です」

古文教師「係助詞『や』『か』は連体形の結びをとると覚えておきましょう!」

古文教師「ですから、『む』は推量の助動詞『む』の連体形になります。助動詞『む』には『未然形』『連用形』『命令形』が存在しないので、それも覚えておいて下さい!」

古文教師「ですから、活用は『○・○・む(ん)・む(ん)・め・○』になるんですね」

古文教師「他にも『む』は『意思』『勧誘』『仮定』『婉曲』といった意味もありますが……見分け方については違う授業でします」

古文教師「苗木君、ナイスファイトでしたよ!」

苗木(どうやら解答は間違ったみたいだ……)

授業を聞いたことにより知識が少し上昇した!

―――
――


5月27日(月)晴れ後雨
昼 → 夕

苗木(雨降る夕方だ。どうしよう?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:購買部に行く
3:プールに行く ●
4:図書室に行く
5:実験室に行く ●
6:情報技術室に行く ●
7:射撃場に行く ●
8:辺りをうろつく
9:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

22:40まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

397: 2013/12/22(日) 22:37:11.04 ID:Pk7RaZ5j0
5

413: 2013/12/22(日) 22:48:34.69 ID:33VKZqgD0
人潜みすぎぃ!(驚愕)

―――――

苗木(実験室に行くか……)

―――
――


本学科2年教室 → 実験室

ガラッ

苗木(相変わらず誰もいないね。まあそっち系統の才能の人がいないからだろうけど)

苗木(しかし、この……誰だっけ、字が汚いから読みづらいけど……松林?って人の論文のこの部分、間違っている気が……)

苗木(所詮素人の考えだからボクが違っているのかもしれないけどね)

様々な実験を行った……

受容が上昇した!

知識が少し上昇した!

≪無為自然≫な受け止め方ができている……

受容が少し上昇した!

受容が『深い』から『微笑むほど』になった!

雨の静けさの中なので、実験に集中出来ていつもより上達が早く思える……

受容が少し上昇した!

≪無為自然≫な受け止め方ができている……

受容が少し上昇した!

実験室を後にした……

―――
――


5月27日(月)晴れ後雨
夕 → 夜
実験室 → 自室

苗木(花村クンの日だね。席が埋まる前にいこう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうするべきかな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:52まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

423: 2013/12/22(日) 22:51:46.85 ID:oOEd36Ff0
1こまる

427: 2013/12/22(日) 22:54:55.15 ID:33VKZqgD0
苗木(こまると一緒に食べようかな?)

苗木「こまる」

こまる「あっ、お兄ちゃん! どうしたの?」

苗木「夕食、一緒に食べようか」

こまる「うん!」

苗木(よし、話は何にしよう?)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:58まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

432: 2013/12/22(日) 22:57:44.84 ID:Nh30GR9Q0
今度一緒に遊びに行こうよ

435: 2013/12/22(日) 23:03:34.51 ID:33VKZqgD0
苗木「今度空いている日があれば一緒に遊びに行こうよ」

こまる「『遊び』? ……うん、いいけど……」

苗木(あれ? 喜ぶかと思ったんだけどなぁ……)

苗木「もしかして、嫌とか?」

こまる「ううん! 全然そんな事ないよ!」

苗木「そう、それならいいんだけど……」

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

23:07まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

437: 2013/12/22(日) 23:04:14.89 ID:shVRmlko0
2今度一緒に勉強しようか?

445: 2013/12/22(日) 23:10:52.73 ID:33VKZqgD0
苗木「まだ試験には遠いけど今度一緒に勉強しようか?」

こまる「いいの?」

苗木「妹の勉強を見るのも兄の務めだよ」

こまる「ありがとうお兄ちゃん!」

苗木「あはは、どういたしまして」

こまると様々な事について話し合った……

こまるの好感度が上昇した!

まだこまるともっと深い仲にはなれないだろう……

食器を2人分片づけて自室に戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 自室

苗木(何しようかなぁ?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人に送る場合は納得出来る理由がないと断られます)
3:勉強する ●
4:本を読む ●
 a:『酒取物語』(全5章・知識+大・勇気+大)2/5
 b:『見抜け!偽物と騙されないコツ9』(全3章・知識+中・勇気+中・≪?????≫習得)0/3
 c:『幼く紅き吸血鬼日誌』(全3章・知識+中・受容+中・≪????≫習得)2/3
 d:『ゴト師が如し』(全3章・知識+中・受容+中・≪?????≫習得)2/3
5:娯楽室に行く
6:食堂に行く
7:辺りをうろつく
8:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に8が選択されます。

23:14まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

454: 2013/12/22(日) 23:13:21.09 ID:Nh30GR9Q0
1ちーたん

458: 2013/12/22(日) 23:21:57.62 ID:33VKZqgD0
苗木(不二咲さんと過ごそうかな? そう言えば話があるとか……)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「不二咲さん、苗木だけど」

不二咲『苗木君? どうしたのぉ?』

苗木「前に言ってた話……今話せる?」

不二咲『……うん、勇気を出して言うよぉ。部屋に入って欲しいなぁ』

―――
――


寄宿舎廊下 → 不二咲千尋の部屋

苗木(前より物々しい機械が置いてある……七海さん関連かな?)

苗木「話を聞きに来たよ」

不二咲「……そのぉ、今から言う事は嘘じゃないからねぇ?」

苗木「? うん」

不二咲「……」

不二咲「……そのぉ、実は僕、今まで皆を騙していたんだ!」

苗木「……だ、騙しって何を?」

不二咲「僕は女じゃなくて、男なんだよぉ!」

苗木「え、ええぇぇぇ!?」

不二咲「戸惑う気持ちも分かるけど、本当なんだよぉ!」

不二咲「証拠に……ほら」スッ

不二咲は苗木の手を取って自分の胸に押し当てた……

苗木「わ、わわ///」

苗木(た、確かに女性特有の膨らみは感じないけど……)

1:納得して手を離す
2:そのまま揉みしだく
3:下半身の方に手を伸ばす

下3

461: 2013/12/22(日) 23:23:06.12 ID:SBWTor/Oo
1

467: 2013/12/22(日) 23:35:07.94 ID:33VKZqgD0
苗木「うん、た、確かにそうみたいだね///」スッ

不二咲「納得してくれて嬉しいよぉ!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木「しかし、不二咲さ……不二咲クン、どうしてまた女装を?」

不二咲「……そのぉ、僕は昔からこんなだから……」

不二咲「それに勇気だってないし、おどおどしてたし……男らしくなかったんだぁ」

不二咲「だから、それならいっそ、と思ってぇ……」

苗木「……なるほど」

苗木(ボクも時たま男性扱いされないから、なんとなく分かる……かな)

不二咲「今まで騙してきてごめんねぇ?」

苗木「いや、全然構わないよ」

不二咲「……苗木君……」

不二咲「そのぉ……僕に遠慮してるとかじゃなくてぇ?」

苗木「な、なんで?」

不二咲「だって……普通は……」


――
―――

ココロンパ 開始!

不二咲「僕は今まで女だと偽ってこの学園で過ごしてきた……」

不二咲「だったら普通、【気持ち悪いと思う】のが当たり前だと思うんだぁ」

不二咲「男が女装してるなんて、まずないからねぇ……」

不二咲「僕には、勇気がなかったから……だから、【勇気がある苗木君や大和田君】には憧れたよぉ」

不二咲「僕とは正反対で……凄く男らしくて……」

不二咲「だから、この事を話したら嫌われるんじゃないかって……」

不二咲「あはは、苗木君は優しいねぇ……【こんな時まで気遣ってくれる】なんてぇ……」

不二咲「やっぱり、僕は……」

苗木(不二咲クンの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:気持ち悪いと思う
2:勇気がある苗木君や大和田君
3:こんな時まで気遣ってくれる
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

470: 2013/12/22(日) 23:38:32.80 ID:UJh4n5/zo
2肯定

471: 2013/12/22(日) 23:41:26.78 ID:33VKZqgD0
不二咲「僕には、勇気がなかったから……だから、【勇気がある苗木君や大和田君】には憧れたよぉ」

苗木「その意見に賛成だ!」肯定!

苗木「ボクや大和田クンほど勇気がある人はいないよ!」

不二咲「う、うん、そうだねぇ?」

苗木(う……ここから話が展開出来ないぞ……)

苗木(考えろ……考えるんだ……!)

不二咲「その……無理しなくていいんだよぉ?」

不二咲「僕は今まで女だと偽ってこの学園で過ごしてきた……」

不二咲「だったら普通、【気持ち悪いと思う】のが当たり前だと思うんだぁ」

不二咲「男が女装してるなんて、まずないからねぇ……」

不二咲「僕には、勇気がなかったから……だから、【勇気がある苗木君や大和田君】には憧れたよぉ」

不二咲「僕とは正反対で……凄く男らしくて……」

不二咲「だから、この事を話したら嫌われるんじゃないかって……」

不二咲「あはは、苗木君は優しいねぇ……【こんな時まで気遣ってくれる】なんてぇ……」

不二咲「やっぱり、僕は……」

苗木(不二咲クンの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:気持ち悪いと思う
2:勇気がある苗木君や大和田君(×肯定)
3:こんな時まで気遣ってくれる
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

474: 2013/12/22(日) 23:41:56.95 ID:shVRmlko0
1否定

477: 2013/12/22(日) 23:56:27.49 ID:33VKZqgD0
不二咲「だったら普通、【気持ち悪いと思う】のが当たり前だと思うんだぁ」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「不二咲クン、キミが恐れているのはよく分かる」

苗木「けど、この学園にいるのはそんな薄情な人ばかりでないよ」

苗木「この事を言うのに、不二咲クンはかなり思いつめたはずだ」

苗木「そして、ありったけの『勇気』を振り絞った……」

苗木「キミにも勇気があるんだよ。それも、一際大きいのが、ね」

苗木「不二咲クンは男らしくないと言っているけれど……十分に立派な『男』だと思うな」

苗木「自分の秘密をカミングアウトするのは、本当に大変なんだよ」

苗木「その大変な行為を見事成し遂げた不二咲クンを、気持ち悪いだなんて絶対に思わない!」

苗木「むしろ素敵だよ不二咲クン! 感動した!」

不二咲「え、ええぇ!?」

不二咲「そ、そこまで褒めてくれるだなんてぇ……」

不二咲「……………」

479: 2013/12/23(月) 00:00:02.81 ID:z9VAARMb0
不二咲「……ねえ、苗木君」

苗木「なにかな?」

不二咲「僕、これからは男でいていいんだよねぇ?」

苗木「そうだよ」

不二咲「やっぱり、こういう恰好はやめるべきかなぁ?」

苗木「男として見られたいなら、形から入ったほうがいいんじゃない?」

苗木「でも……ボクは不二咲クンがこういう恰好をしていても、決して軽蔑はしないさ」

不二咲「……実は、ちょっと女の子の恰好も気に入っているんだぁ……あはは、これこそ気持ち悪いよねぇ?」

苗木「……いや、長年そう過ごしてきたんだから……仕方ないさ」

不二咲「仕方ない、かぁ……」

不二咲「千秋ちゃんに、なんて言われるだろうなぁ……」

苗木「七海さんも知らないの?」

不二咲「いや、彼女だけは知ってるよぉ。本当は『お父さん』って呼ぶからねぇ」

苗木「そーなのかー」

不二咲「……苗木君、ありがとうねぇ」

苗木「何が?」

不二咲「君のお陰で、こうして話す『勇気』が得られた。明日、皆に言ってこようと思うよぉ」

苗木「……うん、それがいいよ」

不二咲「僕の事を受け入れてくれて……ありがとうねぇ、苗木君!」ニコッ

その時浮かべた不二咲クンの笑顔は、本人には失礼だけど……女性らしくて、思わずドキリとしてしまった……

不二咲の好感度が大きく上昇した!

不二咲とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

心の奥底から確かな希望を感じる……

不二咲との希望のカケラが1個集まった!

RANK4 → 5

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(不二咲クンに何かプレゼントしようかな?)

不二咲に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ひまわりの種×1
 ×:新品のサラシ×1
 c:ローラースリッパ×1
 d:ラジオゾンデ×2
 e:オーラカメラ×1
 f:草笛×1
 ×:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:04まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

481: 2013/12/23(月) 00:01:09.90 ID:TFaa/IM30
1e

488: 2013/12/23(月) 00:13:43.47 ID:z9VAARMb0
苗木(『オーラカメラ』を渡そうかな?)

苗木「不二咲さん、キミが勇気を出した記念に……これ、貰って欲しい」

不二咲「わぁ、『オーラカメラ』だねぇ! 苗木君、何から何まで本当にありがとう! 大切にするねぇ!!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら凄く喜んでくれたみたいだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

不二咲の好感度が少し上昇した!

そろそろ不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

不二咲「その、苗木君」

苗木「うん?」

不二咲「まだ……勇気を振り絞って話すべき事が残ってるんだぁ///」

苗木「そうなんだ……もしかして、まだ何か……?」

不二咲「か、隠してると言ったらそうかもしれないけどぉ……でも、騙してはいないよぉ!///」

不二咲「だから、今度会った時に……聞いてほしいなぁ///」

苗木「もちろん、また受け入れるよ」

不二咲と別れて自室に戻っていった……

―――
――


5月27日(月)晴れ後雨 → 5月28日(火)曇り
不二咲千尋の部屋 → 自室

苗木(……朝だ。不二咲クンはもう皆にコトを伝えたのだろうか?)

苗木(気にしても仕方がない……食堂に行こう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(なーんにしよーかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:17まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

491: 2013/12/23(月) 00:14:15.04 ID:TFaa/IM30
1セレス・狛枝・こまる

498: 2013/12/23(月) 00:24:27.60 ID:z9VAARMb0
苗木(セレスさん、狛枝クン、こまると食べようかな?)

苗木「セレスさん、狛枝クン、こまる」

セレス「あら苗木君、ごきげんよう」

狛枝「希望に溢れてるね、苗木クン!」

こまる「お兄ちゃんおはよう!」

苗木「うん、おはよう。朝食だけど一緒にどうかな?」

セレス「あら、いいですわよ。何ならどこかの席に混ぜてもらうのはどうでしょう?」

狛枝「ボクみたいなゴミクズと一緒に食べてくれるなんて……今日は予備学科が降りそうだよ!」

こまる「今日もお兄ちゃんと一緒に食べられる♪ でも席はどうしよう?」

苗木「うーん、セレスさんの言う事に従おうかな?」

苗木(どこか混ぜてくれそうなグループは……)

1:舞園・霧切・不二咲クループ
2:豚神・西園寺・小泉グループ
3:山田・葉隠・弐大・九頭龍グループ

0:27まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

501: 2013/12/23(月) 00:25:33.90 ID:QiPJb+An0
1

509: 2013/12/23(月) 00:32:52.19 ID:z9VAARMb0


苗木(うーん……あっ、あそこなら!)

苗木「さやか、霧切さん、不二咲クン、ボク達も混ぜてもらっていいかい?」

さやか「誠君の頼みを断るわけないじゃないですか!」

霧切「……結構大所帯ね。でも、いいんじゃないかしら?」

不二咲「僕に断る権利はないからねぇ……うん、いいと思うよぉ!」

苗木「そっか、ありがとう」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

苗木(さて、これだけいると話1つだけで姦しくなりそうだな……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:37まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

511: 2013/12/23(月) 00:35:00.42 ID:OaLWeLlDO
無難に
将来の夢

523: 2013/12/23(月) 00:44:38.79 ID:z9VAARMb0

―――――

苗木「人数多いから聞くけど、皆の将来の夢って何かな?」

判定
舞園:らーぶらーぶ度9
霧切:らーぶらーぶ度8
セレス:らーぶらーぶ度7
不二咲:らーぶらーぶ度8
狛枝:らーぶらーぶ度4
こまる:らーぶらーぶ度7

舞園「もっちろん、トップアイドルになる事と誠君のお嫁さんです♪」

霧切「『霧切一家』の名に恥じない探偵になる事と……後は秘密よ///」

セレス「お城に住んで苗木君をナイトとして迎える……前にもいいましたわよ?」

不二咲「プログラマーの道を究める事と……えへへ///」

狛枝「ボクみたいなゴミクズが夢を持つだなんておこがましいよ!」

こまる「その……恥ずかしいけど、お嫁さん、とか……///」

苗木(狛枝クンだけ答えてくれなかったな……いや、むしろ本気で夢がないのかな?)

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:48まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

527: 2013/12/23(月) 00:47:26.92 ID:OaLWeLlDO
1

538: 2013/12/23(月) 01:16:46.85 ID:z9VAARMb0


苗木「他には何かないかな? あと狛枝クンはキチンと言って欲しいな」

舞園「思いつかないですね……誠君の恋人にはなれましたし……」

霧切「……温かい家庭を築く、とか///」

セレス「やはり、大きな『当たり』をしてみたいですわね」

不二咲「もっとアルターエゴが世の中に認められるといいなぁ」

狛枝「ボクなんかが言うなんて憚れるけど……素晴らしい希望の踏み台になりたいね!」

こまる「……うーん……とりあえずは大学進学かなぁ……」

苗木(狛枝クンのそれは夢なのかな?)

舞園・霧切・セレス・不二咲・狛枝・こまると様々な事について話し合った……

舞園・霧切・セレス・不二咲・狛枝・こまるの好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園の好感度が少し上昇した!

まだ舞園・霧切・セレスともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ狛枝・こまるともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

国語教師「ふむ……試験の出来は上々じゃな。後期も頑張ってほしいわい」

国語の授業だ……

国語教師「本日も現代文において重要な単語を学んでいくぞい」

国語教師「今回は宗教的な単語じゃ。受験ではあながちバカには出来んわい」

国語教師「日本でも『アニミズム』と言って、『自然のあらゆるものに宗教的な力をはたらきを認め、崇拝する事。』の精神が受け継がれてきたのう」

国語教師「しかし、そんな我々東洋人に対して、西洋人は『オリエンタリズム』……『西洋人が歪んだイメージで東洋を見る事。』を抱いてきた」

国語教師「まったくけったいな事じゃな……『エスニシティ』が高すぎるわい」

国語教師「この『エスニシティ』とはどういう意味じゃ?」

国語教師「そうじゃな……山田、答えてみい」

山田「な、苗木誠殿……答えを、何卒答えを……」ヒソヒソ

苗木「ちょ、ちょっと待って」ヒソヒソ

苗木(『エスニシティ』……それまでの『民族(ネーション)』という言葉では捉えきれない内容を含んだ新しい単語だね……)

1:傀儡意識
2:同朋意識
3:敵対意識

下2

540: 2013/12/23(月) 01:18:32.06 ID:6YK8ZMKf0
2

541: 2013/12/23(月) 01:29:49.73 ID:z9VAARMb0

苗木「『同朋意識』の事だよ」ヒソヒソ

山田「本当だったら感謝感激雨あられですぞ!」ヒソヒソ

ガタッ

山田「『エスニシティ』を4文字で言うと『同朋意識』ですな」

国語教師「その通りじゃわい。『共通の出自、慣習、言語、身体的特徴などによって結びついている同朋意識。』の事じゃな」

国語教師「国民国家のもとで、独自の文化的な同朋意識を持つこうしたグループを『エスニシティ・グループ』と呼ぶぞい」

国語教師「さらには、こうした国家や民族という枠組みでは捉えきれない混合文化が、今日のグローバル化においてよく目にするようになったのう」

国語教師「そういった象徴を表す単語の1つに、『クレオール』がある。『本国ではなく、新大陸や植民地で生まれ育った白人や黒人。あるいは彼ら独特の言語や習慣を指す場合もある。』という意味じゃ」

国語教師「やれやれ、宗教じゃなくてこれじゃ文化がメインじゃのう」

山田「苗木誠殿、助かりましたぞ!」♪♪<ピロリロリーン

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

山田の好感度が少し上昇した!

授業を聞いたことにより知識が上昇した!

―――
――

569: 2013/12/23(月) 20:24:13.55 ID:z9VAARMb0
5月28日(火)曇り
朝 → 昼

苗木(授業が終わってお昼休みだ。ご飯の時間だけど、どうしよう?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

20:28まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

571: 2013/12/23(月) 20:25:30.94 ID:MZndPOGLo
1江ノ島

578: 2013/12/23(月) 20:34:12.22 ID:z9VAARMb0
苗木(江ノ島さんを誘おうかな?)

苗木「江ノ島さん」

江ノ島「おっす苗木! ついに彼女持ちとかやるじゃん、うぷぷ」

苗木「うん、ありがとう。それで、昼食だけど一緒に食べない?」

江ノ島「あれれ? もう【浮気】ですか?」

苗木「それは違うよ!」論破!

苗木「別にそういうような気持ちで江ノ島さんを誘ったわけじゃないよ」

江ノ島「言い訳にしか聞こえねーけど……まあいいぜ! 絶望しても知らねーから!」

―――
――


本学科2年教室 → 寄宿舎食堂

苗木(話題はどうするべきかな……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。
(コンマが一番大きい/小さい安価を採用します)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

20:38まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

581: 2013/12/23(月) 20:35:17.20 ID:TFaa/IM30
修学旅行楽しみだね

584: 2013/12/23(月) 20:41:42.92 ID:z9VAARMb0
苗木「修学旅行が真近だけど、楽しみだよね」

江ノ島「苗木ったら私様が去年何したか忘れたの?」

苗木「はっきりと覚えてるよ。もう2度とあんな事はさせない」

苗木「それより、普通に楽しもうよ」

江ノ島「えーなにそれーチョー飽きんだけどー」

苗木「急にコテコテの芝居しないでよ!」

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

20:45まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

590: 2013/12/23(月) 20:43:37.94 ID:TFaa/IM30
2ギャルであり戦刃さんの妹である江ノ島さんに聞きたいんだけど、
男物以外で戦刃さんに合う服って何かな?

592: 2013/12/23(月) 20:50:22.97 ID:z9VAARMb0
苗木「ギャルであり戦刃さんの妹である江ノ島さんに聞きたいんだけど、男物以外で戦刃さんに合う服って何かな?」

江ノ島「ない」

苗木「えっ!?」

江ノ島「うぷぷ、嘘うそ! むくろ姉さんは普段とのギャップでキャピキャピしたのがいいと思います……」

苗木「キャ、キャピキャピ?」

苗木(氏語だよね、この言葉……)

江ノ島「アンタに分かりやすく言っただけだっつーの! アタシだって久し振りに使ったよそれ!」

苗木「そ、それはどうも……」

江ノ島と様々な事について話した……

江ノ島の好感度が上昇した!

そろそろ江ノ島ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室に戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

苗木(さて、どうするべきか……)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:購買部に行く
3:図書室に行く
4:辺りをうろつく
5:仮眠を取る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に5が選択されます。

20:54まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

596: 2013/12/23(月) 20:52:03.01 ID:MZndPOGLo
1江ノ島

606: 2013/12/23(月) 21:01:08.19 ID:z9VAARMb0


苗木(昼休みはせっかくだから江ノ島さんと過ごそう、昼食も一緒に食べたしね)

苗木「江ノ島さん」

江ノ島「何苗木、そんなに私の事が気になるの?」

苗木「まあ、そうとも言うかな」

江ノ島「……ふーん。じゃあちょっと付いてきなよ」

―――
――


本学科2年教室 → 屋上

苗木「聞かれたくない話でもするの?」

江ノ島「話もあるけど……苗木、アンタあの時言った事本気なの?」

苗木「あの時って……動物園に行った後での話?」

江ノ島「もち! と言うよりそれしかないんですけど」

苗木「……そうだね」

1:本気に決まってる
2:あれは嘘だ
3:実はその場の空気で言った

下3

609: 2013/12/23(月) 21:02:01.37 ID:t37a2jzSO
1

616: 2013/12/23(月) 21:16:41.95 ID:z9VAARMb0
苗木「本気に決まってるよ」

江ノ島「……へぇー。じゃあ……」

苗木(江ノ島さんがポケットに手を突っ込んだ?)

江ノ島「こんな事も……」

苗木(何か来る気がする!)

江ノ島「起こると分かってるよねっ!」シュッ!

江ノ島はサバイバルナイフを刺突してきたが、持ち前の『運動』でそれを回避した……

苗木(あのナイフ……戦刃さんの物みたいだ)

江ノ島「やるじゃん苗木! 簡単に氏なれちゃ困るんだよねー」

苗木(不意打ちは避けたが……次はどうなるか……)

江ノ島「あっ、そんな怖い顔すんなよ! もうしねぇから!」ポイッ

苗木(あっさり投げ捨てたぞ、戦刃さん可哀想だな……)

江ノ島「それじゃあ、次の項目に移りますよ」

苗木「項目?」

江ノ島「苗木クンが本当に『絶望』と向き合えるのか……」

江ノ島「『絶望』を理解しているのか……」

苗木「確かめるって事?」

江ノ島「Yes!」

苗木(ここが正念場……なのか?)

苗木(まだ前哨戦な気がしないでもない……!)


――
―――

ココロンパ 開始!

江ノ島「一言で『絶望』と言うけどさぁ、そんな甘いもんじゃないっしょ!」

江ノ島「それは深い、深い、谷……決して底なんて見えないのです……」

江ノ島「だから【理解するのは難しい】でしょう……」

江ノ島「そもそも、私様をあの残念な姉様と同一視してない?」

江ノ島「あれはもうそれは残念だから、希望側に寝返っても仕方がないけどさ」

江ノ島「でも私様に限って【それはありえない】んだよね!」

江ノ島「だから、苗木の提案は受け入れられないぜ」

江ノ島「【希望が絶望に打ち勝つ】なんて、夢物語なんだよ!」

江ノ島「うぷぷぷぷぷ……残念ですね……ディストピアです……」

苗木(江ノ島さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:理解するのは難しい
2:それはありえない
3:希望が絶望に打ち勝つ
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

619: 2013/12/23(月) 21:18:42.22 ID:MZndPOGLo
2否定

621: 2013/12/23(月) 21:24:12.35 ID:z9VAARMb0
江ノ島「でも私様に限って【それはありえない】んだよね!」

苗木「それは違うよ!」否定!

苗木「江ノ島さんだって案外コロっといっちゃうよ!」

江ノ島「はぁー? もしかして本気でそれ言ってる? ねえ言ってるぅー?」

苗木(なんだかイラつくなぁ……多分間違えたかも……)

江ノ島「ゲームオーバー……それもまた乙だけど、もっと熱くなれよ!

江ノ島「一言で『絶望』と言うけどさぁ、そんな甘いもんじゃないっしょ!」

江ノ島「それは深い、深い、谷……決して底なんて見えないのです……」

江ノ島「だから【理解するのは難しい】でしょう……」

江ノ島「そもそも、私様をあの残念な姉様と同一視してない?」

江ノ島「あれはもうそれは残念だから、希望側に寝返っても仕方がないけどさ」

江ノ島「でも私様に限って【それはありえない】んだよね!」

江ノ島「だから、苗木の提案は受け入れられないぜ」

江ノ島「【希望が絶望に打ち勝つ】なんて、夢物語なんだよ!」

江ノ島「うぷぷぷぷぷ……残念ですね……ディストピアです……」

苗木(江ノ島さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:理解するのは難しい
2:それはありえない(×否定)
3:希望が絶望に打ち勝つ
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

624: 2013/12/23(月) 21:25:29.15 ID:q39Rc+1s0
3否定

626: 2013/12/23(月) 21:37:16.05 ID:z9VAARMb0
江ノ島「【希望が絶望に打ち勝つ】なんて、夢物語なんだよ!」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「江ノ島さん、これはボクを試す言わば『試験』……って事だよね?」

江ノ島「そう思うんならそうなんじゃん?」

苗木(なんという投げ槍な回答……)

苗木「江ノ島さん、言っとくけどボクはあの時の発言を本当に忘れてないよ?」

苗木「『希望』が『絶望』に打ち勝つんじゃない……『希望』が『絶望』と共に生きていく道を見つけるんだよ」

江ノ島「そうそう、そうだったね! うぷぷぷぷぷ!」

江ノ島「でもさ、苗木……」

江ノ島「そ れ は 結 局 、 綺 麗 事 で 、 言 い 訳 な ん だ よ !」発展!!

苗木「!?」

江ノ島「相手を殺そうとする人と共に生きていくには……『支配』が必要だと思いません?」

苗木「し、支配?」

江ノ島「そう。そしてそうするには……『打ち勝つ』しかねぇーんだよな、これがぁ」

苗木(本当にそうなのか……本当に、『倒す』しか方法はないのか……?)


――
―――

ココロンパ 再開!

江ノ島「アンタは抽選の身でありながらよくやったよ、苗木」

江ノ島「この私様に盾突いて……残姉のせいとはいえ、負かす事までした」

江ノ島「まっさかアタシが『更生プログラム』にかけられるなんて思いもしなかったし!」

江ノ島「でも、もう【無理なんかしなくてもいい】んだぜ?」

江ノ島「自分で言うのはなんですが……私の『絶望』はとても【希望と寄り添えるものじゃない】んです……」

江ノ島「『希望』と言うのはそれほどまでに【おぼろげなものでしかない】んですよ?」

江ノ島「うぷぷぷぷぷ、ねえ絶望した? 希望持ててる?」

江ノ島「無理でしょう……白色は、黒色には勝てないんです……塗りつぶされるんです……」

江ノ島「だから……諦めようぜ、苗木ィ!」

苗木(江ノ島さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:無理なんかしなくてもいい
2:希望と寄り添えるものじゃない
3:おぼろげなものでしかない
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

629: 2013/12/23(月) 21:39:42.80 ID:TFaa/IM30
3否定

632: 2013/12/23(月) 21:49:40.87 ID:z9VAARMb0
江ノ島「『希望』と言うのはそれほどまでに【おぼろげなものでしかない】んですよ?」

苗木「それは違うよ!」否定!

苗木「決して希望はそんなちゃっちなものじゃない! もっとしっかりとしたものなんだ!」

江ノ島「じゃあ打ち勝てるって言うの?」

苗木(……し、しまった、そう繋がってしまうか!)

苗木(考えろ……考えるんだ……!)

江ノ島「うぷぷぷ、必氏過ぎて笑えるんですけど」

江ノ島「アンタは抽選の身でありながらよくやったよ、苗木」

江ノ島「この私様に盾突いて……残姉のせいとはいえ、負かす事までした」

江ノ島「まっさかアタシが『更生プログラム』にかけられるなんて思いもしなかったし!」

江ノ島「でも、もう【無理なんかしなくてもいい】んだぜ?」

江ノ島「自分で言うのはなんですが……私の『絶望』はとても【希望と寄り添えるものじゃない】んです……」

江ノ島「『希望』と言うのはそれほどまでに【おぼろげなものでしかない】んですよ?」

江ノ島「うぷぷぷぷぷ、ねえ絶望した? 希望持ててる?」

江ノ島「無理でしょう……白色は、黒色には勝てないんです……塗りつぶされるんです……」

江ノ島「だから……諦めようぜ、苗木ィ!」

苗木(江ノ島さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:無理なんかしなくてもいい
2:希望と寄り添えるものじゃない
3:おぼろげなものでしかない(×否定)
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

635: 2013/12/23(月) 21:50:46.38 ID:q39Rc+1s0
2 否定

637: 2013/12/23(月) 22:00:30.94 ID:z9VAARMb0
江ノ島「自分で言うのはなんですが……私の『絶望』はとても【希望と寄り添えるものじゃない】んです……」

苗木「そ れ は 違 う よ !」否定!!

―――
――


苗木「……確かに、今はそうかもしれない」

苗木「ボクは江ノ島さんから見たら、花で言う蕾ですらないんだよね?」

苗木「でもね……でもね江ノ島さん」

苗木「『絶望』を負かすほどになったって……それはイタチごっこになってしまう」

苗木「『希望』が『絶望』より優れたなら、きっと江ノ島さんは『絶望』が『希望』に勝るように色々案を練って実行するだろう」

苗木「そうして、また『絶望』が優位になって……元に戻ってしまう」

苗木「それじゃダメなんだ!」

苗木「太陽と月……陰と陽……そして、『希望』と『絶望』」

苗木「ボクがこう言うのもなんだけど……『希望』だけじゃダメなんだ」

苗木「行き過ぎた『希望』は、きっと『絶望』になってしまう」

苗木「『カムクライズル』なんかがいい例だね」

苗木「もちろん、『絶望』だけでもダメで……この2つのうちどちらかが優勢なのも、いけないんだ」

苗木「互いに寄り添い、手を取り、握りしめ、共に歩む……それこそが『未来』への道筋なんだよ」

苗木「ボクは……必ず認めさせる。そして、『希望』と『絶望』が『未来』を形作るのを……」

苗木「一緒にして行こう、江ノ島さん」

江ノ島「……………」

江ノ島「なんかカッコつけた事言ってるけどさ……」

江ノ島「今のアンタに出来んの、それ?」

苗木「……無理です」

江ノ島「うぷぷぷぷぷぷぷ!!」

江ノ島「締まんないねー、ホントに!」

江ノ島「苗木の言う通り、今のアンタにはただの口だけしかないけど……」

江ノ島「いつか私様と肩を並べる日がくるのを待ってるよん!」ニコッ

その時浮かべた江ノ島さんの笑顔は、とても『絶望』的であったけど……でも、きっと、それ以外の『何か』が含まれていた気がした……

江ノ島の好感度が大きく上昇した!

江ノ島とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(江ノ島さんに何かプレゼントしようかな?)

江ノ島に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ひまわりの種×1
 b:新品のサラシ×1
 c:ローラースリッパ×1
 d:ラジオゾンデ×2
 e:草笛×1
 f:エンゲージリング×1
2:渡さない

22:05まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

640: 2013/12/23(月) 22:02:44.83 ID:fTZDe8u30

646: 2013/12/23(月) 22:14:08.09 ID:z9VAARMb0

苗木(なんか誰かがポカした気がするな……)

苗木(しかし……江ノ島さんの『超高校級の絶望』に対して、まだボクはただの『超高校級の幸運』でしかない……)

苗木(ならなくちゃ……なりたいな……絶対なってやる、『超高校級の希望』に!)

江ノ島ともっと仲良くなるためには、『希望のカケラ』を集めて完成させ、『超高校級の希望』として覚醒しなければならない……

まだ、『希望のカケラ』は1つも完成していない……

江ノ島と別れて、教室に戻っていった……

―――
――


この後授業ですが、まあタイプに時間がかかるので風呂に入ってきます。
緊急の解答を要する質問があればしていただければ風呂を出た時に答えようと思います。
再開時間は22:45~23:00ごろを予定していますが、この時刻より遅くなるかもしれません。
その間は修学旅行でこういう事がしたい系の話でもしていて下さい。採用するかもしれません。

653: 2013/12/23(月) 22:57:27.48 ID:z9VAARMb0
屋上 → 本学科2年教室

生物教師「試験の際の問題の不手際については一応謝っておくわよ」

生物の授業だ……

生物教師「……今日は『自律神経』のはたらきということでぇ、『交感神経』と『副交感神経』の拮抗作用についてやっていくわぁ」

生物教師「『交感神経』は活発な活動、興奮、緊張したときにはたらいてぇ、『副交感神経』は安静、疲労回復時にはたらくのは知っとくべきよねぇ」

生物教師「例を挙げると、『瞳孔』は交感神経が拡大、副交感神経が縮小するわぁ」

生物教師「また、『気管支・平滑筋』は交感神経が弛緩、副交感神経が収縮ね」

生物教師「そこで問題だけどぉ、『肝臓』の『副交感神経』のはたらきについて答えて欲しいわぁ」

生物教師「……んー、男のくせに微妙に可愛い苗木」

苗木(なんか酷い事を言われたような……)

ガタッ

苗木(グリコーゲンをどうしているか、だね。落ち着いている時のはたらきなんだから……)

1:グリコーゲンの分解
2:グリコーゲンの破壊
3:グリコーゲンの合成

下2

655: 2013/12/23(月) 23:04:12.42 ID:nz/zsAOj0

658: 2013/12/23(月) 23:13:46.49 ID:z9VAARMb0

苗木「グリコーゲンの合成です」

生物教師「……知ってたみたいね」

生物教師「『肝臓』は、交感神経が『グリコーゲンの分解』でぇ、副交感神経が『グリコーゲンの合成』よぉ」

生物教師「他に重要な事と言えば、『ニューロン』についてね」

生物教師「『ニューロンの特徴』は、交感神経が中枢から出てすぐに交感神経節で別の長い節後ニューロンにつながりぃ、副交感神経が器官の直前または器官内で別の短いニューロンとつながるわぁ」

生物教師「そして、節後ニューロンの神経伝達物質として、交感神経が『ノルアドレナリン』、副交感神経が『アセチルコリン』を分泌するわぁ。これは重要だから覚えておいて」

生物教師「この2つの物質は、互いにアクセルとブレーキのように拮抗的に作用するの」

苗木(どうやら解答は正しかったみたいだ!)

クラスメートの好感度が少し上昇した!

まだ十神・舞園・霧切・セレス・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・大和田・桑田・山田・葉隠・朝日奈・腐川・大神・戦刃・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

授業を聞いたことにより知識が上昇した!

―――
――


学園長「修学旅行が差し迫っているので、残り3日間で色々と決めていきたいと思う」

学園長「今日は目的地を決めよう」

学園長「心配はしなくていい、直前の決定でもどうにか出来るほどの力はあるからね」

学園長「さて、石丸君。お願いしようか」

石丸「任せて下さい!」

石丸「皆、遠慮せずにドシドシ行き先の候補地を挙げて欲しい!」

苗木(うーん、どうしようかな……)

1:京都
2:パリ
3:ジャバウォック島

23:18まで(多数決により安価を決定します。同数の場合はコンマの一番小さい安価が含まれるものに決定。それすら同数ならダイスによる決定)

660: 2013/12/23(月) 23:15:17.90 ID:TFaa/IM30

670: 2013/12/23(月) 23:26:21.89 ID:z9VAARMb0
国内がたった1人しかいなくて草不可避

―――――

苗木「はい」

石丸「おっ、苗木君!」

苗木「ジャバウォック島で」

石丸「苗木君……正気かい? 去年先輩方になにがあったか忘れたわけではなかろう!?」

苗木「そのような事は起こさせないし……」チラッ

苗木「それにあの島自体は非常に魅力的だよ。是非とも行くべきだ」

石丸「ううむ……分かった、候補の1つとして書いておこう」

石丸「さあ、苗木君の案以外にも何かあるなら挙手してもらいたい!」

―――
――


石丸「全会一致で修学旅行先は『ジャバウォック島』に決定したぞ!」

学園長「御苦労さま、石丸君。残りは明日にでも決めよう」

学園長「ではこれにて、HRを終わりとしよう」

―――
――


5月28日(火)曇り
昼 → 夕

苗木(放課後は何して過ごそう?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:購買部に行く
3:プールに行く ●
4:図書室に行く
5:実験室に行く ●
6:情報技術室に行く ●
7:射撃場に行く ●
8:辺りをうろつく
9:自室に帰る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に9が選択されます。

23:30まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

676: 2013/12/23(月) 23:28:18.47 ID:IijJaRfr0
4

682: 2013/12/23(月) 23:35:07.86 ID:z9VAARMb0

―――――

苗木(図書室に行ってみよう)

―――
――


本学科2年教室 → 図書室

ガラッ

十神「……」ペラッ

腐川「……」ペラッ

苗木(机の両端に座って読んでいるな……腐川さん、凄い快挙ではなかろうか)

苗木(さて、どうしようか)

×:本を借りる(0冊まで指定できます)
2:会話する(十神・腐川のうちどちらかを指定して下さい) ●
3:一人で勉強する ●
4:複数人で勉強する(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪コーチング≫適用済) ●
5:本を読む ●
 a:『酒取物語』(全5章・知識+大・勇気+大)2/5
 b:『見抜け!偽物と騙されないコツ9』(全3章・知識+中・勇気+中・≪?????≫習得)0/3
 c:『幼く紅き吸血鬼日誌』(全3章・知識+中・受容+中・≪????≫習得)2/3
 d:『ゴト師が如し』(全3章・知識+中・受容+中・≪?????≫習得)2/3
6:退出する
※●は時間が経過する選択肢です。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に6が選択されます。

23:38まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

689: 2013/12/23(月) 23:37:39.18 ID:2Hf6tsA70
ゴメン間違えた
5cで

692: 2013/12/23(月) 23:48:07.38 ID:z9VAARMb0
>>684
無理です。

―――――

苗木(『幼く紅き吸血鬼日誌』を読み終えようか)

『幼く紅き吸血鬼日誌』を読んでみた……

ある館の主が実は吸血鬼で、妹にからかわれたり親友から皮肉られたり門番が寝ていたりする様子を、従者であるメイドが書き留めている……

図書館で読んでいるせいか、いつもより内容が理解出来る気がする……

知識が上昇した!

図書館で読んでいるせいか、いつもよりページをめくるのが早くなっている気がする……

『幼く紅き吸血鬼日誌』を読破した!

知識が上昇した!

受容が上昇した!

≪無為自然≫な受け止め方ができている……

受容が少し上昇した!

≪カリスマ≫を習得した!

効果:正しい選択肢を選んだ時に好感度が更に少し上昇する。

『幼く紅き吸血鬼日誌』を返却した……

図書室を出て不二咲を探し始めた……

―――
――


図書室 → 情報技術室

ガラッ

苗木「あっ、不二咲クン、此処にいたんだ」

不二咲「あれぇ、もしかして僕の事探してたぁ?」

苗木「うん」

不二咲「ごめんねぇ、それで何の用かなぁ?」

苗木「いや、今度何か話してくれるって言ってたから、聞きに来たんだ」

不二咲「……あっ、そうなんだ///」

不二咲「うう……///」

苗木「準備が出来てないなら、また今度―――」

不二咲「ううん、言うよぉ!」

不二咲「その、苗木君。ど、同性愛についてどう思う?///」

苗木「え、ええっ!?」

苗木(い、いきなり剛速球が来たぞ……)

1:愛の形の1つだ
2:何とも言えない
3:受け入れられない

下3

695: 2013/12/23(月) 23:49:21.98 ID:IijJaRfr0
1

697: 2013/12/23(月) 23:57:18.08 ID:z9VAARMb0
苗木「それも愛の形の1つだと思うよ。当人同士が愛し合ってるならいいんじゃないかな?」

不二咲「そ、そうだよねぇ! えへへぇ……///」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

不二咲の好感度が少し上昇した!

苗木「だけど急に……どうしたの? そんな質問して……」

不二咲「その……気がなければ、諦めようかと思ったんだけどぉ……」

不二咲「僕の中で、ある1つの想いが芽生えて……そして、それは今でも強くなっているんだぁ」

苗木「……」

不二咲「この事を言うのは、とっても怖いよぉ」

不二咲「自分が男だと告白したよりも、ずっと、ずっと、怖い……」

不二咲「もしも、拒否されたらと思うと……足が竦んでしまうよぉ……」

苗木「不二咲クン……」

不二咲「……でも、でも僕は逃げない」

不二咲「勇気を振り絞って、君に言うよぉ」

不二咲「だからどうか……聞いて下さい」

苗木「……………はい」

698: 2013/12/24(火) 00:10:40.52 ID:dmh2rwKr0



不二咲「苗木君……いや、苗木誠君。僕は……不二咲千尋は、あなたの事が、大好きです。恋してるって方の、好きです」



702: 2013/12/24(火) 00:14:32.77 ID:dmh2rwKr0
苗木「……………そ、それは……」

不二咲「……うん。男同士だけど……僕は、苗木君と『恋人』として付き合いたいんだぁ///」

苗木「……ちょっとだけ、考えさせてくれないかな?」

不二咲「ちょっとと言わず、長く考えてもいいよぉ?」

苗木「……いや、待たせるのは悪いからね」

苗木(不二咲クンと知り合ったのは、この学園に入学してから)

苗木(たまたま情報技術室を覗いた時に、彼……当時は彼女を見つけた)

苗木(『彼女』の作品は凄いの一言では済まされないほど圧巻させられた)

苗木(そこから交遊が始まって、『強いAI』である『アルターエゴ』の七海さんをこの現実世界に顕在化させるためのほんの少しのお手伝いをしたっけ)

苗木(あの時は、感動したなぁ……革新的な発明と言っても過言ではなかった)

苗木(そうしていって、父親からは認められなかった事を知って……)

苗木(そしてついに、『男』である事を知らされた)

苗木(その時は、内心ショックを受けていたのかもしれない)

苗木(なんでそう思ったのだろうか? 騙されていたから? いや、それは違う)

苗木(自分が、知らず知らずにどんどん惹かれて……そして、好きになっていたから)

苗木(だからショックだったのか……)

苗木(でも、『彼』は性別の壁を乗り越えて告白してきた)

苗木(……もう、整理するまでもないな)

苗木「……不二咲クン」

不二咲「ひゃ、ひゃい!」

苗木「……ボクも、不二咲千尋クンの事が大好きです。だから……付き合って下さい!」

不二咲「―――うん、喜んでぇ!」

不二咲が2人目の恋人になった!

不二咲の通信簿に新たなページが出来た!

不二咲の好感度が大きく上昇した!

不二咲とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK8 → 9

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(不二咲クンに何かプレゼントしようかな?)

不二咲に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ひまわりの種×1
 b:新品のサラシ×1
 c:ローラースリッパ×1
 d:ラジオゾンデ×2
 e:草笛×1
 f:エンゲージリング×1
2:渡さない

0:18まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

705: 2013/12/24(火) 00:15:21.05 ID:ElD4vd4SO
1f

714: 2013/12/24(火) 00:29:08.50 ID:dmh2rwKr0
ちょっと焦らし効果無さすぎんよ~(落胆)

―――――

苗木(『エンゲージリング』を渡そうかな? ちょっと気が早いけど……)

苗木「不二咲クン、これ……受け取ってくれるかな?」

不二咲「……!!! ほ、本当にいいのぉ? ありがとう! 苗木君大好きだよぉ!!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木(どうやら物凄く喜んでくれたようだ!!)

プレゼントでさらに≪人心掌握≫していく……

不二咲の好感度が少し上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

不二咲の好感度が少し上昇した!


不二咲「えっと、苗木君。恋人になってから最初のお願い、してもいいかなぁ?」

苗木「う、うん! 遠慮しないでよ!///」

不二咲「じゃあ……その、下の名前で呼びたいんだけど……ダメ?///」

苗木「……いいよ、千尋///」

不二咲「ま、誠君!///」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

不二咲の好感度が少し上昇した!

そろそろ不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

下校時間ぎりぎりまで2人で語り合った……

―――
――


5月28日(火)曇り
夕 → 夜
情報技術室 → 自室

苗木(……これで、2人かぁ。しかも男……そして今日の料理当番でもある)

苗木(もう色々と常識を踏み外してるけど、覚悟は決まっている)

苗木(恋人の皆を、絶対に幸せにしてみせる!)

苗木(……よし! 食堂に突貫だ!!)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(視線がいつもより多い……)

苗木(……どうしようか……?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:32まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

717: 2013/12/24(火) 00:30:42.99 ID:efW10riU0
1セレス・十神・霧切

727: 2013/12/24(火) 00:39:19.56 ID:dmh2rwKr0


苗木(セレスさん、十神クン、霧切さんと食べようかな?)

苗木「セレスさん、十神クン、霧切さん」

セレス「あら苗木君、中々に凄い噂となっていますわよ?」

十神「……フン」

霧切「……苗木君のくせに生意気ね」

苗木「ご、ごめんなさい……でも本気なんだ!」

苗木「その……夕食、よければ一緒にボクと食べて下さい。お願いします」

セレス「……ま、わたくしもとやかく言えるような者ではないので。構いませんわよ」

十神「……食いたければ勝手にしてろ。一々俺に許可を求めるな」

霧切「苗木君もそうだけど十神君も仰天発言ね。……まあ、いいわよ」

苗木「あ、ありがとう!」

苗木(よし、話題を振って盛り上げていこう!)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:44まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

728: 2013/12/24(火) 00:40:07.09 ID:efW10riU0
修学旅行楽しみだね

736: 2013/12/24(火) 00:49:23.79 ID:dmh2rwKr0
苗木「その、修学旅行楽しみだね!」

十神「またあの島に赴く事になるとはな……」

霧切「前は観光なんかしてる暇なかったからいいんじゃない?」

セレス「カジノがあればいいんですが……」

苗木(三者三様の意見だな……)

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:53まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

739: 2013/12/24(火) 00:51:15.28 ID:VsJZ/q7G0
3

741: 2013/12/24(火) 00:57:13.44 ID:dmh2rwKr0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

十神・霧切・セレスの好感度が上昇した!

まだ十神・霧切・セレスともっと深い仲にはなれないだろう……

食器を片づけて自室に戻っていった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 自室

苗木(終始視線を感じた気がしたぞ……)

苗木(さて、何しようかな?)

1:誰かと過ごす(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済) ●
2:誰かにメールする(名前と要件を挙げて下さい。複数人に送る場合は納得出来る理由がないと断られます)
3:勉強する ●
4:本を読む ●
 a:『酒取物語』(全5章・知識+大・勇気+大)2/5
 b:『見抜け!偽物と騙されないコツ9』(全3章・知識+中・勇気+中・≪?????≫習得)0/3
 c:『ゴト師が如し』(全3章・知識+中・受容+中・≪?????≫習得)2/3
5:娯楽室に行く
6:食堂に行く
7:辺りをうろつく
8:寝る ●
※●は時間が経過する選択肢です。
※らーぶらーぶ度上昇のイベントは単独で平日は昼・夕・夜に、休日なら朝も含みます。
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に8が選択されます。

1:01まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

744: 2013/12/24(火) 00:58:05.01 ID:VsJZ/q7G0
1戦刃

794: 2013/12/24(火) 21:15:17.90 ID:dmh2rwKr0
>>792
……ちょっと御柱に撃たれてきます。神奈子様すまぬ……すまぬ……

―――――

苗木(戦刃さん……決まったのかな?)

―――
――


自室 → 寄宿舎廊下

ピンポーン

苗木「戦刃さん、いる?」

戦刃『な、苗木君!? どうしたの?』

苗木「いや、そろそろ心の内は決まったのかと思って……」

戦刃『……うん。入っていいよ』

―――
――


寄宿舎廊下 → 戦刃むくろの部屋

苗木「それじゃ、聞かせてもらおうかな」

戦刃「……その前に、少し話をしてもいい?」

苗木「うん、構わないよ」

戦刃「ありがとう。……苗木君は、どっちに期待してる?」

苗木「えっと……」

戦刃「あっ、その、この前の『希望』か『絶望』かについての事だよ」

苗木「ああ、それね……」

苗木(その時言ったような気がするが……改めて宣言するのも悪くないな)

1:希望に目覚めてほしい
2:絶望でいてほしい
3:>どうでもいい

下3

797: 2013/12/24(火) 21:16:59.40 ID:2DDxhy7M0

802: 2013/12/24(火) 21:25:25.38 ID:dmh2rwKr0
苗木「もちろん、ボクとしては『希望』に目覚めてほしいかな」

戦刃「そ、そうなんだ! 苗木君らしいね!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木「ん? うん」

苗木(やっぱりどこか残念だな……戦刃さん)

戦刃「それじゃあ……聞いてほしいかな」

苗木「分かったよ」

苗木(戦刃さん……自分の心と向き合って、どんな判断を下したのだろうか)

苗木(ついにこの時が、来る……!)


――
―――

ココロンパ 開始!

戦刃「あの時、苗木君に言われた事を【実践してみた】よ」

戦刃「最初の方は、ゴチャゴチャしてた……」

戦刃「なんだか自分の心なのに、そうじゃない気がして……」

戦刃「『絶望』と『希望』が、改めてどんな物が分かった気がした」

戦刃「私は、どちらかと言えば【盾子ちゃんに従っていた】と思う」

戦刃「盾子ちゃんがこうだから、私もこう……と言う風に……」

戦刃「もしかしたら、これが初めて自分の意思で考えた答えかもしれない」

戦刃「……苗木君」

戦刃「私は……【希望と共に生きていきたい】と思う!」

苗木(戦刃さんの意見に、肯定か反対かを示すんだ!)

1:実践してみた
2:盾子ちゃんに従っていた
3:希望と共に生きていきたい
※『肯定』か『否定』をして下さい。

下3

805: 2013/12/24(火) 21:27:30.83 ID:fQCFuuWAO
逆にムズいわ
3肯定

806: 2013/12/24(火) 21:28:07.75 ID:dmh2rwKr0
おぜうさまのせいでスキル忘れてたよ!

>>802
訂正

戦刃「そ、そうなんだ! 苗木君らしいね!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

苗木の態度は≪カリスマ≫に溢れている……

戦刃の好感度が少し上昇した!

807: 2013/12/24(火) 21:39:14.11 ID:dmh2rwKr0
戦刃「私は……【希望と共に生きていきたい】と思う!」

苗木「そ の 意 見 に 賛 成 だ !」肯定!!

―――
――


苗木「……戦刃さん、よく選んだね」

苗木「互いに相反するものの中からどちらか1つを選ぶ事は、相当難しかったと思うんだ」

苗木「こんな選択を強いてしまって、ごめんね、戦刃さん」

苗木「……でも、今の戦刃さんは前とは違うよ」

苗木「おそらく、戦刃さんは新たな一歩を踏み出せたんだ」

苗木「戦刃さん自身が言ってた、『自分の意思で考えた答え』だからじゃないかな?」

苗木「新たな世界に踏み出す事は、先が見えない恐怖に駆られて怖いと思うかもしれない」

苗木「特に、今まで正反対の世界で生きてきたんだからね」

苗木「でも、ボクがいる。ボクがついている。ボクが傍にいる」

苗木「戦刃さんが迷うなら、手を引いて導いていく」

苗木「戦刃さんが戸惑うなら、手を握って応援する」

苗木「一緒に行こう、戦刃さん」

苗木「だって、『希望』は前に進むんだ!」

戦刃「……苗木、君……」

戦刃「私……苗木君に会えてよかった……」

戦刃「世界って……こんなにも温かいんだね……」

戦刃「苗木君……私に『希望』を教えてくれて……ありがとう!」ニコッ

その時浮かべた戦刃さんの笑顔は、『希望』に満ちていて……とても可愛らしかった……

戦刃の好感度が大きく上昇した!

戦刃とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK7 → 8

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(戦刃さんに何かプレゼントしようかな?)

戦刃に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ひまわりの種×1
 b:新品のサラシ×1
 c:ローラースリッパ×1
 d:ラジオゾンデ×2
 e:草笛×1
2:渡さない

21:42まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

809: 2013/12/24(火) 21:40:00.00 ID:efW10riU0

813: 2013/12/24(火) 21:50:39.20 ID:dmh2rwKr0
苗木(手持ちが芳しくないなぁ……)

戦刃「な、苗木君?」

苗木「何か困ってる事でもあった?」

戦刃「その……苗木君に言いたい事があって……///」

苗木「そうなんだ? 遠慮せずに言っていいよ!」

戦刃「まだ準備が……だから、また今度でいいかな?///」

苗木「分かった、楽しみにして待っているよ」

まだ戦刃ともっと深い仲にはなれないだろう……

戦刃と別れて自室に戻っていった……

―――
――


5月28日(火)曇り → 5月29日(水)曇り
戦刃むくろの部屋 → 自室

苗木(昨日は色々とあったなぁ……)

苗木(食堂に行って心機一転しよう)

―――
――


自室 → 寄宿舎食堂

苗木(どうするべきかな……)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:どこかのグループに混ぜてもらう
3:一人で食べる
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

21:54まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

816: 2013/12/24(火) 21:52:16.58 ID:xePPpjx50
1セレス・霧切・舞園・不二咲・戦刃

824: 2013/12/24(火) 22:05:04.68 ID:dmh2rwKr0
苗木(セレスさん、霧切さん、さやか、千尋、戦刃さんと食べようかな?)

苗木「セレスさん、霧切さん、さやか、千尋、戦刃さん」

セレス「あら、最近はよく声をかけて下さいますわね?」

霧切「ええそうね……つまり、チャンスは……///」

舞園「ふふっ、応援していますよ?」

不二咲「そう言えば、戦刃さんも……」

戦刃「……うん///」

苗木(ガールズトーク? と言うものが繰り広げられているみたいだ……)

苗木「ええっと、朝ごはん一緒にどうかな?」

セレス「昨日の今日で答えは変わりませんわよ」

霧切「その通りだわ」

舞園「私達は絶対に断りませんよ!」

不二咲「うん!」

戦刃「朝から苗木君と……ついてる///」

苗木(戦刃さんが心ここにあらずな感じだが、肯定と受け取っておこう)

苗木「ありがとう、皆」

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・不二咲の好感度が少し上昇した!

苗木(何について話そうかな……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

22:20まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

―――――

プロデューサーさん! お風呂ですよ、お風呂!
緊急の解答を要する質問があればしていただければ風呂を出た時に答えようと思います。
再開時間は22:35~22:50ごろを予定していますが、この時刻より遅くなるかもしれません。
その間は攻略方針についての話でもしていて下さい。

830: 2013/12/24(火) 22:19:26.11 ID:h22Jfh76O
今日の料理って味が薄く感じない?

832: 2013/12/24(火) 22:48:45.67 ID:dmh2rwKr0
苗木「ねぇさ……今日の料理、味が薄くないかな?」

霧切「そうかしら?」

舞園「言われてみると、そう感じるよう……な?」

セレス「わたくし達の舌を試しているのかしら?」

戦刃「食べられれば薄くてもいいなぁ……」

不二咲「もしかしたらコックさんが間違えちゃったのかなぁ?」

苗木(反応があまりよくないな……)

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

22:52まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

839: 2013/12/24(火) 22:50:27.96 ID:Yed935N60
3

841: 2013/12/24(火) 23:03:55.11 ID:dmh2rwKr0
苗木(特に話したいことはもうないし、食べるのに専念しよう)

舞園・霧切・セレス・戦刃・不二咲の好感度が上昇した!

恋人同士特有の甘い雰囲気が漂う……

舞園・不二咲の好感度が少し上昇した!

まだ霧切・セレス・戦刃ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ舞園・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

食器を片づけて教室へと向かった……

―――
――


寄宿舎食堂 → 本学科2年教室

石丸「今日は班を決めようかと思う!」

石丸「8人でも構わないのだが、一応4人ずつに分かれてもらうぞ!」

石丸「ただ、そこまで気にするべきでもないだろう! 実際は男子・女子で分かれるぐらいだからな!」

苗木(班決めか……どうしよう……?)

1:くじ引き(=安価)で決める
2:グーパー(=ダイス)で決める

下1・2・3・4・5(多数決により安価を決定します)

843: 2013/12/24(火) 23:05:18.46 ID:wYgtYsHs0

848: 2013/12/24(火) 23:12:23.54 ID:dmh2rwKr0
苗木(くじ引きでいいかな)

苗木「石丸クン」

石丸「どうしたのかね?」

苗木「くじ引きで公平に決めればいいんじゃないかな?」

石丸「なるほど、それを採用しよう!」

―――
――


石丸「よし、出来たぞ!」

石丸「ふむ……どのような順番で引かせるものか……」

※引く順番を安価により決定します。
※コンマが一番小きい安価から引いていきます。同値は同時に引きます。
※余りが全て同じグループになったら残りはカットしていきます。

下1(石丸)・下2(大和田)・下3(桑田)・下4(十神)・下5(苗木)・下6(葉隠)・下7(不二咲)・下8(山田)

849: 2013/12/24(火) 23:12:57.31 ID:bTLx5R3R0

850: 2013/12/24(火) 23:13:11.93 ID:efW10riU0

851: 2013/12/24(火) 23:13:32.25 ID:wYgtYsHs0
はい

852: 2013/12/24(火) 23:13:39.26 ID:biz4DFG60

853: 2013/12/24(火) 23:13:44.49 ID:xePPpjx50
あははははははは!

854: 2013/12/24(火) 23:13:50.63 ID:h22Jfh76O
希望の踏み台

855: 2013/12/24(火) 23:13:58.62 ID:ElD4vd4SO
よし

856: 2013/12/24(火) 23:14:31.86 ID:2DDxhy7M0
てい

858: 2013/12/24(火) 23:16:39.26 ID:dmh2rwKr0
石丸「よし、桑田君! 引きたまえ!」

桑田「俺かよ!? うっし、いっちょやってやるぜ!」

下2(奇数:グループ1 偶数:グループ2)

860: 2013/12/24(火) 23:17:12.53 ID:wYgtYsHs0
はい

863: 2013/12/24(火) 23:18:40.21 ID:dmh2rwKr0
桑田「えーっと……『1』だってよ」

石丸「グループ1だな! 次は十神君だ!」

十神「……フン」

下2(コンマが奇数:グループ1(桑田) 偶数:グループ2)

865: 2013/12/24(火) 23:19:15.67 ID:2DDxhy7M0
やあ

866: 2013/12/24(火) 23:21:42.50 ID:dmh2rwKr0
十神「……チッ、こいつと同じか」

桑田「あからさまに舌打ちすんなよ!」

十神「……今後のメンバー次第だな」

桑田「それってオレ自体はダメと言っているような……」

十神「ほう、プラナリア並みの頭脳でも分かっているじゃないか」

桑田「……アポ?」

石丸「グループ1と言う事だな! 次は僕が引こう!」

下2(コンマが奇数:グループ1(桑田・十神) 偶数:グループ2)

868: 2013/12/24(火) 23:21:59.70 ID:wYgtYsHs0
はい

870: 2013/12/24(火) 23:24:15.60 ID:dmh2rwKr0
石丸「……む、『2』か。2人とは分かれたようだな」

石丸「次は苗木君が引いてくれ!」

苗木「分かったよ」

下2(コンマが奇数:グループ1(桑田・十神) 偶数:グループ2(石丸))

872: 2013/12/24(火) 23:24:50.47 ID:wYgtYsHs0
はい

876: 2013/12/24(火) 23:27:39.94 ID:dmh2rwKr0
苗木「……『1』だね。桑田クン、十神クンと同じみたいだ」

苗木(あと1枠……千尋がそこに入る可能性は低そうだなぁ)

桑田「オメーには言いたい事もあるが、まあよろしくな」

十神「これでこのグループもマシになったと言えるだろう」

石丸「次は……不二咲君、いいかな?」

不二咲「分かったよぉ!」

不二咲「『1』が出ますように……」ボソッ

下2(コンマが奇数:グループ1(桑田・十神・苗木) 偶数:グループ2(石丸))

878: 2013/12/24(火) 23:28:32.58 ID:VsJZ/q7G0
不完全燃焼なんだろ?そうなんだろ?

885: 2013/12/24(火) 23:33:29.46 ID:dmh2rwKr0
不二咲「……『2』だねぇ……」

苗木(そりゃ、1/4と3/4じゃそうなるよね……)

石丸「『2』か……不二咲君、そう気を落とすんじゃない。学園に提出するために分けているだけで、あまり関係はないものだ」

石丸「修学旅行当日はグループ1と合体して皆で行動すればいい話だろう?」

不二咲「うん、僕もそう思うよぉ!」

石丸「うむ! ……次は葉隠君、任せた!」

葉隠「任されたべ! ずばり『1』が出るべ! 俺の占いは3割当たる!」

下2(コンマが奇数:グループ1(桑田・十神・苗木) 偶数:グループ2(石丸・不二咲))

887: 2013/12/24(火) 23:34:00.11 ID:xePPpjx50
素晴らしいよ!

893: 2013/12/24(火) 23:49:47.57 ID:dmh2rwKr0
葉隠「『1』……俺の言う通りだべ!」

石丸「さすがだな、葉隠君は! それじゃあ、兄弟と山田君は2グループになるぞ!」

大和田「兄弟と同じでよかったぜ。不二咲は……その、ドンマイだ」

山田「ふむ、なかなかに濃いメンバーですな」

―――
――


石丸「無事に女子も決まったようだな!」

学園長「うん、飛行機の中はまた当日にでも決めればいいかな」

学園長「部屋割は当然ながら男子と女子に分かれて、合計2部屋になる。不純異性交遊も不純同性交遊も駄目だよ?」チラッ

苗木(……こっちを見なくてもさすがにそんな事はしないよ……)

学園長「それじゃ、今日はこんなところで終わりにしようか」

―――
――


本学科2年教室 → グラウンド

モノミ「体育の試験の出来は皆よかったでちゅ! さすがでちゅね!」

体育の授業だ……

モノミ「今日は『ラグビー』をやっていきまちゅ! まず最初にラグビーで使用する用語を覚えてほしいでちゅ!」

モノミ「『インジャリータイム』……『負傷者の手当てのために失った時間を、規則により延長する時間。』の事でちゅ! 『ロスタイム』とか言われますが、正式名称はこっちでちゅ!」

モノミ「『インターセプト』……『相手のパスを横取りする事。』でちゅ! 基本でちゅね!」

モノミ「『オブストラクション』……『相手のプレーを不正に妨害する事。』でちゅ! これをした場合は相手チームに『ペナルティキック』が科されまちゅ!」

モノミ「『サポート』……『ボールを持っていないプレーヤーが、味方のプレーヤーの動きを支援する事。』でちゅ! ボールを横に投げるラグビーでは味方の支援も重要でちゅよ!」

モノミ「では、『方向転換のためにボールを持ったプレーヤーが交差して走る味方にパスする動き。』をなんといいまちゅか?」

モノミ「では……大和田クン、答えてくだちゃい!」

大和田「ラグビーなんて知るかよ……」ボソボソ

大和田「苗木、すまんが教えてくれ!」ボソボソ

苗木「い、いいけど……」ボソボソ

苗木(『スイッチ』、『クロス』と同義語の単語だね……)

1:ホイール
2:ブレイク
3:シザース

下2

895: 2013/12/24(火) 23:51:50.75 ID:xePPpjx50

897: 2013/12/25(水) 00:02:20.92 ID:fBTZoLdY0
苗木「『シザース』って言うんだよ」ヒソヒソ

大和田「すまねぇ!」ヒソヒソ

大和田「シザースだな」

モノミ「正解でちゅ!『方向転換のためにボールを持ったプレーヤーが交差して走る味方にパスする動き。』の事を『シザース』と言いまちゅ!」

モノミ「他には、『ダミー』……『ボールをパスするとみせて相手を幻惑するプレー。または、タックルの練習などに使われる布袋の事。』というのがありまちゅ!」

モノミ「この他にも用語はありまちゅので、是非自分で勉強して欲しいでちゅ!」

大和田「苗木、助かったぜ」♪♪<ピロリロリーン

苗木(どうやら解答は正しかったようだ!)

大和田の好感度が上昇した!

授業を聞いたことにより知識が上昇した!

授業に取り組んだことにより運動が上昇した!

≪波紋法≫により運動の効率が上がっている……

運動が少し上昇した!

そろそろ大和田ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――


5月29日(水)曇り
朝 → 昼
グラウンド → 本学科2年教室

苗木(背の低い僕にラグビーなんか無理だって……)

苗木(……お昼はどうするべきかな?)

1:誰か誘う(名前を挙げて下さい。複数人可能です。≪トランス≫適用済)
2:食堂に直行する
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に2が選択されます。

0:06まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

900: 2013/12/25(水) 00:03:45.04 ID:PZaUAaqG0
1 罪木

907: 2013/12/25(水) 00:11:45.95 ID:fBTZoLdY0
苗木(罪木さんと一緒に食べようかな?)

―――
――


本学科2年教室 → 校舎廊下

苗木「罪木さん」

罪木「あ、苗木さぁん……わ、私何か失礼な事でもしちゃいましたかぁ?」

苗木「いや、そういうわけじゃないよ。お昼、一緒にどうかな?」

罪木「こ、こんな私をわざわざ誘って下さるなんて……手間をかけさせてごめんなさぁーい!」

苗木「わわわ、ボクが一緒に食べたいと思ったから誘ったのであって、手間とかそういうのは全く考えてないよ!」

罪木「そ、そうですかぁ……?」

苗木「うん」

―――
――


校舎廊下 → 寄宿舎食堂

苗木(話題は何にしよう……)

※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は世間話をします。

0:15まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

909: 2013/12/25(水) 00:13:23.89 ID:GGYmPHsv0
ゲーム大会について

912: 2013/12/25(水) 00:19:36.73 ID:fBTZoLdY0
苗木「罪木さん、七海さんが希望してた『ゲーム大会』……覚えているかな?」

罪木「あっ! 確かバーベキューの時でしたよね?」

苗木「うん、それそれ。罪木さんだったらどんなゲームをやりたい?」

罪木「ダーツだったら的になりますよぉ!」

苗木「いや、そういうのじゃなくてさ……」

罪木「わ、私もしていいんですかぁ? ……うう、いざその立場になると思いつきませぇん……やっぱり的になるしか……」

苗木(かなり曲解して、『的』があるゲームを希望と言う事にしておこう)

1:もう少し話し合おう
2:他の話をしよう(内容も挙げて下さい)
3:食事に集中しよう
※内容によっては次の候補に移させてもらいます。
※会話の内容での好感度変動はありません。(クリティカルは別)
※指定時間内に安価がなかった場合は自動的に3が選択されます。

0:23まで(コンマが一番小さい安価を採用します)

914: 2013/12/25(水) 00:20:14.93 ID:rj3d15Mu0
1

919: 2013/12/25(水) 00:29:30.48 ID:fBTZoLdY0
苗木「もし景品を貰えるとしたら、何が欲しい?」

罪木「そ、そんな大層な物を私が貰うなんて恐縮ですぅ……」

苗木「遠慮しないで、参考程度と受け取ってもらえれば罪木さんも気が楽じゃない?」

罪木「は、はいぃ……ええっと、そうですね……新しい医療器具とか、薬とかですかね……」

罪木「こ、こんなのしか思いつかなくてごめんなさぁーい!」

苗木「いや、十分参考になったよ」

罪木とゲーム大会の事について話し合った……

罪木の好感度が上昇した!

そろそろ罪木ともっと深い仲になれそうだ……

罪木「その、苗木さん……」

苗木「どうかした?」

罪木「もしよろしければ、この後私に付き合ってもらえれば……や、やっぱり私なんかとは無理ですよね?」

苗木(昼休みを、か……)

1:無理じゃない
2:無理に決まってる

下2・3・4(多数決により安価を決定します)

922: 2013/12/25(水) 00:30:13.02 ID:GGYmPHsv0

931: 2013/12/25(水) 00:44:54.87 ID:fBTZoLdY0
苗木「いや、光栄だよ」

罪木「うう、苗木さんに気を使わせてしまいました……ごめんなさぁーい!」

苗木「そ、そうじゃないよ! 元々昼に何かする予定はなかったから、渡りに舟だったんだ!」

苗木「それに、ボク自身も罪木さんの事をもっと知っておこうと思ってね」

罪木「そ、そうなんですかぁ……?」

苗木「うん。それで、どこかに移動する?」

罪木「あっ、はい。付いてきて下されば……」

苗木「了解」

食器を片づけて罪木に付いて行った……

―――
――


寄宿舎食堂 → 校舎廊下

苗木「……ごめん罪木さん、ちょっとトイレに行ってもいいかな?」

罪木「全然構いませんよぉ! 私なんか気にせずに用を足して下さぁい!」

苗木「う、うん。それじゃあお言葉に甘えて……」

苗木(皮肉られてるような気がするから、早めに済ませよう)

―――
――


トイレを済ませた後……

苗木(……ん?)

江ノ島「それじゃ、私様は忙しいのだ!」

罪木「はい! わざわざ私なんかのためにお時間を取らせてもらってすみません!」

江ノ島「うぷぷぷ、気にしてねぇよ!」

江ノ島は去っていった……

苗木「……江ノ島さんと話してたの?」

罪木「あ、はい! 江ノ島様は私みたいなゲロブタでも優しくして下さって……」

苗木(目を輝かせているな……)

1:江ノ島の事が好きなのか?
2:罪木を傷つけないからか?
3:自分はどうでもいいのか?

下3

934: 2013/12/25(水) 00:46:11.38 ID:Avf8vSDSO
2

939: 2013/12/25(水) 00:53:31.16 ID:fBTZoLdY0
苗木「罪木さんは、江ノ島さんがキミを傷つけたりしないから、気に入っているのかな?」

罪木「そうです! 私をぶたないばかりか、逆に気にかけて下さって……!」♪♪♪<ピロリロリロリーン!

罪木「私にとっては、まさに救世主なんです!」

苗木(救世主、か……)

苗木(罪木さんは、江ノ島さんに救われた……)

苗木(でも、それは『絶望』方面に、と言う事だ)

苗木(このままだと、彼女は『絶望』に心酔して、『希望』を見失ってしまう……)

罪木「……苗木さん、どうかしましたかぁ?」

苗木「いや、なんでもないよ」

罪木の危さを感じる……

罪木の好感度が大きく上昇した!

罪木とのらーぶらーぶ度が上昇した!

RANK5 → 6

心の奥底から確かな希望を感じる……

罪木との希望のカケラが1個集まった!

RANK3 → 4

苗木(そう言えばアイテムを持っているな……)

苗木(罪木さんに何かプレゼントしようかな?)

罪木に渡しますか?

1:渡す(≪フィルター≫適用済)
 a:ひまわりの種×1
 b:新品のサラシ×1
 c:ローラースリッパ×1
 ×:ラジオゾンデ×2
 e:草笛×1
2:渡さない

0:57まで(コンマが一番大きい安価を採用します)

946: 2013/12/25(水) 00:55:43.39 ID:YMLTDIaBo
2

948: 2013/12/25(水) 01:03:29.07 ID:fBTZoLdY0

―――――

苗木(いい物がなさそうだな……)

まだ罪木ともっと深い仲にはなれないだろう……

罪木ともっと仲良くなるには、彼女の闇に触れる『勇気』と、それを受け入れる『受容』が必要だ……

今の自分なら、大丈夫であろう……

罪木と別れて、教室に戻っていった……

―――
――

977: 2013/12/25(水) 20:19:48.89 ID:fBTZoLdY0


――
―――

校舎廊下 → ???

なにやら意識が混濁している……

モノミ「あちし参上!」

!?

何故か前にもこんなことがあった気がする……

……一体何の用だろうか……?

モノミ「頑張っている特別に苗木クンにはプレゼントをさしあげまちゅ!」

モノミ「今回は有体物でちゅ! それもたくさんでちゅよ!」

よく分からないけど貰えるものは貰おう……

モノミ「ちちんぷいぷい、ちOちんぷいー!」

『ルアックコーヒー』×2 『ミスターペッパー』『ブリオッシュ』『レーション』『ミスリル銀』『新品のサラシ』『魔邪捨椅子』『ロマンツェリキュール』『イン・ビトロ・ローズ』『水晶のドクロ』『ドクロマスク』『大神宗家の書』『マコト写本』『吟詠伝記』を手に入れた!

モノミ「ついでにこれもあげまちゅ!」

『エンゲージリング』を手に入れた!

モノミ「それでは、現実でまた会いまちょう!」

意識が遠のいて行く……

―――
――

981: 2013/12/25(水) 20:22:13.69 ID:fBTZoLdY0
??? → 本学科2年教室

……!!

なんだか意識が飛んでいた気がする……

モノクマ「意外にも試験は高得点者が多かったです! 次回は絶望的な難易度にしちゃおうか? うぷぷぷぷ!」

倫理の授業だ……

モノクマ「今日は国学と大和心について、江戸時代のある2人の有名な人物を取り上げるよ!」

モノクマ「まず1人目は『賀茂真淵』です。賀茂真淵は日本人古来の精神を明らかにするために、日本の古典にあたりました」

モノクマ「古語の研究から故意を求め、古道に至る文献学的方法を用いたんです」

モノクマ「その結果、古代日本人の心情を『万葉集』にみられる『高く直き心』をもった、おおらかで男性的な『ますらおぶり』であるとしました!」

モノクマ「これが賀茂真淵が考えた『大和心』ですね! うぷぷぷ!」

モノクマ「2人目は『本居宣長』です。賀茂真淵の門下生であり、多くの著書によって国学を大成した人物ですね」

モノクマ「本居宣長によれば、日本人古来の道は漢意(からごころ)のない『惟神(かんながら)の道』であり、汚れのない『まごころ』の世界であるとしました!」

モノクマ「それは『古今集』にみられる女性的な『何か』であると言ったんですが……」

モノクマ「苗木クン、分かるぅ? うぷぷ」

ガタッ

苗木(なよなよとした女振りの事だね……)

1:からくにぶり
2:たをやめぶり
3:もののあわれ

下2

983: 2013/12/25(水) 20:23:44.78 ID:bOc7uT4h0
2

986: 2013/12/25(水) 20:31:17.89 ID:fBTZoLdY0
>>981
訂正

モノクマ「古語の研究から古意を求め、古道に至る文献学的方法を用いたんです」

―――――

苗木「『たをやめぶり』です」

モノクマ「さすがですね、苗木クンの言う通りです!」

モノクマ「本居宣長は、日本古来の道を『惟神の道』『まごころ』の他に、『古今集』にみられる女性的な『たをやめぶり』であるとしました!」

モノクマ「文芸の本質としても『もののあはれ』に通じるものである、としたんですね!」

モノクマ「これが本居宣長の考える『大和心』になります! うぷぷぷぷぷ!」

苗木(どうやら解答は正しかったようだ!)

クラスメートの好感度が少し上昇した!

授業を聞いたことにより知識が上昇した!

まだ十神・戦刃・江ノ島ともっと深い仲にはなれないだろう……

そろそろ石丸・大和田・桑田・山田・葉隠・舞園・霧切・朝日奈・腐川・大神・セレス・不二咲ともっと深い仲になれそうだ……

―――
――

987: 2013/12/25(水) 20:38:16.07 ID:fBTZoLdY0
次スレを建てました。続きはこちらで投下していきます。

【安価】苗木「今日から2年生か……」8らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】

>>1000には何か願い事でも書いて祈って下さい。
以下に書いてあること以外は、叶えるのが難しいかもしれません。

具体的なお祈り例
・複数人一気にらーぶらーぶ度上昇イベントが起きてほしい
・次のRANKの必要好感度が足りない人を好感度の底上げをしてほしい
・1日だけ自由行動の機会を増やしてほしい
・本を即行で読破したい
・なんかアイテムがほしい
・内部情報を一部公開してほしい
・こんなイベントを起こしてほしい
・いちゃラブしたい
・(結婚しよ)
・えるたそ~

※ステータスアップは廃止させていただきました。誠に申し訳ございません。

1000: 2013/12/25(水) 20:43:41.17 ID:rj3d15Mu0
>>1000なら十神も恋人にできる

引用: 【安価】苗木「今日から2年生か……」7らーぶらーぶ目【ダンガンロンパ1+2】